英語 自己 紹介。 シーン別すぐに使える自己紹介の英語フレーズ25選

【英語で自己紹介】趣味を英語で伝えるには?すぐに使える例文を紹介

英語 自己 紹介

初対面の人と話をするときは、誰もが緊張するものです。 はじめの自己紹介さえスムーズに行なうことができれば、打ち解けるまでにそう時間はかからないはずなのですが。 特に英語での会話となれば、なおさら難しいですよね。 最近ではビジネスの場でも 英語で自己紹介をしなければいけないシーンは増えてきているのではないかと思います。 そんなときは、頭の中で瞬時に引き出せる基本の英語フレーズをいくつか用意しておくと、シチュエーションにあわせて少し言い換えるだけでスムーズに自己紹介を行えるようになりますよ。 今回は、 自己紹介で使える英語フレーズ25個をシーン別にみていきましょう。 Nice to meet you. まずは基本フレーズ "Nice to meet you. " を覚えておきましょう。 カジュアルな場面はもちろんのこと、ビジネスの場でも使うことのできる、とても便利なフレーズです。 きっと皆さんもすでに使い慣れているかと思いますが、 基本形を少しアレンジするだけで、様々な場面の「はじめまして」として使うこともできます。 たとえば、インターナショナルパーティーやイベントなどで初対面の人がたくさんいる場合、それぞれの相手に対して "Nice to meet you" を何度も繰り返すのではなく、 以下のように "Nice" の部分を変えてバリエーションをつけてみましょう。 Great to meet you. Lovely to meet you. Pleased to meet you. どこかで見たことがある人に声をかけるとき 「どこかで見たことあるんだけどなぁ」という相手に話しかける時は、こんな一言を使えば自然に自己紹介を始めることができます。 ただ、ナンパの決まり文句でもあるので、言い方には注意してくださいね。 I don't believe we've met before. 私たちまだ会ったことはなかったですよね。 私たちちゃんと自己紹介しあっていないですよね。 Don't I know you from somewhere? どこかでお会いしてなかったでしょうか? 話には聞いていた人にやっと出会えたとき 友達の友達や、友達の恋人など、 話には聞いていた人にやっと会えたときには、こんな言い方をしてみましょう。 It's so nice to finally meet you. やっとお会いできてうれしいです。 このあとに "I've heard a lot about you. " (あなたのお話はかねがねお伺いしていました)などと付け加えてみるのもいいですね。 "Nice to meet you. " と相手から先に言われたとき 9. Nice to meet you, too. You, too. Likewise. Same here. 自己紹介をしようと思っていた相手から先に "Nice to meet you" と言われてしまった場合、基本的には最後に "too" を入れた "Nice to meet you, too" で問題ありません。 うっかり「私もです」という意味で使ってしまうのが "Me, too"。 実はこれは「私も私に会えて嬉しいです」という意味になってしまうのです。 "Nice to meet you, too" の冒頭を省略した形の "You, too" と答えるのが正しいと覚えておいてくださいね。 いつも同じ返事にならないように、その他の「同じく」を意味する "Likewise" や "Same here" といった表現も一緒に覚えておきましょう! 自分の名前を伝えるとき 13. I'm ~ 自分の名前を伝える際の基本フレーズは "I'm ~" です。 "My name is ~" でも間違いではありませんが、 少し堅苦しく聞こえるため、英語面接といったフォーマルな場面ではない限り "I'm ~" を使うようにしてみてください。 ちなみに、私が自己紹介をする時に気をつけているのが、名前をしっかりと覚えてもらえるように、 はっきりとゆっくり発音することです。 欧米の方にとっては日本人の名前が聞きなれない場合も多いため、そういった心遣いも大切ですね。 自分のニックネームを教えたいとき ニックネームの場合、TakahiroさんだったらTakaに省略したり、Ayumiさんであれば英語名のAmyに変えたりします。 ニックネームを自己紹介で伝えるのも、 名前を覚えてもらえるのでおすすめですよ。 Please call me Taka. Takaと呼んでくださいね。 You can call me Amy. Amyでいいですよ! 自分の出身地を伝えるとき 16. I'm from ~. 出身地は自己紹介では外せない項目ですよね。 基本フレーズは "I'm from ~. " です。 最後に都市名を入れるだけなので簡単ですね。 都市名についても、東京や京都、大阪といった外国の方にもお馴染みの場所ではないときには、 ゆっくり発音をしてあげたり、 "It's next to Osaka" とイメージしやすい説明を加えるなどの工夫をしてあげてみてください。 自分の生い立ちを伝えるとき 出身地だけではなく、自分がどのような場所を移り住んできたかなどの 生い立ちについて話したいときは、こんな言い方をすることができます。 I was born in Yokohama but I grew up in Nagoya. 横浜生まれですが、名古屋育ちです。 I'm from Tokyo but I've lived in Osaka and Sendai as well. 東京出身ですが、大阪と仙台で暮らしたこともあります。 自分の趣味を紹介するとき 19. I like watching movies. 私の趣味は映画鑑賞です。 趣味と聞いて思い浮かぶ単語は "hobby" かもしれません。 ただ、この "hobby" は、 一定のスキルや専門知識が必要なこと(例:手作りで物を作ったり、家庭菜園をしたり)を指す場合が多いです。 そのため、スポーツや映画鑑賞、旅行といった趣味については、 "I like ~ing. " というフレーズを使います。 シンプルにみえますが、とてもナチュラルな言い方です。 相手の趣味を聞くとき 20. What do you like to do in your free time? 趣味はなんですか? 反対に、相手の趣味を聞くときも "What do you like to do in your free time? " と聞きましょう。 "What is your hobby? " と聞いたら "I don't have any hobbies" と返されてしまうかもしれません。 趣味のレベルではない「生きがい」を紹介するとき 21. I'm a huge movie buff. わたしは映画マニアです。 - foodie. グルメです。 - shutterbug. 写真を撮ることが大好きです。 - Tech-savvy. ハイテク技術に詳しいです。 - bookworm. 読書家です。 趣味というか 「生きがい」とまで言えるようなものがある場合には、表現も変わってきます。 " と言う時もあります。 "movie buff" には、単純に映画が好きな人ではなく、 「映画マニア」といったニュアンスがあるのです。 上記に示した他の表現もネイティブスピーカーはよく使うので覚えておきましょう。 自分の仕事を紹介するとき 自己紹介ではお互いの職業も話題にあがることが多いですよね。 "What do you do? 注意したいのが 和製英語です。 日本では一般的に使われる「サラリーマン」や「OL」は英語ではありません。 よく使われる職業の呼び方については下記の例文で示したものも参考にしてみてくださいね。 A: What do you do? B: I'm a ~ - web designer. ウェブデザイナーです。 - shop clerk. 販売員をしています。 I work in 〜(~関係の仕事) - retail. 小売関係の仕事をしています。 - IT. IT関連で働いています。 I work for 〜(勤務先) - a company called A. Aという会社で働いています。 - a travel agency. 旅行代理店に勤務しています。 別れ際にひとこと イベントなどで、自己紹介をした後にあまり話すことができなかった相手にも ひとこと伝えてから去りましょう。 そうすることで最後に好印象を残すこともできますし、また別の機会に会ったときにもっと話す機会ができるかもしれませんからね。 It was nice meeting you. お会いできてよかったです。 It was nice talking to you. お話できてよかったです。 I had a great time talking with you. お話できてとっても楽しかったです。 さいごに 欧米の人たちは、日本人以上に 人の目を見て話すことを重視します。 慣れない英語で自己紹介をするのは緊張してしまい、目を逸らしたくなる気持ちはわかりますが、「話をしたくないのかな?」と思われてしまうこともあるかもしれません。 ぜひ、小さな英語の間違いを気にするよりも、相手の目を見て笑顔で話しをすることをまずは心がけるようにしてみてください。 間違った英語でも、一生懸命に話そうとする姿勢や、相手に興味があることを示す態度が大切ですよ!.

次の

英語でプレゼン!自己紹介の例。パワーポイントを上手く使おう。

英語 自己 紹介

何語かはわかりませんが…。 ゆっくり話す、わざと考えるフリをする、と時間稼げます(笑) オンラインとはいえ、カンペを見過ぎず、ちらちらカメラを見ることで好印象です! 以下テンプレ。 Hello. My name is 【名前】. I'm from 【出身地 都道府県 】 and in 【学部】department. In my hometown, 【地名 ー市、〜県 】, there is 【有名な場所】. 【有名な場所の簡単な説明】. My hobby is watching movie, especially Westerner movie, for example 【タイトル2〜3個】. And also I like listening music. My favorite artists are 【好きな歌手やグループ2〜3個】. I have gone to 【アーティスト名】's concert 【回数】times. 言ったことなければ、But I haven't gone to 【アーティスト名】's concerts, so I would like to go someday. I will do my best to improve my English skills. Thank you. これで普通のスピードで1分くらいですかね。 あとは留学や海外旅行経験 英語圏だとなおよし があれば、それを最後から2文目の前にいれてもいいですね。 どこに行ったのか、良かったこと、驚いたことを言うとか。 または I traveled to NewYork last year. 多少短くてもきっとなんとかなります笑 頑張ってください!.

次の

英語で自己紹介!お決まりフレーズ33点と第1印象で勝利する方法

英語 自己 紹介

〜自己紹介例文テンプレート〜 ・Hi! Please call me Megu. (私は メグミです。 (私は 会社員で、 旅行代理店に勤めています) ・I like watching movies very much. (私は 映画観賞が大好きです) ・When I have some free time, I often watch movies and listen to music. Nice to meet you. (以上です。 よろしくお願いします) 上記の例文で基本的な自己紹介としては充分ですね。 また、人前であらたまって自己紹介をする場面でなくても、 初対面の人との何気ない会話で充分に使うことができる例文になっているのではないでしょうか。 このような一通りの自己紹介を英語で行うことは、実はそんなに難しいことではありません。 なんと、これらの例文は全て中学英語だけで話すことができるのです! 英語で自己紹介例文「名前・出身・家族構成」 ここからは、ご自分の自己紹介文を作ってみましょう。 まずは、「名前・出身・家族構成」の項目です。 」という意味になります。 ややこしいですが、整理できると自信持って言えるようになります。 (私は海外旅行に行ったときに外国人と 話すために英語を勉強しています) 少し長いですが、こんな説明も中学英語でできるのです。 まとめ いかがでしたでしょうか。 中学英語でこれだけの自己紹介を伝えられる! ということがお分かりいただけたのではないでしょうか。 慣れない英語で外国人と話のはかなりのストレスもかかると思いますが シンプルな英語をしっかり「自分の英語」にしてしまえば、 堂々とネイティブともコミュニケーション取れます。 ぜひこの自己紹介テンプレート活用してください! 最後までありがとうございました。

次の