内診 グリグリ 痛く ない。 もう二度と経験したくない!!内診グリグリが痛すぎた!効果は?実際に陣痛に繋がったか

内診グリグリ(卵膜剥離)の目的や痛みは? 陣痛促進の効果はあるの?(2020年1月1日)|ウーマンエキサイト(1/3)

内診 グリグリ 痛く ない

内診ぐりぐりの痛みは、かなりの痛みを感じる人が多いようです。 順調に出産を迎えるための処置なので、多少の痛みは我慢するしかないのかもしれません。 しかし、少しでも痛みを和らげられる方法があれば良いですよね。 内診ぐりぐりを受けるときは、とにかく「息を吐く」のが効果的といわれています。 ストレッチやヨガを経験している人なら、痛みのあるときには息を吐くということを知っているかもしれません。 深く息を吸ってから、内診ぐりぐりのときにゆっくりと息を吐き出しましょう。 注射のときに痛みを減らす方法をご存知でしょうか。 腕に注射するときには、針を刺す痛みを軽減するために、太ももなどの関係ないところを思いっきりつねるという方法があるようです。 つねったところの痛みを強く感じる反面、注射の痛みを感じにくくなるそうですよ。 注射のときと同じ要領で、内診ぐりぐりのときにどこかをつねってみてはいかがでしょうか。 少しだけ痛みが軽減するかもしれませんね。 ただし、当然ですが手加減は考慮してください。 筆者の体験談 筆者は、2回の出産経験がありますが、2回とも「内診ぐりぐり」がありました。 2回とも本当に痛かったです。 腰がくだけそうなズーンとした強い痛みでした。 一人目のときには、出産予定日の数日前の診察で、内診ぐりぐりをされました。 次の日にはウォーキングをして、夜にはお風呂の床掃除をガシガシ行いました。 その日の夜中に陣痛が始まり、翌日のお昼に出産しました。 内診ぐりぐり+運動の効果かなと考えています。 二人目のときは、前回の妊娠よりも子宮口が硬く閉じていたようで、なかなか陣痛につながりませんでした。 結局出産予定日を過ぎてから内診ぐりぐりを行い、破水しました。 そのまま陣痛につながり、出産できました。 出産予定日を超えると、陣痛促進剤などを使用するために出産前から入院しなくてはなりません。 上の子がいたため、なるべく入院期間は少なくしたかったので、内診ぐりぐりによって自然に陣痛になったのは本当に良かったです。 内診ぐりぐりは、本当に痛くて、思わず「痛い」と叫んでしまうほどでした。 しかし筆者の場合は、内診ぐりぐりを受けたことがきっかけで陣痛が始まったので、本当に痛いですが、無事に出産するためには必要な痛みなのかなと考えています。

次の

【体験レポ】内診グリグリの効果あり!痛くないけど2日後に陣痛がきた | 新米ママブログ

内診 グリグリ 痛く ない

出産予定日まであと 9日。 胎児の体重は推定 3586g。 「頭も大きいし、早く産んだほうがいいよ。 」と言われている私です。 さて、今日は前から耳にしていた「内診グリグリ」について、今日、これのことなのかな?と思えるものを経験してきたので、どんなだったかをお知らせします。 内診グリグリとは? ある方の出産動画をYouTubeで見ていた時に、 「内診ぐりぐりがめっちゃ痛い!お産よりも痛かったかも!」 と言っている方がおられて、 「え?お産よりも内診が痛いってどういうこと?」 「正産期に入ってからの内診ってそんなに痛いの?」と、びくびくしていました。 でも、先週も内診はあったけど別に一瞬で終わったし、何が痛いんだ!?というくらい。 人によって個人差があるしなぁ〜と思っていました。 しかし、今日! これは軽めの内診ぐりぐりなのかな? というものがありました。 内診の前に検査をしたところ、体重が3586gあり、 「 頭の大きさも100を超えたから、早く産んだほうがいいよ。 」 「もし子宮口が3cmとか開いていたら、 内診の時に張りを増やすような内診の仕方をするからね。 子宮口が3cm開いてないとできないけども。 」 と言われました。 どういうこと!?それ痛そうだからやめてほしい!と思いつつ、内診台に上がる。 「まず普通の内診をしますね〜」 普通の内診!?どういうこと?? 「まだ高いね〜」 「ちょっと我慢してね〜」 う゛っ・・・結構な痛み。 「はい、息吸って〜」「吐いて〜」 結構奥まで押し込まれる感じ。 早く終わってくれ・・。 「はい、息吸って〜」「吐いて〜」 まだ続くのか・・。 しかもこれよりもっと痛いのか・・。 痛い〜。 生理痛のような奥をずきーんとやられるような痛さ。 」 ふー。 この5分くらいの出来事だけで汗だくですよ。 5分で終わってよかった。 陣痛はこれがずっと続くのか。 ちょっとめげる。 そして、助産師さんに「血が出るかもしれないけど、ナプキンか何か持ってる?」と言われ、吸水パッドみたいのを持っていたので、それがあると伝えると、「じゃぁ、それ付けておいてください。 」とのこと。 着替えの所に行って、ティッシュで拭いてみると、確かにピンク色の血が出ている・・。 子宮口は1センチくらいしか開いていないということだったので、 今回のは、内診グリグリではなかった模様。 逆にいうと、子宮口3センチ開いていて、まだ生まれてこなかったら、どんな処置をされるのかと思うと恐怖で仕方ないので、次週の内診までには絶対に産もう!と決意しました。 歩いたり、乳頭刺激、スクワット、頑張ってくださいね!とのこと。 がんばる。 だって、この 内診グリグリの最強版は受けたくないから!!!恐怖でしかない。 はぁ〜疲れた検診でした・・。 追記:一週間後 この記事の一週間後に検診がありました。 その時に、 「子宮口3センチ開いてたら、刺激する内診しようか?痛いけどね。 」と言われました。 「えっ!???」 と言うと、 医者「 嫌ならやらなくてもいいよ。 それは自由。 でもこれをビビっているようじゃ、陣痛に耐えられないよ。 陣痛の10分の1くらいの痛さだから。 」 と言われました。 続いて、 医者「でも、 弱・中・強とあるんだけど、今日、二人くらい『強』でやったんだけど、みんな今日やった人たちは大丈夫だったね。 痛いとも言わずに平然と帰って行ったね。 今日、なんでかな〜」 と、助産師さんたちと話している。 エコー写真終わり、内診台へ。 どきどき。 医者「まずは普通の内診ね〜」 と指を入れられる。 あぁ〜来るのか〜。 内診グリグリ〜。 うわ〜いやだ〜。 と思って、顔をしかめていると、 医者「あ、まだ高いね、全然子宮口開いてないね。 今日はできません。 」 ということで、あっけなく終わった。 そして正気に戻り、パッと横を見たら、助産師さんがそっと手を横で握っていてくれた。 居たの気づいてなかった〜。 汗 「今日はできません。 」という声を聞いて、助産師さんも「あら!?」という表情。 でも、助産師さんが手を握ってくれるほどに痛い処置っていうことなんだ・・と改めて思いました。 私、流産したことがあり、その時のラミセルの処置もかなり痛くて、それは一瞬だったから、「あぁ思ったよりは大丈夫だったなぁ」と思ったんだけど、体はそれに耐えられなくて、貧血みたいになってしまったことがあって・・。 なんかその時も助産師さんが横で手を握ってくれていたから、それを思い出してしまった・・。 ということで、今日も内診グリグリを免れた私。 とってもほっとしました。 いや、本当はやったほうがいいのかもだけど、それが効くかは人それぞれだというし・・。 陣痛よりは痛くないの分かってるけど、陣痛の時に痛い目に遭うんだから、痛いのはその時だけで良くない?と私は思います。 内診グリグリと言ってるけど、実際の名前は・・ 内診グリグリなんて、かわいくいってますけど、実際の名前とやってることを聞くと、ほんと恐怖ですよ。 医学的には 「卵膜剥離(らんまくはくり)」というそうで、赤ちゃんが入っている卵膜と子宮の壁の間に医者が指を入れて、ぐるっと指を一周させ、卵膜を子宮から剥がすんですよ!!!! ちなみに指2本入らないとこの処置できないそうで、それで私は今日は中止となりました。 他の方のブログとか見ると、指一本入るくらいでも内診グリグリやった方いるみたいです。 今度の検診までになんとか産まれておくれ。 私のベイビー。 涙 追記:さらに三日後 軽めの内診グリグリ その後、出産予定日の次の日。 予定日を超えたからということで検診に。 その時の先生は女医さん。 軽めの内診グリグリをやられた感じでした。 でも女医さんだからか、「痛いよね〜、ごめんね〜。 」と言いながら、かなり優しくやってくれたので前回よりも全然痛くなかった! そのせいか、全然その後も陣痛はこなかったわけですが、私としては赤ちゃんは生まれたい時に生まれてくるんだから、内診グリグリなんてやる必要ないんじゃないか!?と、産後の今、しみじみ思います。

次の

内診グリグリの痛さは例えるとどんなレベル?効果ありとなしの体験談|サナの超お家暮らし

内診 グリグリ 痛く ない

臨月以降に行う『内診グリグリ』とは? 出産予定日が近くなった時に行われる子宮内や子宮口を刺激する内診です。 この刺激により陣痛が誘発されることもあります。 内診グリグリは痛い?痛くない? 人によって、また先生によってまちまちのようです。 森山中の大島さんは、声を出すほどの痛みだったとか。 今日、病院に行き、内診したのですが・・・ 妻は内診がとても苦手みたいで。 僕は何をしてるのかがわからないのですが 毎回「ひゃーーー、うわーーー、ひゃーーー」と声を出しています。 今日の内診も、このまま産んじゃうんじゃないかってくらい 声を出してました。 と思えばこのような意見の人もあり。 私も周りの経産婦さんたちに「陣痛より痛いよ~」などとおどされ、覚悟して挑みましたが、あれ?もう終わり?って感じでした。 内診の最中、先生と普通にお話しながら出来たくらいです。 ちなみにその後出血は少しありましたがまだまだだね~と言われてた3日後に出産しましたよ。 内診グリグリはいつ頃から?何回? 妊娠経過は人によってまちまち。 なのでグリグリ内診をする・しないは人それぞれ。 出産を促す為の内診なので、一般的に出産予定日付近に行います。 私は予定日を6日超えしたため、計3回内診グリグリを行いました^^; 内診グリグリを3回行った感想 私の場合、 39w2d 40w0d 40w3d の3回ありました。 出産予定日付近毎回の健診のたび、この内診グリグリはありましたね・・・。 妊婦健診は大好きな私でしたが、この臨月に続いた内診グリグリだけは少し辛かった。 毎回覚悟を決める!と言うか。 と言っても歩けなくなるとかそんなレベルではないし、そこまで怖がる必要はないと思います。 出産はもっと衝撃的なのでちょっとした 前哨戦といった感じでした。 内診グリグリ1回目:39w2d 1回目はそれほど痛みもなく。 まだ子宮口も下がっていなくて奥まで届かなかったようです。 内診グリグリ2回目:40w0d 2回目は先生が頑張ってくれて少し届いたようで。 この2回目はかなり痛かったです。 内診グリグリ3回目:40w3d 3回目はまた子宮口にやや届かず・・・。 しかし少しは届いたようで、「2回目よりは柔らかくなっている」とのこと。 2回目より痛さは少なめでした。 内診グリグリの痛さの本質 もちろん本番の陣痛や出産より大したことではないし、身体のダメージも出産の足元にも及ばないレベル。 とにかく不必要に恐怖することは無い。 しかし平常な身体の状態からいきなり『グリングリン』と局所的で急激な痛み・刺激が来るので、その 落差に身体と気持ちがびっくりするという感じです。 私の場合、陣痛はとにかくお腹が痛くて子宮口とかその辺の感覚は全く無かったのですが、内診グリグリはまさに「局所的に痛い!」という印象でした。 内診グリグリを痛みを減らす2つの方法 3回連続してやった自分の経験則から言うと• リラックスできていること• 子宮口が柔らかいこと この2つがポイントだと感じました。 リラックスする 無理やりリラックスしよう!と思ってもなかなかできないものですが、極力歌を頭の中で歌ったり、別のことを考えたりして乗り切ると良いかもしれません。 イメージトレーニングもオススメです。 子宮口を柔らかくする いざ「子宮口を柔らかくしよう!」と思っても意志の力では何ともできないわけで。 調べたところ安産につながるという『』の存在を知りました。 何でもハーブの本場ヨーロッパで妊婦さん192人を対象に行った実験で、妊娠8ヶ月から出産までの3ヶ月間1回1. 2グラムの ラズベリーリーフティーを1日2回飲んだ妊婦さんは、飲まなかった妊婦さんと比べて「 分娩第二期が平均9. 6分短く」、「鉗子分娩(バキューム分娩)の割合が低かった(飲んだ人19. 3パーセント:飲んでいない人30. 4パーセント)という結果が報告されているとのこと。 ( ) 私も臨月に入って慌てて注文しましたがすぐ届いて、クセも無くおいしいので、毎日飲んでいました。

次の