赤ちゃん アトピー 性 皮膚 炎。 赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の原因と症状は?ステロイドはどう使うの?【症例写真付&専門医解説】|Milly ミリー

アトピー性皮膚炎の症状は治ります!赤ちゃんや子供にあったケアが大切!!

赤ちゃん アトピー 性 皮膚 炎

赤ちゃんの肌やアトピー性皮膚炎に関するさまざまな常識が、昔とは大きく変わってきていることが、最先端の治療と研究を進める国立成育医療研究センター アレルギーセンターの大矢幸弘センター長のお話でわかりました。 科学的根拠に裏付けされた正しいケア方法や治療法の知識をアップデートして、赤ちゃんの肌を健やかに保ちましょう。 赤ちゃんをアレルギーから守るには 肌のバリア機能を整えるのが鍵 赤ちゃんの肌はきめ細やかでしっとりスベスベしているもの。 そういうイメージをもっている人は多いかもしれませんが、実際には生まれつき肌がカサカサしやすい赤ちゃんは少なくありません。 また、空気が乾燥する秋から冬にかけて生まれた赤ちゃんも、外的環境によって肌が乾燥しやすい傾向にあります。 親やきょうだいにアトピー性皮膚炎の人がいるなど、遺伝的要因がある場合も同様の傾向が見られます。 しかし乾燥や肌荒れなどの炎症があってこの角層が乱れ、バリア機能が低下した状態にあると、アレルゲンが角層を通過して肌(からだ)の中に侵入しやすくなります。 アレルゲンは家にいるダニやカビなどのほか、食物も含まれます。 近年の研究では、「乳幼児期の皮膚のトラブルによる湿疹などが、食物アレルギーの原因になる可能性がある」ということがわかってきています。 かつてはこれとはまったく逆の考え方が広く浸透していました。 食物のアレルゲンが母親から移行したり、離乳期の初期から摂取することによって、赤ちゃんや子供が食物アレルギーになり、アトピー性皮膚炎を発症する。 だからアトピー性皮膚炎の予防や治療のためには、妊娠中や授乳中に食物アレルギーを引き起こす可能性のある食物は避けるべきで、赤ちゃんの離乳食からもそうした食物は除去するべきだと多くの医師が指導していたのです。 食物アレルギーが起こるしくみ 知っておきたい「経皮感作」と「経口免疫寛容」 食物アレルギーを発症するメカニズムとしてぜひ知っておいてほしい2つのキーワードとして 「経皮感作」と 「経口免疫寛容」があります。 炎症が起きた肌からアレルギーを引き起こす可能性のある食品の分子が体内に入ると、異物を排除しようとするからだの免疫機能によって「IgE抗体」という物質がつくられます。 これを「経皮感作」といいます。 一度感作が起こった後に、この食品を食べたり、その分子が肌を通過するなどで再びアレルゲンが体内に侵入してIgE抗体に結合するとアレルギー症状が引き起こされ、食物アレルギーを発症することになるというわけです。 一方、人間には本来、異物である食べ物を異物と認識することなく自分のからだに取り込んでからだを作る成分に変える力が備わっています。 これを「経口免疫寛容」といいます。 食品の成分が健康な腸を経て体内に入ると、アレルゲンにはならないのです。 赤ちゃんに少しずつ離乳食を与えていくのは、この免疫寛容の仕組みを赤ちゃんにつけさせるためにも大切な役割を果たしていると考えられます。 経口免疫寛容のシステムは時間をかけてからだに備わっていきますが、それが備わる前に食物アレルギーなどの原因となる物質を、荒れた肌から体内に侵入させないことが大切です。 つまり、離乳食を始める前の赤ちゃんにアトピー性皮膚炎を起こさせないことが、食物アレルギーのリスクを減らすと考えられるようになったのです。 新生児期の保湿ケアで アトピー性皮膚炎の発症リスクが3割以上低下 肌のバリア機能を正常に保つ基本は「保湿」にあります。 248 Vol. 134, Issue 4, October 2014. (グラフ1)保湿剤の塗布とアトピー性皮膚炎発症率との関係 1日1回以上、全身に保湿剤を塗った群と塗らなかった群に分け、生後1週間以内~32週までのアトピー性皮膚炎の発症率を比較。 塗った群のほうが、塗らなかった群よりアトピー性皮膚炎の発症リスクは3割以上低下することが確認された。 248 Vol. 134, Issue 4, October 2014. を参考に作成) この研究では生後8カ月まで保湿剤の塗布を続けましたが、どのくらいの期間保湿ケアを行うべきなのかということについては諸外国を含む複数の研究結果があり、まだはっきりした結論は出ていません。 ひとつの目安としては、離乳食がスタートする前となる生後半年までが赤ちゃんの保湿に適したタイミングと考えられます。 前述したとおり、この時期に適切な保湿ケアを行って肌のバリア機能を保つことができていれば、実際に食物を口にする前に、食物のアレルゲンによる経皮感作を起こさずに済む可能性が高いためです。 生後半年まで保湿ケアを行っても、それ以降にアトピー性皮膚炎を発症する場合はありますが、保湿ケアをせずに生後半年以内にアトピー性皮膚炎を発症した赤ちゃんに比べると重症化しにくい傾向が見られます。 早い段階から保湿ケアを始めることは、そういう意味でも効果があるといえます。

次の

「アトピー性皮膚炎」の原因と症状|小児科医に聞く赤ちゃんのお肌Q&A|妊娠・出産・育児に関する総合情報サイト【ベビカム】

赤ちゃん アトピー 性 皮膚 炎

2歳未満までのアトピー性皮膚炎は、まず頬や額、頭がカサカサに乾燥して赤みを帯びることで始まります。 この赤みは徐々に強まってかゆみのある盛り上がり(丘疹)ができます。 この丘疹はかゆいのでかいてしまい、じゅくじゅくしたりかさぶたができたりします。 そのうち耳や口のまわり、頬、顎など顔全体に症状は拡がります。 その後、首やわき、ひじや膝の裏などのよくこすれる部分や、胸、おなか、背中、脚などにも赤い斑点や丘疹がでるようになります。 ほか、かぶれやあせもも、アトピー性皮膚炎とよく似ています。 いずれにしても、皮膚科などの医療機関を受診して医師に判断してもらいましょう。 アトピー性皮膚炎は、赤ちゃんに限らず、もともとの体質(アトピー素因)に加え、皮膚のバリア機能の異常やアレルギーを起こす物質(アレルゲン)の体内への侵入などが関連しあって起こります。 アトピー素因とは、家族に気管支喘息、アレルギー性鼻炎、結膜炎、アトピー性皮膚炎病気を持っている人がいたり、過去にかかったことがあったりする人、またはIgE 抗体を産生しやすい体質などが当てはまります。 さらに、唾液や汗、髪の毛、衣類、洗剤などといった肌に刺激を与えるものに触れたり、 汗をかきすぎたりすると症状が悪化します。 汗の成分は肌の保湿などに役立つのですが、汗をかきすぎて皮膚が高温多湿になったり、汗の成分が皮膚に残ったりすると逆に症状を悪化させる要因となります。 ステロイド外用薬には皮膚の炎症を抑える効果があり、アトピー性皮膚炎の薬としては基本となるものです。 ステロイド外用薬の強さには5段階あり、症状にあった強さのステロイド外用薬を使い、症状を安定させて維持できれば寛解(治療を続けることで症状のない状態が続くこと)できる可能性があります。 ステロイド外用薬を使用し続けると、皮膚がうすくなったり、赤みがでたり、細い血管が拡張したりするといった副作用はありますが、これは薬の使用をやめるなどすれば軽快します。 また、中途半端に使って急にやめると症状が悪化することもありますが、これも徐々に使用を少なくしていくことである程度防ぐことができます。 医師は、ステロイドを使用することによるメリットと副作用のデメリットをよく考えて薬を処方しています。 医師の指示に従わず、少なすぎる量を塗っていたり、回数を減らしてしまったりすると期待された効果が出ず、症状がなかなか収まらないので、かゆくてかいてしまい症状は悪化する、といった悪循環に陥ってしまいます。 悪循環に陥ると症状を抑えるためにステロイドの使用量が結局増えてしまうので、必要な時に必要な量・回数をしっかり使用し、早めに症状を抑える事が非常に重要となります。 ですから、医師からの「どの薬」を「どの部位」に、「どのくらいの量と回数」で、「症状がどのようになるまで」塗るのかの指示を守って塗ることがとても大切なのです。 症状は変化していきますので、定期的に同じ病院に通い、その都度適切な薬をもらって指示をあおぐようにしましょう。 ステロイドと聞いて拒否したり、自己判断でやめたり、病院を次々と変えたりすると、かえって治りにくくなってしまうリスクもあります。

次の

【医師監修】乳児湿疹の原因と正しいケア方法|湿疹のタイプ別に見る赤ちゃんへの対処法

赤ちゃん アトピー 性 皮膚 炎

乳幼児に起こりやすい 「乳児湿疹」の基礎知識と アトピーの違い 多くの乳幼児の肌を悩ませる「乳児湿疹」。 顔、首、頭など皮脂の分泌が多い部位に現れやすい「乳児湿疹」は、ニキビのような湿疹や、カサカサしたかさぶたを形成する湿疹などさまざまなタイプが見られるのが特徴です。 一方、子供に多く発症するアトピーも生後2~3か月頃から徐々に症状が現れるようになり、「乳児湿疹」と同じくさまざまなタイプの湿疹を生じます。 「乳児湿疹」とアトピーは一見すると区別がつきにくいものです。 そこで今回は、「乳児性湿疹」についての基礎知識とアトピーとの違いについて詳しく解説します。 乳児湿疹とは、生後2週~2か月頃に多く見られる湿疹のことで、顔・首・頭皮を中心に発症します。 湿疹は、赤いポツポツしたもの、黄色いかさぶたやフケのようなもので覆われているもの、膿の流出があるものなどさまざまな形状で現れます。 乳児湿疹の原因は諸説ありますが、胎盤を通して赤ちゃんに渡されたママの女性ホルモンが皮脂の分泌を促すためと考えられています。 また、赤ちゃんは毛穴が小さいため皮脂が詰まって炎症をおこしやすく、湿疹が悪化しやすいのも特徴の一つです。 乳児湿疹は生後2か月を過ぎてママから受け継いだホルモンの働きが弱くなると、自然に症状が軽くなっていくことがほとんどです。 しかし、症状が長引く場合や重症化するような場合にはかかりつけの小児科や皮膚科などで適切な治療を受けるのが望ましいと考えられます。 治療には、基本的には清潔にして保湿を行い、症状によっては皮膚の炎症を抑えるためのステロイド剤の塗り薬、細菌感染を抑える抗菌薬入りの塗り薬などが使用されます。 乳児湿疹に効果があると謳われた薬も多く市販されていますが、中には湿疹の正体が乳児湿疹でないケースもあるため自己判断で使用せず、まずは病院で診察してもらうことが大切です。 また、乳児湿疹の症状を抑え、再発を予防するには薬物療法だけでなく赤ちゃんの適切なスキンケアを行う必要があります。 乳児湿疹は皮脂の分泌が盛んな部位にできやすいため、入浴時にはよく泡立てた石鹸をつけて優しく撫でるように汚れや余分な皮脂を落とし、ぬるま湯でしっかり洗い流すようにしましょう。 湿疹の表面にかさぶたやフケのようなカスが付着している場合は、無理に剥がすと皮膚にダメージを与えることがあります。 このような場合には、刺激の少ないオリーブオイルやベビーオイルなどを浸したコットンなどをパッキングしてよくふやかしてから洗浄すると皮膚を傷つけずにきれいに除去できます。 そして、入浴後や洗顔後は皮膚が乾燥しやすく、皮脂分泌がかえって増えてしまうこともあります。 また、生後3か月を過ぎると赤ちゃんの肌は皮脂分泌が低下し、乾燥しやすくなります。 このため、洗浄後は赤ちゃんでも使用できる保湿剤でケアすることも忘れてはなりません。 乳児湿疹は多くの赤ちゃんが悩まされる皮膚トラブルですが、適切な対策を行うことで発症を予防することも可能です。 乳児湿疹を予防するには以下の3つのポイントを抑える必要があります。 湿疹ができやすいところを清潔に保つ 乳児湿疹の原因は皮脂の過剰分泌であると言われているため、皮脂が溜まりやすい部位はしっかり洗浄して清潔な状態を保つようにしましょう。 皮膚のしわをよくのばして、よく洗いましょう。 こまめな保湿ケアを行う 生後3か月を過ぎると赤ちゃんの肌は乾燥しやすくなり、乾燥が湿疹の原因になることも少なくありません。 赤ちゃんでも使用できる保湿ケア用品を使用して、赤ちゃんの肌を潤すようにしましょう。 室温や体温を調節して汗の過剰分泌を避ける 赤ちゃんは汗をかきやすく、それが皮膚の炎症を助長して湿疹を引き起こすことがあります。 室温や服装をうまく調節して汗の過剰分泌を防ぐようにしましょう。 乳児湿疹とアトピー性皮膚炎は症状が非常によく似ているため、見分けがつきにくいことがあります。 アトピー性皮膚炎は、皮膚のバリア機能が低下することなどによって皮膚に慢性的な炎症を生じ、皮膚にかゆみを伴う湿疹を引き起こす病気です。 アトピー性皮膚炎による湿疹は乳児性湿疹と同じくさまざまな形状のものがあります。 しかし、かゆみはアトピー性皮膚炎の方が強く生後2~3ヶ月頃から頭や顔の湿疹が始まり徐々に広がっていくことが多いです。 肘の内側、足の付け根、膝の裏側など全身に発症するのが特徴です。 乳児湿疹もアトピー性皮膚炎も基本的には、まずはスキンケアを行い、症状の度合いによっては外用薬(ステロイド剤)が使われますので、治療方法は同じです。 しかし、アトピー性皮膚炎は気管支喘息などアレルギーによって引き起こされる病気を合併することがあるため、慎重に経過をみていく必要があります。

次の