山椒 の 効能。 中華料理に欠かせない花椒とは?その効能や使い方について

山椒の栄養と効果効能。ダイエットや白髪に効果的?漢方に優れた薬膳素材!

山椒 の 効能

山椒をうなぎやてんぷらにかけて食べると、ピリッとした辛さと食欲をそそる香りがうまさを何倍にも引き立てますよね。 香辛料として色んな料理に使われる山椒ですが、実は多くの効能があることは知っていますか? ただ、山椒は食べ過ぎてしまうとしびれなどの副作用を起こすこともあるので注意が必要です。 今回、山椒の効能や食べ過ぎによる副作用、しびれが起きる原因についてお伝えしたいと思います。 スポンサーリンク 山椒の効能まとめ 今でこそ香辛料のイメージが強い山椒ですが、昔は病気を治療するための薬として使われ、多くの人々を救っていました。 山椒は食物繊維や、カルシウム・鉄分といったミネラル類、ビタミンB群やビタミンEなどのビタミン類が豊富に含まれている万能食品です。 山椒に含まれる栄養素の中でも最も注目したいのが、• サンショオール、サンショアミン• ゲラニオール• リモネン• タンニン と呼ばれる成分で、これらは漢方薬にも使われるほど健康に良い効果があります。 まず、山椒に多く含まれる上記4つの成分の効能について紹介します。 サンショオール、サンショアミド 山椒に含まれている辛味成分がサンショオールとサンショアミドです。 サンショオールやサンショアミドは脳に刺激を与えて活性化を促し、胃腸の働きを活発にします。 そのため、消化不良が原因で起きる胸やけや下痢などの防止、改善に有効です。 また、基礎代謝の向上や発汗効果もあるため、冷え性改善からダイエットまで幅広い効能が期待できます。 ゲラニオール 柑橘系の香りがするため、香水にも使用されることがある成分です。 主な効能は、 抗菌・防虫作用や抗うつです。 抗菌作用が強い成分なので、ニキビや吹き出物の予防になりますし、体臭を抑える効果もあります。 リモネン 山椒以外に柑橘系の果実や果物の皮に多く含まれる成分で、山椒のツンとした独特の香りはリモネンによるものです。 リモネンの香りはリラックス効果が高いため、アロマオイルや飲料の香料、洗剤や化粧品にも使われています。 また、リモネンには発がん性物質を抑える作用も確認されているので、心身の健康維持に欠かせない栄養素といえます。 タンニン タンニンはポリフェノールの一種で、山椒以外に緑茶やウーロン茶、紅茶などのお茶、ワインやコーヒーにも豊富に含まれる成分です。 強い抗酸化作用があるため、体内で老化の原因となる活性酸素の発生を抑えます。 活性酸素の発生を抑えることで、アンチエイジング効果を得られるのはもちろん、• 便秘解消• 動脈硬化予防• 心臓病予防 といった様々な効能が期待できます。 スポンサーリンク 山椒で舌がしびれるのはなぜ? 唐辛子やワサビと同じ香辛料として使われる山椒ですが、山椒のみの特徴として舌のしびれがありますよね。 しびれが起きるのは、山椒に含まれる辛味成分であるサンショオールが原因です。 サンショールには局所麻酔の作用があるため、食べ過ぎると口の中でも特に敏感な舌がサンショオールの刺激に反応してしびるのです。 また、 サンショオール以外にキサントキシンという痙攣毒を引き起こす成分も含まれています。 痙攣毒といっても毒性が強いのは魚類のみで、人間に対しての毒性は大量に摂取しない限り無に等しいので安心してください。 ただ、痙攣性の刺激は受けるのでサンショオールとともにしびれの原因になります。 どれくらいの量で舌がしびれるのかは個人差があるので一概に言えませんが、しびれを防ぐ適量を見極めることが大切です。 一度しびれた後にまた山椒をかける時は、以前よりも摂取量を少なくして適量を探ってみてください。 また、しびれが起きた後、症状を緩和したい時に有効なのは牛乳やヨーグルトの摂取です。 乳製品を摂取すると乳脂肪が舌全体を覆うので、山椒の刺激を抑えしびれを緩和します。 しびれ以外で気をつけたい!山椒食べ過ぎによる副作用は? 山椒は辛味成分の刺激により脳や胃腸の働きを活性化する作用がありますが、食べ過ぎは逆効果です。 たとえば、 胃腸への刺激が強すぎると、下痢や嘔吐などの副作用が起こります。 また、 稀にですが脳への刺激が強すぎた場合は意識障害や酩酊状態など重度な副作用が起きることもあります。 これらの副作用は、よほど大量に山椒を摂取しない限り心配する必要はありません。 ただ、食べ過ぎによる副作用があることは確かなので、山椒の過剰摂取は控えるようにしましょう。 昔は薬として使われていた山椒だけに、用法用量は守りましょうね! 普段、調味料の一種として何気なく使っている山椒ですが、特徴的な辛みや香りにはたくさんの効能があることが分かりました。 近年、山椒は世界各国で注目されていて、ぴりっとした辛みがワインやビールと相性抜群なので海外のレストランでも日本産山椒が料理に使われています。 今後、山椒の健康面においての魅力が伝われば、世界中で需要がさらに高まるかもしれませんね。 私たちの食卓でも、山椒はうなぎやてんぷら以外に、スパゲッティーや汁物などにかけても違った味わいになり美味しく頂けます。 胃腸が弱った時や疲労が溜まった時、普段の料理に山椒を一振りして活力をとり戻してくださいね。 スポンサーリンク•

次の

山椒の栄養と効果効能。ダイエットや白髪に効果的?漢方に優れた薬膳素材!

山椒 の 効能

胃もたれ防止になるから 山椒は胃もたれにも効果があると言われています。 山椒の皮に含まれているシトローネなどの精油分には、胃を健康に保つ効果があります。 胃のむかつきやつっかえている感じがしたときには山椒の煎じた皮2~3グラムを、コップ一杯の水で食後に三回程度分けて飲むと効果があると言われています。 また某テレビ番組では大根おろしに山椒をかけて食べると胃もたれに効果があると言っていましたので胃もたれで苦しいときにはそのレシピも参考にしてみてはいかがでしょうか。 食欲増進に効果があるから 夏場の食欲のないときには山椒をかけると食欲が回復するといわれています。 また、殺菌作用があるので、夏場の食中毒も防いでくれ一石二鳥ですよね。 土用の丑の日にうなぎにかけるだけでなく、夏場のお刺身やソーメンなどにかけてみましょう。 すっきりとした風味が食欲をそそりますよ。 また、四川料理の代表である麻婆豆腐にも大量の山椒が使われていますが、これも湿度の高い四川で食欲がわくように山椒がたくさん入っているとも言われています。 冷え症改善にもなるから 山椒に含まれているサンショオールには新陳代謝を上げる効果があり、発汗作用があるので冷え症に効果があると言われています。 とくに消化不良の改善や胃腸を温める効果があるので冷えておなかが痛い場合は山椒を煎じて飲んでみましょう。 お腹がぽかぽかして痛みを緩和してくれるはずです。 また、冷えを改善し、発汗作用があるためダイエットにも効果があります。 ダイエットしたいと思っている人は山椒ダイエットをためしてみてはどうですか。 しもやけに効果があるから しもやけに効果があるなんていがいですが、あのぴりっとした辛さに秘密がありました。 あのぴりっとした辛さの刺激で血流がよくなり治りを早めるそうです。 そこで、山椒を軽く炒って温かいうちに布などにつつみ、それをしもやけのある場所に湿布のようにあててみましょう。 それで効果があるそうですよ。 また、血流を良くすると治るあかぎれや痔などにも効果があるそうです。 患部に当てられない時には炒ってから袋に入れてお風呂に入浴剤のかわりにいれてみましょう。 体がぽかぽかして温まりますよ。 喘息に効果があるから 山椒は喘息にも効果があるそうです。 山椒に含まれている油には喘息を抑える効果があるそうですよ。 山椒の蒸留液は、ヒスタミンによる気管の収縮を抑制するそうです。 また、鎮痛効果もあるので、喘息による背中や肺の痛みも緩和してくれるでしょう。 また、免疫力を上げる効果もあるので免疫力をあげて喘息を改善しましょう。 大根おろしとはちみつと山椒を混ぜたものを食べてみると咳やのどの痛みに効果があるようですよ。 薬がなくてこの食材があるときや薬が嫌いという人はちょっと試してみてはどうでしょうか。 下痢を止めるから 山椒は平安時代という昔から下痢の薬としても飲まれていたそうです。 今でも山椒が含まれている漢方の大建中湯には腹痛やお腹の張りを和らげ、胃腸をあたためて胃腸の働きを助ける効能があるそうですよ。 下痢だけでなく便秘や慢性腹膜炎、腹痛を改善し、腹が冷えて痛む腹痛を抑えてくれるそうです。 また、ガスがたまって苦しいときやその結果吐き気がある場合にも効果があるそうです。 ガスの排出を手伝ってくれます。 下痢や便秘で辛いときにはいちど山椒を頼ってみましょう。 鎮痛作用もあるから 山椒には鎮痛作用があり、打撲や打ち身、捻挫、むち打ち症などの痛みを解消してくれます。 山椒を布でまくなどして患部にあててみましょう。 きっと痛みが和らぐはずです。 しかし、むち打ちなどはあとでひどくなる場合があるので、山椒に頼らずにまずは病院へ行ってくださいね。 また、山椒が含まれている漢方に当帰湯というものがあります。 この当帰湯は身体をあたため、痛みを和らげる効能があります。 冷え性で背中に悪寒をおぼえ、腹部膨張間や腹痛などをともなう、比較的体力の衰えている人に用いられる漢方です。 このように、山椒はうなぎにかけるだけの調味料だと思ったら大間違いでこんなにも効能豊かな食材なのです。 そしてお酒を飲みすぎて胃腸の調子が悪かったりする時には新陳代謝を高めてくたりもします。 また、山椒の効能として血液をさらさらにしてくれますので、成人病の予防にもなりますよ。 しかし、なかなか家に山椒はおいていないですよね。 家に山椒がないときはスーパーなどで簡単に手に入りますからいろいろな病気の予防として山椒を食卓においてみてはいかがでしょう。 ちりめん山椒やからあげなどの肉料理にも使えて、きっと料理のレパートリーも広がりますよ。 今日のまとめ 山椒の効能には ・胃もたれ防止がある ・食欲増進に効果がある ・冷え症改善効果がある ・しもやけに効果がある ・喘息に効果がある ・下痢を止める ・鎮痛作用がある.

次の

山椒、木の芽の味や香りと効果・効能

山椒 の 効能

山椒は日本ではさんしょう、ハジカミと呼びますが、中国では花椒(ホアジャオ)といいます。 これは熟した赤くなった実である実山椒がパカっと開いた見た目が、花のように見えることに由来します。 下の画像が実山椒ですが、花に見える様子がわかるかと思います。 他にもアニスペパー、四川ペパー、朝倉山椒、チャイニーズペパー、フラワーペパーなどとも呼ばれます。 ちなみにペパーと付いていますがこしょうとは全くの別物です。 特徴 解説 学名 Zanthoxylum piperitum 名称 Japanese pepper(英)、poivrier du japon(仏)、花椒(ホアジィアオ・中国)、山椒(さんしょう・日本) 原産地 日本、中国 種類 ミカン科の落葉灌木(かんぼく) 樹高 100〜300㎝ 使う部位 茎、葉、花、実、樹皮 山椒の味と香りの特徴 青山椒は辛みが非常に強いので、料理に利用する際はまずは下ごしらえを行います。 まずは青山椒の小枝をとります。 軸はそのままでも構いません。 気になる方は取り除いても結構です。 次に沸騰した湯に入れて中火で10分ほど茹でます。 ざるに取り今度は水にさらして半日ほど置いておきます。 青山椒はこの水にさらす時間によって香りや辛みを調節できます。 短めにさらしておけば辛い味や香りを強く残しておけます。 長くさらして置けば強すぎる辛みや香りは穏やかにできます。 ぬか床に加える場合は山椒を丸ごといただくのではなく、主にその香りや辛みによる防腐効果を期待してのものなので、水につける時間も10分程度と短めでもかまいません。 一方つくだ煮や料理に加えて山椒も一緒に食べる場合は、そのままだと辛みが強すぎるので水にさらす時間は十分に取っておくといいです。 実山椒、粉山椒の味と香りの特徴.

次の