妊婦 股関節 の 痛み。 妊婦の股関節痛や腰痛の原因は?歩けなくなる前に改善を!

妊娠中の関節の痛み対策と改善(妊娠中期・後期)

妊婦 股関節 の 痛み

いつも当の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます。 ALL アプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会賢太です。 本日も、 勉強熱心な理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師などセラピストの皆さんにむけて 明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアやヒントをお伝えします。 今回は、 「なぜ変形性股関節の痛みに外旋六筋が原因となりやすいのか?」 というテーマでお話していきます。 変形性股関節の患者様の痛みは、 「骨が変形しているからもう取れない…。 」 とか、 「手術しないと痛みは取れない…。 」 といったように、 お医者さんから説明を受けて、 半分諦めているような患者様やセラピストって多いと思います。 でも実際に臨床をやっていると、 確かに骨の状態によっては痛みが取り切れないケースもいるとは思いますが、 筋骨格系のアプローチでも、 十分に痛みを改善させることは出来ますので、 もしあなたが変形性股関節症の痛みに結果を出したいのであれば、 是非このままブログを読み進めていただけたらと思います。 変たす形性股関節症の方の特徴として、 「股関節屈曲」 の可動域や動きが悪くなってしまい、 痛みを伴っている方が非常に多いと思います。 リハビリセラピストであれば、 基本動作や歩行、 ADLの獲得へと繋げていくことが重要になってきますが、 立ち上がりという動作に対して、 まずは、 股関節屈曲がどれだけ上手く行えるか? が、かなり重要だと私は考えます。 特に、 静止座位~離臀までの間で、 股関節屈曲の動きが要求されます。 ここで崩れてしまうと、 その後の立位までの動作と、歩行などに、 大きく影響を及ぼして今います。 なので、 まずは、股関節屈曲の痛みを改善させていくことは、 極めて重要だと思っています。 では、 「股関節屈曲に作用する主動作筋は何か?」 それは皆さんお判りだと思いますが、 「腸腰筋」です。 臨床では、 この腸腰筋がしっかりと機能せず、 「大腿直筋」、「大腿筋膜張筋」などの二関節筋で代償してしまい、 股関節のアライメントが崩れて、十分な股関節屈曲が行えないといった結果を招くことが多いです。 一般的な理学療法士は、 緊張が上がって短縮している 「大腿直筋」、「大腿筋膜張筋」をマッサージで緩めて、 腸腰筋の筋力強化訓練を行うのがセオリーだと思います。 しかし、 正直これで結果が出る人ってごく一部で、 その場は改善してもすぐ戻ってしまう。 そんなケースがほとんどです。 これは過去の僕です。 笑 ここで必要なのが、 「腸腰筋が収縮しづらくなっている原因って何か?」 という視点です。 その原因と考えられる筋肉の一つに、 「外旋六筋」 が挙げられます。 腰椎の肋骨突起から大腿骨大転子に走るのが「大腰筋」。 そして、 腸骨窩から大腿骨大転子に走るのが「腸骨筋」になります。 走行を見てみると分かると思いますが、 腸腰筋は股関節の屈曲以外に、 「股関節内旋」 という作用も持っています。 それに対して、 「外旋六筋」は、 文字通り、 「股関節外旋」 という作用を持つ筋群になります。 要するに、 「外旋六筋」に筋短縮があると、 「拮抗する作用である内旋が入りづらい状態になってしまう。 」 ということです。 そんな状態で立ち上がりを行えば、 股関節屈曲を無理やり入れる形になり、 防御的に大腿筋膜張筋が過剰に入ってしまいます。 ちなみに、 大腿筋膜張筋は「股関節内旋」にも作用する筋なので代償しやすいです。 そうなると、 大腿骨には付着しない筋肉で股関節の屈曲を作る形となり、 そりゃもう股関節に負担をかけてしまうので、 痛みに繋がります。 こうやって説明してみると、 「外旋六筋」が股関節の屈曲の動きに影響しているかが見えてきたとは思いますが、 セラピストのほとんどが見落としているところでもあると思います。 そして面白いのが、 かなり改善率が高いということです。 患者様によって改善の程度に違いは当然ありますが、 ほぼすべての患者様で痛みに変化を出すことが今までの私の臨床経験の中では出来ています。 【まとめ】 今回は、 「変形性股関節症の痛みに対するアイデアとヒント」 をお伝えしました。 まずは、 「股関節屈曲」 の痛み改善、可動域拡大を図ることは極めて重要で、 結果を出すために原因となりやすい筋肉が、 「外旋六筋の短縮」 になります。 股関節屈曲時の痛みが改善されると、 立ち上がり、歩行、靴下の着脱などの ADL動作にも、 かなり大きなプラスの影響を与えることにも繋がりますから、 是非明日からの臨床で活用していただけたらと思います。 本日は以上になります。

次の

股関節の痛みについてです。私は今妊娠6週目です。 昨日から突然右の股関節が痛...

妊婦 股関節 の 痛み

外的要因(ケガ・事故等)が無い場合、股関節痛で重要なのは体重と股関節周辺筋力のアンバランスです。 妊娠により体重は増加しますよね。 一過性股関節痛もあり得ますが、あとは臼蓋形成不全による変形性股関節症かと。 股関節は大腿骨・軟骨・臼蓋(きゅうがい:骨盤側のお椀型受け部分)からなり、それを腱・筋肉などで支え・動かしています。 日本人(特に女性)は生まつき臼蓋が浅い方が多く、浅いことで大腿骨頭が抜けやすい方向にズレて行きます。 その時軟骨の減りや、大腿骨頭と臼蓋が当たるようになり痛みやだるさになります。 これは個人差がありますが、体格が小さな子供のうちは体重と股関節周辺の筋力バランスが維持できていたので痛まなかったものが、 思春期以降に体格が大きくなり、筋力維持のバランスが崩れると痛みが出てきます。 体重が1kg増えると、片方の股関節に掛かる負担はその3倍、歩いて5倍、走って10倍(諸説あり)です。 体重増・筋力低下・・・如何でしょうか? また臼蓋の縁には5~7mmほどの股関節唇と呼ばれる軟骨があり、 大腿骨頭がズレたり抜けないように、よりしっかりと包み込むためのゴムパッキンの様なものがありますが、これが損傷すると痛みますし、更にズレが大きくなり痛みが進む原因にもなります。 股関節唇の「唇」は、口の周りのくちびるの様な形状なので。。。 日本整形外科学会:股関節の症状 聖路加国際病院:股関節唇損傷 股関節疾患は一度発症してしまうと一生もので、自然治癒はありません。 現在の状況を正確にしっかっりと把握しておくことが以後のためにも重要ですね。 病院は股関節専門医がいてMRI装置のある整形外科をお選びください。 整形外科医も部位によって得手・不得手があり、股関節疾患の判断は難しいですから。 専門医でない医師で判断違いに陥りやすいのは、股関節の軟骨の厚みや骨の形状変化だけをみて「異常なし」の判断をすることです。 でも患者は・・・痛い。 それを専門医が観ると、そこはその通りだが臼蓋が浅いね と、ここが大きな違いなのです。 病院では、問診、股関節の可動域測定、そしてレントゲンやMRI装置での画像診断による判定となりますが、余程のことがない限りは「直ぐ手術」にはなりません。 手術を決めるのは、本人が痛みに耐えられなくなった時ですから。 そしてご自分で出来ることは、体重管理と股関節周辺筋力および体幹を維持するための腹筋・背筋運動です。 一つ注意すべきは、股関節周辺筋力運動をするに当って、今現在痛みがあれば、股関節をあまり動かさないで筋力を鍛える方法でおやりになることですね。 下記に例を示しますが、お腹の赤ちゃんに影響ない姿勢や程度にご注意ください。 例えば、大腿筋は椅子に座って片脚づつ膝から下を床と平行に上げて5秒間維持する。 中臀筋は横に寝て上側の脚を床と平行程度に上げて、少しだけお尻側に引いて5秒間維持する。 脚を高く上げることが目的ではありません。 背筋と臀筋は、うつ伏せに寝て、両手は顎の下に置き、片脚を床から10~15cm程度上げて5秒間維持する などです。 どれも維持しているときは息を吐きながらリラックスして行ってください。 これらを負担のない範囲の回数で毎日おやりになってみてください。 初日から急にたくさんやると翌日に影響しますから、ごくごく少ない回数から徐々に。 早ければ4日~1週間程度で痛みが「今までと少し違う」と感じられると思います。 続けている内に一端軽減した痛みが出てきた場合には、筋肉疲労ですので2・3日運動はお休みします。 股関節疾患者にとって、体重管理と筋力維持・増強はどの段階でも一生ものです。 痛み止めの薬やバンテリンなどの筋肉痛緩和剤は今ご使用になれないでしょうから、 ご自分でのマッサージが血流を良くしますので効果ありです。 痛みが引かない場合には杖などの使用もご検討ください。 ちなみに私は先天性股関節脱臼の骨切り術経験者です。 どうかおだいじに。

次の

妊娠中の関節の痛み対策と改善(妊娠中期・後期)

妊婦 股関節 の 痛み

スポンサードリンク 妊娠中期から後期にかけて股関節や腰が痛くなる、という話は良く聞きますよね? しかし痛くなるのは骨盤周りだけではないようです。 パンダマ(現在妊娠23週)も、いま 手の関節が痛いそうです。 どのくらい痛いか?というと、手に力が入らず、コップが持てないくらい。 写真ではこんな感じですね。 触ってみると、少し腫れています。 また不思議なことに、痛みの部位が変化することがあるようです。 昨日は左手が痛かったのに、今日は右手が痛いというように! まるで、リウマチの症状に似ています。 妊娠中は、なぜ関節が痛くなるのか? 妊娠すると、出産に備えて赤ちゃんの通り道である産道を広げるため、骨盤を中心に関節を緩める働きをするホルモンが分泌されます。 リラキシンというホルモンがそれ。 リラキシン relaxin とは分子量約6,000のペプチドホルモンの一種。 子宮弛緩因子とも呼ばれる。 1930年、F. Hisawが発見。 卵巣、子宮、胎盤などから分泌される。 エストロゲンが先行して作用した場合、モルモット、マウス、ヒト、サルでは恥骨結合の弛緩、ウシ、ヒツジでは仙腸結合の弛緩などを示す。 ほとんどの動物種において妊娠末期の血中で検出されており、生理的な意義は妊娠の維持および分娩の補助であると考えられている。 ~Wikipediaより~ 妊娠中は、このリラキシンの濃度が10倍にもなるとか。 このホルモン、出産時には、母体の痛みを和らげることに役立ちますが、出産と関係のない部位、例えば手の指や膝関節にまで影響を及ぼすのですね。 もちろん、骨盤に大きな影響を及ぼしますので、妊娠4ヶ月頃から臀部(お尻)や恥骨痛、股関節痛などがでてきます。 通常、妊娠したら胎児のためにも薬の服用は可能な限り避けたいものです。 しかし、妊娠中の股関節やひざの痛み、手首や指関節の痛みはつらいですよね。 そこで、パンダマは探したのです。 妊婦さんが飲んでOKで、関節痛に効く薬はないものか・・・と。 妊婦さんが飲んで大丈夫な痛み止め この関節痛に効くお薬()は、リョウシンJV錠といいまして、基本的にはご年配の方の関節の痛みを和らげるためのお薬です。 しかし、他の効能として、 妊娠・授乳期の栄養補給 と、しっかり書いてあります。 つまり、堂々と栄養補給目的で服用できる医薬品というわけです。 妊娠中や、産後の授乳期で、関節の痛みがつらい女性の方におススメできます。 なお初めてご利用の方は、富山常備薬グループの公式サイトから半額で.

次の