ロード バイク タイヤ 空気圧。 ロードバイクのタイヤの空気圧って、どうやって決めたらいいのか。

初心者でも簡単確実にロードバイクの空気圧を維持する方法と時短テクニック

ロード バイク タイヤ 空気圧

タイヤの空気圧には、ほどよい適正値が存在します!! 私は、つい最近まで「タイヤをパンパンにして固くすれば、転がり抵抗が小さくなって速く走れる!!」と考えていました。 どのメーカーのタイヤであっても規定されている最大空気圧を入れていたんです。 ところが、ある日の朝のこと。 寝坊してしまい、空気を入れる余裕がなく、そのままじてつーへ向かうことに。 いつものごとく通勤路を走っていると、路面からの衝撃がまろやかで、スピードも出る!! まぁ、追い風もあってのことでしょうけど、少なからずスピードが遅くなっているようには感じませんでした。 私の足回りのメインの組み合わせは、シャマルウルトラ+GP4000S2 25C +Vittoria Latex Tube です。 このヴィットリアのラテックスチューブが、前日夜20時ごろから翌日朝の7時ぐらいまでの間に1BARほど空気が抜けるんですね。 この気付きの日の前日、GP4000S2の最大空気圧である8. 5barを入れていました。 気付きの日の当日、おそらく空気圧は7. 5bar前後だったかと思われます。 なのに、乗り心地はよくなるわ、スピードも出ているように感じるわで、「最大空気圧を入れるのは間違っているのではないか?」と考え直した次第。 インターネットで調べると、「適正値を入れなさい」という解説サイトが大量に表示されました。 ここで、適正値を知るのにいいアプリを発見。 ヴィットリアが提供しているスマホ用アプリです。 タイヤのケーシング TPI 、クリンチャーかチューブラーか、ライダーの体重+車体重量、路面コンディションを選択し、計算を実行すると適正空気圧を算出してくれるというもの。 フロント:8. 見ての通り、最小は7BAR、最大は12BARまで対応しているタイヤです。 では、なぜ、適正空気圧=最大空気圧とはならないのでしょうか? タイヤの抵抗 スピード に関わる要素とは? タイヤにかかる抵抗はこの3つです。 そして、転がり抵抗は空気圧に左右されると考えていたのですが、実はそうではないようなのです。 多くの解説サイトで、タイヤの空気圧を上げれば上げるほど、転がり抵抗は減るという実験結果が掲載されています。 詳しくは、こちらのサイトを見てみてください。 様々なメーカー別、種類別、サイズ別の転がり抵抗についての実験結果が記載されています。 ちなみにトップは、Vittoria Corsa Speed のチューブレスレディがダントツだったりします。 チューブレスは、使用方法が定着していないこともあり、普及していませんが、近い将来、覇権を握るかもしれませんね。 話が逸れました。 空気圧別の転がり抵抗値がわかりやすいのは、こちらのページの下部の図です。 このグラフを見ると、規定空気圧の最大を入れるのがよさそうに見えますが・・・ しかしながら、ヴィットリアは、適正空気圧は制限内ギリギリではないと公式に発表しています。 ということは、他にも要素があるんですね。 そこで、最近に発表されたある実験結果から分かった新たな要素が有力になってきます。 タイヤに関係する新たな抵抗要素、インピーダンス損失 実験を行ったのは、ポンプメーカーとして有名なSILCAという企業。 SILCAの公式ブログに掲載された、2016年7月の記事で掲載された内容に登場した インピーダンス損失がその要素です。 該当記事がこちら。 内容は英語で書かれていますけど、グラフを見るだけでも雰囲気が掴めるかと思います。 最初に掲載されているグラフは、先に紹介した転がり抵抗の実験サイトと同じ内容です。 空気圧が上がれば転がり抵抗は減るという内容のグラフ。 このグラフ、走行抵抗がほぼない、ローラー上でのデータです。 次に載っているグラフは、アスファルト路面上を実際に走った場合の転がり抵抗データ。 空気圧が110PSI 7. 5BAR あたりから、急激に転がり抵抗が増えていることが分かります。 この路面の粗さと空気圧の高さの関係によって発生する抵抗のことを インピーダンスと名付けています。 また、急激に転がり抵抗が増加しはじめる分岐点を ブレークポイント内圧と定義しています。 いままでは、転がり抵抗の大部分は ケーシングロスによるものと考えられていたとありますね。 空気圧を上げることで転がり抵抗が小さくなるのは、ケーシングロスが小さくなるためと記載されています。 ケーシングロスとは、 タイヤの形状変化によって、ケーシングが移動し、その際に運動エネルギーが熱エネルギーに変換されてしまい、減速する現象とのこと。 ヒステリシスロスという用語と同じ意味合いなのではないかと思われますが、根拠となる解説等は見当たりませんでした。 ちなみにヒステリシスロスというのは、23Cタイヤ 細いタイヤ より25Cタイヤ 太いタイヤ の方が、転がり抵抗が小さくなるということが話題になった際、有名になった用語です。 転がり抵抗の9割は、タイヤの変形によって発生するということ、23Cタイヤと25Cタイヤだと25Cタイヤの方がタイヤ変形量が少ないことが分かり、現在の25Cタイヤ全盛時代に移行する流れに弾みをつけた要因となりました。 こちらの画像が有名になりましたよね。 厳密には、接地面積自体は変わらないのですが、ケーシングがよじれる範囲が広くなるためにヒステリシスロスが大きくなってしまい、抵抗が大きくなるようです。 余談ですが、25Cタイヤが優位という話は、ホイールを17Cにしないと適正化されません。 25Cタイヤ+17Cホイール化することで、タイヤ重量の増加やホイール重量の増加もセットでついてきます。 それ故に、ホビーライダーレベルであれば23Cタイヤ+15Cホイールの方がよいのでは?という議論が尽きなかったりします。 私は、25Cタイヤの方が転がりがよいと実感していますし、最先端の考え方が好きなので、25Cタイヤをおすすめします。 ロードレース界では、28Cを採用する流れすら登場していますしね。 話が脱線してしまいました。 重要なことは、 ケーシングロス=転がり抵抗 という従来の考え方ではなく 、新たにインピーダンス損失も考慮した空気圧の適正値を導き出すべきだということです。 ケーシングロス+インピーダンスロス=転がり損失 元記事の表現では、以下のようになっています。 ですので、分かりやすくケーシングロスと置き換えてみました。 ということで、ケーシングロスとインピーダンスロスの和によって、転がり抵抗 転がり損失 が確定するということです。 そして、 ブレークポイント内圧 を分岐点として 、ケーシングロスの減少<=インピーダンスロスの増加ということになり、転がり抵抗は増大する方向に転換してしまいます。 そのものずばりの結論を書くのであれば、 空気圧を最大まで高くすると遅くなるよ!!ということ。 他に4点、ポイントとなることが箇条書きされています。 1.タイヤの適正空気圧は、ライダー+車体の総重量、タイヤサイズ、コース条件によって決まる。 2.ブレークポイント圧力よりも数psi低い圧力を設定する方が、ブレークポイント圧力より高く設定するよりも転がり抵抗に対する影響が少ない。 3.粗い表面または柔らかい表面は、より急なインピーダンス線を描き、転がり抵抗をより高くし、適正空気圧をより低くする。 4.より柔軟なタイヤは、適正空気圧からの誤差をより許容する。 ちなみに、この実験はライダー+車重が86kgで、ホイールはZipp 404 Firecrest を使い、タイヤはGP4000S2の25Cで行われたとのことです。 カーボンクリンチャーでコンチ25Cを履いて、体重76kgぐらいのライダーが乗る想定で、110PSI 7. 5BAR ぐらいが分岐点になると考えると、実体験にかなり近い数値になる気がします。 私が使用したことのあるハイエンドタイヤの最適空気圧については、こちらの記事を参考にしてみてください。 参考記事: MTBやシクロクロスなどのオフロードを考えてみると・・・ 難しいことをいろいろと書きましたが、我々ロードバイク乗りが感覚で気付いていることを数値化して証明してくれたということです。 よく考えてみれば、ロードバイクでオフロードを走ろうとしても、まともに進みませんよね? ロードバイクタイヤの空気圧でオフロードを走れば、突き上げがすごすぎてタイヤが接地せず、まともに転がりません。 オフロードであれば、シクロクロスやマウンテンバイクで走った方が速いです。 シクロクロスやマウンテンバイクのタイヤ空気圧は、1. 8BAR~2. 3BARとかなり低く設定します。 コーナリングでまともにグリップしませんし、直進することもままならないというのが理由でしょう。 オフロードを想定すると、路面状況の変化が極端すぎて「空気圧を下げるのは当たり前」となりますが、アスファルト路面だと「大して変わらないんじゃないの?」となるのが不思議なところ。 公道であれば、国道なら比較的スムースな路面でしょうし、酷道であれば荒れていることが多いでしょう。 サーキットにいけば、公道とは比較にならないぐらいスムースな路面になります。 同じアスファルトの路面といっても、その粗さ加減は千差万別。 コースに合わせて、空気圧を変えることは、当然と言えば当然なんですよね。 ベテランライダーが「道が悪いから空気圧低めにしよう」とか「サーキットだから高めでいくか」というのは、インピーダンス損失のことを経験から感じ取り、適正空気圧の決定要素として考慮しているということではないでしょうか。 最後に タイヤの空気圧、相当に奥深い世界ではないでしょうか。 もし、私のように常に決まった空気圧を入れている方や規定内最大空気圧を入れている方は、いろいろな空気圧を試されることをおすすめします。 やみくもに試しても適正空気圧にたどり着くのに時間がかかるでしょうから、当記事で紹介したインピーダンスに関する記事のグラフから逆算するなり、Vittoriaのアプリを使うなりして、適正値に近いであろう空気圧を求めてから微調整を行うというアプローチがよいかと思います。 熱心に探究すれば、一切のコストをかけずに改善できる分野です。 最適な空気圧を求める旅を楽しむのも、ロードバイクの魅力の1つではないでしょうか。 タイヤのグリップ力に関して興味がある方は、こちらの記事も読んでみてください。

次の

ロードバイク タイヤの空気圧について

ロード バイク タイヤ 空気圧

2018年5月28日 [神戸六甲] スタッフブログ TREK Bicycle 神戸六甲 ストアニュースをご覧いただきありがとうございます! ロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイクなどの自転車の情報、 自転車のウェアやパーツ、神戸、西宮、芦屋などの周辺地域のサイクリング情報などいろいろと発信しております! タイヤの空気圧って、どれくらい入れたら良いの? ロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイク(MTB)などのスポーツバイクの性能を引き出し、安全・快適に走る為にはタイヤの空気圧管理が非常に大事です。 私たちは「1週間に1回、少なくとも2週間に1度は空気を入れてくださいね」とお話しすることが多いのですが、スポーツバイクは「空気を入れる=タイヤの空気圧管理」だと考えていただきたいと思います。 しっかりとした「空気圧の管理」には、しっかりとしたポンプを。 写真は「BONTRAGER ReCharger Floor Pump」(ボントレガー・リチャージャー・フロアポンプ)。 しっかりとしたポンプには分かりやすい空気圧計が付いています。 空気圧計には「PSI」と言う単位と「BAR(バール)」と言う単位が併記されています。 どちらの単位で管理していただいても構いませんよ。 「ツーリングやライドに使う携帯ポンプじゃ駄目なの?」とのご質問も時々いただくのですが、「空気圧が分かりやすい」「しっかりと空気を入れられる」と言う点で、大きなフロアポンプを使っていただくべきです。 携帯ポンプは、あくまでツーリングやライド中の応急処置用のポンプとお考えください。 タイヤの適正空気圧はタイヤの太さで変わります スポーツバイクのタイヤの適正空気圧は、おおむねタイヤの太さによって変わってきます。 一般的に「細いタイヤ=高い空気圧」「太いタイヤ=低い空気圧」となります。 たとえマウンテンバイクでも、細いタイヤに交換したら適正空気圧は高くなりますよ。 ほとんどのタイヤには適正空気圧が記載されているので、タイヤを交換した場合は、そのタイヤの適正空気圧を確認してください。 「PSI」や「BAR」が主に使われている単位ですが、まれに「kPa(キロパスカル)」が表記されている場合があります。 100kpa=1BARなので、いろいろな単位が併用されている事を考えると「PSI」と「BAR」だと「BAR」の方が分かりやすいかもしれませんね。 適正空気圧をオーバーしたり下回ったりするとどうなるの? 適正空気圧を上回って空気を入れ過ぎると、乗り心地が悪いだけではなく、ホイールからタイヤが外れて中のチューブが破裂(バースト)してしまうおそれがあります。 万が一、走行中にそのような事がおこると非常に危険です。 また、タイヤやホイールにもダメージが加わり、使用不能になるかもしれません。 適正空気圧を下回ると、「パンクしやすい」「真っすぐ走りにくい」「曲がりにくい」「走行中にタイヤが外れるかもしれない」等のデメリットやリスクがあります。 ・・・とは言え、未舗装のオフロードを走るマウンテンバイクやシクロクロスなどでは、タイヤのグリップを高める為に適正空気圧以下で走っている人が多いのも事実です。 適正空気圧以下で走りたい人は、その場合のリスクを十分ご理解いただくようお願いします。 ロードバイクの適正空気圧 細いタイヤを装着し、速く走ることのできるロードバイクは、もっともタイヤの空気圧管理をしっかりしていただきたい自転車です。 6bar」。 同じサイズの「700 x 25c」であっても、メーカーやモデルによって適正空気圧は変わるのでご注意ください。 空気は自然にじわじわと抜けていきますし、少し抜けただけでも大きく空気圧が低下するので、空気圧管理が非常に重要です。 「空気圧は高い方が速い?」・・・必ずしもそうではありません。 一漕ぎ目が軽かったとしても、乗り心地が固くて疲れやすかったり、固すぎて走行中にタイヤが跳ねてしまうと推進力が失われるので継続的に速く走ることが出来ない場合があります。 同じ空気圧でも、乗り心地や走行感は、体重やフレーム、ホイールの特性次第で変わってきます。 いろいろと試して変化を楽しんでいただければと思います。 クロスバイクの適正空気圧 ロードバイクよりもやや太いタイヤが使われるクロスバイクは、おおむねロードバイクよりやや低い適正空気圧になります。 同じ空気圧でも、乗り心地や走行感は、体重やフレーム、ホイールの特性次第で変わってきます。 いろいろと試して変化を楽しんでいただければと思います。 クロスバイクは軽快な『FX』シリーズや、マウンテンバイク寄りの『DS(Dual Sport)』シリーズなど車種ごとのコンセプトで使われるタイヤが異なります。 タイヤの適正空気圧も様々なので、お使いのタイヤの適正空気圧を把握して下さい。 マウンテンバイクの適正空気圧 ロードバイクやクロスバイクと比べて、適正空気圧がはるかに低いのがマウンテンバイクです。 2」です。 4BAR」。 上限の空気圧ですら、クロスバイクやロードの下限の空気圧より低く設定されています。 オフロード系の自転車はトレイルやグラベルを走っていると、タイヤのグリップやクッション性を高めたくなって、どんどん空気圧を下げたくなってきます。 グリップやクッション性で納得できたら、タイヤの適正空気圧の下限を下回っていたなんてこともあります。 その場合はパンクしやすかったり、タイヤとホイールが外れてしまったり・・・なんてこともありえるので、リスクを理解して乗っていただければと思います。 BONTRAGER のフロアポンプは使いやすくてオススメです! ボントレガーのフロアポンプには様々なグレードがあるのですが、もっともベーシックな「ReCharger」でも、かなり使いやすくてオススメです。 また、日本で一般的なシティサイクル(ママチャリ)のタイヤに使われているイギリス式バルブ(Dunlop Valve)用の変換アダプターも付属しています。

次の

クロスバイクやロードバイクの適正なタイヤ空気圧の考え方

ロード バイク タイヤ 空気圧

Contents• ママチャリの場合タイヤが太いので、タイヤ内にある空気量も多いのです。 ママチャリタイヤがだいたい35mm幅くらいだとして、ロードバイクは23mmが主流です。 細い分だけタイヤ内に入る空気量が少なく、同じ分だけ空気が抜けたらロードのほうが早くペシャンコになるわけです。 空気圧ってロードバイクではとっても大切なことで、ロードバイクのメンテナンスで絶対に欠かしてはいけない要素です。 どんなにフレームが汚れていても、空気だけはしっかり入れないと危ないのです。 最適な空気圧の決め方 まず大切な概念として、どんだけカチンカチンにしても、乗り手の体重によってタイヤはやや凹みます。 また、空気圧をあげてタイヤの硬さが増すと、鋭い異物なども跳ね返して刺さりにくくなります。 ・振動吸収性 ロードバイクにはサスペンションがついていませんので、フレームなどが「しなる」ことで振動を吸収します。 タイヤはロードバイクのパーツの中で唯一、空気が入っているパーツであり、空気によってエアサスペンションのような働きをして振動を吸収します。 ・タイヤのグリップ力 全く空気が入っていない状態だとズルズル滑りますが、適度に空気が入るとタイヤが地面を掴むような感覚でグリップ力が上がります。 ただし、空気が入りすぎるとまたグリップ力が低下します。 ここで考えて欲しいのは、 硬くなれば(=空気圧が高ければ)転がり抵抗やパンクリスクの減少というメリットがある一方、振動吸収性は悪くなります。 柔らかくすれば(=空気圧が低ければ)振動吸収性は良くなりますが、転がり抵抗は悪くなり、パンクしやすくもなります。 大原則として、 ロードバイクのタイヤの空気圧は、乗り手の体重により決めます。 これの理由は単純で、体重が重ければその分タイヤが凹むわけです。 したがって、乗り手の体重次第でタイヤに要求される空気圧は変わります。 TPIという見慣れない記号が出ていますが、TPIというのはタイヤのしなやかさを表す記号のようなものです。 一般的に、TPIが高ければしなやかなタイヤで、なおかつグレードが高く、値段も高いです。 体重とTPIから出された空気圧のMAXに合わせ、そこから少し減らしてみては乗ってみて感触を確かめるというのが最も良い方法です。 初心者は空気圧が高すぎることが多い 私も初心者の頃はそうでした。 パンクしたくなかったので、タイヤの上限値まで空気圧を上げていたこともあります。 10barとか。 空気圧が高いとよく転がる気がして速いように思いますが、コーナーリングでのグリップ力が弱く、コーナーでの膨らみが大きくなったりしますし、雨天時はそもそも危険だったりします。 あるプロ選手主催の練習会では、まず参加者の空気圧をチェックし、ひたすら空気圧を下げることから始まるそうです。 だいたいの場合、初心者は空気圧が高すぎです。 上の表はヴィットリアが公表している数字ですが、ヴィットリアのタイヤの中には【最低空気圧8bar】となっているものもあります。 ですが表では、8bar以下を推奨していたりします。 プロ選手でも、体重が軽い人はタイヤに記載されている空気圧よりも低くセッティングしています。 なのでタイヤに記載されている数字はあくまでも目安程度に考えて、最適な空気圧はそれよりも低いこともあるのです。

次の