本 好き の 下剋上 完結 後。 本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第一部「兵士の娘I」

【感想・ネタバレ】本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第一部「兵士の娘I」のレビュー

本 好き の 下剋上 完結 後

病に倒れたマインは一命を取り留めたものの、その「身食い」の影響は大きかった。 完治はできないばかりか、治療には貴族が所有する高価な魔術具が必要という。 再発までに残された期間は一年。 それまでに家族の元を離れて、貴族と共に生きるのか、運命に身をゆだねるのかの決断を迫られてしまう。 限られた時間の中で、マインは「本に囲まれて、本を読んで暮らすこと」を夢見て奔走するのだった。 やがて、季節は流れ、彼女の世界が大きく動き出す出会いが訪れる…。 少女の夢と家族の愛が試されるビブリア・ファンタジー。 大増ページで贈る、感動の第一部完結編! --このテキストは、版に関連付けられています。 著者略歴 「BOOK著者紹介情報」より 超のつく本好きで内定とったばかりの女子大生ウラノ、地震でたおれた本だなの せいで、あっけなく死んでしまい・・・「生まれ変わっても本が読めますように!」 ところが、転生先は本のない、中世ヨーロッパに似た魔法の世界。 貧しい兵士の娘、マイン 推定4才虚弱体質 になってしまいました。 お風呂にはいるのもままならず、あばれる野菜をまないたに置き、 途方にくれる 寝込んでは死にかける マイン。 紙がない?インクがない?貴族でないと字も知らない? でもあきらめません、マインちゃん。 「本が読みたい!司書になりたいよ~!」 ・・・なければ作る、作るために稼ぐ! とりあえず、シャンプー作って、野菜だしとります。 現代日本の常識と活字への愛、読書と手芸から学んだ知識をフル稼働。 家族と幼なじみの愛情に支えられながら、商人、ギルド、神殿、騎士団、 領主とつながりをひろげ、あきれられたり敵視されながらも ひたすらつきすすむマイン。 ネットでの連載はついにフィナーレにたどりつきました。 でもこれから当分出版が続くので楽しみです。 本もさしえもすてきdす。 コミックにもなったので、次は映画にならないかな? 本好き、ファンタジー好き、ゲーム好き RPGやタクティクス 、戦略・ 政治好き、ヨーロッパ好き、グルメ、学校教育・文化交流・出版関係など、 様々な分野の人、小学生からン十歳まで、存分に楽しんでもらえると思います。 ぜひ、いちどマインちゃんに会いに行ってみてください。 オススメです! 映画や漫画、そして小説、アニメなどの創作作品の凄さを測るバロメーターのひとつは、 全く新たな世界をどこまで創り出すことができるか、という点にある、と勝手に思っているのですが、 その点 「本好きの下剋上」は最上級の作品のひとつではないか、と私は主張したいです。 惜しむらくは最初のとっつきにくさにあり、連載開始当初は読んでいる途中で主人公の家族ほか 周りへの理解のなさにイライラして読むのを一度はやめてしまったのですが、、、第三部が始まっているあたりで 友人に勧められて「あれ。 あのとき読むのやめたけどひょっとして面白い?」と思い直し、 第二部から読み始めたらこれがめちゃめちゃ面白かったという作品です。 (その後で第一部を読み直しましたが、第二部で家族の大事さを悟っていたことを前提にしたら別の感想がありました) 第一部から読み始めて「えー」となった方々、試しに第二部からまず読んでみてください。 感想が全然変わります。 そして、最近外伝の更新が止まりがちなのがしょんぼりですが、アニメ面白いからしょうがないですね。 アニメと外伝の両方を更新するのは大変でしょうし・・・でもたまには更新していただきたいです(願い) window. head e. getElementsByTagName "head" [0] e. createElement "script" ;d. onload ;c. insertBefore d,c. ssl-images-amazon. tags. indexOf "usesAppStartTime" b. transition. type?! transition. u :l ;a. previousSibling e. nodeName;1! getAttribute return a. getAttribute k? getAttribute k :f a.

次の

本好きの下剋上のアニメは何クールで原作小説のどこまで?続きは何巻からかも解説

本 好き の 下剋上 完結 後

本好きの下剋上のアニメは原作小説のどこまで? アニメ『本好きの下剋上』は原作が『小説家になろう』サイトでのWEB小説ですが、以下の5部構成で既に完結済みです。 第1部:兵士の娘• 第2部:神殿の巫女見習い• 第3部:領主の養女• 第4部:貴族院の自称図書委員• 第5部:女神の化身 書籍版(ラノベ)も上記5部構成にて全て発売済みです。 アニメは1クールで原作小説1部まで WEB小説サイト『小説家になろう』(いわゆる「なろう系」)発の新規アニメは今までの事例を見ても全て1クール発進なので、本好きの下剋上の下剋上も例にもれず1クールとなると思います。 1クールでどこまで描かれるのかですが、 公式サイトの登場人物を見たところ第一部の登場人物だけが紹介されていました。 マイン• トゥーリ• エーガ• ギュンター• ルッツ• オットー• ベンノ• マルク• フリーダ• グスタフ• フェルディナンド フェルディナンドが登場しているのが気になるところですが、他の第二部登場キャラクターは一切出てませんし、分量的にも1クールでは第一部で精一杯でしょうからフェルディナンドを最後にチラ見せして終わるんだと思います。 フェルディナンドは人気キャラクターですしね。 ということで アニメ『本好きの下剋上』は第1部までのアニメ化ということでほぼほぼ間違いないんじゃないかと思います。 アニメの続きは第2部1巻から!無料で読む方法も 上記からすると、アニメの続きを原作で読む場合は第2部の最初から読めばOKでしょう。 アニメを見て続きが読みたくなった方向けに、『本好きの下剋上』を無料で読む方法もご紹介しておきます。 無料で読みたい!という方は大本にあたるWEB小説『小説家になろう』サイトで全話公開したまま残されているのでコチラで読むのがよいかなと思います。 私は元々Kindle Unlimitedの登録者だったのでコッチで読みました。 こちらは書籍版として有料で再編集されているバージョンなので、WEB版から追記等があるかも。 (WEB版の方は読んでないので細かい違いは分からずスミマセン) ただWEB版の章立てを見ても大まかな内容的には変わらないのでどちらで読んでもいいと思います。 まとめ 今回の記事をまとめると• アニメは原作小説第1部までの内容が描かれるだろう• 続きの第2部からはWEB版で無料で読める(Kindle Unlimitedでは書籍版が読み放題なのでコチラもアリ) でした。 最後までご覧いただき、ありがとうございました。

次の

【感想・ネタバレ】本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第一部「兵士の娘I」のレビュー

本 好き の 下剋上 完結 後

出典:「」公式ページ アニメ『本好きの下剋上』の最終回とその後の展開 『本好きの下剋上』の原作小説(ラノベ)は5部構成になっています。 第1部:兵士の娘• 第2部:神殿の巫女見習い• 第3部:領主の養女• 第4部:貴族院の自称図書委員• 第5部:女神の化身 このうち、アニメ1期で放送されるのは第1部のみです。 アニメ1期で描かれる第1部の最終回はどうなるかというと、家族と離別し、神殿で暮らしていくことになります。 マインの異世界奮闘の場が貴族達とも関わりのあるような一段上のレベルの階層へと移っていくんですね。 その理由を語るのにはマインに秘められた秘密が関わってきます。 マインは実は魔力を持っているんです。 そして、魔力は定期的に放出しないといけません。 放っておくと「魔力が自分の中で増加しすぎて、最後には魔力に食われて死んでしまう」という『身食い』にかかってしまうんです。 マインが常に病弱で異常な身体の弱さだったのはこのためだったんですね。 ちなみに普通魔力を持っているのは貴族のみで、この世界では平民は普通魔力を持っていません。 なのでマインの体質はとてもめずらしいものです。 そしてこの病を直すには魔力を放出するための 高価な魔術具が必要です。 これを持っているのは貴族だけですが、貴族に助けて貰うと、貴族に絶対服従をする人生となってしまう可能性が高かった。 そこでマインの引取先となったのが神殿です。 神殿でも神殿長がマインの身柄を召し上げようと画策をするのですが、マインの家族達の命をかけた抗議により自由の身を得ることができます。 こうして第一部『兵士の娘』だったマインは舞台を移し、第2部『神殿の巫女見習い』へと舞台を移していくことになります。 アニメ1期はここが最終回となると思われます。 原作の最後 ラスト の結末は無事家族達と再会 第2部から第5部までは相当長い物語になっています。 そして家族達とは繋がりが完全に絶たれたわけではないですが、以前のようには触れ合うことはできずマインは貴族として生きていくことになります。 神殿に移ったあとは貴族出身の神官長のフェルディナンドが後見人となり何かと守ってくれます。 このフェルディナンドがここからの重要人物であり、最後まで登場するマインの良き庇護者です。 神殿では庶民出身のマインは何かと嫉妬と敵意を向けられることとなります・・・そんな中マインは家族への飛び火を回避するため、領主ジルヴェスターの養子となります。 物語が進む中で数年の時がたちローゼマインも成長していきます。 ローゼマインはエーレンフェストの聖女と呼ばれ、王族との親交も出てくるなど徐々に話のスケールが大きくなっていきます。 そして最終的にはローゼマインは アレキサンドリアという都市の領主になるんです。 そしてアレキサンドリアという都市の領主になったローゼマインは、また前のように家族達に会いに行く権利を遂に得ます。 この物語の最後は、そんなローゼマインと家族たちの幸せな再会で幕を閉じます。 ローゼマインはお忍びで家族達の元に会いに行くんですが、そこには婚約相手となったフェルディナンドも連れていました。 フェルディナンドはマインの父母であるギュンターとエーファにマインを嫁に貰う許可を欲しいと言うんですね。 フェルディナンドは貴族出身の権力者ですから、本当はこんな筋を通さなくとも結婚できる権利は持っていそうなものですが、ここはフェルディナンドの実直な人柄が表れていてホッとする一幕です。 また、トゥーリとルッツの結婚について驚くマインや、マインの弟・カミルとの初会話などホッコリするやり取りが続きます。 そしてマインが領主の家へと戻っていくこのセリフで物語は幕を閉じました。 「またな、マイン」 「うん。 またね、皆!」 出典 マインはこれからも領主としてアレキサンドリアを治め、時折家族達の元をお忍びで訪れる幸せな生活を送るのでしょう。 これらの詳しいやり取りは無料で公開されているで読むことができるので、読みたい方はコチラで補完してみてください。 まとめ 本好きの下剋上は異世界ものとしては本当に異色ですが、読みふけってしまうそんな魅力を持った物語でした。 最後は文句なしのハッピーエンド。 スッキリとするラストなので安心して読めると思います。 WEB版やKindleUnlimitedで読めるので、アニメで気にいった方はぜひ続きも読んでみてください!.

次の