神戸 教育 短期 大学。 神戸教育短期大学 学生情報|大学ポートレート

幼児教育学科|神戸女子短期大学

神戸 教育 短期 大学

[学校法人 夙川学院] ~2021年度入学者全員の入学料20万円全額免除の決定~ 学校法人夙川学院(所在地:兵庫県神戸市、理事長:増谷 昇)神戸教育短期大学こども学科(定員130名)は、「新型コロナウイルス感染症による経済不安に対する進学支援制度」を設立しました。 新型コロナウイルス感染症拡大により経済的な影響を受けている受験生への負担軽減を目的に、2021年度入学者全員を対象に入学料20万円全額免除をいたします。 本支援制度は、定員130名のうち100名を対象とします。 残りの30名は、高大連携特別指定校からの進学者を予定しています。 高大連携特別指定校からの進学者は、もともと入学料20万円の全額免除の対象となっています。 したがって、本支援制度により入学定員130名全員に入学料20万円を全額免除することになります。 本支援制度の受付は既に開始しています。 募集期間は、2020年5月1日(金)~7月17日(金)までです。 お申し込み受付後、10日以内に「経済支援制度認定証」を送付いたします。 認定後はどの選抜方法で受験に合格されても本支援制度が適用されます。 保育者を目指す皆さんの思いは、子どもの心身の成長や安全に関するさまざまな知識・子どもと向き合うための技術に支えられて実現します。 受験生の皆さんも、自分の興味・得意を生かしながら深めることができる本学での学びのなかで、子どもたちとともに成長できる保育者をめざしましょう。 5.申し込み方法は、「専用申し込みフォーム」にアクセスして申し込みいただくかお電話での申し込みとなります。 また、本学院には付属園があり、付属園に就職を希望する学生への独自の奨学金を設けています。 保育者になるという夢の実現のために活用していただければと思います。 学校法人夙川学院・神戸教育短期大学では、乳幼児期の保育・教育は生涯に渡る人格形成の基礎を培う非常に重要なものであるとの認識に基づき、短期大学・付属園・子育て広場が地域と密接に連携を取りながら、先進的な保育・幼児教育を研究・実践していくことを方針としています。

次の

NEW! 兵庫県 短期大学 偏差値一覧 2019

神戸 教育 短期 大学

主要科目の特長• 【A】音楽(歌唱)A・B・C 歌うための基礎的発声法を身につけるだけでなく、指あそび・手あそびなどを通して、子どもと「楽しく」歌う力を修得します。 また、どのように表現すれば美しい言葉や詩が子どもたちの心に響くのかを学びながら保育者としての感性も磨きます。 【B】音楽(器楽)A1・A2・B・C ピアノによる演奏技術と豊かな表現力を養うことを目的に、一人ひとりの熟練レベルに合わせたきめ細かな個人レッスンを行うと同時に音楽理論やリズムについて学びます。 子どもの歌の弾き歌いなどを修得することで幼稚園、保育所などの現場で通用するテクニックを身につけます。 【C】保育内容の指導法(人間関係) 子どもの視点から人との関わり合いをとらえ、自己を成長させるために欠かせない人間関係を学びます。 授業の中では少人数に分かれて活動し、自分と他人との関わり合いの分析をして学びを深めます。 【D】保育内容の指導法(言葉) 子どもの発達について学び、一人ひとりに応じた適切な援助方法を身につけます。 また、言葉を使った子どもの自己表現をより豊かにするために、わらべうたや絵本、紙芝居といった伝統文化を学び、その活用方法や技術を修得します。 【E】保育内容の指導法(表現) 子ども自身が感じたことや、考えたことを自分なりに表現することで、豊かな感性や表現する力が育つことを学びます。 造形表現支援のための基礎を習得し、保育者としての造形表現力を高めます。 【F】幼児理解の理論・方法 幼児保育を行うためには、まず子ども一人ひとりに対する深い理解が必要です。 そのため授業では、子どもの言動を表面的にとらえるのではなく、内面に目を向けられる力を修得します。 また、子どもや保護者に共感し、寄り添う姿勢の重要性も学びます。 【G】食育論(子どもと食生活) 子どもたちが心も体もイキイキと育つためには「食育」が必要であることを理解し、栄養バランスのとれた食事や、子どもたちの心を豊かに育む家庭の味と食文化の大切さなどを学んでいきます。 保育者がその要求を満たすことで、赤ちゃんは人への信頼と自信をつけていきます。 ていねいな育児と愛情ある関わりについて学びます。 子どもと大人の違いを知り、家庭はもちろん、保育所など集団での保健活動の重要性を学びます。 また子どもだけでなく、保護者に指導する立場であるという認識も身につけます。 【J】保育内容総論 保育内容の理解を深め、保育所保育指針、幼稚園教育要領に示されている5領域の成り立ちとその意味を学びます。 実践事例を折り込みながら保育現場の状況を具体的にイメージし、保育内容を理解します。 【K】教育相談の理論・方法(カウンセリングを含む) 映像や資料を使い多くの事例をもとにして、カウンセリング(教育相談)の意味や役割といった基本的な知識を身につけます。 また、心理検査や性格検査などによるトレーニングを実際に行うことで、基礎的なカウンセリング技法の習得も目指します。 【L】保育・教職実践演習(幼稚園) 保育実習・幼稚園実習の経験を踏まえ、入学時より学んできた知識・技能等を有機的に統合できるよう、演習形式で学びます。 例えば現場を想定したロールプレイ等を行いながら子どもや保護者との対応の在り方を修得します。 【M】児童家庭福祉 子どもに接する専門職として、子どものみではなく、子どもと家庭、またそれらを取り巻く環境を包括的に見ることができる視点を養います。 さらに児童虐待など、子どもの福祉に関わる諸問題に対してどのようにアプローチしていくかについて学びます。 川村 高弘 「保育者論」 幼稚園教諭や保育士に求められる心構えや知識を学びながら、これからの時代に必要な保育者としての資質や専門性について理解を深めていく。 桐原 美恵子 「保育内容の指導法(言葉)」 遊びの中で培われる言葉についての理解を深めるとともに、支援や指導法など、保育者としての専門性を学んでいく。 辻田 美和 「図画工作」 子どもの造形表現活動を支援するために必要な知識や技能を身につけ、児童文化にかかわる活動や制作をとおして、実践的に学ぶ。 山内 有香子 「保育内容の指導法(健康)」 子どもが健康な心と体を育むための生活習慣や安全教育、運動、遊び等について学び、保育者としての実践力を培う。 准教授 氏名・担当科目 詳細 塚田 みちる 「保育の心理学」 乳幼児の心の育ちの仕組みについて主に発達心理学の知識に基づきながら学び、子どもの心が周囲他者との関係の中で育つことへの理解を深めていく。 永井 久美子 「乳児保育」 子どもの発達を理解すること、遊びを通して子どもがいかに育つか、保育者としてどうかかわればよいのかを学んでいく。 畠山 由佳子 「児童福祉論」 社会福祉はすべての人たちの生活に関係する分野。 1つの視点からではなく他方向から社会を見つめる視点を学ぶ。 特任准教授 氏名・担当科目 詳細 別所 須実子 「保育内容の指導方法 (C)」 生活の中で感じたこと、考えたことを自分の身体の動きで表現したり、劇遊びなどの経験もとり入れて実践力を培う授業。 特任講師 氏名・担当科目 詳細 小松原 祥子.

次の

神戸教育短期大学「新型コロナウイルス感染症による経済不安に対する進学支援制度」の設立

神戸 教育 短期 大学

~2021年度入学者全員の入学料20万円全額免除の決定~ [] 学校法人夙川学院(所在地:兵庫県神戸市、理事長:増谷 昇)神戸教育短期大学こども学科(定員130名)は、「新型コロナウイルス感染症による経済不安に対する進学支援制度」を設立しました。 新型コロナウイルス感染症拡大により経済的な影響を受けている受験生への負担軽減を目的に、2021年度入学者全員を対象に入学料20万円全額免除をいたします。 本支援制度は、定員130名のうち100名を対象とします。 残りの30名は、高大連携特別指定校からの進学者を予定しています。 高大連携特別指定校からの進学者は、もともと入学料20万円の全額免除の対象となっています。 したがって、本支援制度により入学定員130名全員に入学料20万円を全額免除することになります。 本支援制度の受付は既に開始しています。 募集期間は、2020年5月1日(金)~7月17日(金)までです。 お申し込み受付後、10日以内に「経済支援制度認定証」を送付いたします。 認定後はどの選抜方法で受験に合格されても本支援制度が適用されます。 保育者を目指す皆さんの思いは、子どもの心身の成長や安全に関するさまざまな知識・子どもと向き合うための技術に支えられて実現します。 受験生の皆さんも、自分の興味・得意を生かしながら深めることができる本学での学びのなかで、子どもたちとともに成長できる保育者をめざしましょう。 5.申し込み方法は、「専用申し込みフォーム」にアクセスして申し込みいただくかお電話での申し込みとなります。 また、本学院には付属園があり、付属園に就職を希望する学生への独自の奨学金を設けています。 保育者になるという夢の実現のために活用していただければと思います。 学校法人夙川学院・神戸教育短期大学では、乳幼児期の保育・教育は生涯に渡る人格形成の基礎を培う非常に重要なものであるとの認識に基づき、短期大学・付属園・子育て広場が地域と密接に連携を取りながら、先進的な保育・幼児教育を研究・実践していくことを方針としています。

次の