ソフトバンク 光 自動 更新 なし。 【保存版】ソフトバンク光の解約手続き・解約金、撤去工事マニュアル

ソフトバンク光の料金って実際どう?高く感じるのはなぜ?徹底解説!

ソフトバンク 光 自動 更新 なし

ソフトバンク光にはたくさんのプランがある ソフトバンク光では、多様な種類のプランが用意されています。 プランごとに、通信速度やサービス内容が異なっているので、自分の要望に合ったプランを選んで契約しましょう。 NTT西日本エリアの場合は、1Gbpsプランの名前が違い、 戸建住宅だと、以下の4種類となっています。 月額料金は以下の通りです。 2年自動更新プラン 税抜 5年自動更新プラン 税抜、ソフトバンク光テレビの申し込み必須 戸建住宅 5,200円 4,700円 集合住宅 3,800円 5,200円 ファミリー・ライトの場合は、以下の料金設定となっています。 通信量 2年自動更新プラン 税抜 自動更新なしプラン 税抜 ~3GB 3,900円 5,500円 3~10GB 100MB24円(9. 9~10GBは44円) 10GB~ 5,600円 7,200円 東日本・西日本エリアで月額料金は共通している ソフトバンク光はNTT東日本エリアと西日本エリアで契約できますが、どちらで契約しても月額料金は変わりません。 フレッツ光の場合はエリアによって料金に違いがありますが、ソフトバンク光では違いがなく、エリアをまたいで引っ越す場合も料金が変わらず、分かりやすいのが魅力です。 ソフトバンク光には5年契約プランと2年契約プランがある ソフトバンク光の通常プランには、2年契約自動更新のプランだけでなく、5年契約の自動更新プランもあります。 5年契約プランは通常の2年契約プランに比べて、500円ほど月額料金が安く設定されています。 ただし、5年契約プランは、「ソフトバンク光テレビ」(月額660円)の契約がセットになることに注意しましょう。 ソフトバンク光テレビは地上波やBSデジタルの放送を対応するテレビで見られるサービスです。 アンテナ不要で安定した放送を楽しめる光テレビに魅力を感じる方は、割安で利用できる5年契約プランを検討するのも良いでしょう。 ただし、そのぶん、契約期間が長くなるので、引っ越しの予定が当分ない人でなければ、2年契約プランを選んでおいたほうが安心です。 ソフトバンク光のプラン変更方法 なお、ソフトバンク光でプランを変更する際は、手続きや場合によっては工事も必要になります。 事前に知っておかなければ、後から膨大な費用を請求されてしまうので困ってしまいますよね。 手続きの方法や工事費について、チェックしてみましょう。 プラン変更は電話で申し込めばOK 現在契約しているプランから、他のプランへ変更する際は、電話で申し込み手続きを行いましょう。 申込先は、「186+0800-111-2009」です。 通話料金は無料で、受付時間は10時~19時までとなっています。 窓口は混み合っていることもあるので、時間に余裕を持って電話をかけましょう。 また、窓口では、契約している電話番号やソフトバンク光の連絡先に登録している電話番号が必要になります。 プラン変更で手数料はかからないが、工事費がかかる プランを変更した場合、手数料等の請求はありませんが、工事費が発生します。 この点に注意して下さい。 工事費は立ち会い工事でなければ、2,000円 税抜 程度ですが、立会い工事がある場合は、最大24,000円 税抜 の工事費がかかります。 工事費 税抜 立会工事なし 2,000円 立会工事あり、室内工事のみ 9,600円 立会工事あり、建物内工事あり 24,000円 特に建物内の工事が必要な場合は、金額が24,000円 税抜 とかなり高額になってしまいます。 事前に建物内工事が必要かどうかをしっかり確認し、必要な場合、納得したうえでプラン変更を行いましょう。 ソフトバンク光でプランを変更するべきなのはどんな人? 最後に、ソフトバンク光でプラン変更をするべきなのはどんなタイプの人でしょうか。 もちろん、プラン変更は必ずしも全員に必要なわけではなく、プラン変更をするべき状況の人は限られています。 あまり使わない戸建住宅住まいの人は、ファミリー・ライトを選ぼう 自宅に光回線をひいてあるものの、ブラウザ閲覧など、日々の通信量自体はそれほど多くない人に向けて、 毎月3GBまでなら月額3,900円 税抜 と料金を安く抑えられるファミリー・ライトがおすすめです。 ただし、ファミリー・ライトは戸建住宅専用プランなので、集合住宅に住んでいる人は対象外となります。 ゲームや動画を楽しみたい人は最大1Gbpsで通信できるプランを選ぼう 一方、ファミリーやファミリー・ハイスピードなど、低速度プランを契約中で、今後、ゲームや動画を楽しみたいなら、最大1Gbpsで通信できるプランを選びましょう。 建物が1Gbps対応のファミリー・ギガスピードなどに対応しているなら、プラン変更を行いましょう。 月額料金はファミリー・ライトを除いて、どのタイプでも同料金なので、より高速なプランを選んでおいた方がお得です。

次の

ソフトバンク光の料金って実際どう?高く感じるのはなぜ?徹底解説!

ソフトバンク 光 自動 更新 なし

こんにちは。 今回はソフトバンク光について解説いたします。 ソフトバンク光はソフトバンクが展開するとても人気の高いコラボサービスです。 ソフトバンク光を申込むにあたりどんなメリットがあり、どんなデメリットがあるのでしょうか。 2年契約のプランでもこの値段であれば安い方かと思います。 例えばNTTのフレッツ回線とyahooBBのプロバイダの契約だと、戸建てタイプは6900円程度、マンションタイプは4900円程度です。 これはNTT東西に関わらず同じくらいの金額です。 それから考えるとソフトバンク光契約であれば1000円程度は安いので、やはりソフトバンク光のコラボサービスはおすすめです。 ただし気を付けて頂きたいのは現時点でNTTとの契約で割引キャンペーンが適用されている場合は、ソフトバンク光に変更することで逆に高くなることがあります。 現在NTTでフレッツ回線の契約をしている場合はキャンペーンの適用がないか確認してみてください。 キャンペーン適用がなければまちがいなくソフトバンク光の方が安いです。 キャンペーンが豊富 ソフトバンク光はとにかくキャンペーンが豊富です。 2018年12月時点では乗り換え時にかかる費用の補填や月額料金の割引またはキャッシュバックなどが公式のキャンペーンとして設定されています。 またその他ソフトバンク光の代理店経由で申込をすれば高額なキャッシュバックがつくこともあります。 またwi-fiルーターやPS4を付けるキャンペーンもあります。 wi-fiルーターや任天堂Switchを希望の場合は株式会社NEXTがおすすめです。 Softbankスマホ料金が永年割引 ソフトバンク光の一番のメリットはソフトバンク携帯がお得になるという点ではないでしょうか。 ソフトバンクと言えばインターネットというよりもスマホのイメージが強いですよね。 ソフトバンク光に申し込んだ場合ソフトバンク携帯をお持ちの方は最大で1000円も安くなります。 しかも家族分も安くなるので、ソフトバンク携帯の利用者は絶対にソフトバンク光がおすすめです。 「おうち割 光セット」についてはを参照してみください。 公式サイトに飛びますので対象機種や割引額の確認が出来るようになっています。 『開通前レンタル』で開通までの利用不可期間がない ソフトバンク光に乗り換えや新規で申込をした場合、開通するまでインターネットが使えないことがあります。 特にこれまでインターネットを利用していた方からすると利用不可期間が生じるのは痛いですよね。 そんな方の為に『開通前レンタル』というサービスがあります。 開通前レンタルを希望の方は直接ソフトバンクに連絡をするか、株式会社エヌズカンパニーに連絡してください。 株式会社エヌズカンパニーはソフトバンク光正規代理店です。 こちらからでも申し込みが出来るようです。 申込前に一度確認してみてください。 引用:SoftBank 光 正規代理店 株式会社エヌズカンパニー IPv6高速ハイブリッドが利用できる ソフトバンク光では高速通信サービスIPv6高速ハイブリッドを利用することが出来ます。 IPv6高速ハイブリッドは通常のPPPoE接続よりも快適な通信が見込めるサービスです。 利用するにはソフトバンクが提供する光BBユニットのレンタル(月額467円)が必要です。 ただしその他の料金は一切かかりません。 インターネット利用する上で切っても切り離せない速度の問題についても対応策があるのは安心です。 ここまでソフトバンク光のメリットや特典をまとめてみましたが、やはりソフトバンク光でもデメリットはあります。 いくつか気になる点を挙げてみました。 ソフトバンク光のデメリット 更新期間以外で解約すると違約金が出る ソフトバンク光は2年更新契約と5年更新契約があります。 それぞれの契約では途中解約を射すると違約金が発生します。 2年契約だと9500円、5年契約だと15000円です。 通常ソフトバンク光けいやくは2年か5年契約をする方が殆どです。 そうしないとキャンペーン適用がないのでソフトバンク光に切り替えるメリットはありません。 ということは必ず契約期間が生じており、いつ解約しても大丈夫というわけにはいきません。 契約期間には十分ご注意ください。 ソフトバンクのスマホ利用者以外は特典が少ない ソフトバンク光はキャッシュバックや違約金補填CPなどがあり、比較的厚いキャンペーンを提供しています。 しかし一番のメリットはソフトバンク携帯が安くなるというポイントです。 そのためソフトバンク携帯がないのであれば最大のメリットが受けられません。 もしソフトバンク光を利用するならまずはソフトバンク携帯に変更することが一番です。 携帯電話を他社で利用するのであればソフトバンク光を利用するメリットもないでしょう。 解約時に回線は廃止になる ソフトバンク光はコラボレーションサービスです。 そのためソフトバンク光を解約した場合、回線は廃止になります。 そのため固定電話を利用している方はNTTのアナログ電話に戻す必要があります。 またひかり電話として発番している場合は番号は廃止になります。 もし今後NTTのフレッツ回線を利用する場合は新たにNTTと回線契約を結ぶ必要があります。 その為開通工事費などの初期費用も発生します。 コラボレーションサービスの最大のデメリットはこの解約後の処理です。 今後インターネットを使わないという方には影響はありません。 しかし地方の回線契約やケーブルテレビの契約でもない限り多くの方はフレッツ光契約かと思います。 そういった方には少し手間のかかる処理が待っています。 こうした点もデメリットの一つと言えます。 このようにソフトバンク光においてもデメリットはあります。 しかしそれと比較してみても料金やキャンペーン、またソフトバンク携帯が安くなるという点はとても魅力的です。 携帯電話が必須の時代ですから、少しでも携帯電話の料金が安くなるのは大きなメリットと言えるでしょう。 参考になれば幸いです。 ではまた。

次の

ソフトバンク光の月額料金・初期費用・解約金からお得な使い方を紹介

ソフトバンク 光 自動 更新 なし

ソフトバンク光は何年契約なのか ソフトバンク光の公式サイトで月額料金を確認してみると、以下のような料金が表示されています。 集合住宅 戸建住宅 ソフトバンク光 月額利用料金 3,800円 (税抜) 5,200円 (税抜) 引用: ソフトバンク光の契約を予定している人なら月額料金の事も調べていることでしょう。 なので、集合住宅(マンションタイプ)なら月額3,800円(税抜)、戸建住宅(ファミリータイプ)なら月額5,200円(税抜)という事を知っている人は多いはずです。 2年契約の自動更新プラン 上記の月額料金でソフトバンク光を契約する場合は 「2年自動更新プラン」となります。 2年自動更新プランとは、簡単に言えば 契約期間は2年間の縛りがあるという事です。 「自動更新プラン」なので、 契約期間2年間(24ヶ月間)が終了すると、再度改めて2年間(24ヶ月間)の契約が自動で更新されます。 2年自動更新プランの解約について よく見かけるソフトバンク光の月額料金「集合住宅3,800円(税抜)」「戸建住宅5,200円(税抜)」は、上記でもご案内したように「2年自動更新プラン」だとご紹介しました。 この「2年自動更新プラン」は、2年契約なので 契約期間中の解約には解約金(違約金)の支払いが求められるプランです。 開通月を含む24ヶ月目が更新月 契約期間が終了する 2年目(24ヶ月目)が「契約更新月」です。 ソフトバンク光が開通した月を1ヶ月目として、契約期間終了の24ヶ月目の1ヶ月間が「契約更新月」と呼ばれる期間です。 この「契約更新月」以外での解約では以下の解約金(違約金)の支払いが必要となります。 2年自動契約プラン 解約金 (違約金) 契約更新月 (24ヶ月目)の解約 不要 契約更新月以外 の解約 9,500円 不課税 出典: ソフトバンク光には2年間の契約期間がないプランもある!? 「ソフトバンク光は二年契約だけ」と思っている人がたくさんいるように思います。 確かに上記でご紹介したように、ソフトバンク光の公式サイトなどでは「契約期間は2年間で自動更新プラン」でプラン紹介しているところばかりなので、「ソフトバンク光は2年縛り」という認識になる人が多いのは仕方ありません。 実はソフトバンク光には2年契約以外にも 契約期間なしプランもあるのをご存じだったでしょうか? 二年契約(2年縛り)のないプランとは 上記でご紹介したようにソフトバンク光には、契約期間が2年間の「2年自動更新プラン(二年契約)」以外にも 契約期間がない「自動更新なしプラン」というプランもあります。 2年契約のプランよりも 契約期間がないプランの方が 月額1,100円も高い料金設定になっていますよね。 解約金(違約金)にも違いがある 上記の説明でソフトバンク光の「2年自動更新プラン」と「自動更新なしプラン」には契約期間がある・ないの違いと月額料金の違いがある事はご理解いただけたと思います。 契約期間が「ある」「なし」以外にもソフトバンク光を解約する際の 解約金(違約金)にも大きな違いがあります。 ソフトバンク光 プラン 解約金 (違約金) 2年自動更新 プラン 契約期間中の解約 (契約更新月以外) 9,500円 自動更新なし プラン いつ解約しても 不要 出典: 「2年自動更新プラン」の場合は2年契約(2年縛り)があるため、契約期間中(24ヶ月以内)の解約には9,500円解約金が必要です。 しかし、「自動更新なしプラン」には契約期間がありませんので、いつ解約しても解約金は不要です。 結局、どちらのプランがいいの?という声が聞こえてきそうですが、2年以内も解約が契約前から決定している場合は「自動更新なしプラン」。 2年以上契約する予定という人は月額料金が安い「2年自動更新プラン」がおすすめです。 まとめ この記事ではソフトバンク光は何年契約なのかを中心に契約期間やプランについてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか? 多くのソフトバンク光の月額料金は2年縛りがある「2年自動更新プラン」のものが紹介されています。 二年契約なので契約期間中の解約には9,500円の解約金が必要ですね。 ただ、ソフトバンク光には二年契約以外にも契約期間がない「自動更新なしプラン」もあり、このプランだといつ解約しても解約金が不要だという事もご理解いただけたと思います。 しかしながら、2年縛りがあるものの契約期間がないプランよりも月額1,100円も安いので私はやはり二年契約の「2年自動更新プラン」の方をおすすめしますね。

次の