羽毛布団 キルティング。 羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説|YOURMYSTAR STYLE by ユアマイスター

羽毛布団の羽毛が片寄っています、直す方法はありますか?

羽毛布団 キルティング

羽毛の品質について まず、主に羽毛とフェザーの違いがあります。 羽の芯がある部分がフェザーで、綿毛のような丸い部分が羽毛と呼んでいます。 卵を付加させるために落とす、この羽毛に保温力があるのです。 しかし、そもそも一体になっているので、完全に羽毛とフェザーを完全に分けることはできません。 いい羽毛布団でも少なからずフェザーが混入されます。 羽毛率が50%から羽毛布団と呼ばれ、より100%に近い羽毛がそれだけ除去する工程を踏んでいるということで高価なものとなり、保温力があります。 また、ダックとグースが羽毛布団として使われています。 ダックよりグースの方が大きさがある分、羽毛の重量に対しての笠が高くなり、暖かさがアップします。 生地の素材 生地によって寝心地が変わります! 羽毛布団は羽毛のグレードだけで判断することはできません。 それを包む生地がとても大事です。 生地の素材は主に、ポリエステルと綿が使われています。 よく見られる羽毛布団はポリエステルと綿の混合です。 ポリエステルという化学繊維のお陰で、衣類や布が安価で作れるようになりました。 羽毛布団も生地にポリエステルを使用することで、より安価で提供することができます。 しかし、天然素材の綿に比べて、通気性が悪く、静電気を起こしやすいので、眠りを妨げる要因ともなりえるのです。 また、せっかくいい羽毛であっても、生地が悪く、中の羽毛が飛び出たり、破けたりすることがないようにしなければいけません。 好ましいのは羽毛と同様に天然素材のものを利用することが望ましいと言えます。 しかし、通常の綿では肌触りがポリエステルとくらべて固くなります。 出来る限り綿を細くすることでしなやかになり、肌触りがよくなります。 品質の良い羽毛布団では、超長綿 綿の繊維をより細くしたもの にすることで肌触りもよく、肌にも優しい羽毛布団が完成します。 生地の作り.

次の

羽毛布団の自宅でのクリーニングは可能か?

羽毛布団 キルティング

羽毛布団の価格のナゾ 羽毛布団の良し悪しを判断するためのいくつかのポイントをご紹介しましたが、100万円を超える羽毛布団と1万円の羽毛布団は何が違うのでしょう? まずは、羽毛の長所と短所をまとめてみました。 羽毛布団の長所 羽毛布団の短所 他の素材と比べて、圧倒的に軽い 他の素材と比べると高価 暖かく、保温性バツグン 素材に匂いがあるため、洗浄などに手間がかかる 吸湿性と放湿性に優れている 細かいダウンを閉じ込める、高密度の側生地が必要 耐久性があり、長期間使える キルティングなどの縫い加工が必要 低価格な布団と比べると、高価な羽毛布団は上質な側生地を使用し、またキルティングや縫製の仕上がり具合も高級品としての質感を備えています。 そうは言っても、価格に大きく影響するのは、やはり中に入っている羽毛の品質です。 高級な羽毛布団は、成熟した水鳥(マザーグース)から、手で採取(ハンドピック)したダウンボールの大きな羽毛を、きちんと洗浄して使用しています。 水鳥を育てるには長い年月と努力が必要になりますし、手で羽毛を採取する手間や、洗浄に必要な設備と上質な水の確保には、大きなコストが必要になります。 高級品には、こうした手間とコストをかけた特別なダウンが使われ、低価格品では一般的なダウンが使われています。 短所として挙げていることは、コストアップにつながる事柄ばかりです。 実際に、高価な羽毛布団と低価格の羽毛布団を並べて比べてみると、重さ・ふわふわ感・肌触り・しなやかさの全てが異なることが分かります。 とはいえ、一定レベルのダウンを使用している商品なら、羽毛布団の長所は低価格の商品でも有しています。 まず最初に、3万円〜5万円くらいの中価格帯の羽毛布団を購入してみて、羽毛布団の特徴を理解し、より質の高い寝心地を求めるのであれば、次の機会に高価格帯の羽毛布団を購入するのが正攻法かもしれません。

次の

羽毛布団の自宅でのクリーニングは可能か?

羽毛布団 キルティング

キルティングの種類と特徴 キルティングには様々なやり方があります。 一般的な方法としては前述の通り「シングルキルティング」、「立体キルティング」、「デュアルキルティング」があります。 後者になるほど、より暖かさが均一になりやすいですがその分製造において手間がかかるので羽毛布団としての価格も高くなります。 シングルキルティング 一般的なキルティングの形式です。 羽毛をつめた袋を横につなげます。 キルティングによって羽毛がそれぞれの丸で囲まれた中から移動してよってしまうのを予防します。 一方で、つなぎ目が生じてしまうので、羽毛が入っていない部分から熱が逃げやすいという性質があります。 立体キルティング 仕切り部分にも布を使う事で羽毛布団を立体化しています。 このキルティング方式によって、シングルキルティングよりも熱が逃げにくいという特徴があります。 ただし、シングルよりも製造に手間がかかるため価格は高くなります。 デュアルキルティング 立体キルティングの羽毛布団をずらして2枚重ねるような形にしたキルティング方法です。 立体キルティングよりもより境目がなくなっているのでとても暖かいです。 ただし、使われる布(側生地)の量も比例して増加しているため、立体キルティングの羽毛布団と比較するとその分重みがあります。 また、価格も高いです。

次の