カル ログ ローチェ ティック トック。 ワイナリー紹介|ワインのあるライフスタイル もっと!ワイン

EXOの長男シウミン、愛されリーダー スホ、マルチプレーヤー レイ……多様な個性もつ年長メンバーたち

カル ログ ローチェ ティック トック

欧州 フランス• イタリア• スペイン• ポルトガル• ドイツ• オーストリア• ハンガリー• ブルガリア• アルメニア• ギリシャ• イギリス• 新世界 アメリカ• カナダ• アルゼンチン• オーストラリア• ニュージーランド• 南アフリカ• ジョージア• ルーマニア• イスラエル•

次の

フローリング

カル ログ ローチェ ティック トック

ベア・クラン Bear Clan• シス Sith• 銀河元老院 Galactic Senate• 銀河共和国 Galactic Republic• 共和国軍 Republic Grand Army• ナブー王宮 Naboo Royal Palace• ナブー王室警備隊 Naboo Royal Security Force• ナベリー家 Naberries• グンガン Gungans• 通商連合 Trade Federation• モス・エスパ Mos Espa• モス・エスパ大競技場 Mos Espa Grand Arena• ポッドレーサー・パイロット Podracer Pilots• 分離主義者 Separatists• カミーノ Kamino• コルサントのナイトクラブ Coruscant Nightclub• デックス・ダイナ Dex's Diner• ギャラクシーズ・オペラ・ハウス Galaxies Opera House• オルデラン Alderaan• キャッシーク Kashyyyk• 反乱同盟軍 Rebel Alliance• 帝国軍 Empire• ラーズ家の水分農場 Lars' Moisture Farm• ジャンドランド荒地 Jundland Wastes• モス・アイズリー Mos Eisley• モス・アイズリーの酒場 Mos Eisley Cantina• モーダル・ノーズ Modal Nodes• クラウド・シティ Cloud City• 賞金稼ぎ Bounty Hunters• ジャバ宮殿 Jabba's Palace• ガモーリアンの衛兵 Gamorrean Guards• マックス・レボ楽団 Max Rebo Band• エンドア Endor• ダーク・ジェダイ Dark Jedi• ラタータック Rattatak• イリーシア Ylesia• 企業セクター Corporate Sector• 新共和国 New Republic• モー研究所 Maw Installation• 密輸業者 Smugglers• ならず者 Fringes• ブラック・サン Black Sun• ヘイピーズ連合王国 Hapes Consortium• ノーグリ Noghri• その他の銀河市民 Other Citizens• ユージャン・ヴォング Yuuzhan Vong• ユージャン・ヴォングの神々 Gods of Yuuzhan Vong•

次の

フローリング

カル ログ ローチェ ティック トック

ここにある翡翠のマスクは複製品。 マスクは翡翠片を繋ぎ合わせたモザイク状のもので、目は白い貝と黒い黒曜石で作られ、 発見当時バラバラになっていたものが復元されています。 近年復元がやり直された為に古い写真と見比べると若干様相が異なります。 (左上の写真をクリックすると、2000年 8月に撮った再復元前のマスクの写真が開きます。 見比べてみて下さい。 ) Cabezas de estuco de Pakal II y las ofrendas de jadeita 墓室からは漆喰で作られたふたつの頭部が発見され、トウモロコシの神に扮したパカル王(写真上左)と若い頃のパカル王(上中) とされます。 副葬品は貴重な翡翠の細工品を中心に 900点にのぼり、パカル大王の絶大な権力を物語っています。 パレンケ遺跡には併設の博物館があり、石造物、漆喰、陶器を始め見るべきものも多いですが、パカル王の副葬品は丸ごとこちらに 移されています。 遺跡で碑銘の神殿を見たら、こちらマヤ室で墳墓の確認が必須です。 パレンケ以外ではメキシコではパレンケと並び 古典期マヤの一大センターだった カラクムル のマスクが有名で、メキシコ以外ではティカルにはありますが、コパンでは発見されていません。 写真はカラクムルで発掘された翡翠のマスクのひとつですが、これは2001年にカンペチェ市の考古学博物館に展示されていました(写真右)。 その後このマスクは人類学博物館の仮面修復プロジェクトにより全面的な修復が施され、全く異なる容貌に変身しています。 修復プロジェクトではカラクムル他、メキシコで発見されている翡翠の仮面を最新の技術で修復を行い、その成果は、2011年8月から始まった マヤ特別展 「聖なる王の素顔」 で広く紹介されています。 メキシコ市での展示会の後、イタリア・ナポリ、モレリア、プエブラ、グアダラハラ、フランス・パリ と海外を含めて各地で展示会が継続され、2012年11月からは新装なったカンクン・マヤ博物館で継続中のようです。 この 特別展の模様は を詳報してあるので、そちらを参照下さい。 Recorte vertical de la tumba シバルバ広場のミミズクの神殿にあった墳墓で、断面図でわかるようにパレンケの碑銘の神殿の墓室と似た構造です。 パレンケより100年は古い ものになりそうです。 下は神殿の名前の謂れとなったミミズクの取っ手のついた多彩色容器です。 2014年1月訪問時にはこのショーケースはがらんどうで、収蔵品は別の博物館や、特別展 に持ち出されていました。 今後新しくできたカンクンのマヤ博物館へ移されるのかもしれません。 Reproducciones de Estructura 2 de Hochob, y Estructura 35sub de Ek'balam 庭に出て直ぐ正面が写真左の 、典型的な の建造物です。 右手前に写真右の が復元されており、これは 2000年にかけて発掘された初代王 ウキット カン レック トック の霊廟で、壁面全面に立体的な漆喰彫刻が施された他に例を見ない見事なものです。 壁画の複製は実物と比べると綺麗過ぎますが、こちらの方が何が描かれているのかは良くわかります。 でもその分情緒に欠けますが。 これらは叩いてみると中空の張りぼて。 シュカンブは海に近く、良質の塩を産出し、海運の要衝でもあった事から、古くから交易都市として栄えました。 メキシコ中央高原の黒曜石、マヤ中部低地のケツァールの羽、南部高地の翡翠を始めとして、土器、金属器、カカオ豆、 塩等、様々なものが交易されたようです。 写真は左から、 の羽 とカカオの実、貝と 翡翠の装飾品、銅器です。 小さな展示物が多く到底全ては 説明し切れませんが、以下主だった展示品を見てみます。 右側の2枚の写真は球戯場のマーカーで、 右から2番目はトニナ出土、一番右がチンクルティック出土です。 共に神聖文字が刻まれて年号が読み取れますが、詳細は で。 Figurillas : Jugadores de Pelota, Orador,... , Flauta 小像が沢山陳列されていますが、左の二つは球戯の競技者を模ったもの、真ん中は演説者とも踊り手とも言われる躍動感溢れた小像、 右から2番目は太鼓を叩いているようです。 一番右は鳥の彫刻がついた笛。 Las Flautas y las Silbatos 展示ケースの左には色々な形をした笛が並べられています。 3本の管を束ねた笛もありますが、どんな音楽が奏でられていたのか 興味深いところです。 Los ladrillos de Comalcalco con diversos motivos 展示ケース左側の壁に模様の描かれたレンガが 18枚展示されています。 独特なレンガの文化を発達させたマヤ最西端 のもので、特に横顔や家屋が描かれた ものは当時の様子が窺い知れて貴重です。 レンガが用いられた建造物はコマルカルコのページで。 1階の展示フロアにもう少し目ぼしい展示品があります。 もう6点紹介して古典期後期のページを終わりにします。 Dintel inconcluso Columna esculpida, Oxkintok 左の石碑はカンペチェ州南部からとありますが、人物像を取り巻く四角い枠には文字が刻まれていません。 未完の石碑のようです。 古典期 後期となっていますが石碑が未完に終わった時代ですから、古典期後期の終わり若しくは古典期終末期のものかもしれません。 右の石造物は の入口を飾った柱です。 鳥の衣装をまとった人物像の柱で、建物は初期プーク様式でした。 中央はカラクムル出土の絵と文字が 描かれた壷、右はチンクルティックからの火鉢(火を焚いた壷?) で高さ 77cm の大きなものです。

次の