今日 は 何 の 日 カレンダー 2019。 今日は何の日?カレンダー

手作りカレンダーでチェック!!「今日は何月何日何曜日ですか?」~4ヶ月後の娘~

今日 は 何 の 日 カレンダー 2019

壬寅 みずのえとら 干支は「干(かん)」と「支(し)」からなり、壬寅の干は、壬(みずのえ)、支は寅 とら です。 干支は60種類あるので、壬寅(みずのえとら)の日は60日に一度めぐってきます。 壬寅は60種類の中で39番目の干支です。 相生 干支の組み合わせが自然の流れに沿っているため、相生は物事が順調に進む日とされています。 三碧 三碧が方位盤の中央に位置していることを表します。 九星は一白、二黒、三碧、四緑、五黄、六白、七赤、八白、九紫で、これらが東西南北、北東、南東、南西、北西の8方位と中央の9つの位置に当てられ、毎日変動しています。 大安 大安は「大いに安し」という意味で大吉日です。 めでたい日であり、結婚式を挙げる人の多い日です。 旅行、引っ越しも吉です。 満 みつ 万事万物が満たされる日の意味で吉日とされています。 引越し、結婚など、新しいことを始めるには吉日です。 室 しつ 結婚、引越しには吉日。 祝い事はすべて吉です。 大明日 大明日はすみずみまで太陽が照らす吉日。 結婚、旅行、引越しなどは吉、新しいことを始めるにも良い日です。 月徳日 月徳日は何事をするにも吉の日です。 特に家の増改築、土に関わることは吉とされます。 三隣亡 三隣亡は、棟上げなどを行うと三軒隣まで亡ぼすとされ、建築に関することは凶とされます。 不成就日 何をやっても思っていた結果に結びつかない日。 結婚や引越しには凶です。 また、急に思い立ったことを始めることや願い事も良くない日です。 帰忌日 帰忌日は星の精が降りてきて、家の門にいて、帰るのを邪魔する日とされています。 特に旅行は避けた方が良い日です。 亥 北北西 金神 金神がいる方位に向かっての旅行や引越しは避けた方が良いと言われます。 金神には、遊行で別の方位に行くことのある巡金神と、1年を通して同じ方位にある大金神、姫金神があり、 遊行中は遊行先の方位が凶方位となります。 また、間日はどの方位も問題ありません。 大将軍 大将軍のいる方位は、旅行、引越しには特に注意が必要とされています。 大将軍の方位は3年間、同じ方位ですが、 遊行により別の方位に行くことがあります。 その日は本来の方位は問題なく、遊行先の方位が凶方位です。 天一神 天一神は天と地を行ったり来たりし、地上にいる期間(44日間)は8方位を巡り、その方位は凶方位とされます。 天にいる期間(16日間)は天一天上と言われ、 どの方位も問題ありません。 大雪(二十四節気) 二十四節気の21番目で、12月7日頃です(2019年は12月7日)。 山々は真っ白に染まり、北風が冷たく、平地にも雪の降る時期です。 いよいよ本格的な冬の寒さの到来が感じられます。 旧暦ではこの日から十一月節になります。 冬至(二十四節気) 二十四節気の22番目で、12月22日頃です(2019年は12月22日)。 太陽の高さが最も低くなり、昼が1年中で最も短くなります。 冬至かぼちゃを食べたり、ゆず湯に入ったりします。 こと納め 12月8日はこと納めです。 その年の農作業をを終える日とされていたのが由来です。 2月8日と12月8日は「事の八日」と言われ、針供養が行われたり、野菜の入った「お事汁」を食べる風習があります。 ちなみに2月8日は「こと始め」です。 クリスマス・イブ 12月24日はクリスマス・イブで、クリスマスの前日です。 正確には24日の夕刻を指します。 街や庭にはクリスマスツリーやイルミネーションなどが飾られ、家族でのパーティーや恋人と過ごす日として広く普及しています。 クリスマス 12月25日はクリスマスです。 イエス・キリストの誕生を祝う日ですが、サンタクロースが子どもにプレゼントを持って来てくれる日として定着しています。 家族や友人、恋人などとケーキを食べて過ごす風習があります。 大祓い 大祓いは、6月30日と12月31日に行われ、犯した罪や穢れを除き去るための行事です。 6月の大祓いでは各地の神社で「茅の輪くぐり」が行われます。

次の

今日は何の日・明日は何の日

今日 は 何 の 日 カレンダー 2019

令和って万葉集から来ているんだって。 これは日本の元号が始まって以来初の事ですごいことなんだあ。 日本の元号って中国から来ているんだ。 中国って漢文とかあるよね、その漢文由来の二文字の言葉を探して元号としてたんだよ。 でも万葉集って日本の書物で奈良時代末期に成立した日本最古の和歌集なんだ。 しかも和歌は全て漢字で書かれているんだ。 だから、元号を持ってくるときにはちょうどよかったんだろうね。 令和はまだ始まってまもないけど西暦が共通に使われるようになってきているとはいえ、 日本に住んでいる限り就職や進学、会社などで使うことはおおいだろうし、ちゃんと覚えておいたほうがいいことは多いはず。 四の五の言わずに、西暦からレイワと令和で覚えちゃった方がいいよ。 あと、元号ってそもそも天皇が変わると変更されるってイメージがあるけど, これ間違いね。 もしそうだとすると、例えば、江戸時代があるから江戸天皇とかいることになるけど聞いたことないよね。 天皇が即位されると変更される場合もあるけど、基本的には時代の変わり目に元号は変わるんだ。 明確な定義はないけど、近年では明治とか大正とか昭和とか天皇が即位されたときに代わることが多かったってこと。 大体これは70年とか50年とかその辺だから時代が大きく変わるくらいの時間なんだ。 だから何がいいたいのかというと、 要は元号ってのは時代の節目だからそこからまた時代が変わるんだーなんて考えて生活の中に溶け込んでいかせたらいいなって思います。 今日は令和何年?について 現在は令和2年ですが、あの年は平成何年だったか思い出してみましょう。 なので各年毎の超ビックニュースを時系列でならべてみました。 これを見れば一目瞭然にいまのイメージがわくはずです。 平成01年 ソ連軍のアフガニスタン撤退が完了 平成02年 日本人初の宇宙飛行。 秋山豊寛さんがソユーズTM11に 平成03年 湾岸戦争勃発 平成04年 貴花田と宮沢りえさん婚約 平成05年 ビル・クリントン、アメリカ合衆国大統領に就任 平成06年 長嶋巨人日本一 平成07年 地下鉄サリン事件 平成08年 任天堂が「NINTENDO64」を発売開始 平成09年 ダイアナ元英皇太子妃、パリで事故死 平成10年 『七人の侍』や『用心棒』などで知られる映画監督の黒澤明が死去 平成11年 嵐が、ハワイ州ホノルル沖のクルーズ客船にてデビューの記者会見を行う。 平成12年 サザンオールスターズ、「TSUNAMI」発売。 CDシングル歴代売り上げ1位 今日の日が平成何年だったかの意味.

次の

2019年 月齢カレンダー|満月・大潮・月の満ち欠け(上弦・下弦の月)

今日 は 何 の 日 カレンダー 2019

壬寅 みずのえとら 干支は「干(かん)」と「支(し)」からなり、壬寅の干は、壬(みずのえ)、支は寅 とら です。 干支は60種類あるので、壬寅(みずのえとら)の日は60日に一度めぐってきます。 壬寅は60種類の中で39番目の干支です。 相生 干支の組み合わせが自然の流れに沿っているため、相生は物事が順調に進む日とされています。 三碧 三碧が方位盤の中央に位置していることを表します。 九星は一白、二黒、三碧、四緑、五黄、六白、七赤、八白、九紫で、これらが東西南北、北東、南東、南西、北西の8方位と中央の9つの位置に当てられ、毎日変動しています。 大安 大安は「大いに安し」という意味で大吉日です。 めでたい日であり、結婚式を挙げる人の多い日です。 旅行、引っ越しも吉です。 満 みつ 万事万物が満たされる日の意味で吉日とされています。 引越し、結婚など、新しいことを始めるには吉日です。 室 しつ 結婚、引越しには吉日。 祝い事はすべて吉です。 大明日 大明日はすみずみまで太陽が照らす吉日。 結婚、旅行、引越しなどは吉、新しいことを始めるにも良い日です。 月徳日 月徳日は何事をするにも吉の日です。 特に家の増改築、土に関わることは吉とされます。 三隣亡 三隣亡は、棟上げなどを行うと三軒隣まで亡ぼすとされ、建築に関することは凶とされます。 不成就日 何をやっても思っていた結果に結びつかない日。 結婚や引越しには凶です。 また、急に思い立ったことを始めることや願い事も良くない日です。 帰忌日 帰忌日は星の精が降りてきて、家の門にいて、帰るのを邪魔する日とされています。 特に旅行は避けた方が良い日です。 亥 北北西 金神 金神がいる方位に向かっての旅行や引越しは避けた方が良いと言われます。 金神には、遊行で別の方位に行くことのある巡金神と、1年を通して同じ方位にある大金神、姫金神があり、 遊行中は遊行先の方位が凶方位となります。 また、間日はどの方位も問題ありません。 大将軍 大将軍のいる方位は、旅行、引越しには特に注意が必要とされています。 大将軍の方位は3年間、同じ方位ですが、 遊行により別の方位に行くことがあります。 その日は本来の方位は問題なく、遊行先の方位が凶方位です。 天一神 天一神は天と地を行ったり来たりし、地上にいる期間(44日間)は8方位を巡り、その方位は凶方位とされます。 天にいる期間(16日間)は天一天上と言われ、 どの方位も問題ありません。 大雪(二十四節気) 二十四節気の21番目で、12月7日頃です(2019年は12月7日)。 山々は真っ白に染まり、北風が冷たく、平地にも雪の降る時期です。 いよいよ本格的な冬の寒さの到来が感じられます。 旧暦ではこの日から十一月節になります。 冬至(二十四節気) 二十四節気の22番目で、12月22日頃です(2019年は12月22日)。 太陽の高さが最も低くなり、昼が1年中で最も短くなります。 冬至かぼちゃを食べたり、ゆず湯に入ったりします。 こと納め 12月8日はこと納めです。 その年の農作業をを終える日とされていたのが由来です。 2月8日と12月8日は「事の八日」と言われ、針供養が行われたり、野菜の入った「お事汁」を食べる風習があります。 ちなみに2月8日は「こと始め」です。 クリスマス・イブ 12月24日はクリスマス・イブで、クリスマスの前日です。 正確には24日の夕刻を指します。 街や庭にはクリスマスツリーやイルミネーションなどが飾られ、家族でのパーティーや恋人と過ごす日として広く普及しています。 クリスマス 12月25日はクリスマスです。 イエス・キリストの誕生を祝う日ですが、サンタクロースが子どもにプレゼントを持って来てくれる日として定着しています。 家族や友人、恋人などとケーキを食べて過ごす風習があります。 大祓い 大祓いは、6月30日と12月31日に行われ、犯した罪や穢れを除き去るための行事です。 6月の大祓いでは各地の神社で「茅の輪くぐり」が行われます。

次の