ウルトラギガモンスター デメリット。 ソフトバンクの新プラン「メリハリプラン」と「ウルトラギガモンスター+」を比較解説

ソフトバンク光の組み合わせ!ギガモンスター+とミニモンスターの料金差は?

ウルトラギガモンスター デメリット

SoftBankから新しく発表された「」についてデメリットや注意点を解説をしました。 ウルトラギガモンスタープラスはSoftbankの指定するSNSや動画で、データ量の消費なし!しかも月々3. 480円!一見お得なプランに見えるでしょう。 でも スマホの端末代金の割引(月々割)がなくなったり、割引条件が厳しすぎたり。 わたしたちユーザーのためのプランというより、Softbankが儲かるためのプランと感じるのはわたしだけでしょうか? 今回は わかりにくいウルトラギガモンスタープラスの料金内容。 ややこしい割引の適用条件などをお伝えします。 気軽にプラン変更して、Softbankお得意の違約金地獄に引っかからないようにしっかり読んでくださいね! 割引条件を全部満たせるSoftbankユーザーなら、ウルトラギガモンスタープラスを申し込んでも損はしないよ! 「通話基本プラン」と「データ定額50GB」そして「ウェブ使用料」がセットになったウルトラギガモンスタープラス。 さらにデータ量(ギガ)を消費しない「動画SNS放題」まで付いてくる。 でもウルトラギガモンスタープラスは、わたしたちユーザーにとって待ち望んでいたプランとは言えません。 どこを どうみてもSoftbankが得する条件なんです。 「これだけついて月々たったの3. 480円!」 には簡単にならない理由をお伝えしましょう。 Softbankの発表する目先の安さにつられ、ウルトラギガモンスタープラスを申し込んで後悔しないようにしっかりと確認してください。 高すぎるウルトラギガモンスタープラスのデータ料 ウルトラギガモンスタープラスは、動画SNS放題。 この顔ぶれでTwitterが含まれていないのが、意味がわからない。 そして一番わけがわからないのが、 動画サイトやSNSでギガを消費しないのに50GBも押し付けられてること。 データ量を消費しやすい画像メインのInstagramやYouTube、Huluなどの動画サイトがギガを消費しないカウントフリー対象。 なのに50GBで5. 980円もの高額な料金を払わなくてはいけません。 月間のデータ量に上限のないWiMAXでも2. 726円から使える時代。 ウルトラギガモンスタープラスの5. 980円 2,726円~ さらに動画SNS放題対象のサイトやアプリを利用するのに、そこまで通信速度は必要ありません。 (Instagram除く) 3日で10GB以上使って制限をうけた後のWiMAX(1Mbps)でも、LINEやInstagramはもちろん。 YouTubeだって見れるのに… スマートフォンの制限を受けたあとの速度(0. 128Mbps)が遅すぎるのだから、 「カウントフリーにするくらいなら制限後の速度を上げろ!」と思うのはわたしだけでしょうか?(Softbankが儲からないから絶対にない) 今さらだれが使うのか基本通話プラン 30秒ごとに20円ずつ加算される昔懐かしの通話基本プラン。 本当の料金はこちら。 毎月13分以上固定電話やスマホへ連絡するなら、2,000円の準定額オプションの方がお得。 つい 最近まで話放題のサービスをオススメしてたのに、料金を安く見せるためのSoftbankのこの行動は… 「スマホの電話プランなんて、LINEで会話してるから必要ない!」 そんなわたしのような使い方をしてても、ウルトラギガモンスタープラスを使うなら通話基本プランを外せません。 Softbankで安くスマホを利用するには、 使いもしない通話基本プランの料金を絶対に支払わないといけないんです。 1年お得割を利用するには追加料金? パッと見て申し込むだけで、毎月12ヶ月間1,000円割り引かれそうな1年お得割。 ドコモやauの料金を一定期間安くしてくれるサービスとは、一味違うんです。 Softbankの1年お得割。 実はウルトラギガモンスタープラスで割引がなくなり、 驚くほど高くなったスマートフォンを購入したユーザーへのサービス。 今までは月々割で何万円も料金を割り引いてたSoftbank。 ウルトラギガモンスタープラスはスマートフォンの料金支払いは別プランなので、見た目だけ安く見えるんです。 先月まで17. 280円だったiPhone8が94. 320円!何じゃこりゃあ!!! 今まではiPhone8を24回払い(実質の2年契約)48回払い(実質の4年契約)で、77. 040円も割り引いてくれてたSoftbank。 ウルトラギガモンスタープラスは月々割が適用されません。 月々割が使えなくなったSoftbankでiPhone8を安く手に入れる方法はただ一つ。 48回払いで半額サポートをうけること。 この 半額サポートにもわたしたちユーザーには不利なことばかりなんです。 ウルトラギガモンスタープラスの半額サポートとは ウルトラギガモンスタープラスの半額サポートは、スマートフォン本体を48回払いで購入し25ヶ月目に機種変更すれば受けられる特典。 もちろん使っていたスマホはSoftbankが回収。 今までは月々割で17. 280円で使えてたiPhone8。 月々割がなくなったウルトラギガモンスタープラスでは94. 320円で購入するか、25ヶ月目の機種変更を条件に47. 160円で購入しなくてはいけません。 半額サポートは48回払いの実質4年契約だから、途中で解約すると割引がなくなっちゃうよ! 半額サポートでiPhone8を申し込んで• 25ヶ月目に機種変更しないと半額サポートのなくなったiPhone8の本体料金の請求• 25ヶ月目に機種変更すると新しいスマホ本体をまた48回払い&半額サポート契約 つまりSoftbankで ウルトラギガモンスタープラスを契約し、半額サポートをうけると…今後2年ごとに機種変更しないとダメなんです。 48回払い4年間の利用を約束する半額サポート。 途中で解約するとiPhone8の本体代金残積代最大94. 320円。 24ヶ月目で解約しても47. 160円を請求されてしまうんです。 ウルトラギガモンスタープラスは今まで含まれていたスマホ本体代金を切り離したプラン。 スマートフォンを48回払いで半額にすることで、Softbankから逃げられなくしてるのでしょう。 これまではスマートフォン本体の支払いが終わることで、毎月の料金が少し安くなっていました。 (本体代金無料のスマホを選んでた場合は変わらず) ウルトラギガモンスタープラスは2年ごとに機種変更をすることで、本体が半額に。 Softbankで割引をうけるなら、スマートフォン本体の支払いが一生続くってことなんです。 自宅に固定回線があるなら50GBも必要ないよね 「おうち割光セット」の割引をうけるには、自宅にSoftBank 光などの固定回線を用意しないとダメ。 自宅にWi-Fi環境があれば50GBも消費するのは、極一部のユーザーだけでしょう。 SoftBank 光• SoftBank Air• Yahoo! BB ADSL• ブロードバンド ADSL• ケーブルライン とSoftbankの提供する固定回線サービスを自宅に用意すれば、受けれる割引が「おうち割光セット」なんです。 ADSLは終了の予告されたサービス。 ウルトラギガモンスタープラスで「おうち割光セット」の割引をうけるためには、• 初期費用で24,000円必要なSoftBank 光 一年間1,000円の割引をうけるため、 4. 880円もするソフトバンクエアーを使うか…それとも初期費用で24,000円&毎月の料金が5. 200円もするSoftbank光を利用するか、どちらか二択になるでしょう。 しかもウルトラギガモンスタープラスは5. 50GBは月に動画を220時間以上。 音楽をストリーミング再生で450時間以上楽しめるデータ量です。 スマホだけでこんなに使っては、バッテリーが一年間もちません。 スマートフォンは充電しながら使ったり、テザリングで使ったりすることでドンドンバッテリーを消耗していくんです。 もしもそれが原因で壊れてしまったら… ウルトラギガモンスタープラスは、スマートフォン代金が割引されないプラン。 他社の携帯代金割引プランに移行するためには、Softbankへ各種違約金を払わなくてはダメ。 新規でスマートフォンを購入するなら、割高な支払いをしなくてはいけません。 どちらにしてもSoftbankが儲かることになるんです。 動画やSNSでギガが減らないなら、50GBで十分。 評判の悪いSoftBankの固定回線を用意して安くなるのは、毎月たったの1,000円なのはちょっと悲しいですね。 Softbankへ家族みんなで切り替えよう! ウルトラギガモンスタープラスは、大幅に利用料金が安くなったように見えるけど…iPhoneなど本体代金の割引(月々割)がなくなり、わたしたちが支払う料金はほとんど変わりません。 「ウルトラギガモンスタープラスは3. 480円!」 発表された料金で利用するには、家族全員のスマートフォンをSoftbankへ変えましょう。 同居している親族や家族• 離れて暮らす親族や家族• 同居している恋人や友人• シェアハウスの同居人 血縁関係があれば同居していればSoftbank的に家族。 「 とにかくなんでも良いからみんなでソフトバンクに乗り換えろ!」ってなことなのでしょう。 ちなみにまわりにSoftbankユーザーが一人もいなければ、ウルトラギガモンスタープラスは5. 12ヶ月の割引がなくなれば、6. のに、 50GBまでのプランに6. 480円も支払のは完全にムダ。 周りにSoftbankユーザーがいなければウルトラギガモンスタープラスを契約する意味はありません。 ウルトラギガモンスタープラスは結局いくら? ウルトラギガモンスタープラスを公表された金額で利用できるのは、本当に一握りのユーザーだけだよ!• つい最近までSoftbankの24時間話放題プランを利用していた• 2年ごとにスマートフォンの最新機種へ乗り換えるのは面倒• 自宅にSoftbankの固定回線なんてない&50GBもあれば不要• 周りにSoftbankユーザーなんて居ないし遠くの親戚に頼むのも… そんな方が今まで通りの条件でウルトラギガモンスタープラスを利用すると、スマホ代金は毎月12. 910円。 スマホ本体の割引があった旧プランなら、1万円以内に納まっていた方がほとんどでしょう。 当サイトの読者さんのスマホ代金は2019年平均5. 823円。 自宅のネット回線込でも7. 267円と言うアンケート結果がでています。 どう考えてもウルトラギガモンスタープラスは高いんです。 え?!ウルトラギガモンスタープラスの料金高すぎ? Softbankの発表する3. 480円で、ウルトラギガモンスタープラスを利用するには• 24時間無料通話を諦め30秒で20円も課金される通常のプランへ• 割引のなくなったスマホを安くしてもらうため 2年ごとに機種変更• スマホに50GBも付いてくるのに Softbank固定回線を自宅へ導入• Softbankユーザーの 友人や他社キャリアの親族を巻き込んで家族割 他社では当たり前の24時間無料通話を捨て、折り返し電話をかけてもらうか無料のLINE通話で。 2年ごとに機種変更すれば半額になるけど、機種変更した代金をまた2年間支払い。 つながらない!速度が遅い!違約金がやばすぎる!Twitterでゴロゴロとでてくる悪評高いSoftbank Airや料金の高額な光回線を自宅に用意。 「もう2度とSoftbankとは関わりたくない!」 ワイモバイルやSoftbankの違約金詐欺に引っかかり、2度と関わりたくない。 「乗り換えなんて面倒!10年以上ドコモで最新機種なんて興味ない!」そんな父親をねじ伏せ獲得した料金がこちら。 遠くの親族ではなく、同居している家族や恋人とSoftbankの固定回線代金をわれば料金はさらに安くなるでしょう。 それでも9. 765~11. 345円は高すぎだと思いませんか? 1年割はその名の通り12ヶ月間だけの割引。 光回線より安く使えるSoftbank Airの割引期間は24ヶ月。 3年目は4. 880円とWiMAXが2台使える金額になるんです。 「高額になる3年目は他社に乗り換えるか…」Softbankのスマホ半額サポートは48回払い&25ヶ月目に機種を返却し、機種変更を約束するオプション。 途中で解約すると解約違約金9. 320円の高額な請求が…ちなみにSoftbank Airも解約違約金9. 合わせてMAX20万近くの契約解除料が必要になるSoftbank。 「一度契約したら逃さないぞ」という強い意志が感じとれますね。 Softbankの新料金プランを安く利用するには ウルトラギガモンスタープラスを安く使うためには、 家族皆でSoftbankへ乗り換え。 自宅のネット回線もソフトバンクへ。 まさにこれが狙いなんでしょう。 周りにSoftbankユーザーが居ない&自宅に固定回線が必要ない単身者は完全に手詰まり。 620円のスマホ代だけで済むんだけど… 例えば20,000円付近で購入できる格安スマホHUAWEI nova lite 2。 Softbankのウルトラギガモンスタープラスは、割引がないから定価の30. 720円。 もちろん廉価版の格安スマホなので、iPhonにあったような便利な機能は付いていません。 さらに一番の問題は、今や当たり前の5GhzのWiFiに対応してないところ。 家電製品にも使われてる2. 4Ghzの周波数にしか、対応してないHUAWEI nova lite 2。 自宅のWiFiにつないでも混線して電波が途切れたり、繋がらなかったりすることも。 今までは実質無料で契約できていた性能を抑えたスマホでも、ウルトラギガモンスタープラスでは定価販売。 このプランが本当に、わたしたちユーザーのことを考えたものなのでしょうか? さらにわかりにくくなったSoftbankの料金 「日本の携帯代金は高すぎる!4割下げる余地がある」 政府のお偉いさんが謎理論で発した発言で、突然発表されたウルトラギガモンスタープラス。 わたしたちユーザーには、かなり不利なプランということが伝えきれたでしょうか? 正直日本の携帯代金は高くはありません。 地方も幅広くカバーする電波の質は、世界でも1. 2を争うほど。 スマホの故障や紛失のさいのサポートを考えれば、安いと言ってもいいくらい。 海外の通信料金と比較して日本が高いと言われるのは、これまでのプランにスマホ代金も含まれていたから。 日本では大幅に本体代金を安くした分、海外に比べデータ料金が高くなってます。 トータルの通信料金で考えるともっと通信料金が高い国もあるのに…。 Softbankのウルトラギガモンスタープラスは、本体代金を割り引きせずにデータ料金を抑えた海外のプランと同じなんです。 あなたがウルトラギガモンスタープラスを利用して、毎月10GBしか使いきれなくても残りの40GBはスッと消滅。 他社プランのように、翌月に繰り越されることはありません。 もちろん50GBを超えれば、待っているのは通信制限。 解除するには1GB1,000円ものボッタくり料金をSoftbankへ支払わなくてはダメ。 わたしのように毎日Amazonプライムビデオで映画を見て、音楽をプライムミュージックでたれ流すヘビーユーザーには、50GBなんて全く足りません。 100GBでも3日で消えてしまうでしょう。 あなたにとって ウルトラギガモンスタープラスは、本当にお得なプランなのかをしっかりと見極めてくださいね! スマートフォンを安く利用するには? スマホの料金を下げたいなら、データプランを最安値の物に変更。 WiMAXなどの持ち運びできるモバイル回線と組み合わせたほうが、グッと料金が下がるんです。 765~11. 345円 データ定額1GB 2. 480円 通話基本プラン 1. 500円 合計 3. 980円 Softbankスマホを最安値で利用するなら、ミニモンスターで毎月1GBに抑えて3. 980円。 2,726円から使えるWiMAXをスマートフォンを一緒に持ち歩けば、月々の料金は6,706円 Softbankの別のサービスと組み合わせることで安くなるウルトラギガモンスタープラス。 でもモバイル回線と運用した方が料金も安くなり、二年ごとの機種変更の手間や複雑な縛りにあうこともありません。 毎月一万を超えそうな勢いの ウルトラギガモンスタープラスを使って後悔しても、待っているのは高額な違約金。 申し込み前にもう一度本当にお得なのか、しっかりと確認した方が良いでしょう。 ウルトラギガモンスタープラスのまとめ 今回はウルトラギガモンスタープラスのわかりにくい料金内容。 ややこしい割引の適用条件などをお伝えしましたがどうでしたか? 料金プランが複数用意されていて、本当にお得なのかわかりにくいスマートフォン。 わたしも家電店員なんて仕事をしていなければ、右も左もわからない状況だったでしょう。 ウルトラギガモンスタープラスは家族みんながSoftbank。 自宅の固定回線もソフトバンクのサービスを使っているなら、今すぐ乗り換えても大丈夫。 毎月の料金3. 480円(2年目からは4. でも、.

次の

ソフトバンク「ギガモンスター」とは?メリット・デメリットを解説。

ウルトラギガモンスター デメリット

本当にお得?ソフトバンク Softbank の大容量プラン ウルトラギガモンスター+(プラス)を徹底解説! 「 ギガ充で生きろ!動画SNS放題!」とインパクトのある宣伝で話題のウルトラギガモンスター+。 文字通り、 動画やSNSなどの対象10サービスは、使い放題。 さらに、対象のサービス以外を利用した場合でも、データ容量が月間50GBもあるんです。 ソフトバンクユーザー且つ、普段から対象サービスを利用するという方には、非常に魅力的なプランのはずです。 また、他にも、累計3,000万回線を突破した人気No. 「 快適かつお得にインターネット生活を送りたい!」という方に向けた、最新情報をお届けします。 見出し• ソフトバンクのウルトラギガモンスター+とは? 「 動画SNSし放題」という言葉を聞いて、ソフトバンクのウルトラギガモンスター+に興味を持ったという方も多いのではないでしょうか。 スマホやパソコンでSNSや動画を利用し放題というのは非常に魅力的ですよね。 ギガモンスターの進化系!ウルトラギガモンスターとは? ウルトラギガモンスターとは、元々あったギガモンスターという契約プランで、 データ容量が足りないという方に向けて誕生した料金プランです。 もちろん、ウルトラギガモンスター、ギガモンスターどちらもソフトバンクの料金プランとなるため、 iPhoneなどのスマホを契約する必要があります。 それでは、具体的にソフトバンクのウルトラギガモンスターとは、ギガモンスターからどれほど進化したプランなのでしょうか。 他のソフトバンクのプランと、具体的に比較していきます。 Softbank ウルトラ ギガ モンスター ギガ モンスター 5GBプラン 月間 データ容量 50GB 20GB 5GB 料金 7,000円 6,000円 5,000円 ギガモンスターという大容量プランに、1,000円追加料金を払うことで、 月間のデータ容量が2倍以上となる、欲張りプランとして登場したのがウルトラギガモンスターです。 確かに、今までのソフトバンクのプランと比較すると、 ウルトラギガモンスターは非常にお得に利用できるというのが、おわかり頂けるのではないでしょうか。 動画SNS放題が売りウルトラギガモンスター+! さらに、ウルトラギガモンスターに動画SNS放題というサービスが加わって登場したのが、 ウルトラギガモンスター+です。 つまり、全くデータ容量を消費せず、対象サービスを利用できることから口コミ・評判で話題となっている契約プランです。 具体的に、データ通信量がかからないサービスは以下の通り。 softbank. Youtube• Abema TV• Tver• GYAO! Hulu• LINE• Twitter• Instagram• Facebook• TikTok 動画視聴サービスなど、若い方以外も使っているサービスを、無制限に利用できるというのは、人気の理由もわかりますね。 さらに、上記の対象サービスであれば、スマホアプリだけでなくSafariやGoogle chromeなどの WEBブラウザから利用した場合もデータ通信量はかかりません。 もちろん、元々はウルトラギガモンスタープランでもあるため、上記の動画SNS使い放題に加えて、月間50GBまでのデータ通信も可能。 スマホのテザリング機能を利用することで、パソコンやタブレットでも、対象10サービスのデータ通信量がかかりません。 対象サービスであっても、気づいたらデータ通信量が消費されている場合も• 50GB使いきれなかった場合も、翌月へデータ通信量を繰り越しできない• 意外と勘違いしてしまう方も多いポイントなので注意しましょう。 そのケースは以下の通り。 全コンテンツ:VPN、プロキシサーバーを介した通信、外部リンク、外部サーバーへの接続、非公式アプリ利用時の通信、海外での利用、WiFiとモバイルデータ通信(4G、3G)の同時接続および接続切り替えが発生した場合• youtube:広告クリックの遷移先• AbemaTV:お知らせページの閲覧、FAQの閲覧、番組公式サイトの閲覧• TVer:広告、計測関連のビーコン、動画配信ソリューションシステムに関する通信、トピックスの閲覧• GYAO! :広告の視聴・閲覧、画像・テキストの閲覧、一部の生配信映像の視聴、WEBページの閲覧• Hulu:動画視聴やダウンロード以外の通信(サイト閲覧、動画マニフェスト、DRMライセンス、画像、字幕データ、視聴品質ビーコン、APIなど)• LINE:音声通話、ビデオ通話• Twitter:広告クリックの遷移先• Instagram:音楽の再生• Facebook:音楽の再生、Messenger• また、 同じサービス内容であっても、公式アプリや公式サイト経由でないと、データ通信量はかかってしまうので注意が必要です。 例えば、上記のような場合、同じYoutubeの動画を見ていたとしても、左のアプリを経由してしまうと、データ通信量がかかってしまいます。 使いきれなかった場合、翌月へデータ通信量を繰越できない さらに注意点として挙げられるのは、 ウルトラギガモンスター+では、使いきれなかったデータ容量を翌月へ繰り越しできないということ。 つまり、1ヶ月間で使いきることができなかった場合、余ってしまった分のデータ容量は翌月には無駄になってしまいます。 逆に、データ定額の50GB以上使ってしまった場合は、月末まで速度制限に。 通常速度に戻すためには、追加データを購入しなければならないというデメリットもあるので注意しましょう。 ソフトバンクの月月割が解除される ソフトバンクで新しく携帯電話やスマホを契約する際に、月々の利用料金から一定金額割引される月月割。 契約から24ヶ月間は、通話料・通信量が割り引かれ、お得に利用することができる特典です。 しかし、ウルトラギガモンスター+を契約した場合は、それまで適用されていた 月月割も適用されなくなってしまいます。 仮に、月月割の適用期間がまだ残っていたとしても、そのまま解除されてしまうので、契約前にはしっかり気を付けましょう。 しかし、 本当に「お得か」「快適か」というのは、実際に比較してみないとわかりません。 1のWiMAX(UQコミュニケーションズ提供)と「データ容量」、「速度」、「料金」の3つのポイントを比較し、本当にお得なのかを見てまいりましょう。 しかし、 そもそも月間データ容量が無制限となっているため、データ容量を使い過ぎるという心配は不要です。 とはいえ、無制限のWiMAXであっても、3日間で10GBという短期間で一気に大量のデータ通信を行った場合の通信制限はあります。 しかし、その場合の制限も非常に緩く、期間は翌日の18時から翌々日の午前2時までの8時間。 さらに、速度制限の際も、通常画質の動画であれば視聴可能な程です。 もちろん、速度制限の解除は、無料で追加料金は発生しません。 つまり、 月間のデータ容量は無制限、短期間での速度制限も非常に緩いというのがWiMAXの特徴です。 一方、ウルトラギガモンスター+の場合は、月間50GBというデータ容量の制限があります。 こちらも、大容量通信は可能となっていますが、使い過ぎた場合は速度制限の対象に。 この後に詳しくお話致しますが、速度制限となってしまった場合には、動画はもちろん、メールやインターネット検索すら思い通りに利用することができない程の速度となってしまいます。 そのため、データ容量では、追加料金もかからず無制限利用できるWiMAXの方が優秀と言えます。 通信速度と言う点でも、WiMAXの方が高速です。 また、2019年1月発売のWiMAX最新端末W06では、auの4G LTE回線と組み合わせるハイスピードプラスエリアモードを利用することで、ギガ越えの1. 2Gbpsまで高速化。 WiMAXは、ポケットWiFi業界最速回線となりました。 「auひかり」や「ドコモ光」などの光回線と同等の速度まで到達しました。 具体的に、通常画質の動画の視聴であれば1Mbpsの速度があれば十分なんです。 しかし、速度制限時の速度、つまり低速化された場合は別問題。 つまり、動画の視聴はもちろん、メールの受信すらも一苦労な速度となってしまいます。 一方、WiMAXは低速になってしまっても、1Mbps。 前述した通り、通常画質の動画であれば視聴可能な速度となっています。 その点、通信速度という観点でも、速度制限時も不便なく利用できるWiMAXの方がおすすめです。 とにかく最後は、料金次第でしょ! という方も、多くいらっしゃることでしょう。 文字通り、 家族のソフトバンク契約者数によって、割引の金額が変わるため、できることであれば4人以上で契約するのがおすすめ。 ただし、1年お得割という1年限定の割引もあるため、 1年経過後に1,000円高くなってしまうという点は、前もって覚えておきましょう。 また、上記料金には、スマホの機種代金が含まれていないという点にも注意が必要。 例えば、iPhone8を契約した場合ですと、上記料金に機種代として月3,600円が追加でかかるため、最安値でも月額7,080円となります。 家族4人以上での契約が最安値!• 最初の1年だけ割引となる1年お得割がある• 機種代金が含まれていない点には注意! それでは、WiMAXの料金はどうでしょうか。 WiMAXに関しては、当サービスJPWiMAXを契約した場合の、月額割引やキャンペーンなどを加味した、実質月額料金で確認していきます。 465円で、データ容量無制限のWiMAXをご利用頂くことができます。 このサービス利用料金だけ見れば、WiMAXの方が安い料金となりますが、 こちらも注意点があります。 WiMAXの場合は、スマホなどのように通話機能がない分、上記の料金に スマホの機種代金が必須。 そのため、格安SIMなどと組み合わせた月額料金を比較することがポイントです。 また、1年経過後には、1年お得割がなくなってしまう点にも注意が必要です。 そのため、契約前には何人で契約するのか、そしていくらとなるのかを確認するようにしましょう。 1人の契約の場合は、ウルトラギガモンスター+よりもWiMAXが約1,200円安い• 機種代金がかかってしまうと、ウルトラギガモンスター+の方が高くなる• しかし、今回の比較結果で、どちらを契約するのがお得となるのかは、ご利用頂く人によって変わるということがわかりました。 どちらも、非常にお得な大容量プランであることは間違いないのですが、結局の所、どのような方におすすめとなるのでしょうか。 ただし、家族割引がないと料金が高くなってしまうというデメリットもあります。 データ通信量が消費されない対象10サービスをとことん利用したい!という方• ご家族でソフトバンクを利用しており、家族割が最大で使えるという方• WiMAXのメリットは、無制限、高速、そして安い料金でインターネットを利用することができるため、どんな方でもおすすめすることができます。 WiMAXがおすすめの理由を具体的にまとめると、以下の通り。 速度制限になっても、動画も見れるので安心• 全てのインターネット通信が無制限!• それを除けば、 対象サービスという制限もなく、一どんな方でも安い料金で快適にインターネットを利用できるため、WiMAXは非常におすすめと言えます。 しかし、実際に「月間データ容量」「通信速度」「料金」を比較した結果、幅広い方におすすめできるのは、WiMAXであるということがおわかり頂けたのではないでしょうか。 また、最安値でWiMAXを契約して頂けるよう、お得なキャンペーンについてもまとめたので、是非ご参考にして頂ければ幸いです。 jp 1onepiece. jp」からの受け取りができるようにしてください。 なお、当社から領収書再発行はいたしませんので、ご了承くださいませ。 1~2営業日(土日祝日を除く)以内にご対応させていただきます。 以降のお支払いについては、ご利用の月の前月払いとなります。 ご注意事項• jp 1onepiece. jp」からの受け取りができるようにしてください。 なお、当社から領収書再発行はいたしませんので、ご了承くださいませ。 1~2営業日(土日祝日を除く)以内にご対応させていただきます。 以降のお支払いについては、ご利用の月の前月払いとなります。

次の

ソフトバンク「ウルトラギガモンスタープラス」徹底解説!旧プランとの違い、料金・特徴・割引は?

ウルトラギガモンスター デメリット

これまでデータ通信には容量を消費する必要がありましたが、固定の50GBの大容量に加え、動画やSNS使い放題をウリにしたデータ定額です。 インターネットユーザーのおよそ8割がスマホ使いの国内において、ここまで破格のサービスはソフトバンクならではです。 料金が高い• こんなに容量を使わない• 割引が使えなくなった• 前より高くなった• そのほか、ウリにしているはずの大容量、使い放題のカウントフリーコンテンツにデータ通信が発生したなど、ちょっと気になる口コミがありました。 どれほど高いのか、旧ギガモンスターと比較して見てみましょう。 しかし、旧料金には大容量プランを20~30GBのギガモンスターも選べました。 現在大容量プランは50GBのみとなり、 容量を減らしたくても50GB固定で自分の都合では選べないのです。 もしも低容量を使いたい場合、定額従量の「 ミニモンスター」を契約することになります。 定額従量制の怖いところは、少しでも指定の容量を超えると すぐに月額料金が高くなってしまいます。 容量範囲内での運用を意識しないといけません。 また、携帯電話の契約にはデータ定額と通話プランが請求されます。 ソフトバンクでは「通話基本プラン」と「データ定額」に加えて「WEB使用料」を基本料金とし、そこに「通話料金」と「オプション料金」を加えたものが月額料金となります。 また、初期費用としてソフトバンクとの 契約事務手数料3,000円も請求されます。 対して、ミニモンスターは必要最低限だけに留めればその半額の月額料金に収まります。 オプションサービスは 通話無料適用以外にも テザリングや公衆無線LANサービスなど、さまざまなプランが用意されています。 いずれも便利なサービスですが、加入すればそれだけ費用も増えていくことになります。 2年契約だと月月割が使えない 月額料金以上に携帯電話本体の料金は高額です。 ソフトバンクでは、指定の契約と一定の長期契約を条件に、2年~4年間毎月の月額料金から割引される「 月月割」が用意されていました。 しかし、現在では携帯電話の月月割は 一部のプラン以外で全面的に廃止されてしまい、携帯電話本体の購入が高額化されてしまっています。 その一部のプランとは、「携帯電話の2年契約以外」が指定されており、先述したように2年契約以外だと通話基本プランが4,200円と月額料金の負担が増える仕様となりました。 ただでさえ料金が高い月額料金に加え、高額な携帯電話本体の支払いも考えなくてはならなくなりました。 最新機種となればその価格もちょっとしたハイスペックPC並になります。 テザリングが有料 テザリングとは、簡単に説明すると携帯電話をルーターとしてデータ通信を行う機能です。 しかし、このテザリング機能を使うには 毎月500円のオプション料金が必要となります。 もともと旧ウルトラギガモンスターのテザリングには500円かかりました。 しかし、20~30GBのギガモンスターはテザリング料金が無料でした。 ほとんどの人が誤解!実はすべてのデータ通信がカウントフリーではない 恐らく、カウントフリーに魅力を感じていた人が最も気になるポイントについて解説します。 まず、カウントフリーとは特定のコンテンツでデータ容量を消費せずに通信できるサービスです。 利用者の勘違いで、実はデータ容量を使いまくっているケースが多発しているので、要注意です。 外部リンク、外部サーバーへの接続• 接続切り替えおよび同時接続(WiFiからモバイル通信、またはその逆)• 公式アプリ以外を利用した場合の通信• プロキシを経由した通信• 海外で利用した場合• 音声通話やビデオ通話• SNS内での音楽や動画再生 カウントフリーコンテンツにおいて、一応公式でも一部データ通信が発生する状況についての説明があります。 専門用語も並んでいますが、 海外での利用や広告やリンクをクリックして外部接続はNGというのだけは、なんとなく理解できた人も多いでしょう。 しかし、Facebookやインスタグラムなどでのストーリーズや動画の再生、 LINEでの通話も外部接続にあてはまってしまうことを知らない人も多いのです。 カウントフリーコンテンツだからと、これを知らずに長時間再生・通話を繰り返していればたちまちデータ容量は消費されていきます。 近年はSNSへの高画質投稿も増えており、例え大容量だからといっても油断できないものがあります。 カウントフリー対象外のコンテンツの一例をご紹介します。 カウントフリー対象外コンテンツ一例 概要 利用料 ニコニコ動画 いまだ根強い人気の動画共有コンテンツ 無料・一部有料 Netflix 約10万種類の映像ストリーミング配信サービス 有料・1か月間無料 DAZN スポーツ専門映像配信サービス 有料・一部無料 dTV NTTドコモ運営の約12万本の動画配信サービス 有料・1か月間無料 U-NEXT 約14万本の動画配信サービス 有料・1か月間無料 TSUTAYA TV TSUTAYAの約14万本の動画配信サービス 有料・1か月間無料 auビデオパス au公式1万本の動画配信サービス 有料・1か月間無料 Spotify 約4,000万曲の音楽ストリーミングサービス 有料・一部無料 LINE MUSIC LINEの定額制音楽配信サービス 有料・一部無料 Apple Music Apple社運営の約5,000万曲の音楽配信サービス 有料 利用者がめちゃくちゃ多いサービスは、ほとんどカウントフリーの対象外という罠です。 ソフトバンクと提携している Netflix、DAZN、TSUTAYA TVですら、カウントフリーからは外されているというお粗末なサービスです。 つまり、その月に1GBしか使わなかったからといって、来月残りの49GBが上乗せされるわけではありません。 消費容量はリセットされ、 また50GBからのリスタートとなります。 50GBもの大容量は普通に使っていれば消費しきれるものではありません。 一定のユーザーにも需要があり、好意的な口コミもネット上では見受けられます。 光回線より初期費用が安い• スマホはネット用だからSNSや動画使い放題は便利• 家族が ソフトバンクユーザーだからセット割が利く• 外で動画が見放題なのは助かる• 50GBもあれば通信制限を気にせずに済む デメリットとしてあげた数々の特徴ですが、それを必要としているユーザーも確かにいるのです。 ニーズにマッチした極一部のユーザーにとっては、悪いプランではありません。 主要の動画・SNSサイトがカウントフリー カウントフリー対象コンテンツ一覧表 概要 利用料 LINE 若年層に人気のチャット・無料通話SNSアプリ 無料 Facebook 世界トップシェアの近況共有SNSツール 無料 Instagram 世界トップシェアの写真・動画共有SNSツール 無料 YouTube 世界的人気の動画コンテンツ 無料・一部有料 GYAO! ヤフーグループが運営する人気動画コンテンツ 無料・一部有料 AbemaTV 基本無料のインターネットテレビ 無料・一部有料 TVer 民放提供の基本無料のテレビ番組配信サイト 無料 Hulu 約5万本のテレビ番組・映画・ドラマの定額配信サイト 有料・一部無料 上記8つのSNS・動画配信コンテンツがカウントフリーの対象です。 また、 GYAO! 、AbemaTV、Huluはソフトバンクとの提携で まとめて支払いやTポイント優待も行っているため、ソフトバンクユーザーにも使いやすいコンテンツなのが特徴です。 カウントフリーに速度制限がない 国内のデータ通信無制限サービスには3日間の通信制限がつく「3日縛り」が一般的です。 もちろん、同時接続による通信の負荷が予想を超えた場合は例外ですが、平均的なデータ通信で制限がかかることはありません。 これもスマホユーザーにとって大きな魅力のひとつです。 大容量50GBで通信制限の心配がない データ定額プラン最大となる50GBは普段使いのインターネットには十分な容量です。 一般的なスマホユーザーの 平均通信量が1GB前後とされ、全体の50%が3GB以下と総務省の調査結果が報告されています。 国内ユーザーの平均値を考えれば50GBで足りない状況はまず考えられず、ほとんどのユーザーに満足できるデータ容量だと実証されています。 しかし、先述したように一般的には50GBは容量が多すぎて持て余す人が多く、 多少容量を減らしても月額料金を減らしてほしいと望む声が高いのも納得できます。 しかし、多くの人はそれ以上に月額料金の高さを口にし、せっかくのメリットを上書きしてしまっているコスパの悪さをデメリットにあげています。 通信制限の心配がない50GBの大容量もごく一部以外には持て余し、ユーザーに融通が利かないのが最大の難点です。 多くのソフトバンクユーザーの選択肢は、定額従量のミニモンスターに流れるのが予想できます。 低料金のミニモンスターはお手軽ですが、定額従量の弱点はデータ通信による容量消費で高額化の可能性があり、 カウントフリー機能が一切ないのが難点です。 ソフトバンクのサービスにこだわらず、もっと低予算で月額料金を抑えられる運用を模索しましょう。 例えばデータ通信による容量消費を抑えたいなら、 WiFiサービスを活用しましょう。 スマホは1GBでも、WiFiを利用すればデータ容量消費なしでインターネットを楽しめます。 ただし、WiFiを使ったモバイルブロードバンドにも容量が決まっています。 そこで活用したいのが、 WiMAXの無制限「ギガ放題プラン」です。 数あるWiMAXサービスのなかには、無制限のデータ通信プランが提供されています。 スマホを安く上手に使うなら、WiMAXサービスを利用することをおすすめします。 \工事不要ですぐ使える!月間容量無制限/ ブロードワイマックスがおすすめ! 国内のWiMAXサービスは、さまざまなプロバイダが提供しています。 「UQ WiMAX」、「カシモWiMAX」などのWiMAX特化のプロバイダから、光回線でおなじみの「ビッグローブ」や「ニフティ」でも独自のWiMAXサービスが運営されています。 数あるプロバイダのなかから、今回おすすめしたいのが「 ブロードワイマックス」です。 \工事不要ですぐ使える!月間容量無制限/ 業界最安値クラスの月額料金に、データ通信無制限(条件アリ)の料金プランが用意されており、スマホユーザーにお得なセット割も提供されています。 興味をもたれた人のために、次以降からブロードワイマックスの特徴を順次ご説明します。 ブロードワイマックスは、業界最安値クラスの月額料金 まず、注目したいのが、業界最安値クラスの月額料金です。 月間無制限のギガ放題プランの料金を見てみましょう。 ブロードワイマックスの月額料金一例 月額料金 ギガ放題プラン(月間無制限) 2,726円〜 初期費用はWEB申し込みで無料、1,004円のオプション料金もかかりません。 ブロードワイマックスはシンプルな料金プランで、初心者でもわかりやすいのも特徴です。 ソフトバンクのデータ定額と比較した場合、以下のように違いがさらにわかります。 ひとりで使った場合はギガ放題プランを加えると逆に高くなりますが、ブロードワイマックスは ルーターをシェアできるのがポイントです。 使用する人数が多ければ多いほど、その分の月額料金を抑えられるのがポイントです。 \工事不要ですぐ使える!月間容量無制限/ ギガ放題プランで月間容量無制限 ここで注意したいのが、ギガ放題プランの無制限は「 月間容量」です。 3日間のデータ消費容量が10GBを超えると1Mbの速度制限が行われます。 連続使用は控える必要がありますが、通常のインターネット利用で短期間での10GB超えはあまり考えられません。 特にひとりや少人数の場合だと、HD高画質動画などの大容量でもない限り、毎日使ってもあまり問題にはなりません。 ルーター本体代金が無料 ブロードワイマックスの ルーターは無料で提供されています。 ルーターはモバイルタイプ、ホームルータータイプの2種類が用意され、キャンペーンでルーター代金は一切必要ありません。 しかもこのキャンペーンは終了期間未定です。 auやUQモバイルとのセット割が使える 現在のインターネットでは主流となっているスマホとネットのセット割は、ブロードワイマックスでも用意されています。 ブロードワイマックスではauキャリアとの「 auスマートバリューmine」とUQモバイルとの「 ギガMAX月割」が使えます。 ブロードワイマックスのセット割割引額 割引額 auスマートバリューmine 契約回線のみ月額最大1,000円割引 ギガMAX月割 契約回線のみ月額最大300円割引 おうち割と違って割引対象は本契約1回線のみですが、auやUQユーザーがお得に使えるセット割です。 一方、ミニモンスターは低料金だけど、カウントフリーなしで計画的な利用が求められる定額従量です。 どちらにしても悩ましい料金プランですが、インターネットを利用するならデータ容量を増やさずに、WiMAXルーターで 毎月のスマホ代を節約することをおすすめします。 ソフトバンクとWiMAXで月額料金が2社分かかりますが、それ以上のメリットが期待できます。 そのメリットを簡単に次以降で解説します。 1~2人の少人数世帯へのメリット 少人数で使う場合、使用するデータ容量の消費はその分抑えられます。 インターネット接続時には3日間制限を気にする必要もなく、2人程度なら同時接続でも大した負担になりません。 スマホのデータ定額を少額に抑えても、1GB程度では毎日動画や音楽を見ていればすぐに通信制限がかかります。 そこにWiMAXルーターのデータ容量を上乗せすることで、十分な容量を確保できます。 ブロードワイマックスは プラン変更に違約金がかからないため、7GBのライトプランで足りないと感じたらギガ放題プランへ、またはその逆も毎月簡単に変更が可能です。 自分の利用環境にあわせてプランを変更し、月額料金の調整もお手軽なのです。 大人数でもWiMAXルーター1台で複数台接続が可能 WiMAXルーターはLTEやWiMAX回線を受信してルーターに送る機器です。 そのため、1台あれば 複数のPC・スマホ・タブレットを同時にwifiで通信を行えます。 その間のデータ容量は消費されますが、よほど大きなデータ通信でもない限り10GBに達することもありません。 仮に通信制限が行われても、1MbpsならYouTubeの標準動画程度は、ストレスなく閲覧できます。 \工事不要ですぐ使える!月間容量無制限/ テレビやPCにつなげて大画面で動画を見られる 通信容量無制限の醍醐味は ルーターで動画や音楽を楽しめる点です。 テレビ・PCにてWiMAXのWiFi電波を受信すれば、動画を大画面で楽しめます。 ブロードワイマックスはUSB配線、無線LAN機能のテレビやPCと連動して画面を映すことができ、いつでも大勢で動画や音楽を楽しめます。 対応している機器であれば、スマホのようにクロームキャストのような、画面に映す別ルーターのドングルが必須というわけでもないのがポイントです。 ヤフーカード支払いなら他社サービスでもTポイントが貯まる ソフトバンクでは、支払いでTポイントが付与される ポイントプログラムを提供しています。 ポイントは自社のサービスを利用しないと思われがちですが、支払いに使用するクレジットカードを ヤフーカードにすればTポイントが問題なく付与されます。 KDDI系列のサービスであるブロードワイマックスであっても例外ではなく、しっかりとTポイントが加算されます。 しかも、ソフトバンクのサービスはTポイント支払いが可能です。 WiMAXルーターの支払いで貯まったTポイントは、 ソフトバンクのスマホ代に補填することも可能です。 ヤフーカードは年会費無料で発行されており、審査が極めてゆるいことでも有名です。 新規入会者には5,000~10,000円分の 期間限定Tポイント特典もあり、ソフトバンクユーザーにメリットの大きなクレジットカードです。 携帯キャリアを無理にあわせる必要がなく、ちょっとお得に使いたい人への小ネタとして覚えておいてください。 ただ、あまりにもデメリットが大きいことが問題です。 デメリットをなんとかしたい人にこそ、 WiMAXルーターをおすすめします。 料金と通信容量のバランス具合、多くのスマホユーザーの頭を悩ませているのがこの2点です。 その点、ブロードワイマックスの安さは、スマホ代を気にする人のニーズに応えているサービスです。 ぜひ、みなさんもWiMAXルーターの導入を検討してくださいね。 \工事不要ですぐ使える!月間容量無制限/ 12年間、インターネット通信会社に勤務していた経験を持つ「ナオト」と申します。 本ブログは、もともとは通信速度の遅いwifi電波の改善方法を公開するところからスタートしました。 そして現在は、「失敗しないwifi 契約」をするための情報サイトとして運営しています。 これまで僕は、ダイヤルアップ、ADSL、光回線、wifi、格安SIM等を含めあらゆるサービスの利用経験がありますし、これらサービスを開発・提供する側でもありました。 だからこそ提供できる本音の情報、業界裏話的なことも含め、読者様の参考にしていただけるブログを目指して運営しています。 本当におすすめできるwifiサービスだけをご提案していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!.

次の