家計 簿 の 付け方。 家計簿の意味は2つ!ママFPが実践している家計簿の付け方教えます

自営業の帳簿付けは大変?毎月の作業はこんな風に進めています

家計 簿 の 付け方

1、支出の傾向を知る 2、収入と支出のバランスを知る 3、改善策を見つける この要点さえ抑えれば、家計簿としての機能はしっかり果たすことができます。 1.支出の傾向を知る 何にいくら使ったかを記録するのが家計簿の基本です。 食費はいくら、光熱費はいくら、といったように費目ごとに分けると、支出の傾向がわかりやすくなります。 細かくしっかりと把握したい方は1円単位で正確に記録すると良いですし、大雑把な性格でだいたいの傾向を知りたい方は四捨五入するなどで10円単位、100円単位で付けても問題はありません。 2.収入と支出のバランスを知る 支出が収入以上になっていれば家計は赤字になります。 反対に支出が収入より少なければ予算内に収まっていることになり、貯蓄に回すことができますね。 まずは、この収入と支出のバランスを知りましょう。 今後の改善策を講じるためには必要なことです。 3.改善策を見つける 支出の傾向と、 収入・支出のバランスを知れば、自然と改善策が見つかります。 どのような費目に使い過ぎているのかがわかると節約に結びつきますね。 もっと贅沢しても良い部分、反対に引き締めなければならない部分がわかれば、ストレスを貯めずにやりくりしやすくなります。 将来の教育費として子供たちのために貯蓄を増やしたり、家族旅行の計画を立てることもできるでしょう。 こういった家計の改善策は、家計簿を付けてこそ見つかるものです。 各費目の予算、将来的な貯蓄の予算などを立て、それが実行できたときに初めて家計簿を付ける本当のメリットを実感する気がします。 家計簿の付け方は3パターンから選択! 家計簿の付け方にも様々ありますが、大きく分けて3つのパターンがあります。 それぞれの特徴をまとめてみましょう。 1.手書きの家計簿 昔ながらの家計簿の付け方は手書きですね。 市販の家計簿を使う方法と、大学ノートのように何もないところに自分で組み立てて行く方法があります。 その他、カレンダーや手帳に書き込む方や、レシートを貼るだけ!という方もいます。 パソコンやスマホの操作が苦手な方でも続けやすいですし、持ち歩くことができて外出先でも記入や確認が可能です。 ただし、計算間違いが生じる可能性がある、後になって誤りに気付いても簡単に直しにくいというデメリットもあります。 2.アプリを活用する家計簿 最近は使う方がぐっと増えた家計簿アプリ。 大元が既に出来ているので、指示に従いながら進めるだけの簡単操作が魅力です。 自動計算でミスがないのも嬉しいですね。 スマホならいつでも持ち歩き、外出先での隙間時間、買い物後すぐに車の中で、旅行先でも付けることができます。 もちろん、自宅のパソコンでも使うことができます。 銀行口座やクレジットカードと連携させれば、使った分や入ったポイントを自動で記入してくれるという優れた便利機能もあります。 簡単で便利ではありますが、実際に自分の手で記入しないために把握しにくい、機能が多すぎて使いこなせない、自動記入は費目分けが思い通りにならなかったり手入力が必要なときが面倒に感じる…といったデメリットもあります。 3.表計算ソフトを活用する家計簿 パソコンで使える表計算ソフトを使う方法もあります。 昔からお馴染みのExcelと、最近注目を集めているGoogleスプレットシートの2つが代表的です。 どちらもフォームを作って計算式を入れてしまえば、あとは自動計算してくれます。 自分らしくカスタマイズすることもできます。 パソコンの操作に強くなければ難しいというイメージがありますね。 しかし、スマホのアプリよりもシンプルで分かり易い!等、パソコン派には譲れない魅力が詰まっています。 パソコンの操作に強く、じっくり向き合う時間がある方、全ての収支を自分の手で正確に記録した方にはぴったりです。 テンプレートも活用できます! 表計算ソフトを使いたいけれど、1から自分で作るのは…という方は、テンプレートを活用するのがおすすめです。 【Microsoftエクセル家計簿】 Microsoftが提供するテンプレートです。 シンプルながら初心者にも使いやすいものから本格的なものまで様々あります。 【ママさんFPのラクラク家計簿】 月に一度の入力でしっかり家計を管理することができるエクセルを使用した家計簿です。 入力方法もHPで解説されているので初めて家計簿の取り組む方でも安心。 見やすさも抜群です。 最も簡単な方法から順にご紹介します。 ただし、この方法では収支がざっくりとわかるだけで、各費目ごとにどういった節約が必要かまでは考えることができません。 まずは家計簿付けの手始めとして取り組む分には簡単でおすすめです。 お小遣い帳方式で収支を記録 手元にある現金を管理するための記入方法になります。 使途不明金を生み出さず、赤字を避ける使い方ができる可能性が高くなります。 月末には収入・支出それぞれの合計を出してバランスを把握することもできます。 カードで支払ったときにはレシートを見て記入しますが、その分を銀行に預け入れることを予め予算立てておく必要がありますね。 生命保険料や光熱費等を口座引き落としにしている場合は記入せず、通帳で確認することになります。 より明確にしたい場合は、「生命保険料として預入15,000」「光熱費として預入20,000」のように記入するのも良いでしょう。 無駄が多く引き締めるべき費目、本来は必要のない費目も把握できるので、節約に結びつけることができます。 手書きや表計算ソフトは基本的に同じ。 アプリを使う家計簿のタイプと比較しながらご覧ください。 思い出日記にもなり一石二鳥です。 固定支出とは、毎月必ず支払う費目です。 電気代や水道料、スマホ代のように月によって金額が変わるものは必ずチェックが必要です。 その他、基本的に変わらない費目は先に記入してしまってもOKです。 アプリでの費目分け家計簿例 アプリでは上位の人気を誇る『zaim』を元に、費目分けも簡単に設定されているその内容をご紹介します。 右上の「かんたん入力」の部分に、日付と金額、用途(費目)を入力します。 これだけで費目別の合計金額が自動で加算されていき、月の費目別合計金額をグラフで分かり易く見ることもできます。 とにかく手をかけずとも便利に使えるのがアプリの魅力。 用途(費目)は設定により自分の好きなように増やしたり減らしたり、名前を変更したりできます。 最終的には1年間の集計を出し、翌年~将来に向けた長期計画を立てていきましょう。 月別の集計 毎月の集計を継続して出すことで、何月にどういった費目の出費が多くなるかという傾向を知ることができます。 1年間続けることができれば年間の集計を出してみて、それを翌年も…と続けて見ましょう。 出費傾向がより明確になります。 突起して高い月がある場合は、メモを残しておくと振り返ったときに納得することができます。 長男・長女にかかった費用を、次男・次女…と結び付けて考えることも今後の参考になるでしょう。 月別の食費を棒グラフに 〇月が高い!〇月は節約しやすいという傾向がわかります。 月ごとのトータル支出額を棒グラフに 〇月は出費の多い月という傾向がわかります。 費目ごとの年別比較 気になる費目の年間支出を年別で比較することで、家計の変化について知ることができると同時に、節約ができているかも把握することもできます。 予算を立てる 集計を出して家計の内容が明確になれば、予算を立てることが可能になります。 貯蓄を増やすのも良いでしょう。 子供の将来のために教育資金を増やすのも良いでしょう。 大切な我が家のお金を、無駄なく家族の幸せのために使うという意識も高まります。 様々な家計簿を実例を踏まえてご紹介します。 市販の家計簿ノートを使う 市販の家計簿ノートは大元が作られているので、書き込むだけ。 どんな家計簿にしようか…と悩まずすぐにスタートすることができるので、家計簿初心者にはおすすめです。 書き込むスペースが定まっているため、行数が足りない!我が家には必要のない項目がある…といった点は改善しにくいというデメリットがあります。 レシートを貼るだけ 書くという作業が苦痛な方は、書かずにレシートを貼るだけの家計簿はいかがでしょう。 時間をかけずにできるので、大雑把な性格の方でも続けることができます。 イラストや日記を一緒に書いている方もいます。 子供が小さな頃はこんな日々を過ごしていたからお金の使い方もこうだったわ…、というように後で見返すことも楽しみになるような、思い出の家計簿になりますね。 家計簿を継続させる4つのコツ 家計簿は付けた方がいい!とわかってはいるけれど、どうしても続かない…という方は、挫折の理由を探る必要がありそうです。 多く見られる理由と、その原因&対策を考えてみましょう。 1.家計簿を付ける時間を考える 付ける時間がなく数日溜め込んでしまう方は多いかもしれません。 何日も溜め込み一気に記録するのでは改善策が見つかりにくく、日々の節約に結びつかないものです。 また、数日前のことを忘れてしまった…、レシートがバラバラでどこへ行ったかわからない…等で、付けることが面倒になってしまうこともあるでしょう。 寝る前や、子供が幼稚園に行っている間などに、家計簿を付ける時間を決めるのも方法のひとつですが、毎日付ける必要はありません。 時間のある曜日を決めて週に一度まとめて付けても良いのです。 また、あまりに細かい家計簿を付けるとそれだけ時間もかかりますから、簡単に済ませたい方はレシートを貼るだけにする等の方法から見直すことで継続できるかもしれません。 2.自分に合った方法かを考える 付けることが面倒に感じてしまう方は、その方法が自分に合っていないのかもしれませんね。 細かい作業が苦手な方が表計算ソフトを使うと続かないですし、スマホの操作が苦手な方にアプリは不向きです。 レシートを見て1つずつ記入する方法をレシート撮影で済ませる方法変えたり、手書きをパソコンの家計簿に変えるなど、家計簿の形そのものを見直してみてはいかがでしょう。 3.家計の流れを改善する 家計簿を付けることは苦痛ではないけれど、付けた結果が日々の節約に反映されていないことで嫌気がさすこともあります。 毎月の家計が赤字続き…これではうんざりしてしまいますよね。 家計簿とにらめっこする時間が毎回楽しくなければ、続かないのは当然です。 書く事だけに満足するのではなく、どうしたら黒字になるかをしっかり考えるような内容の家計簿にチェンジしましょう。 赤字がだんだんと減って黒字になると嬉しいものです。 貯蓄額を記録するのもおすすめですよ。 少しずつでも貯蓄が増えると、次へのやる気につながります。 我が家にとっての必要性を考える そもそも、家計簿自体が必要のない方もいるはずです。 大雑把であってもきちんとお金の流れを把握し、上手にやりくりできている方には必要がなく、家計簿を付ける時間も労力も無駄になってしまいます。 もともと節約意識が高く無駄遣いをしない方、細かいことが苦手な方は、忙しすぎて家計簿を付ける時間さえも勿体ないという方は、金銭感覚がきちんとできていれば付ける必要はないのです。 家計にとって本当に大切なこと いかがでしたか?家計簿の付け方には様々ありますね。 ここでもう一度、家計にとって本当に大切なことについて考えてみたいと思います。 家計簿が幸せのスパイスになるために… 「家計簿付けてる?」 「もう3年続いているのよ。 」 「すごーい!」 なんていう、ママ友との会話を思い出します。 しかし、家計簿を付けることに意味がある、家計簿を付けている自分に満足しているだけかもしれません。 「でも赤字なのよね…」 これでは意味がありません。 反対に、家計簿を付けていなくても赤字ではなく、しっかりと貯蓄を増やしているご家庭もあるはずです。 家計にとって本当に大切なこと、それは家計簿を付けるかどうかではなく、楽しく快適に幸せに暮らしているかということ。 家計簿は、そんな暮らしを生み出すためにあるものです。 もしも、家計簿を付けながらイライラしたり頭を悩ませている方、義務感で付けている方がいれば、それは家庭・家族の幸せを半減させているかもしれません。 せっかく付けるるのですから、自分に合う方で楽しみながら継続、そして家計のやりくりに上手に役立つような家計簿を付けていきたいですね!.

次の

収入が毎月違う方の家計簿の書き方例☆(自営業・個人事業主など)

家計 簿 の 付け方

あきの家計簿(毎月の家計簿)記入例 毎月の家計簿とは? 毎月の家計簿とは、 食費や 日用品費など、おもに 日々の生活の中でやりくりする支出を記入する家計簿のことです。 これらの支出のことを変動費と呼ぶこともありますが、わが家では生活費と呼んでいます。 毎月の家計簿で扱うのは おもに生活費(変動費)と現金で支払っている固定費(習い事の月謝など)となりますので、毎月引き落としになる固定費は毎月の家計簿には記入せず 年間の家計簿に記入します。 わが家では、「小遣い」のように月1回だけの支出も年間の家計簿で管理しています。 なお、毎月の家計簿には「現金」の支払いだけでなく「電子マネーやクレジットカード」といった「キャッシュレス」の支払いも書き方を工夫して記入しています。 私も家計簿をつけ始めたばかりの頃はたくさん費目を作って細かく管理していましたが、食費、日用品、外食費、衣服費、交際費、消費税…たくさん費目がありすぎていやになってしまいました。 費目を少なくするだけで書く量が少なく続けやすい家計簿になりますよ。 その時、「つけるだけで貯められる」家計簿にする費目選びにはコツがあります。 それは、 1.毎月必ずかかる支出 2.毎月のお楽しみ支出 3.その月だけの臨時支出 にわけて費目をつくることです。 我が家の場合は 1.毎月必ずかかる支出 食費、日用品費(ガソリン代含む)、夫小遣い、教育費(学校の教材費)、習い事費。 2.毎月のお楽しみ支出 衣類、外食、ちょっとしたレジャーなど。 毎月または数ヶ月に一度などちょこちょこ発生する比較的少額な支出。 季節やイベントに関連しない支出です。 3.その月だけの臨時支出 旅行、美容室、イベント費(誕生日プレゼント代)、クリーニング代、冠婚葬祭費など。 毎月あるわけではないけれど、季節やイベントに関連してときどきある支出です。 となります。 我が家は上記の点を踏まえ、 1.食費 2.日用品費 3.夫小遣い(週払いのため) 4.教育費 5.娯楽費 6.特別費 7.習い事費 の7つを費目としています。 1.食・日用品費 2.教育費 3.習い事費 4.娯楽費 5.特別費 始めて家計簿をつけるみなさんに特におすすめしたい費目は 「食費」「日用品」「娯楽費」「特別費」の4つ(食費・日用品をまとめて一つにしたい人は食・日用品費にして3つでもOK)の費目です。 この 4つの費目を必須として、あとはいくつか各ご家庭で 必要な費目を追加し、 全体で4~8費目程度にまとめましょう。 この「あきの家計簿」のポイントの1つは 「費目分け」にあります。 特に「娯楽費」「特別費」という費目があるのが一般的な家計簿と違う わが家の家計簿の最大の特徴です。 家計簿はただつけるだけではただの「記録帳」。 上記のように工夫することで、つけるのに楽ができるだけでなく、予算が守りやすい家計簿になり、したがってお金が貯まりやすい家計簿になる可能性が高まります。 毎月の家計簿の記入表を手書きする方法 費目を作ることが出来たら、 上記の費目に、 日付 支出合計 残高 の記入欄も追加して B5のノートに以下のように表を作っていきます。 ~〇〇〇〇年度4月分の毎月の家計簿~ 日付 食費 日用品費 夫小遣い 教育費 娯楽費 特別費 習い事費 支出計 残高 大学ノートならば横線はすでに引いてあるので、縦線だけ定規で引けばOKです。 面倒ならば縦線は引かなくてもかまいません。 私は手書きの家計簿をつけていた時はB5のノートの片面を使ってこの表を書いていましたが、片面だと小さく記入しにくい、と言う場合は、両面、見開き1ページを使って記入してもかまいません。 毎月の家計簿の記入方法(基本) <例1> 現在の現金の残高(てもとにあるお金)が3000円で、 1日にスーパーで1500円分の食材の買い物をし、 支出の合計は1500円、残高は1500円となった <例2> 3日に、銀行から2万円を下ろし、 ドラッグストアで日用品を1000円購入、 支出計は1000円、残高は下ろした2万円を足して、 残り20,500円となった このような場合は、以下のように記入します。 ~〇〇〇〇年度4月分の毎月の家計簿~ 日付 食費 日用品費 … 支出計 残高 1 スーパー 1,500 … 1,500 1,500 3 ドラッグ 1,000 … 1,000 20,000 20,500 このように、 スーパーで何を買ったか、ドラッグストアで何を買ったか、という細かい明細は記入せず、1つのレシートの合計金額を1行だけ書きます。 銀行などからお金を下ろした場合は、残高にかっこで入金額をメモし残高に反映させます。 カード払いで購入したものは、年間の家計簿で管理するので、基本的にはここでは記入しません。 (カード払いを現金で支払ったことにする場合は支出として記入し、お財布から現金を取り分けます) このように記入していくと、1日分の支出がたった1行で済むので、記入量が少なく 最小の労力で済ませることができます。 また、レシートさえとってあれば何日分かまとめてつけることも簡単なので、毎日毎日家計簿をつけなくてはいけないということもありません。 毎月の家計簿の記入方法(小計、集計欄) さらに、上記の表に 1週間ごとに小計をいれ、月末には、 1ヶ月の合計を入れると便利です。 ~〇〇〇〇年度4月分の毎月の家計簿~ 日付 食費 日用品費 … 支出計 残高 1 スーパー 1,500 … 1,500 1,500 3 ドラッグ 1,000 … 1,000 20,000 20,500 小計 1,500 1,000 … 2,500 20,500 … … … … … … 合計 50,000 10,000 … 15,5000 20,000 上の例の場合は、 1ヶ月の現金支出の合計は15万5千円で、 月末に2万円の残金があったことになります。 毎月の家計簿の記入方法(月末、翌月への繰越) 上記の月末の残金が、次の月の最初の残高になります。 例えば、5月分の最初の買い物が以下の例の場合。 <例1> 先月からの残高(てもとにあるお金)が20000円で、 1日にスーパーで3000円分の食材の買い物をし、 支出の合計は3000円、残高は17000円となった ~〇〇〇〇年度5月分の毎月の家計簿~ 日付 食費 日用品費 … 支出計 残高 1 スーパー 3,000 … 3,000 17,000 このように前月の残高を翌月の残高に反映させていきます。 このように記述していくと、今お財布にいくら残っているか、正確に算出できます。 お財布に残っている残高まで正確に書いていくのが苦痛だという場合は、残高欄は省略してもかまいません。 クレジットカードの支払いと毎月の家計簿 クレジットカードの支払いがあるとき家計簿のつけ方は、以下のようになります。 カード払いの家計簿のつけ方(現金払い) クレジットカードの支払いと分かるように書いておきます。 電子マネーの支払いと毎月の家計簿 近年では、waon,nanaco,suica,PayPay,LINEPayなど様々な電子マネーを利用した支払いが増えてきましたよね。 わが家の家計簿はもちろん電子マネーの支払いにも対応しています。 電子マネーの支払いがあるとき家計簿のつけ方は、以下のようになります。 キャッシュレスと毎月の家計簿 近年では支払いはほとんどキャッシュレスという方も増えてきました。 わが家でもすでに支払いはほとんどキャッシュレスです。 わが家の家計簿はキャッシュレスでもつけることができます。 東京都在住。 子供3人の5人家族の主婦。 家計簿歴15年以上。 「ケチケチ節約術」を卒業して、わずか2年で約350万円以上資産(現金、株、生命保険)を増やすことに成功! テレビや雑誌でも紹介されたあきの「家計簿・家計管理・節約術・貯金法」の公式ブログです。 ポイ活もしています。 家計相談への回答1000件以上。

次の

年金生活者の家計簿のつけ方!収入が2ヵ月に一度の時のやりくり方法とは|2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計 簿 の 付け方

そこで、私の家計管理方法をご紹介しますね。 経費で計上できないプライベートな出費は前もって袋わけしておき、支出制限しておけば使いすぎる心配がないのでレシートも捨ててOK• 待つべき?うーん。 手入力の手間が激減• 仕分けルールの学習機能• 勘定科目の自動提案• 電話・メール・チャットサポート• 複数名で管理可能• Macで使える [プラン]• 手入力の手間が激減• メールチャットサポート• 請求書・見積り書作成• 初心者でも使いやすい• スマートフォン・タブレット専用アプリ有り [プラン]• 手入力の手間が激減• 安さNO1• 初年度無料• 自動仕分け対応• e-tax用申告データ作成 [プラン15]• 上記のようにしておけば プライベートと事業のレシートがごちゃ混ぜになることもなく、シンプルです。 使えるお金を記録する 節約は袋わけでOK。 もう一つ大切な「貯金額の確認」はプライベートで 使えるお金の推移(支払う予定のある税金・年払い保険料などの分をざっくり予想して支払ったつもりで金額から減らしておく)を記録していくと、いくら使っていいのか明確になって安心です。

次の