零式 共鳴 4層。 FF14 エデン零式共鳴編4層の雑魚フェーズを超える

希望の園エデン零式:共鳴編4 マクロ&タイムライン

零式 共鳴 4層

ラムウは1人乗りマウント!騎乗BGMは共鳴編1層のもの。 ボスである4本脚のラムウにそのまま乗ることができる ラムウマウントは希望の園エデン:共鳴編1層に登場するラムウそのものです。 疑似神降ろしをした際に主人公がガバガバな記憶力で思い出したラムウなので色々混じってしまった結果がこれですが、まさかラムウおじいちゃんに乗れる日がくるとは思いませんでしたね。 マウント自体のクオリティは非常に高く、1層ボスを単純に小さくした感じです。 よくよく見ると足回りの部分などは混じった記憶の元であろうイクシオンマウントなどとかなり似通っていますが、模様などの細部は違っています。 ラムウマウントの周りには常に稲妻が走っており、バチバチという効果音が鳴っています。 脚部周辺だけ見ると馬系マウントのように跨ることもできそうですが、ラムウの上半身がある都合上 背中に立ち乗りする感じで騎乗します。 動画の方も見ていただければわかりますが、 4つ足ながらも常に浮遊した状態で移動します。 足はパカパカ音を鳴らしてくれますが、この点が他の馬系マウントとの差異といえるでしょう。 ちなみにラムウマウントには専用アクションは用意されていません。 せっかく雷属性なのですから電撃攻撃(ショックストライクとか)のアクションがあったら楽しそうだとは思いましたが、ラムウの顔や筋肉による厚い胸板などで存在感はたっぷりです。 ラムウマウントの紹介動画も作成しました。 実際のBGMや動いているところを見たい方はぜひこちらもご覧になってみてください。 さて今まではマウントというと動物や機械系がほとんどでしたが、今回のラムウマウントのように かなり人型に近い(というか上半身は人型)のものは結構珍しいマウントです。 また乗り方も立ち乗りという点で珍しいといえます。 クオリティが高いだけにラムウおじいちゃんの渋さが際立つので人によっては好き嫌いが分かれるかもしれませんが、考え方によっては いつでもおじいちゃんと2ショットが撮れるのがポイントです。 共鳴編1層のアレンジBGMがやはり格好良いですのでいつでも聞けるのは嬉しいですし、威圧感のあるマウントが欲しい人にはピッタリかもしれません。 エデン零式共鳴編4層のクリア報酬となっているので零式攻略をしないと入手はできませんが、ネタ的にも面白いのでラムウが好きという方はぜひエデン零式共鳴編に挑戦してみましょう!.

次の

FF14 エデン零式共鳴編4層の雑魚フェーズを超える

零式 共鳴 4層

4層のタイムラインは総時間が14分と決まっていますが、フェーズごとに分けたもの(P時間)も併記してあります。 「フロストスラスト」はボス後方への扇範囲攻撃です。 鏡の国で既に緑2枚と赤1枚が出現しているので、 ボス本体からの攻撃の後に鏡からも実行されます。 「フロストスラッシュ」の場合はボス中心270度の広範囲な扇状攻撃で、ボス背面が安地となります。 形状的にスラストのときより安地が狭いのでフィールド外周にしっかり寄っておくことを意識してください。 ダイヤモンドダストからの一連の動き方詳細 ダイヤモンドダストからの技は全部続いているコンボ技のようになっているので、ここまでの攻撃技をまとめて一連の動き方について詳細を見ていきましょう。 ダイヤモンドダスト後に各ロールからランダムで計4名のアイスストーン(マーカーAoE)対象が選ばれるので、 1,2,3,4のマーカー上に乗って着弾させてください。 アイスストーンのマーカーは 立ち位置の優先度を決めておくと良いでしょう。 ここでは、• 1マーカー : ヒーラー• 2マーカー : D2,D4• 3マーカー : D1,D3• 4マーカー : タンク このようにしています。 ちなみに ここで決めた優先度と立ち位置は後半のギミックでも使いますので覚えておいてください。 この例ではアイシクルインパクトが一番最初に着弾したのはA,Cだったので、A,C方向へ飛ばされるようにします。 飛ばされた先でアイスニードルと距離減衰が発動しますが、 立ち位置が適切であれば自動的に安地へ飛ばされることになるので実際は考えることはとても少なくて済みます。 続けてDPS2名に追尾設置型のAoE「アイスエラプション」が3回表示されるので、対象となったDPSは時計回りに外周へ捨てていきましょう。 ヘヴィが付いている4名反時計に避けることで巻き込まれずに済みます。 このときスプリントを確定で使っておくと鈍足状態でも回避しやすくなりますから、ここで使うのがベスト。 ちなみにこの直後の「フロストスラッシュorフロストスラスト」では、 先ほど使わなかった方を確定で使います。 一番最初に使ったのがスラストであれば、ここでは必ずスラッシュになります。 タンクはフィールド中央が安地になるようにボス向きを調整してください。 光の暴走 光の暴走は4層中で一番事故の多く、難関ギミックといえます。 ここは 色んな要素が詰まっている複合ギミックですので、まずはギミック要素をひとつひとつ見ていきましょう。 画像 光の暴走の登場要素説明 【過剰光】• 初期状態でデバフなしが2名、デバフ1が4名、デバフ2が2名いる 【光の鎖】• 光の暴走詠唱完了後にタンクヒーラー1名ずつ、DPS2名の計4名に付与される• 10秒後に光の呪縛へと変化する 【光の呪縛】• 効果時間10秒。 鎖対象以外の4名に、東西南北に発生する玉のいずれかと線で繋がり、追尾してくる。 一定距離を移動させると玉が小さくなる• 玉対象が死亡すると自動的に玉も爆発する 【タワー】• 上から玉が降ってくる。 時間にして30秒程度ではありますが、これらのギミック要素をすべて処理していく必要があります。 まずは大まかな流れですが、• 1人用タワーが出るので鎖の人が踏んで処理• 玉が付いた4名の玉担当は光の波動を誘導し、その後玉を散歩させて小さくする• 2人用タワーが出るので鎖の人が踏んで処理• 鎖担当の4名で光の波動を誘導する• 玉担当は小さくなった玉を処理する• 4人用タワーが出るので、この時点で過剰光が3の人が入って処理 このようになります。 誰か1人がギミックをミスすると連鎖的に爆発が起こってワイプになるという中々難しいギミック。 光の暴走の具体的な処理方法についての詳細 光の暴走は処理方法がいくつもあるのですが、この記事ではいわゆる「 あやとり式」というやり方を例に解説していきます。 まず上記画像1のようになったと想定しましょう。 このときの 立ち位置は前述のダイヤモンドダストで決めた優先度と同じものです。 鎖が付いたらその場所のタワーに乗り、そうでなければ玉に備えましょうということです。 次に玉が付いた人は、 線が付いた玉との距離が最短になるように並びましょう。 このときボスのターゲットサークルを踏むのを忘れないでください。 おのずと上記画像2のように東西南北になってボスへ向いているはずです。 最初の光の波動は玉対象である4名が東西南北へ誘導するので、タワーに乗っている鎖4名はこれに当たらずに済みます。 ここからが重要。 玉担当の人は光の波動を誘導した後、即座に移動を開始。 ボス直下を通って自分の進行方向の右手にあるマーカーを経由して玉を引っ張りましょう。 こうすることで対面の玉と衝突することなく、さらに玉を安全な軌道で誘導することができます。 もし直接次の安置へ向かってしまうと、次のタワーを処理する人に玉を当ててしまう事故が発生します。 鎖担当の4人は玉との接触に注意しつつ、上記画像4の形状になるように移動して2人用タワーを踏んでください。 鎖同士近くて大丈夫なの?と思うかもしれませんが、これがあやとり式の面白いところ。 北を基準に見たとき、リボンのような形に鎖が付いていたのを思い出してください。 自分の真横の人とは鎖が付いていないのです。 そのため横方向へはどれだけ近づいてもギミックが失敗することはないというわけです。 2人用の塔の処理が終わった時点で鎖も消滅しているので、これ以降は自由に動いてOKです。 今度は鎖担当だった4名が光の波動を誘導しましょう。 確実に自分たちへ誘導するためにボスのターゲットサークルを踏むことを意識してください。 玉担当の4名は小さくなった玉に当たって消滅させたらボスを殴りに行っても良いですが、このとき絶対にボスのターゲットサークルは踏まないでください。 両方のグループがこれを意識していれば扇範囲があらぬ方向へ出る事故は防げます。 最後に出現するタワーは4人用なので、 光の波動が終わった時点で過剰光デバフが3の人が入ってください。 玉の爆発に巻き込まれたとか、扇範囲に巻き込まれたりするミスがない限りこの時点で必ずデバフ3の人が4名いるはずです。 このタワーが処理できれば、一番の難関である光の暴走を突破です。 あやとり式で最初の図形がリボン型でなかった場合の動き方 さてここまであやとり式を見てきましたが、察しの良い方は「鎖は誰が対象かはランダムなのだから、毎回鎖がリボン型に付くわけではないよね?」と疑問に思ったはずです。 そのとおりです! あやとり式は鎖の形状がリボン型でなければ成立しないギミック処理方法なので、リボン型でなかった場合は形を直してあげる必要があります。 まず上記画像の1を見てください。 これは砂時計型に付いてしまったパターンです。 この状態で同じ動きをすると横の線が近すぎて爆発します。 そのためリボン型に直すわけですが、このとき対処法としては2通り考えられます。 ひとつは画像の2aのように全員が時計回りに回るというもの。 これはもっとも考えやすいですし、図形として捉えてギミック処理を行う人にオススメな処理方法です。 もうひとつは 2bのようにヒーラーを絶対動かさないいわゆる「あやとり式ヒーラー固定型」です。 これのメリットは詠唱ジョブのヒーラーを動かさずに済むという点です。 考え方としては自分の 担当位置に立ったとき、線が交差しておらず、横の人と線で繋がっていたら南東のDPSとタンクが入れ替わるだけなので、それほど難しくはありません。 どちらのやり方を採用するかはPTによって異なりますが、私たちの固定では全員回転する方を使っていました。 リボン型でない場合のもうひとつのパターンがこの四角形パターンです。 これはそもそも線が交差されていないので、この 四角形の場合は西側のタンクとDPSが上下を入れ替えることで対応できます。 光の暴走フェーズでは玉からの線も合わさってごちゃごちゃしているので頭が混乱しそうになりますが、ひとつひとつ分けて考えることで単純化できます。 玉が付いたとき、鎖が付いたときの動き方をしっかり把握しておけば安定度が一気に増すでしょう。 アクスキックの場合 ランダム要素は「鏡の配置」「アクスorサイス」「頭割りor散開」と多岐に渡るのでここではシチュエーションを絞ってみていきます。 上記は鏡の配置が十字で、アクスキックが実行され、散開だった場合を想定しました。 ここで重要なのは予めペアで行動する人を決めておくことです。 上記画像なら赤魔道士と学者はペアで行動し、鏡が十字だったら東側を担当となっています。 この場合まずボスからアクスキックがくるので、担当の鏡まで移動して回避。 続けて鏡からアクスキックがくるのでボス下まで移動して回避します。 続いてバニシュガが散開だったので、ペア同士お互い距離を取った後DPSが時計回りにずれて散開をしています。 まずボス直下が安地なのでそこで回避した後、決めたペアで担当の鏡へ向かいます。 そこでサイスキックを回避、バニシュガが頭割りだったので遠隔とヒーラーはそのままの位置で頭割りを処理し、タンク近接はボスに近づいて頭割りを処理します。 タンクと近接をペアにしているのはこのパターンのときにボスに近づいて殴り続けられるからです。 ランダム要素が多い箇所ではありますが、• 基本のペアと担当鏡位置を決めておく• 散開ならDPSが移動• 頭割りなら近接タンクペアは近寄る この部分を決めて覚えておけばどのパターンでも難しくはありません。

次の

エデン零式 共鳴編 1~4層マクロのメモ(エレメンタル野良)※随時更新※

零式 共鳴 4層

とうとうやってきました共鳴編も4層後半の記事になります。 今回もこのブログらしく総合的な攻略はほっぽりだし、宗教戦争争点の説明とあまりに細かすぎるポイント補足をしていきたいと思います。 前提:ハムカツトンカツさんの動画がおすすめです 4層後半の動画としては ハムカツトンカツさんの動画が一番わかりやすくかつ必要な情報が網羅されていると思います。 前半では宗教戦争が問題になりましたが、後半は多少あるもののわずかな差になっており、このハムカツトンカツさんの動画のやり方が多数派だと思います。 記事の下部で紹介させていただきます。 本編: ギミックの細かすぎるポイント補足 予習の範囲について 最初に 「もうすぐ雑魚フェーズを越えて後半行けそう」となった段階で、どこまで予習しておくべきかのアドバイスを少し。 後半練習はフェーズが先に進みやすいため、予習範囲が短いと「せっかく進んだのに予習が出来てなくて時間がもったいない…」という状態になってしまうと思います。 そのため後半突入が見えてきたら、 最低でも通称ぼよんぼよんフェーズまで予習しておいた方が良いと思います。 そしてボヨンを見たら次は時間切れまで予習しましょう。 後半は前半と異なり強烈な宗教戦争&ストッパーギミックはないので竜詩までは一気にフェーズが進むと思います。 「アク・モーン」&「モーン・アファー」 4:4からの8人頭割りと、この時点では おそらく初見でもミスる人などいないであろう簡単なギミックです。 ただ、この後の登場場面に向けて覚えておいた方が良い事項があります。 それは、 1回片方のアクモーンを受けるとデバフが付与され、反対側のアクモーンを受けるとめちゃくちゃ痛くなることです。 この初登場シーンでは事故ることはまずありませんが、この後のアクモーンで「一人だけ死んでる」という場合の原因は大抵これ(両方の頭割りを受けてる)です。 「鏡の国」&「ホーリーウィング(片側範囲攻撃)」 片翼のホーリーウィングを鏡が反射してくるこのフェーズは、安置がボスの前なのか後ろなのか、安置がどちらに回転するのかを判断する必要がありますが、自分は予習時に途中の過程を省略して呪文暗記方式で乗り切り、結果的に今もそれでやっています。 鏡のイメージ処理が難しい方がいたら試してみてください。 (無色鏡と翼の光る方向を基準に) 西なら時計、同じなら後 短くするため逆側は省略して暗記です。 回転方向を先にしているのは翼が光るよりも鏡の登場の方が早いためです。 「聖竜の咆哮」1回目(通称:生首フェーズ) まず注意点を。 後ろから追うように当たると通信による時間差の影響でスカります。 練習初期のPTでは「確かに当たったのに!」というセリフはお約束です。 咆哮2回目も同じなので覚えておきましょう。 下に処理位置の目安とタイムラインを表にしてみました 頭の回転方向は時計・反時計ランダムなので反対の場合は左右反転です。 また このフェーズでの翼の範囲攻撃の方向はランダムではなく 必ず龍頭のいる側に来るようになっています、そのため2回目の後反対側に反転します。 また、攻撃の判定タイミングとエフェクトに見かけ上の時間差があるというか、翼がピカァ!した時点でもう攻撃判定が終わっているので、一見床に氷が残っているように見える状態の所へ突っ込んでいっても大丈夫です。 「フロストアーマー(氷床)」&「静寂の双剣技」・「閑寂の双剣技」 静寂の双剣技 前270度範囲 >後方90度範囲 閑寂の双剣技 後方90度範囲 > 前270度範囲 と、基本を踏まえた上で、文字にすると前方と後方への範囲攻撃なので、ボスの前後方向に大きく動いて避ける人もいますが、それだと(床の凍結解除含めて)結構間隔が短いので当たりやすいです。 自分は下図の通り あらかじめ斜めの真心ライン上で待機して、そのラインをまたぐように最小限の動きで避ける方法をおすすめします。 開発様の親切設計により直前の聖竜の咆哮でボスは中央に戻っているのできっちり真心ラインが境界になります。 近接DPSの場合はおなじみのターゲットサークルの側面と背面の境界が全く同じなのでそちらでもよいでしょう。 (というか黙っていても前方後方往復する近接DPSはいないはず…) 「ドラゴンアーマー」(通称:アク・ラーイ) ここは基本通り「翼がバサァ」したら避けるだけですね。 「鏡の国」&「ホーリーウィング(吹き飛ばし)」 通称:ぼよんぼよんフェーズ やってきました今回の 宗教戦争の争点その3です (とは言えここは比較的軽め…) このフェーズでの主な宗派は 「色固定」「赤固定( アムレン )」「アーサー式」と3種類あります。 個人的には アーサー式が最も最適化された非常に素晴らしい方法だと思いますが、火力向上とノックバック防止スキルの発動タイミングのシビアさを天秤にかけると 野良ではリスクの方が上回ると思うので紹介は省略します。 何回かアーサー式練習に行きましたが、結構な確率で入れ代わり立ち代わり誰かが落ちるので安定せず、詰めPTならともかく消化などでは普通にやればほぼ事故らないこのギミックでワイプするのはもったいなすぎると思いました。 逆に固定PTでは全員確実にアムレンをこなせるのが確認できたりVCでカバーできるならばアーサー式一択だと思います。 自分は色固定でも赤固定でもどちらでもOK、というか「たいして違わないんだから統一されて欲しい…」というのが率直な気持ちです。 が、色固定と赤固定の勢力が拮抗してしまっている現状なので両方補足しておこうと思います。 まあすぐにどちらでも習得できるレベルです。 ちなみに、このボヨンボヨンフェーズについては、(アムレン忘れを除き) 「死んだ人自体が原因ではない」というケースも多いのが特徴です。 位置を間違えたり入るのが遅れた他の人のせいで(本人の位置は正しいにもかかわらず)2回とも前4人側にカウントされたりヒラDPSが2回目の5番目になって殺されるケースもあります。 自分は間違ってないはずなのになぜか死ぬ!という場合は他の人の動きをよく見ておいた方が良いでしょう。 特に位置に着くのが遅れる人がいるせいでワイプするケースは多いです。

次の