禍々しい 漢字。 「禍々しい」の意味と正しい読み方とは?使い方や類語を例文で解説

【禍々しい】って読める?読めない!「読みたい漢字ファイル」vol.33

禍々しい 漢字

新型コロナウイルスの感染が各国で拡大し、人々の生活に深刻な影響が出ています。 訓読みの方をチェックすると、こちらの漢字に含まれる意味が、ストレートに理解できますよね。 つまり端的に言ってしまえば、かなりネガティブな意味を持った漢字というわけです。 それでは続いて、「禍」を含む表現について見ていきましょう。 特に馴染みが深いのは、 「禍福は糾える縄の如し」ということわざでしょうか。 これは中国の史記・南越列伝に由来するもので、「かふくはあざなえるなわのごとし」と読み、「災いと幸福は表裏一体で、まるでより合わせた縄のように代わるがわるやって来るものだ(=不幸だと思ったことが幸福に転じたり、幸福だと思っていたことが不幸に転じたりする)」との意味合いで用いられます。 ちなみに私個人はコロナ禍という表現を初めて耳にしたとき、一番に「武韋の禍」という言葉を連想しました。 スポンサーリンク? 「コロナ禍」の読み方や意味をチェック! 以上のような点を押さえておけば理解しやすいかと思いますが、コロナ禍は 「ころなか」とよみ、 「新型コロナウイルスによってもたらされた、様々な災いや社会的混乱」のことを意味しています。 これだけ影響が大きく多方面にわたっているので、「禍」という表現がピッタリと判断されたのでしょうし、また一言で一連の混乱を端的に表現できるワードとして、重宝されるに至ったのでしょう。 といっても「禍」が近年のニュースに登場するのはこれが初めてではなく、「インフルエンザ禍(いんふるえんざか)」等の言い回しが見受けられるケースもありますね。 コロナの専売特許ではなく、割と汎用性の高い表現ということです。 もう少し分かりやすい表現を使ってほしい」といったコメントが幾つも寄せられています。 説明を聞けばなるほどという感じですが、当然のように使われると、少々戸惑ってしまいますね^^; スポンサーリンク?

次の

禍々しいの意味とは?

禍々しい 漢字

今回は、コロナ騒ぎでよく見るようになったこちらの漢字。 同じ漢字の繰り返し系ですね。 「物々しい」「白々しい」など、それ系はよくあります。 でも「禍々しい」はおそらく日常生活ではあまり使わない言葉なので、馴染みがないかもしれません。 ただこの「禍」の字、最近ちょっとよく見かけませんか? 「コロナ禍=コロナか」です。 「禍」には、災難、よろこばしくない事柄、不幸を引き起こす原因、といった意味があり、コロナ以外にも、「ペスト禍(ペストのパンデミック時)」、「戦禍(戦争による被害)」などと使われます。 疫病による災いで、世の中がざわついている、まさに今のような状態のことです。 本題に戻って「禍々しい」ですが、「コロナ禍」の「か」ではあっても、「かかしい」とは読みません。 「禍」のつくり「咼」には、螺旋状の、グルグルと巻かれたものという意味がありますが、もうひとつ、人の骨を表す場合もあるそうです。 この「咼」を神様を表すしめすへんと合わせて、神への生贄(いけにえ)や、神によってくだされた災いを表す漢字に。 ちなみに、古代のイヤリングやペンダントヘッドとして使われていた「勾玉=まがたま」ですが、これはただのアクセサリーではなく、災いを避けるためのお守りだったそうです。 曲がっているから「まがたま」となった説が有力ですが、「禍々しいできごと」から身を守るためのものであったことから、「まがたま」となったという説も… というわけで、読み方、ピント来ましたか? では正解は… 「禍々しい=まがまがしい」です。 新型コロナウイルス、色々と「禍々しい」噂が飛び交っていますね。 最近ツイッターでも話題になっていた「コロナ鍋=コロナなべ」は、「禍」と「鍋」を間違えて? あえて? 使ったもの。 ここから「コロナ渦=コロナうず」、「コロナ蝸=コロナかたつむり」などに発展して、緊張感みなぎる日々の中、ちょっと笑える漢字ネタになっていました。 良い解決法が見つかってコロナ禍が無事過ぎ去り、「コロナ過」と呼べるようなふつうの毎日が、早く戻ってきますように。

次の

二字熟語一覧と意味|かっこいい/美しい/難しい/おめでたい

禍々しい 漢字

30歳の会社員です。 最近いろんなネット小説を読んでいまして、気づいた事が…。 タイトルにも書いたのですが「弱々しい」「清々しい」など、同じ読みが続く単語が 「弱弱しい」「清清しい」など「々」を使っていないのです。 何人かの作者さんに共通していたので、個人の書き方によるものではない、と思います。 私が学生だったときは「々」をずっと使っていたし、今でもそう書きます。 しかし…。 最近の教育では漢字の書き方が変わったのでしょうか? 私自身、「あぁ、昔の人はこう書く人多いね」と思い当たる漢字がいくつかあります。 間違いではないけれど、時代を感じてしまいます。 もしかして私も、すでに時代を感じる人になりつつあるのかと思うと、悲しいです 泣 無知で申し訳ありませんが、親切な方よければ教えてください。 ユーザーID: 失礼しました、ネット小説の話でしたね。 となると考えられる理由は次のとおりです。 ・趣味でそうしている。 編集者の手が入らないので、JISだの何だのは無視されますね。 ・逆に律儀に、「弱々しい」が「弱」と「々」の間で行が変わるので行頭禁則を守ったものの、ブラウザ上で文字の送りが変わってしまい、「々」が行頭に来なくなってしまった。 小説に限らず、複数行にわたる段落をネット上で書くとき、「々」は一般に、ブラウザじたいが行頭を禁則にします。 どういうことかというと、行の右端や1行あたりの文字数は揃わなくてもいい、ということにして、「弱」に続けて表示してくれます。 なので「弱弱しい」と書く必要はないんですよね。 小説だということは、プリントアウトや出版を前提に書いたものをネットに移すときに、うっかりそのことを失念したのかもしれません。 ユーザーID:• とりけし たとえば、 「彼女はとても白い肌をしており、弱々しくはかなげな人だった」 と言う文章があったとします。 この場合「弱々しく」が 「彼女はとても白い肌をしており、弱 弱しくはかなげな人だった」 という風に改行される場合は「弱々しく」ではなく「弱弱しく」にしなくてはいけないと言うようなことをむかーし、国語の授業で習いました。 「々」という文字が行の頭に来てはいけない、と言うようなものだったと思います。 句読点の「、」や「。 」とか「っ」なども行の頭に来てはダメなのと同じだったと……そういった文字は今はソフトが勝手に改行をいじってくれます。 ネット小説は普通に画面で見るほかに、テキストデータとしてPDFなどにダウンロードして読む場合があるので、読み手の環境によってどこで改行がされるかわからない・ソフトが対応しないから「弱弱しく」と標記する作家の方が多いのではないでしょうか? ユーザーID:• 趣味・教育・教養ランキング• 「々」「〃」「ゞ」「ヾ」等は略語ですから.

次の