ネズミ 駆除 自分で。 ネズミ駆除の手順とやり方【自分で駆除】

自分でできるネズミ駆除の方法とプロも使うオススメ駆除グッズ12選|ネズミ駆除の教科書

ネズミ 駆除 自分で

生息場所 下水、台所、ゴミ捨て場、地下街、公園や駅前繁華街の植え込みの地中など、水を充分に摂取できる湿った土地を好む。 巣は屋外や床下に多く、厨房に作ることもある。 特徴 尾は体長より短く、成獣の体重は200g~450gほど。 背面は灰褐色、腹面は白い。 耳が小さく、倒しても目まで届かない。 寒さに強く、泳ぎが得意。 木登りは苦手で垂直移動はほとんどしない。 雑食だが特に魚介類や肉が好き。 縦に登るのが得意ではないので、主に建物の下層階や下水道に生息する。 地下鉄の線路や地下街の通路でとつぜんネズミが現れたり、大型のネズミが音をたててゴミをあさっている場面を見かけたことのある人もいると思うが、それはドブネズミであることが多い。 排水管から出てくることもある。 生息場所 天井裏や高層階、棚の中や隙間など、乾燥した高い場所を好む。 巣は天井裏や壁の内側などに多い。 特徴 尾が体長より長く、成獣の体重は100g~200g。 背面が褐色で腹部は黄褐色か白色が多い。 耳が大きく、折り返すと自分の目を覆う。 雑食で特に油、穀物を好む。 英名でルーフラット(roof rat=屋根ネズミ)ともいうように、もともと木登りが得意なネズミで、電信柱を登り電線を伝って家の屋根から侵入することもある。 天井裏を騒々しく駆け回っているのは、このクマネズミである場合が多い。 泳ぎは苦手。 非常に賢く、警戒心が強いので捕獲するのはドブネズミよりも困難。 ドブネズミより体格に劣り力が弱いが、都会のビル群発達とともにドブネズミの登ってこない上層階で繁殖している。 基本的に小さいが、稀にドブネズミ級の大きな個体も確認される。

次の

ネズミを撃退しよう!家庭での駆除の仕方

ネズミ 駆除 自分で

ねずみの被害があるとき、駆除業者に依頼するのは手っ取り早いですが、市販の駆除グッズなどをまず試してみるという方法もあります。 それで効果が出れば費用を抑えることができるため、試す価値はあるでしょう。 しかし、注意しなければならない点があります。 被害がひどい場合や、市販のグッズが役立たない状況だと、効果がないばかりか、そのぶんの時間と費用をムダにしてしまいます。 まずは、今の状況が、一般の方でも自力で対応可能な範囲かどうかを見極めましょう。 当サイトが提携しているプロのねずみ駆除業者のみなさんに取材を行い、こういう状況では、一般の方による対処は難しいと思われる内容をまとめました。 以下の5つのポイントをチェックしてみてください。 自力で駆除は可能かどうか? 5つのチェックポイント• 1匹だけでなく複数匹や集団のねずみが活動している気配がある• 生活空間(部屋の中)にねずみが姿を見せている• 住まいの構造的に屋根裏に上がれない、労力的に上がりたくない• ねずみの死骸を自分で処理する自信がない• 効果が出るまで数か月待つことができない(すぐに効果が出てほしい) もし、 1つでもチェックがついたら、自力での駆除は難しい可能性があります。 そのようなときは、駆除業者に現地調査(見積もり)を依頼して、プロの目で被害状況を確かめてもらうことをおすすめします。 なぜそうなのか、次の項目で詳しく解説しましょう。 自力ではねずみ駆除が難しい場合とは? 1匹だけでなく複数匹や集団のねずみが活動している気配がある 多数の足音や鳴き声がするなどして、複数のねずみが家の中にいることがわかる場合、すでにねずみが住み着き、繁殖に至っている可能性があります。 1匹のねずみが入り込んだだけ、外に住んでいるねずみが食べ物などを求めて出入りしているだけであれば、粘着シートなどを仕掛けてその1匹を駆除すれば解決します。 しかし集団で住み着かれている場合、プロの業者でも駆除に時間がかかるほどです。 自力での対処しようとしているうちに被害が拡大しますので、すぐに業者依頼を考えるべきでしょう。 生活空間(部屋の中)にねずみが姿を見せている ねずみは本来、非常に警戒心の強い動物です。 そのため、人間に姿を見せるということがまずなく、足音や鳴き声、フンなどの痕跡で、ねずみに気付く場合がほとんどでしょう。 もし、ねずみが人間に堂々と姿を見せる状況は、すでに、ねずみがこの家に慣れ切っていることを意味します。 当サイトへいただくご相談でも「ねずみを部屋で見かけて驚いて」ご連絡をいただく方が少なからずおられますが、その場合、もはや自力では駆除が難しい段階に達していますので、専門家の手に委ねることをおすすめします。 住まいの構造的に屋根裏に上がれない、労力的に上がりたくない ねずみが入り込みやすい代表的な場所は、やはり屋根裏です。 屋根裏を残して、他の場所にワナや薬を仕掛けても決定的な効果は得られないでしょう。 プロの業者は必ず屋根裏にも処置を行いますし、構造的に難しい住まいであれば、点検口を新たに作成したり、なんらかの代替手段を専門的な知見から模索できます。 一般の方ですとそこまでは難しいかと思いますので、屋根裏に上がることができないのであれば、業者に任せたほうが効果的かと思われます。 ねずみの死骸を自分で処理する自信がない ねずみを駆除するということは、当然、その死骸が生じるということです。 粘着シートに張り付いた死骸などは、それが自分で仕掛けたものなら、 死骸は自分で処理しないといけなくなります。 死骸はゴミとして出して構いませんので、難しいことではありませんが、心理的に抵抗があるという方は、プロにお願いしたほうがいいでしょう。 駆除業者は、粘着シートを仕掛けることから回収まですべてやってくれますし、もちろんその際に死骸も処理してくれます。 利用者の方がそれを目にすることもありません。 効果が出るまで数か月待つことができない(すぐに効果が出てほしい) ねずみ駆除は一朝一夕に効果が出るものではありません。 それは駆除業者にしても同じですが、プロの業者は最初の施工で侵入口の封鎖などを徹底して行うため、その日を境にねずみを目にすることはほぼなくなります。 ねずみは業者の気配を感じて大人しくなるケースも多いので、あとは住人が気づかないうちに駆除が完了します。 自力で行う場合、プロほど的確な封鎖などは行えないため、試行錯誤を繰り返し、時間をかけて駆除していくことになります。 以上いずれかにあてはまる場合は、駆除業者に依頼をするのが適切です。 一度、地域の駆除業者に相談してみて、見積もりだけでも聞いてみるとよいでしょう。 以上にあてはまらない、軽度の場合であれば、市販のグッズを使用した自力駆除でも対応可能な範囲です。 以下では、自分で駆除に挑戦してみよう!と思われる方のために、家庭で行えるねずみ駆除の方法を紹介したいと思います。 家庭での対策は市販の商品を活用しての駆除と防止 すでに家の中に入り込んできているねずみへの対策は、大きく2つです。 ・ねずみを駆除する• ・ねずみを遠ざけ、入ってこないようにする 後者は、予防のための措置でもありますが、駆除と並行して行うことでより効果的になります。 いずれも、一般家庭で行うためには、市販されている商品を使用して行います。 家庭で使える駆除グッズ一覧 ねずみを駆除するために、さまざまなタイプの商品が市販されています。 代表的なものとして、• ・バネ式の罠• ・カゴ式の罠• ・粘着シート• ・毒餌 があります。 それぞれ異なる特徴がありますので、必要に応じて使い分けたり、併用したりします。 順番に特徴を見ていきましょう。 1 バネ式の罠 ねずみ駆除と言っていちばんに思いつくのは、よくマンガやアニメに出てくる、チーズでおびきよせるバネ式のねずみ捕りです。 このタイプの罠は現在でも市販されています。 アニメでは楽しげなイメージですが、実際は、バネで挟み込む圧力によってほとんどの場合、捕まったねずみは死んでしまいます。 設置が簡単で、何度でも使える点で使いやすいアイテムです。 2 カゴ式の罠 バネ式から発展して、ねずみをカゴに閉じ込めるタイプの罠もあります。 設置にやや場所をとるのと、ねずみを生け捕りする形になるため、その後の処理が必要というデメリットがあります。 3 粘着シート ねずみの通り道に設置し、ねずみがくっつくのを待つタイプです。 こちらも、ねずみは生きたまま捕まりますので、あとの処理が必要です。 他に比べて安価ですが、埃が積もるなどして、設置後、時間が経つと効果が薄れるという弱点があります。 また、餌で誘き寄せるわけではないので、ねずみの通り道に的確に設置しなくてはならず、ややコツが必要です。 4 毒餌 毒を用いるのも、古典的なねずみ駆除の方法です。 かつては薬品を穀物などに混ぜて仕掛けるという手法がとられていましたが、最近はそのまま置いておいて、ねずみ食べさせることのできるものが市販されています。 毒餌は効果的ですが、用いる場合は幼児やペットが誤って食べてしまわないよう特に注意が必要です。 また、見えないところでねずみが死んでしまった場合に死骸を探さなくてはならないというデメリットがあります。 駆除グッズの特徴を整理して以下にまとめました。 見えない場所で死ぬこともある どのタイプを使用するにせよ、ポイントとなるのは設置場所です。 プロの駆除業者は、ねずみの通り道を突き止めてもっとも効果的な場所に設置し、効率よく駆除していきます。 フンなどの痕跡から、ねずみが通る場所を考えて置いていきましょう。 死骸については、不衛生ですので不用意に触れずに処理してください。 死骸の処理方法などはで解説していますので、参考にしていただけるとさいわいです。 家庭で使える侵入防止グッズ一覧 ねずみを遠ざける、侵入を防ぐには、次のような商品を使用します。 1 防鼠金網 ねずみが侵入してくる穴や隙間に貼ったり詰めたりしてふさぐための金網です。 要は穴をふさげればいいのですが、板状のものだと通気なども遮断してしまいますし、金属製のものでなければ、ねずみがかじってしまいますので、ねずみの侵入対策には金網を使う必要があります。 侵入口を特定するなど、使用にはコツがいります。 2 忌避剤 ねずみが嫌う成分の薬剤で、ねずみを遠ざけるものです。 スプレー式のもののほか、煙・蒸気が出る燻煙式のもの、設置式のものなどもあります。 いずれも、効果が確実ではない面があり、物理的に侵入を防ぐほうが確実です。 なお、ほかに超音波などを発してねずみを遠ざけるという機械もありますが、この手法はまだ研究途上で、確実な効果があるかどうかは未知数だと言えます。 防止グッズの比較は以下のとおりです。 ねずみがどういうった所から入り込んできているかは、を参考にしてください。 それでも被害が止まらない場合の原因と対処法 以上のような駆除グッズ・防止グッズを活用しても、なかなか被害が止まらない場合があります。 それは以下のような理由で駆除が難しくなっているケースであることが多いです。 ・家の築年数が古く、侵入口が多くてすべてふさぎ切れない• ・集合住宅、テナントなどで、つながっている建物のほかの場所から侵入がある• ・薬剤耐性の強いねずみで、毒餌などが効きにくくなっている• ・駆除グッズを適切に使用できていない このような場合は、やはりプロの駆除業者に頼むのが適切です。 駆除業者は、地域の役所などに相談して紹介してもらうか、当サイトで紹介している優良駆除業者をおすすめします。

次の

ネズミを撃退しよう!家庭での駆除の仕方

ネズミ 駆除 自分で

まさかウチにネズミがいるなんて… 天井裏や壁の中でチューチューと鳴き声が聞こえたり、食料品や袋がかじられていたりすると「ネズミ」の存在が気になって、夜も眠れないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 ネズミ駆除業者に頼むのが一番手っ取り早い方法ですが、高い費用を払うのはもったいない、量販店で売ってある駆除グッズで対応できるのなら、まずは自分で試しにやってみたいと思われる方も多いと思います。 最近では、市販の駆除グッズも多様化、高性能化していますので自分でやってみる価値はありますが、注意してもらいたい点があります。 下記のような被害状況の場合は、プロのネズミ駆除業者に頼んだほうがよいでしょう。 自力でネズミ駆除が可能かどうかチェック• 1匹でなく集団でネズミが活動している気配がある すでにネズミが棲みつき繁殖している可能性あり。 集団の場合は業者でも苦労します。 部屋でネズミの姿を見た ネズミは非常に警戒心の強い動物なので、人の前に出るということは、家に慣れきっていることを意味します。 屋根裏に上がりたくない、構造的に上がれない ネズミの侵入口は屋根裏。 そこを残してワナをしかけても効果は薄いでしょう。 なぜなら、市販の駆除グッズでは効果が薄い、一時しのぎにしかならないことになりかねない状況になる可能性が高いからです。 駆除費用を安くすませようとがんばって自分でやったのに、結果的には業者に頼まないといけないことになってしまえば、逆に出費がかさむことになります。 ひとつでも当てはまる項目があるならば、自力でのネズミ駆除をするのは難しいと思います。 そのときは、プロの業者に依頼をして、しっかりと駆除してもらうことをおすすめします。 【設置のポイント】• ネズミは隅や壁に沿って走るので、壁際、台所の流しの下、排水口のそば、冷蔵庫の裏などに設置すると効果的です。 ネズミの足に油や水分が付着していると、粘着剤の効果を十分に発揮することができないので、新聞紙や包装紙などの上に設置するのがオススメです。 一度捕獲した場所に再設置しても効果が薄いです。 ネズミは、仲間が帰ってこない場所に行かないことが多いからです。 バネ式の罠 バネの根元にエサを置き、ネズミがバネに触れたら、罠が作動し挟み込むという原始的なグッズです。 安価ですが、デメリットのほうが多いと感じる方が多いと思います。 ひとつは、 罠にかかったネズミをバネから引き離さなければいけないということです。 死んでいるネズミに触れないといけないのは嫌ですよね。 ましてや、即死をまぬがれ生きているネズミがかかっていたとしたら…想像するだけでゾッとしますよね。 ふたつめは、家ネズミの代表である クマネズミは知能が高く、警戒心が強いため、この罠になかなかかかってくれないことです。 運良くかかったとしても、この罠は危険だと学習して、二度とその側には近づかないでしょう。 ネズミの死体を処理しないといけない、クマネズミが罠にかかりにくいという点からして、バネ式の罠はあまりオススメできません。 カゴ式の罠 エサとなる食品をカゴの中に入れ、ねずみが中に入ったら入り口が閉まって出れなくなるという罠です。 設置自体はそう難しくはありませんが、バネ式同様にクリアしなければならない問題があります。 それは、 生け捕りしたネズミを殺さないといけない点にあります。 一般的にはカゴごと水の中につけ溺れ死させるという方法がとられていますが、溺れ死させるという行為が残酷だと感じる人もいるでしょうし、その後の死体を取り出して捨てる作業のことを考えると気が滅入りますよね。 かといって、カゴと一緒に捨てるとなると、1つのカゴにつき1匹しか駆除できないということになり、 コストパフォーマンスがとても悪くなります。 そのほかにも、 バネ式の罠同様にカゴ式の罠もクマネズミがかかりにくいというデメリットもあり、こちらもあまりオススメできません。 駆除グッズのまとめ 最後に、ネズミを駆除するグッズの特徴をまとめておきます。 バネ式やカゴ式の罠は後処理のことや、クマネズミ対策には向いていない点から、初めての方には扱いが難しいと思います。 どの罠を設置するにしても、 駆除のポイントは、どこに設置するかです。 適切な場所に置かなければ効果があらわれませんし、罠として置いているエサよりも美味しい餌場があれば、見向きもしてくれません。 ネズミ駆除専門業者との違いは、 ネズミの通り道を突き止めて、もっとも効率の良い場所に設置し、効率よく駆除できる点になります。 糞やラットサインを頼りに、根気強く駆除していきましょう。 ネズミの侵入防止方法 外からネズミが侵入してこないように対策をとることも必要です。 たやすく侵入できる家では、どんなに駆除をしても「イタチごっこ」になってしまうからです。 エサがない環境をつくる まずは、ネズミの棲みにくい環境をつくることが大切です。 家の中から食料をなくすことは不可能ですが、以下の点に注意して対策をとれば、餌場としての魅力がなくなり、侵入してこなくなるでしょう。 忌避剤をつかってネズミを遠ざける エサになるものもちゃんと始末した。 巣になる材料も処分した。 でもやっぱりネズミがこないか気になる…と不安な方には、ネズミ忌避剤を利用してみてはいかがでしょうか? ネズミが嫌う天然ハーブのニオイを成分としているものや、超音波や電磁波をを出して、ネズミにとって嫌な環境をつくることができます。 設置したり、コンセントに差すだけでOKなものばかりで、設置自体は簡単にできます。 ネズミを殺すことなく追い出せるというメリットはありますが、デメリットもあります。 家の構造によってはうまく届かないこと、 回避できる場所が家の中にあれば、そこにとどまってしまう可能性があります。 また、 嫌な匂いやストレスに次第に慣れて、またネズミが戻ってくる可能性もあります。 慣れさせないためにも、 同じものをずっと使い続けるのではなく、定期的に対策を変えることで対応していきましょう。 侵入口を塞ぐ ネズミはほんのわずかな隙間から侵入していきます。 子どもネズミなら1. 5cm程度、大人ネズミなら2. 5~3. 0cm程度の広さがあれば入ってこれると言われています。 ハツカネズミは体が小さいのでさらに小さい隙間から侵入することができます。 忌避剤などで完全に屋内からネズミを追い出したあとに侵入口を塞ぎましょう。 防鼠金網や金属タワシ、パテなどを使って隙間や穴をふさぎます。 (侵入ルートイラスト) ネズミが通ったあとには、黒い線が残っています。 (ラットサインといいます。 ) 壁に沿って走る習性があるので、壁や部屋の隅を探してみてみてください。 ここを通っているかも?と思える場所があったなら、小麦粉をまいてみましょう。 足跡が残るので、侵入ルートがわかる手助けになるでしょう。 まとめ 長くなりましたが、自分でネズミ駆除をするための方法について理解が深まりましたでしょうか? ネズミという生きものは、警戒心が強く、知能が高いので、なかなかこちらの思惑通りに事が進まないことがあるかもしれません。 エサが食べられてない状況をみて、すぐにエサを動かさないようにしましょう。 ネズミは貯食性があるため、エサがなくても食べるまでに時間がかかることがあるからです。 (1週間経っても変化がなければ、回収して他の場所に設置しましょう。

次の