幻影 戦争 まとめ。 FFBE幻影戦争 攻略まとめGS

【FFBE幻影戦争】レベル上げにおすすめの周回場所を3つ紹介!

幻影 戦争 まとめ

人気記事• FFBE幻影戦争を無課金プレイするのに、 ヒーラーは必要かと言われれば、 「絶対に必要」 と言い切ってもいいぐらい、 パーティには欠... 285件のビュー• 無課金でFFBE幻影戦争を楽しむなら、 SSR(Super Special Rare)キャラの育成は 必須と言えます。 すでにゲー... 268件のビュー• 無課金でFFBE幻影戦争をプレイするなら、 無料で回せる10連ガチャで 当たったキャラを、 メインに育てていく必要があります。 257件のビュー• FFBE幻影戦争の無課金プレイでは、 キャラの育成に膨大な時間を取られます。 そして、キャラのレベルを上げるには、 限界突破と覚醒... 207件のビュー• 無課金でFFBE幻影戦争をプレイする場合、 リセマラは「ほぼ必須」と言えます。 というのも、最初から強キャラがいれば、 ストーリー... 173件のビュー• FFBE幻影戦争は、 基本プレイは無料です。 ですが、 欲しいキャラクターを手に入れるのに ガチャを何回も回したり、 キャラク... 140件のビュー• FFBE幻影戦争でとにかく時間がかかるのが、 キャラ育成。 ストーリーはおまけ程度で、 このゲームのほとんどの時間は、 キャラ育... 136件のビュー• FFBE幻影戦争を無課金でプレイする時、 初心者は何から始めていいか 分からないですよね。 ストーリーを進めていけばいいのか、... 134件のビュー• ストーリーやイベントクエストで、 「チェインを2つ以上つなげる」 「エレメントチェインを3つ以上つなげる」 などのミッションがあります... 93件のビュー• FFBE幻影戦争をプレイするのに、 Faithの値を意識したことはありますか? 基本的に、Faithを意識しなくても、 ゲームプレ... 80件のビュー.

次の

【FFBE幻影戦争】レベル上げにおすすめの周回場所を3つ紹介!

幻影 戦争 まとめ

FFBE幻影戦争の登場キャラクターと声優一覧 出典:FFBE幻影戦争 公式HP 現在、判明している登場キャラクターと担当している各声優を一覧表にしました。 小野賢章さんは、ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風のジョルノ・ジョバァーナ役。 グラブルのアイル役などをやっていますね。 梅原裕一郎さんは、ゴブリンスレイヤーのゴブリンスレイヤー役。 神撃のバハムートやグラブルのシャリオス17世役などです。 個人的には、どちらの声もグラブルで馴染みがありますね。 各キャラにはJOBが設定されていますが、現在公開されているシステム情報では、ジョブチェンジシステムもあるようなので、JOBを変えることもできそうです。 FFBE幻影戦争の登場キャラクターと適当コメント 出典:FFBE幻影戦争 公式HP 所属国ごとに、各登場キャラクターの詳細についてまとめます。 詳細がまだ公表されていないキャラがいるので、登場キャラはもっと多くなりますね。 あと キャラクター毎に思ったことを適当にコメントしてます。 ぶっちゃけまだ公開されている情報が少なすぎなので、めっちゃ個人的な予想と反射的に思ったこと書いてます。 あくまでも個人の見解なので悪しからず・・ リオニス モント・リオニス 出典: FFBE幻影戦争 公式HP リオニスの王エルデと王妃ヘレナの間の双子の兄、そして主人公。 ただし、兄にもかかわらず、王位継承権が必ずあるというわけではないようですね。 金髪の見た目と争いを好まないという温和な性格がFFTのラムザを思わせます。 マシュリーとの出会いで強さが必要であると気づく・・ということでおそらく戦いに巻き込まれていくのでしょう。 シュテル・リオニス 出典: FFBE幻影戦争 公式HP リオニス王エルデとヘレナの間に生まれたモントの弟。 自分を出陣させない父エルデとの対立する・・とのことなので、おそらく激化して親子戦争になると予想してます。 あと両親が金髪なのに、なんで君黒髪なの? という実は親子じゃなかった・・的な展開だといいなと思ってます。 エルデ・リオニス 出典: FFBE幻影戦争 公式HP ときには息子たちの愛情を捨てて、一族の血筋を絶やさないことを一番に考えているのだそう。 ただそれ以前に見た目から愛情を全く感じない・・ FFTのダイスダーグ臭がするのが気になります。 多分、反逆したシュテルにやられるんじゃないかなあと予想。 リリシュ 出典: FFBE幻影戦争 公式HP 口は悪いけど、良い奴のリリシュ。 剣を肩に担ぐという立ち振る舞いからも「そうだろうな」と思わせるキャラですね。 第二部隊はモント、第一部隊はシュテルが率いていることから、シナリオの途中でモント派かシュテル派かに分かれそうですね。 見た目は全然違うけど、 なんだかんだ言って付いてきてくれるアグリアス枠かな・・? ラマダ 出典: FFBE幻影戦争 公式HP 幻視する槍術士というわけわからん称号を持つラマダ。 占星術師で槍術士というのがすでにヤバイ匂いがする、槍を使うオーランみたいな感じかな? おそらく強い。 見た目も込みで最強枠になりそうです。 キトン 出典: FFBE幻影戦争 公式HP サイガの里出身の忍者の少女キトン。 最初から上級職(?)の忍者なので、相手が投げてきた武器をキャッチして武器を稼いでほしい。 ちなみに、サイガの里というのは、この後で紹介するライリュウと敵対しているシノビの里。 一生リオニスに捧げる決意をしている、って書いてあるけどこの国滅びる気がするんですよね。。 シュテルの剣の師ということでかなりの腕前でしょう。 ただ、めっちゃ怪しい。 多分裏切る気がします。 それか第一部隊なのでシュテルと一緒に反乱しそう。 ミンウ 出典: FFBE幻影戦争 公式HP 白魔道士のミンウ。 「ウェズエットに行く」というのがストーリーのどのあたりなのかわからないですね。 ウェズエットはリオニスと同盟を結ぶらしいので、このときでしょうか。 ホルン マシュリー・ホルン 出典: FFBE幻影戦争 公式HP ストーリーのおそらくヒロインになるマシュリー。 モントとは、嫁ぎ先に向かう途中襲撃を受けるところを助けられる、という王道的な出会いをする。 ただこの二人はくっつかない気がする・・ FFTでいうオヴェリア枠になる予感。 ロブ・ホルン 出典: FFBE幻影戦争 公式HP マシュリーの親父でホルンの王ロブ。 見た目とは裏腹にジョブが侍。 戦は好まないという点でモントと互いに共感しそう。 西の大国ランダルが迫っているため、フェネスと同盟を結ぶことになった、というのは多分教会に唆されただけでしょう。 シュゼルト 出典: FFBE幻影戦争 公式HP ホルンの第一部隊の騎士シュゼルト。 プロフィールを見る限り、FF幻想戦争の中で一番不憫な人。 婚姻を三日後に控えている中、他国までお姫様の護衛任務をさせられる。 死亡フラグが満載なうえに、死ななかったとしても確実に婚姻に間に合わない、というゲームを始める前から不幸が決定している人。 アドラード 出典: FFBE幻影戦争 公式HP ホルンの赤魔道士アドラード。 とにかく妹のサリアを大切にしている シスコンであるということは伝わるが、それ以外何もわからない人。 サリア 出典: FFBE幻影戦争 公式HP ホルンの黒魔道士サリア。 アドラードの実の妹。 こっちはこっちで ブラコンであることしかわからん。 エンゲルベルト 出典: FFBE幻影戦争 公式HP ホルンの第一部隊の部隊長エンゲルベルト。 ランダル国と戦いたがっているので、内心は王と反発してそうですね。 ジザ 出典: FFBE幻影戦争 公式HP ホルンの拳闘士ジザ。 これは仲間になる。 (なってほしい ヴィストラール 出典: FFBE幻影戦争 公式HP ホルンの第一部隊のシーフヴィストラール。 最高の相手に殺してもらいたいという思考を持つヤバイ奴。 でもシーフ。 フェネス ムラガ・フェネス 出典: FFBE幻影戦争 公式HP フェネスの王ムラガ。 襲撃が無ければそのままマシュリーの夫になってた人。 腕の太さが腰くらいある。 ていうかその腰どうなってるの? 残虐・鬼神とのことなので、ストーリーではぜひ暴れまわってもらいたいところ。 ライリュウ 出典: FFBE幻影戦争 公式HP 暗殺者ライリュウ。 すごいかませ臭がするけど、多分キトンとのイベントがあるのでそれだけ期待。 ヴィネラ・フェネス 出典: FFBE幻影戦争 公式HP フェネスの王子に嫁いだヴィネラ・フェネス。 なんとなく、FFTのセリアとレディを思い出す。 臣下の信頼は低く、謀反を何度も起こされてきたという全く自慢にならないプロフィール。 もう倒してくれと言わんばかりのキャラです。 これでストーリーで生存してたらある意味すごいですが、それはないでしょう。 グラセラ・ウェズエット 出典: FFBE幻影戦争 公式HP ウェズエットの王クーリの娘で反逆の剣姫グラセラ。 剣姫だけどジョブは槍術士。 おそらく、ちょうどモントがウェズエットに行ったときに革命が起こるんでしょうね。 その時に巻き込まれて仲間になる気がします。 ヴィクトラ 出典: FFBE幻影戦争 公式HP 竜騎士ヴィクトラ。 多分敵対することになるでしょう。 今回の戦いで勝ったら王妃になれるという約束をクーリとしているとのこと。 ただ、キャラ紹介で書いてある約束ってたいていは守られないものなので無理でしょう。 クリスタル教 サーダリー 出典: FFBE幻影戦争 公式HP 神を名乗るヤバイ奴サーダリー・クルステア。 クリスタル教の宗祖という敵。 おそらくろくでもないことを考えてるのでしょう。 FFBE幻影戦争の登場キャラクターまとめ いかがだったでしょうか。 FFBE幻影戦争の登場キャラクターについてまとめてきました。 戦記物のタクティカルRPGということなので、キャラクターの設定がかなり作りこまれていると思います。 キャラクターを見ながらくだらないこと考えるのも面白いですよ。 個人的には、FFTのようなストーリーになるのかなと期待してますね。

次の

FFBE幻影戦争 攻略まとめGS

幻影 戦争 まとめ

チェックポイント• 今始めると3年分のログインボーナスがもらえる!• FFBE幻影戦争と同じ運営会社『gumi』が配信しているシミュレーションRPG• 平地を動かすだけでなく高低差も利用する非常に奥の深い戦闘システム 誰ガ為のアルケミスト 通称:タガタメ は、FFBE幻影戦争と同じ運営会社の『gumi』がリリースしているシミュレーションRPGです。 FFBE幻影戦争と戦闘システムが似ているので、FFBE幻影戦争のユーザーなら非常に馴染みやすいゲームアプリだと言えるでしょう。 今タガタメを始めると3年分のログインボーナスがもらえるので、まだプレイしたことがないのならスタートダッシュを決める絶好のチャンスですよ! 第2位: チェックポイント• ブレフロ・FFBE・ラスクラを手掛けた早貸監督の新作アプリ• 美麗な3Dグラフィックが魅力• 圧倒的なシナリオボリューム• テンポの良いリアルタイムバトル• 30人以上の魅力的なキャラクターが登場 ブレイドエクスロードは 幻影戦争の前作となるFFBEを手掛けた早貸氏が監督のRPGアプリです! FFBE幻影戦争とは違いゲーム開始直後に10連ガチャが引けるので、リセマラもやりやすいです。 縦持ちなので、プレイもしやすく隙間時間に手軽に遊ぶことができるでしょう。 心打たれるストーリーに幻想的なBGMなど、全体的にハイクオリティな作りになっていますので、ブレイドエクスロードが気になる場合はぜひDLして遊んでみてください! 目次• 【FFBE幻影戦争】レベル上げにおすすめの周回場所を3つ紹介! それでは早速、キャラのレベル上げに適したおすすめの周回場所を3つ紹介していきます。 序盤のクエストなので敵も弱く、更に敵が密集した状態で戦闘が始まるので、メディエナやのような敵を同時に複数攻撃できるキャラを連れていくと良いでしょう。 メディエナやヤシュトラの範囲魔法で敵を一掃すると、一周あたり10秒もかからずクリアできるので非常に周回効率が良いです。 撤退戦1も微かな記憶・碧がドロップする周回場所として有名ですね。 濡れ衣より撤退戦1の方が敵は若干強いですが、その分経験値も3,244とそこそこ美味しいので、濡れ衣の周回でキャラが育ってきたらこの撤退戦1を周回すると良いでしょう。 ここも敵が密集しているので、範囲攻撃が使えると周回しやすいです。 経験値は6,027ももらえるので撤退戦1の約2倍ですね。 ドロップアイテムには微かな記憶・紫もあるので、特にキャラ育成の中盤以降にお世話になるクエストだと思います。 ただし、 その分敵もかなりタフです。 どの敵もHPが900前後あるので、メディエナやヤシュトラの魔法で安定して1,000以上のダメージが出るようにはしておきたいですね。 FFBE幻影戦争では経験キューブを使用すると最も効率的にレベル上げができる 使用条件 もらえる経験値 経験キューブ(小) レベル30まで 3,000 経験キューブ(中) レベル60まで 6,000 経験キューブ(大) レベル80まで 12,000 経験キューブ(極) 条件なし 24,000 FFBE幻影戦争で経験値を稼ぐのであれば経験キューブを使うのが最も効率的です。 各経験キューブで取得できる経験値は上記の表にまとめた通りですが、経験キューブ 小 でも3,000EXPもらえるのでかなりお得ですね。 経験キューブの使用にはレベル制限があるものの、キャラをレベル60以上にするのがそもそも難しいので、特に使用条件で困ることは無いと思います。 経験キューブは曜日・育成クエストの経験の間でドロップするので、1日3回必ず周回しておきましょう。 または探検チョコボで入手したり、ショップのラインナップに並ぶこともあります。 まとめ:周回時は一石二鳥以上を狙うのがおすすめ 今回はFFBE幻影戦争のレベル上げに適した周回場所と言うことで3か所紹介しました。 なお、FFBE幻影戦争は体力に限りがあるので、いかに効率よく体力を運用するかが大切になってきます。 経験値だけを求めて周回するのはちょっと体力がもったいないので、 ベストなのは欲しいアイテムがドロップするクエストを周回することですね。 ぜひ周回時は一石二鳥以上を狙いつつ、効率よくキャラを育成してみてください。 それではここまで記事を読んでいただきありがとうございました。 また次回の記事でお会いしましょう。 ぐっさんでした!.

次の