富士フィルム株価推移。 富士フイルムホールディングス(4901)の株価と株主優待は?株価の推移チャートと配当から今後の株価を予想してみた │ サラリーマン研究者クロノの投資ブログ

富士フィルムHD<4901>5/22の本決算発表。コロナ・ショックで下落後、新薬開発の期待で急上昇も再び失速…株価再上昇の可能性は?

富士フィルム株価推移

【ご注意】• 市場を特定したい場合は、銘柄コードに続けて拡張子(例:4689. t)をつけてください。 各市場の拡張子、詳細についてはをご覧ください。 チャートについては、株式分割などがあった場合は分割日以前の取引値についてもさかのぼって修正を行っております。 前日比については、権利落ちなどの修正を行っておりません。 取引値は、東証、福証、札証はリアルタイムで、他市場は最低20分遅れで更新しています。 全市場(東証、福証、札証も含む)の出来高・売買代金に関しては、最低20分遅れで表示しています。 各項目の意味と更新頻度については「」をご覧ください。 Yahoo! ファイナンスは、、、、、、、からの情報提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

次の

富士フイルムホールディングス (4901) : 株価/予想・目標株価 [FUJIFILM Holdings]

富士フィルム株価推移

再生医療注力しています。 イメージングソリューションは画像処理技術。 ヘルスケア&マテリアルズソリューションは健康分野、医療品等。 元々、富士フイルムの技術を応用、展開しています。 ドキュメントソリューションは、富士ゼロックス中心の事業です。 このレンジを抜けだせるようであれば、今後更なる上昇が見込めます。 特に昨年買収を完了した富士ゼロックスの動きには注目です。 経常利益の推移 2020年は増益予想。 2015年:1,889 億円 2016年:1,822 億円 2017年:1,947 億円 2018年:1,978 億円 2019年:2,127 億円 2020年:2,450 億円 (会社予想) 経常利益の推移を見る限り、着実の増益を出してきています。 今後も経常利益の上昇は見込めそうです。 財務状況 自己資本比率:59. 81円 流動比率:100. 強いて言えば、自己資本比率・ROEがもう少し高められればといったところです。 富士フイルムホールディングスの株主優待 富士フイルムホールディングスの株主優待は、富士フイルムホールディングスのグループヘルスケア商品優待割引販売。 また、保有期間によりヘルスケア商品のプレゼントがあります。 富士フイルムホールディングスの今後 長期計画の2030年をターゲットとしたCSR計画「Sustainable Value Plan 2030(SVP2030)」を発表。 「SVP2030は、当社がグローバル企業として持続可能な社会の実現に貢献するために、SDGsなどの国際的な要請も踏まえ、長期的に目指す姿を示したもの」としています。 長期目標(2030年度)の設定 ・社会課題の解決を長期視点でとらえ、全社員のイノベーションにより、社会へ変革を促す企業を目指す。 ・国際的な社会課題の目標(パリ協定、SDGsなど)の基準年である2030年をターゲット年度とする。 以上から、2030年までに企業としての更なる拡大・上昇をしていくものと見れます。 まとめ 富士フイルムホールディングスの同業他社と言えば、アメリカのコダックが有名でした。 しかし、こちらは一度破産しています。 富士フイルムホールディングスは生き残りをかけ、事業用プリント・化学応用の分野へ進出、事業拡大をしてきました。 富士フイルムホールディングスは常に新規事業を探り、展開しく事ができる企業とも言えます。 富士フイルムホールディングスの株は、まだ買い時の銘柄と言えます。

次の

富士フイルムの配当金と株価推移まとめ【配当利回りと今後の予想見通し】

富士フィルム株価推移

【ご注意】• 市場を特定したい場合は、銘柄コードに続けて拡張子(例:4689. t)をつけてください。 各市場の拡張子、詳細についてはをご覧ください。 チャートについては、株式分割などがあった場合は分割日以前の取引値についてもさかのぼって修正を行っております。 前日比については、権利落ちなどの修正を行っておりません。 取引値は、東証、福証、札証はリアルタイムで、他市場は最低20分遅れで更新しています。 全市場(東証、福証、札証も含む)の出来高・売買代金に関しては、最低20分遅れで表示しています。 各項目の意味と更新頻度については「」をご覧ください。 Yahoo! ファイナンスは、、、、、、、からの情報提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

次の