ベルーナ 日本 事業。 ベルーナの年収給料【大卒高卒】や20~65歳の年齢別・役職別年収推移|平均年収.jp

ベルーナ/EC事業者を買収/楽天、ヤフーでの受賞店

ベルーナ 日本 事業

ベルーナはワインの通販カタログ「My Wine Club(マイワインクラブ)」を発行している。 50~60代の富裕層をメインターゲットに、アクティブ会員は現在約18万人。 18年3月期のワイン通販の売上高は、41億円だった。 ワインの通販・ECでは業界最大規模となっている。 カタログからの注文比率が高く、頒布会を強みとしている。 今年で20周年を迎えた「マイワインクラブ」を運営する海外事業部の吉田大輔課長に、ワイン通販事業の現状などについて話を聞いた。 カタログは春夏秋冬の年4回発行しています。 メインのお客さまは現在60代が多く、顧客の中からセグメントして発送しています。 特集やコラムなどのコンテンツも楽しみにしているお客さまが多いと聞いています。 秋冬はボルドーワインの特集を、夏はスパークリングワインの特集を掲載するなど、季節ごとに売れる商品を特集して売り上げにつなげています。 当社のワイン通販事業は、頒布会方式の通販が圧倒的な強みとなっています。 リピート率は85%。 もともと頒布会からスタートしていたこともあって、逆にあまり力を入れてこなかった部分もありました。 しかし、他社との差別化を考えた時に当社の一番の強みである頒布会をテコ入れしていくことが必要だと感じました。 例えば、ボルドーワインの頒布会通販では毎月1本のペースで半年から1年の期間に、社内のソムリエが厳選した高品質なワインのみを届けています。 年4回のカタログとは別に、「オーパス・ワン」や「グラン・ヴァン」など高級ワインのみを販売するカタログも発行しています。 こうしたワインは、年2~3回、海外に行って調達しています。 13度~15度で定温管理しています。 グラン・ヴァンなどの高級ワインは別倉庫で通常よりも低い温度で保管して品質を保っています。 若年層のアルコール離れにより、日本でのワインの市場は実質的に伸びていない。 取り扱う商品も他社との差別化を図るためにはかなり難易度が高くなってきていると感じています。 時代の流れもあり、「今すぐに欲しい」「この商品が欲しい」など、ここ5年間で顧客ニーズは単品利用の流れに変わってきている。 当社の強みである頒布会はもちろん伸ばしていきたいところですが、単品通販を強化する方向になっています。 3本セットや6本セットのセット物ワインが人気で、特にワイン品評会で金賞を受賞したワインセットは好評です。 各産地のワインを集めた飲み比べセットは新規のお客さまから人気があります。 (続きは、「日本ネット経済新聞」10月3日号で) 〈プロフィール〉 吉田大輔(よしだ・だいすけ)氏 2007年4月、ベルーナ入社。 11年から現在の海外事業部に配属され、ワインの仕入れや企画など幅広いマーケティング業務に従事。

次の

ベルーナ、看護師事業で東南アジア進出 :日本経済新聞

ベルーナ 日本 事業

ベルーナは専門通販で看護服や靴、道具などを販売している 進出に向けてシンガポール企業「JOBSTUDIO(ジョブスタディオ)」を買収して子会社化した。 同社はシンガポールで医療機関向けに看護人材の紹介・派遣事業を展開。 売上高は4億7000万円(2019年9月期)で、同国の医療機関向け人材派遣会社では最も規模が大きいという。 4月以降にはシンガポールに加え、隣国マレーシアでも市場調査を始める。 人材紹介を経て、将来的には派遣事業への参入も目指す。 ジョブスタジオの営業基盤・顧客網を活用して、看護服や聴診器などの用品販売も展開する。 現地の医療現場のニーズをくみ取り、販売する商品をベルーナで取り扱う商品の中から選定。 電子商取引(EC)サイトかカタログを通じて販売する。 3月末には台湾にも出店する。 ベルーナは07年に看護師向け通販会社の「ナースリー」、13年に「アンファミエ」を買収し、看護師をターゲットにしたビジネスに参入。 白衣や聴診器、ナースシューズといった医療機関で働く人が使う用品を販売する。 17年からは通販の顧客網を生かして看護師の人材紹介事業にも乗り出した。 同社の看護師向け通販事業は既に国内シェア7割。 これ以上の成長は見込みにくく、成長余地がある海外への進出が必要と判断した。 シンガポールで流通しているナース商品と比べても、ベルーナの商品は品質、価格の双方で優位に立てると見込む。 人材紹介・派遣業についても、アジア各国で需要が高まるなか「ニッチでありながら、成長性が高い市場」(経営企画室)とみている。 看護師向け事業のほか、同社が展開するアパレルやワイン、化粧品通販も、国内市場は成熟度が増しつつある。

次の

ベルーナの年収給料【大卒高卒】や20~65歳の年齢別・役職別年収推移|平均年収.jp

ベルーナ 日本 事業

アイシーネットが運営する楽天市場の「インポートコレクションYR」 ベルーナは9月6日、インポートブランド品のEC事業を手掛けるアイシーネット(本社東京都、松本豪社長)を買収したと発表した。 同日付でアイシーネットの全株式を松本社長から取得。 完全子会社にした。 アイシーネットの取得で同社の事業拡大を図っていくとともに、ベルーナグループとしてもノウハウの共有やグループ内への商品供給を通じて、企業価値を高めるのに貢献すると判断した。 取得価額は公表していない。 アイシーネットは主に、ブランド品の輸入販売を行っている。 「Import Collection YR(インポートコレクションワイアール)」のショップ名でネット通販を展開。 「楽天市場」ではショップ・オブ・ジ・エリアを複数回と、多数の月間賞を受賞している。 「ヤフーショッピング」でも多数の月間スコア商品を受賞するなど、各ECサイトで顧客から高評価を獲得している。 アイシーネットの前期(19年6月期)業績は、売上高が12億5600万円、経常利益は5700万円、当期純利益は4200万円を計上していた。 EC事業の強化や卸事業の拡大を図っている。 記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

次の