アプリ の 消し方。 Androidでアプリをアンインストール(削除)する方法

パソコンのダウンロードしたフリーソフトの消し方を教えてください...

アプリ の 消し方

キャッシュとは? キャッシュはデータへのアクセスを高速で行うための仕組みです。 例えば、ネット検索をしていて、初めてホームページを開いた時に表示するまで少し時間がかかったが、2度目以降はすぐに表示されました。 これは、最初の訪問時にキャッシュファイルが保存されて、2度目以降はそのキャッシュファイルを利用したため、高速で表示させることができたのです。 以上のように、最初のアクセスでキャッシュファイルは自動保存されて、2回目以降で使用し、高速で処理します。 アプリを使っていると自動でキャッシュファイルが保存されていきます。 キャッシュが溜まるとスマホのストレージ空き容量が減ってしまいます。 使用していないキャッシュも容量を使っている状態です。 ひとつひとつは、それほど容量が大きいものではありませんが、当然ですが数が増えてくると大きくなっていきます。 キャッシュだけでも何GBもの容量を使っている場合があります。 2回目以降のアクセスを高速表示させるキャッシュですが、空き容量が少なくなっているスマホには悪影響となる場合もあるので、時には消去する事も覚えておきましょう。 アプリの動きが遅い、強制終了するなど、調子が悪いと感じたら、キャッシュの削除で改善される場合もあります。 iPhone:キャッシュの自動削除の仕組み iOS、iPadOSは、本体の空き容量が少ない場合、自動的にキャッシュなどを削除し、空き容量を確保する仕組みになっています。 例えば、アプリや楽曲のダウンロード、iOSのアップデート、動画の撮影などの容量が必要となる処理を行う時に容量が足りなくなっている場合、ストリーミング済みの曲やビデオなどの不要部分、キャッシュなどを削除して容量を確保します。 空き容量が足りなくなった時に、データをダウンロードしようとすると、不要データを削除し、少しでも容量を空けようとします。 過去に空き容量を増やす裏ワザとして、紹介した下記の記事で紹介している方法も、この自動最適化の仕組みによるものです。 簡単に説明すると、iPhoneの空き容量以上の大きさのデータ(映画をレンタル)をダウンロードしようとして、自動削除を利用する方法です。 以上のように、本当に容量が足りなくなった場合は、キャッシュなどの不要なデータを自動的に削除し、容量を確保する仕組みになっているので、不都合がなければ、キャッシュを手動で消さなくも問題ありません。 アプリの調子が悪かったり、ストレージ容量を少しでも空けたかったりなどの理由があれば、キャッシュを手動で消してみると良いと思います。 iPhoneのキャッシュを削除したい iPhoneやiPadなどのiOSデバイスは、Androidのように設定からアプリ毎にキャッシュを削除したり、まとめて削除したりと統一されたやり方ではなく、アプリ毎にやり方が異なります。 アプリ内からキャッシュの削除できるアプリ、iPhoneの設定から削除するアプリと異なります。 Safariのキャッシュを消去する手順 Safariのキャッシュは、Webサイトデータの消去より行えます。 Webサイトデータは、キャッシュやCookieなどが含まれています。 自動ログインの情報もクリアされるので再ログインをする必要があります。 <Safariのキャッシュを削除する>• 設定アプリを開きます。 【Webサイトデータ】をタップすると、WEBサイトデータ一覧が表示します。 ・全て削除したい場合:【全Webサイトデータを削除】より削除できます。 ・個別に削除したい場合:削除したいサイトのドメインを左方向にスワイプし、【削除】をタップします。 3 LINEのキャッシュを消去する手順 私の場合は、1GB近くのキャッシュが保存されていました。 頻繁に使うアプリは、特にキャッシュファイルが溜まっているので、時々確認しておきましょう。 設定アプリを開きます。 下の方にスクロールして【SmartNews】をタップします。 「次の起動時にキャッシュをクリア」のスイッチをオンにします。 SmartNewsを起動すると、キャッシュが自動でクリアされます。 0 再インストールでキャッシュをクリアする方法 キャッシュを手動で削除する機能が搭載されている機種はそれで削除できますが、非対応アプリはそうもいきません。 非対応アプリには、アプリの再インストールでキャッシュを削除する方法があります。 ただし、キャッシュをクリアする事だけが目的の場合は、おすすめしません。 この方法は、一度アプリを完全に消してしまうので、他のデータも消えてしまいます。 ですので、この場合は引き継ぎ設定などが必要になる場合があります。 Facebookやインスタグラムなどのように、アカウントに紐づいているデータであればログインすれば、以前と同じデータで利用できるアプリもあります。 アプリを削除して、もう一度、App Storeからダウンロードしなおす必要があるので、時間もかかります。 状況に応じて自己判断で行ってください。 詳細: アプリ毎のキャッシュを見るには? 各アプリで溜まっているキャッシュの容量を見るには、基本的にはアプリ内で容量を確認する必要があります。 正式に保存しているキャッシュの容量を確認できるのは、LINEのようにアプリ内にキャッシュデータの容量が記載されているものに限るようです。 また、APPLEサポートには、「キャッシュに保存されたデータや一時データは、消費量として算入されない場合がある」との記載があり、詳細なキャッシュ容量の確認はできそうにありません。

次の

【iPhone 7】アプリの消し方まとめ

アプリ の 消し方

標準アプリを削除する方法 標準アプリ(最初から入っているアプリ)を削除する方法です。 通常アプリを削除する方法と同じです。 ホーム画面でどれでもいいのでアプリをロングタップします。 (ロングタップというのは3秒ほどアイコンにふれたまま長押しすることです) するとアイコンがブルブル動き出してアイコンの左上に「X」印がついたと思います。 ここで消したいアプリについている「X」をタップしてください。 「X」をタップすると次のようなポップアップが表示されますので「削除」をタップするとアプリを消すことができます。 このように標準アプリを消すことができました。 iPhoneで最初から入っているアプリについて 2018年9月にリリースされた「iOS12」では次のようなアプリがプリインストールされています。 カメラ• リマインダー• App Store• ブック• カレンダー• ミュージック• ビデオ• ホーム• メール• ヘルスケア• Wallet• iTunes Store• Safari• Watch• 計算機• ファイル• Podcast• FaceTime• マップ• メッセージ• コンパス• ヒント• ボイスメモ• 連絡先• 友だちを探す• iPhoneを探す 標準アプリが削除できるようになったと言っても、すべてのアプリが削除できるわけではなく、赤字で表示しているアプリが削除可能な標準アプリのようです。 標準アプリでいらない、消しても良いアプリについて iOS12では20数種の標準アプリを削除することができますが、どのアプリがいらない(消しても良い)アプリなんでしょうか。 削除してもいいアプリは使い方にもよりますが、赤字で表示されている削除可能なアプリ全てを消しても、動作には問題ありません。 赤字のアプリを消しても、以下の操作が可能です。 電話(電話アプリ)• インターネット(Safari)• カメラで写真を撮る(カメラアプリ)• ビデオを撮影する(カメラアプリ)• 撮影したビデオや写真を見る(写真アプリ)• SMSの送受信(メッセージ)• アプリのインストール(AppStore)• iPhoneを探す• ヘルスケア• Wallet• iOSの設定 電話やインターネット、カメラの仕様など、必要最小限の使い方はできそうです。 iPhoneの容量が少ない(16GBモデル)場合などには使っていない標準アプリを削除して他のアプリをインストールするという使い方もできるようになりました。 個人的にいらないアプリ、消しても良いアプリを選んでみました。 個人的にいらないアプリNo. 1は以下の9つのアプリです。 このアプリはほとんど使ったことがないので、消しちゃってもいいと思います。 連絡先は必要じゃない?と思われるかもしれませんが、これを消しても電話アプリのタブ内で連絡先を観られるので消しても問題ありませんでした。 コンパスや、計測はお好みでどうぞ。 ヒント• 連絡先• 友だちを探す• ホーム• ファイル• Podcast• コンパス• 計測 No. 2はこちらのアプリ。 これらのアプリはほとんどgoogleやその他のアプリで代用可能、というかそちらのほうが便利なので、そちらを使っています。 メモ(evernote)• リマインダー gmail• メール gmail• マップ google map• カレンダー グーグルカレンダー こちらは、エンタメ関連アプリです。 appleで音楽や、動画、ブック関連を利用するなら残しておきます。 iTunes Store• ミュージック• ビデオ• ブック Watchはapple watchを持っていなければ削除可能ですね。 Watch ここから下は、残しておいてもいいかなというアプリです。 計算機は結構使うし、FacetimeはiPhone間の電話が無料になるし、誰かからかかってくるかもしれないので残しておくのが良いですね。 ボイスメモはどこのアプリを使っても差がわからないので、音声録音するなら残しておいてもいいですね。 計算機• ボイスメモ• FaceTime いずれにしても、標準アプリと同様の機能を持っていて、よりお好みの物があるなら、もとから入っているアプリは消しちゃってもいいですね。 バツが出ないアプリについて ホーム画面でロングタップしてもバツが出ないアプリは消すことができません。 iOS12では以下のアプリが該当します。 カメラ• App Store• ヘルスケア• Wallet• Safari• メッセージ• iPhoneを探す 消せないアプリはiPhoneの基本機能に関わってくるものなので、消すことができない仕様になっているのだと思います。 電話アプリがなくなってしまったら、もはやアイフォーンではなくなってしまいますね(笑 また、アプリをロングタップしてもバツが出ずに、「ーーを共有」などと画像のようなメニューが出てしまう場合は少し強く画面を押し過ぎな時が多いと思います。 画面を強く押すと「3D touch」という機能が働き、アプリのサブメニューが出てしまいます。 その場合はメニューが出ないように少し弱めにロングタップすると良いですよ。 削除したアプリを再インストールする方法 削除してしまった標準アプリは、他の通常アプリと同様、AppStoreから再インストールすることができます。 最初に削除した「ビデオ」アプリを再インストールしてみましょう。 ホーム画面の「App Store」をタップして起動します。 虫眼鏡の横に「ビデオ」と入力して、「検索」をタップします。 「ビデオ」アプリが表示されました。 矢印で指している雲アイコンをタップするとインストールが始まります。 ビデオアプリは「665. 6KB」で、とても容量が少ないのですぐにインストールが終わると思います。 ビデオアプリが再インストールされました。 まとめ 標準アプリの消し方や再インストールの方法、いらないアプリについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。 iOA11以前のOSでは標準アプリを消すことができませんでしたが、iOS12になって消すことができるようになったので、容量の少ないiPhoneでも少し余裕を作ることができるようになったと思います。 アプリを消す技に加えてクラウド関連も活用すると、より便利になるので是非活用してみてください。

次の

いらないアプリの消し方! でも知らずに大事なアプリを消して大変なことに・・・。

アプリ の 消し方

標準アプリを削除する方法 標準アプリ(最初から入っているアプリ)を削除する方法です。 通常アプリを削除する方法と同じです。 ホーム画面でどれでもいいのでアプリをロングタップします。 (ロングタップというのは3秒ほどアイコンにふれたまま長押しすることです) するとアイコンがブルブル動き出してアイコンの左上に「X」印がついたと思います。 ここで消したいアプリについている「X」をタップしてください。 「X」をタップすると次のようなポップアップが表示されますので「削除」をタップするとアプリを消すことができます。 このように標準アプリを消すことができました。 iPhoneで最初から入っているアプリについて 2018年9月にリリースされた「iOS12」では次のようなアプリがプリインストールされています。 カメラ• リマインダー• App Store• ブック• カレンダー• ミュージック• ビデオ• ホーム• メール• ヘルスケア• Wallet• iTunes Store• Safari• Watch• 計算機• ファイル• Podcast• FaceTime• マップ• メッセージ• コンパス• ヒント• ボイスメモ• 連絡先• 友だちを探す• iPhoneを探す 標準アプリが削除できるようになったと言っても、すべてのアプリが削除できるわけではなく、赤字で表示しているアプリが削除可能な標準アプリのようです。 標準アプリでいらない、消しても良いアプリについて iOS12では20数種の標準アプリを削除することができますが、どのアプリがいらない(消しても良い)アプリなんでしょうか。 削除してもいいアプリは使い方にもよりますが、赤字で表示されている削除可能なアプリ全てを消しても、動作には問題ありません。 赤字のアプリを消しても、以下の操作が可能です。 電話(電話アプリ)• インターネット(Safari)• カメラで写真を撮る(カメラアプリ)• ビデオを撮影する(カメラアプリ)• 撮影したビデオや写真を見る(写真アプリ)• SMSの送受信(メッセージ)• アプリのインストール(AppStore)• iPhoneを探す• ヘルスケア• Wallet• iOSの設定 電話やインターネット、カメラの仕様など、必要最小限の使い方はできそうです。 iPhoneの容量が少ない(16GBモデル)場合などには使っていない標準アプリを削除して他のアプリをインストールするという使い方もできるようになりました。 個人的にいらないアプリ、消しても良いアプリを選んでみました。 個人的にいらないアプリNo. 1は以下の9つのアプリです。 このアプリはほとんど使ったことがないので、消しちゃってもいいと思います。 連絡先は必要じゃない?と思われるかもしれませんが、これを消しても電話アプリのタブ内で連絡先を観られるので消しても問題ありませんでした。 コンパスや、計測はお好みでどうぞ。 ヒント• 連絡先• 友だちを探す• ホーム• ファイル• Podcast• コンパス• 計測 No. 2はこちらのアプリ。 これらのアプリはほとんどgoogleやその他のアプリで代用可能、というかそちらのほうが便利なので、そちらを使っています。 メモ(evernote)• リマインダー gmail• メール gmail• マップ google map• カレンダー グーグルカレンダー こちらは、エンタメ関連アプリです。 appleで音楽や、動画、ブック関連を利用するなら残しておきます。 iTunes Store• ミュージック• ビデオ• ブック Watchはapple watchを持っていなければ削除可能ですね。 Watch ここから下は、残しておいてもいいかなというアプリです。 計算機は結構使うし、FacetimeはiPhone間の電話が無料になるし、誰かからかかってくるかもしれないので残しておくのが良いですね。 ボイスメモはどこのアプリを使っても差がわからないので、音声録音するなら残しておいてもいいですね。 計算機• ボイスメモ• FaceTime いずれにしても、標準アプリと同様の機能を持っていて、よりお好みの物があるなら、もとから入っているアプリは消しちゃってもいいですね。 バツが出ないアプリについて ホーム画面でロングタップしてもバツが出ないアプリは消すことができません。 iOS12では以下のアプリが該当します。 カメラ• App Store• ヘルスケア• Wallet• Safari• メッセージ• iPhoneを探す 消せないアプリはiPhoneの基本機能に関わってくるものなので、消すことができない仕様になっているのだと思います。 電話アプリがなくなってしまったら、もはやアイフォーンではなくなってしまいますね(笑 また、アプリをロングタップしてもバツが出ずに、「ーーを共有」などと画像のようなメニューが出てしまう場合は少し強く画面を押し過ぎな時が多いと思います。 画面を強く押すと「3D touch」という機能が働き、アプリのサブメニューが出てしまいます。 その場合はメニューが出ないように少し弱めにロングタップすると良いですよ。 削除したアプリを再インストールする方法 削除してしまった標準アプリは、他の通常アプリと同様、AppStoreから再インストールすることができます。 最初に削除した「ビデオ」アプリを再インストールしてみましょう。 ホーム画面の「App Store」をタップして起動します。 虫眼鏡の横に「ビデオ」と入力して、「検索」をタップします。 「ビデオ」アプリが表示されました。 矢印で指している雲アイコンをタップするとインストールが始まります。 ビデオアプリは「665. 6KB」で、とても容量が少ないのですぐにインストールが終わると思います。 ビデオアプリが再インストールされました。 まとめ 標準アプリの消し方や再インストールの方法、いらないアプリについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。 iOA11以前のOSでは標準アプリを消すことができませんでしたが、iOS12になって消すことができるようになったので、容量の少ないiPhoneでも少し余裕を作ることができるようになったと思います。 アプリを消す技に加えてクラウド関連も活用すると、より便利になるので是非活用してみてください。

次の