エクセル 入力規則 解除。 xlsの入力規則が解除される

データの入力規則を解除・削除する:Excelの基本操作

エクセル 入力規則 解除

エクセルの入力規則「リスト」ってどんな機能? 住所録や商品一覧といったような表を作成する場合、いくつかの限られたデータを繰り返し入力する項目があります。 例えば、商品一覧であれば、「食品」「文具」「生活雑貨」・・・といったデータを入力する「分類」項目です。 こういった項目を入力するときに便利なのが「入力規則」機能の「リスト」です。 では、入力規則のリストを設定する方法についてご紹介します。 入力規則のリストが設定されているセルを選択すると、右側に矢印ボタンが表示され、このボタンをクリックすると、その項目に入力できるデータが一覧で表示されます。 その中から、入力したいデータをクリックすると、セルにデータが入力されます。 入力できるデータが一覧から入力したいデータをクリックすると、セルにデータが入力される これなら、同じデータを何度も入力する手間が省けますし、入力ミスも防げますね。 早速、ご覧頂いたサンプルを題材にして、設定する方法をご紹介しましょう。 <Index>• 「リスト」設定方法1. 入力するデータを準備する まずは、入力するデータを準備します。 ここで注意すべき点は2つ。 「基本的には」としたのは、ひと手間かければ、別なシート上のデータも利用できるからです。 この方法については別項で紹介することとして、ここでは、基本的な形をとります。 こういった行数、列数の変化の影響を受けないセル範囲にデータを入力しましょう。 下図のとおり、表の右下のセル範囲であれば影響を受けません。 上記の内容を踏まえて、データを入力します。 入力するデータの準備ができたら、入力規則を設定してみましょう! 「リスト」設定方法2. 「元の値」のボックス内をクリックしてから、入力するデータを準備したセル範囲を選択して「OK」ボタンをクリックします。 以上で、入力規則の設定は終了です。 設定したセルを選択して、動作を確認してみましょう。 これで、セルの右側に表示された矢印ボタンをクリックする手間も省くことができます。 ちなみに、一覧にないデータを入力しようとすると、次のようなエラーメッセージが表示されます。 このしくみによって、間違いのないデータ入力を実現できるわけです。

次の

エクセルの入力規則「リスト」を活用しよう! [エクセル(Excel)の使い方] All About

エクセル 入力規則 解除

A ベストアンサー こんばんは。 入力したセルの値を合計とかでなくて、 純粋に別のシートに自動的に表示したいのであれば、 以下の方法があります。 C1」と表示され、値が自動的に 表示されるようになります。 2.1列全てコピーしたい場合。 コピー&リンク貼り付けを使うと便利です。 そして出てきた小さな画面の左下にある「リンク貼り付け」という ボタンをクリックすると完成です。 試してみてください。。 念のためにリンク貼り付けを図解しているURLを載せておきます。 参考にしてみてくださいね。。 geocities. htm こんばんは。 入力したセルの値を合計とかでなくて、 純粋に別のシートに自動的に表示したいのであれば、 以下の方法があります。 C1」と表示され、値が自動的に 表示されるようになります。 2.1列全てコピーしたい場合。 A ベストアンサー 同じ質問が結構よく出てますが、そんなに初歩的でもありません 別シートのA1セルに「100円」と入力し、そのシートの任意のセルに以下の式を貼り付けて下さい。 後は、下方向、右方向にコピー。 A:A,LARGE INDEX Sheet1! (1)の場合は、下記のコードを ThisWorkbook に記述してください。 どのワークシートでも機能します。 Range "A1". Value End Sub (2)場合は、下記のコードを標準モジュールに記述しボタンにマクロ登録してください。 (すべてのシートにボタンを貼り付けるのは面倒でしょうから、ツールバーにボタンとして追加すると良いと思います。 ) Public Sub SheetName ActiveSheet. Value End Sub Q 下のような「得点」という名前のシートがあります。 (「田中」のセルがA1です。 ) [ 田中 ][ 10 ][ 200 ] [ 山田 ][ 21 ][ 150 ] [ 佐藤 ][ 76 ][ 250 ] [ 鈴木 ][ 53 ][ 350 ] 別のシートのA1セルに、「佐藤」と入力すると、 [ 佐藤 ] 「得点」シートから「佐藤」の列を見つけて、B1、C1に [ 佐藤 ][ 76 ][ 250 ] のように表示させたいのですが、B1、C1にはどのような式を書けば良いのでしょうか。 「得点」シートでは氏名が重複する事はありません。 IF文を使うと思うのですが、いまいち良く分かりませんでした。 よろしくおねがい致します。

次の

エクセルに関する質問です。入力規則という機能があると思いま...

エクセル 入力規則 解除

基本1:選択肢の数が少なく変更も少ない場合 例えば性別や血液型など、選択肢の数が少なく、また選択肢の変更もない場合は、「データの入力規則」画面の「元の値」欄にそれぞれの選択肢の値を直接入力する設定方法が一番簡単です。 リスト入力を設定したいセルを選択• 「データ」タブにある「データの入力規則」をクリック• 「設定」タブの「入力値の種類」で「リスト」を選択• 「元の値」ボックスに「, 半角カンマ 」区切りで「男,女」と入力してOKをクリック 直接入力によるリスト入力の設定 このように入力し、OKボタンをクリックすることで設定できます。 基本2:選択肢の数が多い場合はあらかじめシート上にリストを作る 選択肢にしたいデータの数が多い場合、基本1のやり方では入力が手間になります。 また後から修正することも考えると面倒ですね。 そんな時はあらかじめシート上に選択肢のリストを作成し、そのセル範囲を指定してプルダウンメニュー化することができます。 リスト入力したいセルを選択• 「データ」タブにある「データの入力規則」をクリック• 「設定」タブの「入力値の種類」で「リスト」を選択• 「元の値」ボックスを一度クリック、カーソルをボックス内に表示させる• あらかじめシート状に用意した選択肢のセル範囲を選択してOKをクリック 編集されたエラーメッセージの例 応用1:大量のリスト入力は2段階で絞り込み検索できるように データの入力規則機能を使えば、プルダウン形式のリストから入力させることができます。 しかし例えば社員数が多い会社の全社員名など、選択肢が多い場合にはそこから目当ての社員名を探すだけで時間がかかってしまいます。 そんな時は別のセルであらかじめ部署名を選択できるようにしておき、そのセルで選んだ部署の社員名のみが表示されるリスト入力を作っておけば効率的になります。 セル範囲に名前が付けられる 「名前の定義」機能 と INDIRECT関数を組み合わせることで、2段階のリスト入力を作成することができます。 「名前の定義」とは、特定のセル範囲に名前をつけることができる機能で、その「名前」が関数の引数などに使えたりするのです。 下記の例では、F1セルで部署名を選択するとF2セルで担当者名のリストが現れるよう表を作成していきます。 3つのステップで設定していきましょう。 「名前の定義」を行う画面 STEP2:1段階目のデータの入力規則を設定する• 「入力値の種類」で「リスト 」を選択• 「元の値」ボックスをクリックし、「A1:A3」(部署名すべて)を選択してOKをクリック これでF1セルに部署名のリスト入力ができます。 STEP3:2段階目のデータの入力規則を設定する• 「入力値の種類」で「リスト」を選択• そういう時には、選択肢の増減に対応できるようにあらかじめ設定する方法があります。 考え方• 担当者一覧のセル範囲に名前をつけて、その名前をリスト入力の元の値に使用する。 名前を付ける際、範囲の指定をOFFSET関数を使って指定する。 OFFSET関数の第四引数、「高さ」の指定をする時、列全体のデータが入力されているセル数から1を引いた数字を指定する(タイトルも入力されているため)。 OFFSET関数については、記事「」に詳しく解説しております。 下記シートに設定していきましょう。 名前の定義の参照範囲はOFFSET関数を使って、A列にデータを追加すると自動で参照範囲が広がる式を入力しています。 少し複雑な式ですが、可変対応できる範囲指定として、いろいろなシーンで活躍するので、日本語訳で以下のように理解しておくと便利です。 Excelのプルダウンメニューを解除する方法 プルダウンメニューを設定したセルから、そのプルダウンメニューを解除したい場合は、そのセルを選択した状態で「データの入力規則」画面を開き、「すべてクリア」と書かれたボタンをクリックすることで解除できます。

次の