アスパーク アウル。 【パリモーターショー2018】アスパーク、最速のEVスーパーカーを公開 【ニュース】

動画あり!!!日本企業から4億円スーパーカーをパリで登場!このモデルの開発会社は、元々は人材派遣会社?!

アスパーク アウル

「GT40」と呼ばれる理由となった、「フォードGT」の40インチ(1016mm)の車高よりも低い設定だ。 空力を考慮し、デジタルアウターミラーを採用。 キャビンは2シーターとなる。 アウルは、2017年9月のフランクフルトショーでワールドプレミアされたEVで、人材派遣を主な業務とする大阪府に本社を置くアスパークがゼロからプロジェクトをスタート。 栃木県にある、競技用車両やチューニングパーツなどを製造販売しているイケヤフォーミュラが開発に関与している。 1mを切る車高の低さは、スーパーカーの中でも群を抜いている。 白紙から設計されたパイプフレームのシャシーに軽量なカーボンファイバー製ボディーをかぶせ、重量はわずか850kgと発表されている。 モーターを2基搭載した4輪駆動方式を採用し、最高出力435ps、最大トルク764Nmを発生。 89秒をマークしたという。 今回、価格は310万ユーロ(邦貨換算で約4億0600万円)と発表された。 同社は2019年春には試作車を完成させ、2020年には完成車第1号を納車するとしている。 (文=webCG/写真=Newspress) 関連キーワード: , ,.

次の

世界最高額。栃木発のEVハイパーカー・アスパーク「アウル」は、超高額の約4.6億円にて販売か

アスパーク アウル

Home 変わる「価値観」、変わらない「走る喜び」 ASPARK 電気自動車開発 プロジェクト 東武日光線の新鹿沼駅から自動車で10分ほどの距離にある駐車場。 ほぼ1年前、 が行われたあの場所に到着すると、塗装前の状態のOWLがテスト開始を待っていました。 全高990mmの車体は、とてつもなく低く、圧倒的な存在感。 このマシンがミラーに写れば誰もが車線を譲りそう。 最低地上高は90mm。 大型のGTウイングはハッタリではありません。 電気自動車なので、当然ながらマフラーはなし。 そして、上に跳ね上げるバタフライドアを搭載。 スーパーカーの魅力が全て詰め込まれています。 リアのカウルは左右のボルトで固定されています。 カウルを取り外すと…… リアにはバッテリーなどのEVのコンポーネントがギッシリ詰め込まれていました。 左右に配置されたリチウムポリマーバッテリー。 1年前は充放電速度にすぐれるキャパシタ コンデンサー を搭載していましたが、同じレベルの充放電速度を保ったまま、容量を大幅に増やすことに成功したとのこと。 準備が整い、いよいよゼロヒャク2秒を切る時がやってきました。 前輪にベルトを巻き固定。 まずはタイヤを温めるためにバーンアウトをします。 モンスターEV「OWL」のバーンアウトはこんな感じです。 前後のリフトで車体を持ち上げ前後輪を入れ換えて、再びバーンアウトでタイヤに熱を入れれば準備は完了。 いよいよOWLが市販車で世界初のゼロヒャク2秒切りに挑みます。 市販 予定 車で世界最速となるゼロヒャク2秒切りを達成した様子は以下の通り。 B列がタイム、P列が時速を表示させたログ。 921秒であることが確認されました。 2秒経過時の時速は103. OWLプロジェクト生みの親の吉田眞教アスパークCEOには、イケヤフォーミュラの池谷信二氏からシャンパンが手渡されました。 ゼロヒャク2秒切りを祝うシャンパンファイト 勝利の美酒を堪能する吉田CEO。 おかげで、OWLの走行はおあずけです。 走れなくともコクピットに座るだけで笑みがこぼれます。 表情は自動車が大好きな少年そのもの。 ゼロから3年で世界最高加速の市販車を作るという夢をかなえた男の表情は、この日の空よりも晴れやかでした。 OWLを作り上げた男たち。 フランクフルトモーターショーに出展したOWLについて、アスパークは「2019年に世界限定50台を350万ユーロ 約4億7000万円 で販売する」と発表しました。 温度が上がらない2月初旬に楽々ゼロヒャク2秒を達成したOWLは、絶好の季節が到来するまでにスリックタイヤではない公道を走行可能なタイヤでのゼロヒャク2秒切りに挑みます。 ・つづき.

次の

動画あり!!!日本企業から4億円スーパーカーをパリで登場!このモデルの開発会社は、元々は人材派遣会社?!

アスパーク アウル

先日、ドイツ・フランクフルトモーターショー2017にて発表された栃木発のEVハイパーカー・「アウル」。 3秒を上回るスペックを持つこととなります。 強豪モデルとしては、中国メーカのNextEV「NIO EP9」やクロアチアメーカのRimac「コンセプト・ワン」が妥当なところ。 しかし、それよりもポイントとなるところはやはり価格。 「アウル」の新車販売価格が驚異の約4. 6億円になる見込みとのことで、この価格に最も近いものとしてはアストンマーティン「ヴァルキリー」の約4. 5億円。 新車価格にして今年最高額になるであろう「ヴァルキリー」を上回ることになります。 同モーターショーにて発表されたメルセデスベンツAMG「プロジェクト・ワン」でも約3億円と高額ですが、それよりも1. 5倍以上にもなるわけですね。 【関連記事】 ・ ・ Reference:.

次の