地方 競馬 中継。 競馬中継を見る聴く方法全まとめ(テレビ・ラジオ・無料アプリ・インターネット)

地方競馬ネット投票

地方 競馬 中継

概要 [ ] 2011年以前もやのJpnI競走を中心に中継放送していたが、南関東の場合はのサイマル放送、ほかの競馬場についても場内放送をそのまま中継放送していた。 2012年4月からはダートグレード競走を中心に独自制作で中継放送されることになった。 同年10月以降、JRAの即PAT、A-PAT(地方競馬IPAT)で地方競馬の一部の重賞競走も購入できるようになったため、基幹競走となる1着賞金1000万円以上の重賞競走(火~木)も中継する。 それにより、ほぼ毎週の放送(概ね水曜日が多い)となっている。 2017年4月からは日曜日にも放送されることになった。 ただし、日曜日に放送する場合は一部で放送するレースもあるほか、中央競馬中継の後に流す単独番組は平日版とは異なるキャストで放送している。 なお、レース映像、実況については場内放送と同じものが使用されている。 、インターネット中継など標準放送(SD 4:3)で中継されている競馬場でも、場内放送のマスタがハイビジョンに対応している競馬場については、この番組でもハイビジョンで放送されている。 現在の出演者 [ ] 司会 [ ] 平日版 [ ]• (2015年11月4日 - )• (2020年4月 - ) 日曜版 [ ]• (2017年4月2日 - )• (2017年4月9日 - ) 平日の放送では上野か伊藤、日曜の放送では山本か梅田どちらかほぼ交互で1人が司会を担当する。 解説・コメンテーター [ ] レギュラーコメンテーター [ ]• (2016年4月 - ) 2017年3月まではダートグレード開催日を中心に出演• (2017年4月 - )2018年3月から7月までは産休で出演せず• (2018年4月 - )当初は赤見産休の代役として。 8月以後も月1回程度不定期に出演。 原則として平日の放送のみ出演する。 また、8月のお盆期間などで不定期に司会進行として出演することもあるが、その際にも予想は披露している。 (競馬ライター)• (競馬ライター)• (「」元編集長)• 小山内完友()• 吉川彰彦(日刊競馬)• 吉羽孝()• (競馬ライター)• 古川里絵(ケイシュウNEWS)• 渡辺敬一() 日曜版中心によく出演するコメンテーター• 松尾康司(岩手競馬情報誌「テシオ」元編集長 岩手競馬を取り上げる回を中心に出演)• (グラビアアイドル)• (タレント)• (フリーアナウンサー)• (タレント)• (漫才師)• (フリーアナウンサー) その他、JpnIに相当する競走(中でも、、、、)が開催される日には、上記以外から特別ゲストを招く場合がある。 過去の出演者 [ ] 司会 [ ]• (2012年4月4日 - 2014年3月18日)• (2012年4月4日 - 2015年11月3日)• (2014年4月2日 - 2017年3月30日)• (2017年4月19日 - 2020年3月) 放送時間 [ ]• 中継対象レースの発走予定時刻30~40分前から原則75~90分程度• 昼間開催の場合は中継予定レースの発走予定時刻30~40分前から75~90分程度、ナイター開催の場合は19:30もしくは19:45から75~90分程度の放送時間になるケースが多い(但しJpnI開催日やなどで2レース以上の複数のレースの中継を予定している場合はさらに放送時間が拡大される)• 日曜日開催の場合は終了後の17:00から最大90分程度の放送時間となる その他 [ ]• で行われる重賞競走(ダートグレード競走含む)については一部を除き、すべて放送される。 ただし、地方競馬IPATで発売されないレース(ダートグレードを除く)(例:、など)は放送されない。 2017年3月までは中継対象の重賞レースのみが中継対象レースであった。 日曜版も開始された2017年4月以降は、平日版・日曜版双方ともに、一部中継日で2場同時中継時などを除き、中継対象場の重賞レース以外でも、原則として中継時間内の他の全てのレースを放送するようになった。 2013年はのワイルドカード、第1ステージ、第2ステージの競走についても生中継した。 2017年開始ののトライアルラウンド及びファイナルラウンド(大井)ついても生中継される。 他の地方競馬中継 [ ] いずれも2014年4月現在。 チャンネルによって有料と無料に分かれる。 (有料放送) (浦和・船橋・大井・川崎)の全日程・全レースを中継。 () 大井競馬開催時のみ南関東地方競馬チャンネルの。 (一部無料放送) ()、(門別)、、の全日程・全レース 、の一部の開催日 、、、の特定日 の競走を中継する。 ばんえい競馬の後半レース、ホッカイドウ競馬の一部重賞競走日以外は、有料放送となる。 関連番組 [ ]• 出典・脚注 [ ]• 中央競馬中継内で放送された中継は除く。 『日本の競馬 総合ハンドブック2013』、中央競馬振興会、2013年4月、 27頁。 ただし、2017年4月から2018年3月まではGI競走開催日のみの放送であった。 2018年4月より通年放送となる。 12月第2日曜日(原則)の当日は、時間上・と重複するため、この週は日曜版は休止となる。 また2017年12月28日、2018年12月28日は平日、2019年12月28日は土曜日の開催で、いづれも高知競馬場からの生中継を行ったが、中央競馬の開催も行われていたため日曜版と同じ扱いで、2018年12月29日(土曜日)・2019年12月29日(日曜日)の大井競馬場からの中継は、本来の開催曜日に行われるべき中央競馬の開催がなかったため平日版と同じ扱いで放送された。 前述通り、基幹競走となる1着賞金1000万円以上の重賞競走を中継することになっているが、南関東4競馬場で行われる重賞はすべて1着賞金1000万円以上となっている。 ただし、第1ステージ(船橋競馬場)は地方競馬IPATで発売されていない。 外部リンク [ ]•

次の

地方競馬 ライブ動画 トップ :楽天競馬

地方 競馬 中継

地方競馬ライブ中継の動画プレイヤーの枠は、大きさを自由に変えられないか。 レース映像を見やすく、予想をしやすく で、文字通り、のライブ中継を見ています。 過去のレース映像が馬柱から簡単に再生され、地方競馬の競馬予想に便利。 ライブでリアルタイムに競馬中継を見られて、便利なサイトです。 主に、、だったりだったり、、の中継を見ます。 あと、、などの重賞も見ます。 馬券買います。 地方競馬ライブ、とっても便利なサイトなのですが、過去映像で再生される動画プレイヤーの枠が小さいのです。 大きくすると画面一杯に表示されて、馬柱が確認できない。 タダで使ってなんだけど、大きさを自由に変えられないか。 レース映像を見やすく、予想をしやすく……。 スポンサーリンク 地方競馬ライブで、地方競馬のネット中継を見ているのですが…… 地方競馬は、インターネット上でオンラインでレースをライブ中継しています。 このサイトひとつで、大井競馬場でも、川崎競馬場でも、門別競馬場でも、園田競馬でも、ばんえい競馬でも……、ほぼリアルタイムで見ることができます。 パドックや返し馬、競馬場で行われるトークイベントも実況中継されたりすることも。 無料で高画質のレース映像・動画が見られます。 用意されている馬柱から過去のレースをクリックしますとレース映像を見ることができて、競馬予想する上で便利も便利です。 オッズの確認も楽。 これだけの情報で予想できてしまう人も多いでしょう。 おすすめのサイトです。 馬券の購入は、JRAIPATか楽天競馬かオッズパークかSPAT4か。 自分は最初、SPAT4だったものの、今は楽天競馬にしています 複勝メインな身にとって、楽天競馬にしたからといってポイント的なおいしさはないんだけど……。 このところ、馬券購入金額 投票された数 が、重賞レースなどで前年比プラスのニュースが続いています。 馬券の売上げが上がってる。 ピンポイントで馬券の売上げが上がってるのではなく、どのレースでも売上げ上昇。 地方競馬ライブ、ネットでレースを簡単に見られるというのは、この勢いに大きく影響してるでしょう。 スマホで見られるのってほんとに便利です。 レース映像を予想の軸にしていることもあって、このサイトの登場は画期的でした。 素晴らしい。 JRA中央競馬で同様のことはもちろんしてません……。 ネットからグリーンチャンネルに加入するのにクレジットカードが必要なのをどうにかしてもらえると嬉しいんだけど……、余談 さて、この地方競馬ライブ、ひとつ使いにくいところがありまして……。 地方競馬ライブの表示枠、好きなように大きさ変えられるといいんだけどなぁ〜。 — たけたけっ tktktu スポンサーリンク 地方競馬ライブの過去映像の動画プレイヤーの大きさが2種類しかないのはつらい…… 無料で使っておいてあれこれいうのもなんなのですが、パソコンで地方競馬ライブを見てて「前走どういう走りしてたっけ……」と、確認しようとすると別に動画プレイヤーが見られるようになるのですが、この画面がなんとも「小さい」のです。 てっきり、JRAレーシングビュアーの動画プレイヤーのように大きさを自由に変えられると思っていたら、地方競馬ライブのものはそうなってない。 大きくして拡大して見るのには画面全体まで大きくしないと見られない。 これか面倒なんです。 画面一杯に大きくしてしまうと、馬柱や他のデータが見られません。 地方競馬ライブの画質はかなりいいので、画面一杯にしてレース映像を見てるとはっきりわかるものもあるのですが、そこまでは大きくならなくっていいのだけど……と、なるのです。 地方競馬ライブの動画プレイヤー、大きさを自由に変えられるように、地方競馬ライブさんどうにかならないものでしょうか……。 いや、タダで使っててこういうのも変なのですが……。 パドック映像など、JRAレーシングビュアーみたいに動画が揃ってくれれば、地方競馬ライブにお金払っても良かったりするんだけど……。 能力試験の動画だったり、調教動画だったり、ひとつのサイトで見られるようにすることはできると思うんだけど……。 門別競馬の能力試験動画、めっちゃ見にくいし……。 地方競馬ライブ、新馬戦の馬柱に能力試験の動画リンク貼って欲しい。 いちいち探すのが面倒で。 なのでコーナー4つ向きな馬が後手になることってあるんだよね。 — たけたけっ tktktu JRAや地方競馬の発表する馬場状態で、とりあえず増やして欲しいのは、稍重と良馬場の間だなぁ。 湿ってる良って、自分はデータ入力してるけど…。 — たけたけっ tktktu 地方競馬も、大きいレースのパトロールビデオだけじゃなくって、全レースのパトロールビデオ公開してほしいなぁ。 — たけたけっ tktktu 以上、 地方競馬ライブ中継の動画プレイヤーの枠は、大きさを自由に変えられないか。 レース映像を見やすく、予想をしやすくという話でした。

次の

本日のレース情報|地方競馬情報サイト

地方 競馬 中継

競馬は実際に競馬場で観戦をするのが最も楽しめる方法だと思いますが、今では自宅で馬券を購入する人が多くなり、競馬観戦の環境も変化してきました。 テレビやラジオが競馬観戦で一般的だった時代から、様々なメディアで競馬放送を楽しめるようになってきています。 ここでは、 中央競馬のレース中継を見る、聴く方法を全てまとめました。 (中央競馬とは、札幌競馬場、函館競馬場、福島競馬場、中山競馬場、東京競馬場、新潟競馬場、中京競馬場、京都競馬場、阪神競馬場、小倉競馬場で行われる競馬のことです) 主に、 テレビ、ラジオ、アプリ(ラジオ)、インターネットでそれぞれ中継を見る聴く方法を紹介しています。 ぜひ自分にあった方法を見つけて競馬を楽しんでください。 テレビ中継で競馬を見る方法 テレビで競馬中継を見る場合は、 地上デジタル放送とBS放送に区分されますが、地上デジタル放送に関しては地域によって異なる番組が放送されています。 BS放送 BSジャパン ウイニング競馬 土曜 14:30~16:00 BS11 BSイレブン競馬中継 土曜 12:00~14:30 16:00~17:30 日曜 12:00~15:00 16:00~17:30 BSグリーンチャンネル(有料放送) 中央競馬全レース中継 土曜 9:00~17:00 日曜 9:00~17:00 以上がおおまかな競馬中継の予定になっていますが、一部のGI競走に関してはNHK系列でも放送を行っています。 土曜日の放送で注目はウイニング競馬で、競馬番組でありながら比較的バラエティ色が強い傾向にあります。 一見ふざけているようにも思えますが、出演者の予想の中には かなりの精度で的中をしている人もいるので参考になります。 日曜日はみんなのKEIBAが放送されていますが、基本的に以前からあるスタイルと比べるとやわらかい雰囲気になっていて、バラエティ寄りになっている感はあります。 競馬中継を純粋に楽しみたいというのであれば、有料になりますがでの放送がおすすめです。 ラジオやラジオアプリ iPhone,Android を使って競馬中継を聴く方法 ラジオ番組も全国各地域で放送されていますが、ここでは関東地区とラジオNIKKEIを掲載しておきますので、参考にして頂ければと思います。 ラジオ日本 周波数:AM1422kMz 土曜日 9:30~16:30 日曜日 9:30~16:30 ラジオNIKKEI第1 周波数:3. 925MHz・6. 055MHz・9. 595MHz 土曜日 9:30~16:45 日曜日 9:30~16:45 ラジオNIKKEI第2 周波数:3. 945MHz・6. 115MHz・9. 760MHz 土曜日 9:30~16:45 日曜日 9:30~16:45 ラジオ日本の放送は一般的なラジオで聞くことができますが、ラジオNIKKEIを聞くには 短波を受信できるラジオが必要になっています。 通常はラジオを聞くことしかできなかった放送でも、アプリを使う事でパソコンやスマートフォンなどでも 競馬中継を無料で聴くことができるようになっています。 ラジオアプリにも数種類の物がありますが、最も安定感があるアプリは、「」になります。 「radiko. jp」をパソコンやスマートフォンにダウンロードすれば、先ほど紹介をしたラジオ日本はもちろん、ラジオNIKKEIも簡単に聴くことができるようになります。 競馬中継はラジオで!という方は、 是非「radiko. jp」をダウンロードすることをおすすめします。 ネット上からでも、PCやスマホからradikoは利用できます。 「GREEN CHANNEL Web」は、 自宅のパソコンをはじめ、タブレットやスマートフォンを利用して競馬中継を見る事ができる 有料のサービスになっています。 テレビ中継の紹介でも「グリーンチャンネル」を掲載していますが、基本的にはほぼ同様のサービスと思って間違いはありません。 テレビの場合は他の契約が絡んでくるので面倒な部分もありますが、「GREEN CHANNEL Web」であれば、 パソコンかスマートフォンに配信されるので手軽に見る事ができます。 契約内容も2通りあり、パソコンをはじめタブレット、スマートフォンのどの端末でも見る事ができる マルチ会員(月額料金1,200円(税別) )とスマートフォンのみへの配信のスマホ会員(月額料金500円(税別))があります。 基本的にマルチ会員の方が高画質にも対応をしていますし、どの端末でも利用できることから若干月額が高くなっていますが、価格差以上のメリットがあると考えられます。 基本的にここで紹介をするのは「」「」「」「」の3つです。 地方競馬ライブは、地方競馬全国協会(NAR)が運営する地方競馬をライブで見ることができるサイトです。 視聴できる環境などはをご覧ください。 「楽天競馬」は地方競馬に特化しているサイトで、地方競馬であれば全会場の勝馬投票券を購入できるだけでなく、中継を見る事もできるサイトです。 会員登録はもちろん無料ですし、なかなか見る事ができない競馬場のレースも見る事ができるので、競馬ファン必見のサイトだといえます。 「オッズパーク」は、競馬以外の競輪やオートレースなどの投票ができるサイトで、地方競馬中継は、基本的に全国の競馬を観覧できますが、南関東競馬を見る事ができないのが難点でもあります。 「南関東4競馬場」は南関東競馬の公式サイトなので、南関東競馬の中継であれば全て見る事ができます。 特にこだわりがなければ、でその日やっている地方競馬のレース中継を無料で見ることができるので、おすすめです。 YouTubeならではの編集や企画、コンテンツもあるので、興味がある方はぜひご覧ください。 ここでは主なYouTubeチャンネルを3つご紹介します。 jraoffcial (JRA公式) 主なコンテンツ テレビで放送をしている CMなどの観覧もできますし、これまでの GIレースの動画なども見る事ができます。 企画物として競馬初心者講座や総集編をはじめ、様々な企画動画を見る事ができるようになっているので、過去のレースなどを振り返りたい時に重宝します。 中央競馬だけでなく、大井競馬場のレポートなども行うあまりないタイプの動画を見る事ができます。 競馬専門紙の中でも人気のの公式サイトだけに人気もありますし、予想の参考になること間違いなしだといえます。 今ではインターネット環境が整ったこともあって様々な方法で競馬中継を楽しむことができるようになりました。 本格的に競馬を朝から楽しみたいのであれば、有料のサービスに加入をすればパソコンやスマートフォンで簡単に競馬が見られるのですから、競馬ファンにとってはかなり良い環境になりましたね。 中央競馬だけでなく、地方競馬も簡単に馬券が購入できるようになっていますし、中継も見る事ができる時代になっているのでこれから先はもっと多くの人が競馬を楽しめるような時代になると良いと嬉しいですね。

次の