チチガ対策 おすすめ。 それってチチガかも?乳首が臭いと感じたら見て欲しいチチガ対策まとめ

チチガってどんな臭い?治す方法や対策法も紹介!

チチガ対策 おすすめ

本当にチチガなのか? チチガだと勘違いしている場合もあります! 本当は軽い症状で「汗臭いだけ」と言う場合も多いのです。 ブラジャーの中はとても蒸れていて、毎日取り替えて洗濯をしていないと細菌がたまり汗の匂いがキツくなります。 夏場はとくに、冬でもブラジャーの中はとても蒸れやすいのです。 胸の匂いが気になる方は、まず毎日お風呂で胸をよく洗った後に「クリアネオ」を塗ってみてください。 そして毎日綺麗に洗濯したブラジャーをつけるようにしてみてください。 「チチガ」の原因はわきがとほぼ同じです。 汗腺には「アポクリン汗腺」と「エクリン汗腺」の二種類があり、 わきがの原因となるのは「アポクリン汗腺」から出る、タンパク質・アンモニア・脂肪・脂質を含んだ汗が、皮膚の皮膚の常在菌と混じり、雑菌が繁殖して非常にクサいニオイを発します。 「アポクリン汗腺」の多くは脇の下にありますが、外陰部・ 外耳道・ 乳輪周りにも分布しています。 「アポクリン汗腺」から出る、乳輪周りの汗が「チチガ」の原因となるのです。 チチガのセルフチェック なんとなくクサイけれど、どこから匂っているかわからない。 胸元から変なニオイがするけれど、なんだろう? 「チチガ」を発症している事に気がついていない場合も多いのです。 下記の項目にチェックがつくと「チチガ」の可能性が非常に高いです。 「チチガ」と認識して正しく対処するために、ご自身の症状とあっているか調べてみましょう。 アポクリン汗腺から出る汗には、タンパク質や脂質が含まれており乳白色の色をしています。 それが下着に付き黄ばみの原因となっています。 普段から心がけるチチガ対策 清潔に保つ ・乳輪周りに汗をかいた時は濡れタオルやガーゼ等でこまめに拭き、菌の増殖を防ぎましょう。 その際は乳首や乳輪周りを傷つけないよう優しく拭き取りましょう。 ・乳輪周りの汗腺に菌が増殖しないようシャワーで流すだけではなく、お風呂に浸かり汗をかくとこも重要です。 汗をかく事により汗腺につまった菌を外に排出する効果があります。 コットン(綿)などの天然素材の下着をつける 下着は直接肌に触れているので蒸れなどのトラブルの原因となります。 下着が蒸れてしまうと雑菌が繁殖し、チチガのニオイを悪化させてしまいます。 アクリルやポリエステルなどの「化学繊維」を使った下着は、可愛らしい物が多くつい手を伸ばしてしまいますが、「化学繊維」は通気性が悪く蒸れやすい為、汗がこもり雑菌の繁殖を高めてしまいます。 静電気も起こりやすく、汚れも染み込みやすい素材です。 逆に、 コットン(綿)・シルク(絹)などの「天然素材」の下着は、吸水性・通気性が良いので熱を外に逃がすため蒸れにくい素材です。 肌触りも良いので、肌トラブルも起きにくい特徴があります。 チチガにお悩みの方には 「天然素材」の下着をつける事をおすすめします。 肌に優しい「ニオイ専門のクリーム」でケアをする 気になるニオイをいち早く消すには、チチガに使える「ニオイ専門のクリーム」を使うのが一番です。 ドラッグストアなどで手頃な商品を買うと、皮膚のかぶれなどのリスクがありますので注意が必要です。 乳首・乳輪まわりのデリケートな場所なので、肌に優しく安全性の高いクリームを選びましょう。 チチガへのニオイ効果・安全性を考えて、ネット通販で購入できる をおすすめします。 それに加え、天然の 「保湿成分」も含まれており、サラッとしたつけ心地なのにシッカリと保湿され、肌が柔らかくなります。 「抑臭成分」「殺菌成分」「制汗成分」 + 「保湿成分」 ニオイと菌を抑え、肌にもやさしい優れた「ニオイ専門のクリーム」 デリケートゾーンにも安心して使える嬉しいクリームです。 妊娠中・授乳中でも使えるか? 《 クリアネオ公式ページより引用 》 妊娠中や授乳中の場合は、使用しても差し支えないのですが気になる方は専門医にご相談ください。

次の

チチガとは?乳首が臭う原因と対処方法!自分で解決する方法|わきが対策!悩みのニオイを消すクリーム

チチガ対策 おすすめ

チチガになる男性の場合はどうして起きてしまうの? 基本的なことを云えば、ワキガの人はチチガにもなりやすいですからワキガであった場合には確率的にチチガにもなりやすくなります。 女性はホルモンバランスや、ブラジャーでの蒸れによって汗をかきやすくなるので男性よりも発症率が高いのですが、男性の場合には肥満や食生活で脂質が多い食事を好む人に多くみられるようです。 男性も女性も体質的にワキガであれば発症しやすくなるので、日ごろからのケアや予防が大切なのです。 親がチチガだと子供もチチガになる? 脇と比べると、乳首のアポクリン腺の量は少ないのでワキガのように強烈な臭いが発する事はないように感じます。 ただ ブラジャーのように乳首を覆って蒸れやすく雑菌の繁殖を許してしまうと臭いも強くなります。 アポクリン腺の量は遺伝子で決まりますから、親がチチガであれば子供にも遺伝性は高くなります。 反対に親がチチガでも子供はチチガにならない事もあるので、やはり食生活や乳首周りの環境にもより発生確率は異なるとも言えます。 もしかしたら私もチチガかも! セルフチェックしてみよう ワキガと同じで乳首の臭いもアポクリン腺の汗が原因ですから、特徴的なことがあります。 脇に近いので、ワキガと間違えてしまうこともあるのですが下着をチェックする事でも自分でチチガかどうかを判断できます。 ワキガ体質である• 耳垢が湿っている• ブラジャーに黄ばみがある• ブラジャーを外すと刺激臭がある• 白いシャツの乳首辺りが黄ばんでいる• シャツを脱ぐと臭いを感じる• パートナーや家族から胸が臭いと言われた• 舐めると苦く感じる チチガの場合、自分では分かりにくく臭いがするとワキガを疑う人の方が多いようです。 この乳首の臭いは、パートナーから指摘されてチチガであると知る事が多いようで、ブラジャーの黄ばみは劣化によるものと気づいていない事もあるようです。 夫婦や恋人同士の場合、愛撫したときに相手の乳首が苦く感じたり汗の臭いが強く感じることがあります。 性的な興奮が強くなると、アポクリン腺から汗が分泌されるのでよりそう感じてしまうようです。 ポイント アポクリン腺の汗には、タンパク質やアンモニア、皮脂などいろんなものが混ざっているために苦味のある汗になるそうで、特に乳首は範囲が狭いのでアポクリン腺の苦味をより感じやすくなるそうです。 苦味だけでなく悪臭も同時に起きている場合にはチチガである確率が非常に高いと考えて良いでしょう。 乳首の臭いは自分では嗅ぐのが難しいのですが、女性の場合はブラジャーの上部を開いて鼻を近づけて臭いを確認する事もできます。 汗をかいた時にガーゼで拭き取り、臭いを確認してみてもみましょう。 一時的にチチガになる人もいます 妊娠した女性はホルモンバランスが乱れるために、体臭が強くなったりアポクリン腺からの汗が増えてしまいチチガになる事もあります。 妊娠して乳首の臭いが強くなるような場合は自然に改善していくので問題はないでしょう。 妊娠するとお腹だけでなくバストも大きくなるので、汗をかきやすくなりより臭いが強く感じる事もあるようです。 早めに妊婦用のブラジャーにして、圧迫をさけたり通気性のよいソフトブラジャーにするなどしてチチガ対策をするのも良いでしょう。 出産後のチチガには注意! 赤ちゃんの口が臭くなる? 赤ちゃんはミルクや母乳を飲んで育つので、抱っこするとほんのりとそれらの臭いがします。 歯もないので、母乳やミルク以外は白湯を飲んで過ごしますが、赤ちゃんの口から臭いがする場合ママがチチガである為に臭くなっている事が原因です。 母乳育児をする人でチチガである場合、赤ちゃんへの影響が心配ですが体には特に健康被害はないので母乳を与える前にウェットティッシュで汗を拭き取り、母乳を与えるようにしましょう。 また口を拭き取り臭いが残らないようにしておくのもよい方法です。 チチガ 乳首の臭い と胸の谷間の臭いは違うものです 夏場には、胸の谷間に汗をかく人が多くなります。 女性はバストの谷間に、男性でも肥満の場合胸が膨らんでいますから同じように汗がたまりやすくなります。 乳首ではなく谷間から臭うのは、アポクリン腺ではなくエクリン戦の汗でチチガとは異なるものです。 分かりにくい時には、どちらもガーゼで拭き取って臭いをチェックしてみると良いでしょう。 乳首周りに白いものがあるのはチチガによってできたもの? 乳首に汗をかくとかゆみがでたり、白く粉がふくように見えることがあります。 乳首周りには皮脂腺もあり、モントゴメリー腺というのがそれにあたります。 ちょっと膨らんだようになっているのが、皮脂腺で妊娠すると乳輪が大きくなるので同時に大きくなることもあります。 皮脂が詰まっているとそう見えてしまうだけで、これがあるからチチガというわけではないので気にしないでください。 乳首の汗が白っぽいのはチチガの可能性があります エクリン腺の汗は透明で無臭ですが、アポクリン腺の汗は濁りがあるので白っぽく見えることがあります。 脇は自分では確認できませんが、乳首の汗はシャツを開いたりブラジャーの中を覗くことで見えますので、スポーツ後の着替えなどで自分の汗の色をチェックしてみてはどうでしょう。 チチガ 乳首の臭い を抑えてを改善する方法 チチガ 乳首の臭い 改善方法1:食生活でアポクリン腺を活発にしない 乳首周りのアポクリン腺からの汗を抑える為には、脂質や塩分を控えた食事を摂取する事です。 お洒落なレストランや人気のラーメン、季節により限定メニューのあるファストフードなど世の中には美味しいものがたくさんあります。 忙しかったり帰りが遅くなると、外食を利用する事も増えるでしょう。 また簡単な惣菜やお弁当で毎日の食事を終わらせている人もいるかもしれません。 和食なら良いと思うかもしれませんが、塩分や脂質のコントロールを外食ではできません。 自分ではバランスを考えているつもりでも野菜が不足したり、すべてが濃い味付けでは意味がありません。 脂質だけでなく塩分が多いと、喉も渇きやすく汗もかきやすくなります。 アルコールやスパイシーな料理も発汗を促しますし汗にも成分を含みやすくなります。 ほんの少しの注意で、アポクリン腺の汗を抑えてチチガを予防する事もできます。 チチガ 乳首の臭い 改善方法2:締め付けの強いブラジャーを避ける 女性はバストラインを美しく見せるだけでなく、バストを守る為にもブラジャーは必要なアイテムです。 ですがサイズが合わないブラジャーを長く身に付けていたりすると、蒸れも起こりやすくバスト周りの血行も悪くなります。 帰ったらブラジャーはすぐに外して蒸れから解放してあげる事も大切です。 お風呂に入るまでブラジャーから乳首を解放してあげる事で汗がたまりにくく臭いを避ける事もできます。 チチガ 乳首の臭い 改善方法3:ブラジャーは汗取りパットを使う カップの中に入れるものもあれば、谷間の汗を吸収するものなどブラジャー専用の汗取りパッドがあります。 使い捨てではなく、洗濯すれば何度も使えるので乳首に汗をかきやすく臭いが気になるのであれば、これとデオドラント剤を併用するのも良いでしょう。 臭い移りしたり、黄ばみがでるような場合授乳パットを代用することもできますので工夫してみるのも良いと思います。 チチガ 乳首の臭い 改善方法4:乳首周りの脱毛でチチガ対策してみる 乳輪周りには細かい産毛があり、これがあることで 雑菌が毛根周辺で繁殖することを抑制することができます。 乳首は皮膚も薄くデリケートですから、毛抜きで抜いたりカミソリで剃ってしまうと肌を痛める原因にもなり雑菌の侵入を許してしまいます。 クリームやワックスなども、刺激が強すぎますので産毛が濃くチチガである人は、脱毛サロンできちんと脱毛してもらいましょう。 抑毛ローションを使っている人もいますが、チチガの場合は産毛がある限りは毛根周りに雑菌が増えてしまいますので意味がありません。 脱毛するだけでかなりチチガが改善されることもありますので、女性は乳首の脱毛も視野にいれておくと良いでしょう。 チチガ 乳首の臭い 改善方法5:美容皮膚科やクリニックでアポクリン腺対策をする 脇よりも乳首は範囲が狭いので、アポクリン腺をいっそのこととってしまえば解決するのではないだろうかと考える人もいるでしょう。 ただ切開するような手術は傷が残りますし、乳首にメスを入れるのは非常に危険です。 美容皮膚科やクリニックでは、切るのではなく以下のような治療を受けることができます。 ビューホット治療 ワキガの治療としては新しい治療方法で、高周波により汗腺を破壊して汗を止めてしまう方法です。 施術時間も短く30分程度で治療が終わる事や、従来のミラドライなどよりも再発が少い方法です。 チチガだけでなく、スソガやワキガ、多汗症にも効果が高いようです。 非常に有効な治療ですが、 チチガ治療で20万程度の高額な治療費を実費で支払う事になります。 ウルセラドライ こちらは超音波を使った治療方法で、エコー画面でアポクリン腺を確認しながら治療する事ができます。 ビューホットよりも回数は必要になりますが、3回程度で乳首の臭いが軽減される人が多いです。 こちらも 費用は20万~の自費になります。 ミラドライ こちらはマイクロ派を使った治療方で、1回で効果を感じる事が多くチチガだけでなくワキガ治療でも利用されています。 このようにワキガ治療として有名な方法でもチチガ対策ができますが、 恥ずかしかったり、費用が高額であるデメリットもあります。 乳首の臭いがどれくらいなのかにもよりますが、高額な治療費を払うよりもまずは手軽なデオドラント剤で改善してみるのも方法ではないでしょうか。 チチガ対策にデオドラント剤を使いたい!失敗しない選びかた チチガもワキガ同様、アポクリン腺の汗が原因ですが範囲が狭いことから市販のデオドラント剤でも十分に効果を発揮してくれるのではないだろうかと期待が高まります。 乳首周辺は皮膚が薄いので、デオドラント剤ならなんでもいいとは言えません。 制汗効果がある• 消臭成分が含まれている• 殺菌・抗菌成分が含まれている• 刺激がなく肌に優しいこと この4つを満たしたデオドラント剤が好ましいですし、その人の肌によっては合わないものもあるのでピリピリした刺激を感じたら使用を中止し、しっかり洗い流すようにしましょう。 デオドラント剤の定番のスプレータイプよりも、乳首の臭いにはシートタイプが使いやすいでしょう。 脇のように広範囲であったすれば、一時的にスプレーで臭いは消えるかもしれませんが乳首に汗をかいたからとスプレーを毎回するわけにはいきません。 シートタイプであれば、ポケットに常備することもできますし汗をさっと拭きとることで消臭と制汗ができれば簡単です。 ただこのようなシートタイプのデオドラント剤は、乳首だけでなく肌をこすってしまいますのでできれば薬用クリームを使いましょう。 チチガ 乳首の臭い を薬用クリームですっきりさせましょう チチガの原因は、アポクリン腺の汗によって雑菌が繁殖することが原因です。 それを改善するためには、汗を抑制し消臭してくれる薬用クリームが一番ベストな解決方法です。 薬用クリームには、消臭効果の高い成分や抗菌殺菌成分が含まれているだけでなく、制汗効果のある成分も含まれていますので乳首の汗を抑えると同時に消臭することができます。 肌に優しい成分ですから、乳首にトラブルを起こすことなくチチガを治していけるのです。 チチガに良い薬用クリームを選ぶポイント• 無添加で刺激がない• 無添加で刺激がない• 殺菌・抗菌効果があり、臭いを生み出さないようにしてくれる• 制汗剤としても優秀である• 消臭効果がしっかりしている チチガで悩むのは大人だけでなく、子供も同じこと。 ワキガ体質であれば、チチガになる可能性は十分にありますので家族で使えるものがあれば便利です。 そして何度も塗りなおすことがないように、ケアが簡単なこともポイント。 薬用クリームは朝晩2回のケアで、しっかりと乳首の臭いを改善してくれますから汗や臭いにびくびくしながら過ごすこともありません。 市販のデオドラント剤よりも消臭効果が持続しますので、しっかりケアをしておけば1日チチガに悩むこともありませんし、べたつく汗に気を取られることもないのです。 特に授乳中の人は、市販のデオドラント剤を使うと赤ちゃんに母乳を与えることができなくなります。 口に含む乳首は、無添加のクリームで安全な状態にしておくことも考えなくてはいけませんので、薬用クリームが優れていると終えます。 女性の薬用クリームとしておすすめしたいのが、デオプラスラボです。 口コミでも評判がよく、雑誌にも掲載されるなど女性の気になる臭いをすっきりと改善し仄かな香りがあるのでラブコスメとしてデリケートな部分に使用することもできます。 除菌・殺菌力も非常に優れていますので、毎日のケアとして使っていただけます。 香料などが入っていないもので、チチガ対策をするのであれば消臭効果も殺菌・除菌効果もあるクリアネオが良いでしょう。 男女問わずに使用できますし、無添加ですからママの乳首の臭いのも安心して使っていただけます。 浸透力も高いので、夜だけのケアでも十分に効果がありますから、授乳時間などを考えて利用すると良いでしょう。 チチガは通常んのデオドラント剤では改善されることが少ないですし、 美容皮膚科で治療をすると高額な費用が必要になります。 できれば、家計に負担をかけずに安全に安心してケアを続けたいもの。 それには薬用クリームで、保湿しながらチチガを改善していくの一番ではないでしょうか。 敏感な乳首に安価なデオドラント剤を使って、荒れてしまったりすると大変なことにもなりますし女性にとっては、臭いだけでなく乳首を美しくキープすることも大切です。 しっかりケアを続けていけば、必ずチチガは治っていきますので根気よく薬用クリームで改善していきましょう。 チチガに良い薬用クリーム一覧 効果効能 チチガ、デリケートゾーン、汗臭、体臭、制汗にも対応 主な消臭・制汗成分 イソプロピルメチルフェノール・パラフェノールスルホン酸亜鉛 製造国 日本 価格 単品購入:5,980円(1本・約1か月分) 定期購入:4,980円(1本・約1か月分) 返金保証 あり 永久返金保証.

次の

チチガ用デオドラント製品はまだ市販?!最強対策クリームはこれだ!!│もう自分のニオイで悩まない

チチガ対策 おすすめ

アポクリン腺• 脇や陰部などのデリケートゾーン• アルカリ性の汗が出る• 臭いの素となる アポクリン腺はデリケートゾーンに集中しており、脇や乳輪周りに存在しています。 アポクリン腺の特徴としては、分泌される汗にタンパク質や糖質、脂質、アンモニアなどが含まれていて白く粘り気があります。 このアポクリン腺から出た汗は雑菌や脂肪酸、肌の表面にいる常在菌を分解する過程で臭いを放ちます。 またアポクリン腺の働きは性ホルモンと深く関わっており、特に女性の場合は妊娠や出産を経験することで、ニオイが増してしまうということもあります。 乳輪付近にはこのアポクリン腺が存在しており、臭いを放っているのです。 これがチチガというわけですね。 チチガの原因 女性のほうが割合が多いチチガですが、原因として、重度のワキガであること、ホルモンバランスの崩れ、生活習慣、と大きく3つあげられます。 特に注目したいのがホルモンによる原因。 生理や妊娠、出産をきっかけに、一時的にホルモンバランスが崩れ、乳輪にあるアポクリン腺が活発化し、ニオイを発することがあります。 「小さい頃はなかったのに、何で大人になってから…」と思うかも知れませんが、実はホルモンとアポクリン腺には深い関係があるわけですね。 そのほかワキガと同じような原因で、生活習慣があげられます。 やはりスナック菓子類や揚げ物といった動物性の脂肪を多くとることで、アポクリン腺からの脂質が出てその分汗のニオイも強くなるのです。 チチガの人の特徴とは? この液体の正体は以下の2つのどちらかです。 モントゴメリー腺からの分泌物• アポクリン腺からの分泌物 モントゴメリー腺って? モントゴメリー腺というのは、皮脂腺の一つであり乳輪に存在しています。 乳首を保護するための成分を分泌している器官で、誰にでもあるものです。 乳首の周りのぶつぶつしたアレと言えば分かるでしょう。 女性は、生理時や妊娠のタイミングで肥大することもあるようです。 結論から言うとここから出た分泌物は チチガとは無関係なので安心してください。 アポクリン腺からの分泌物 アポクリン腺からの分泌物は簡単に言うと「汗」です。 ここから分泌された汗の特徴としては、乳白色をしていること。 乳首をつまんでみてこの乳白色の汗が出てきたらチチガの可能性があります。 チチガが重度にもなると、つまんでいなくても滴り落ちるほどの乳白色の汗が出ることもあるようです。 ひどいワキガである 現在重度のワキガを抱えているようであれば、生まれつきアポクリン腺の多いワキガ体質の方かもしれません。 つまりチチガである可能性があるということ。 チチガだと特徴的なニオイ、味があるのでほかのチチガならではの項目も当てはまっていないか確認しましょう。 耳垢に湿り気がある まずは綿棒で耳垢の湿り気をチェックしましょう。 もし耳垢が湿って柔らかい、もしくはべちょべちょしたテクスチャだと、チチガの可能性があります。 毎日湿り気を感じる場合は、よりチチガの可能性が高いです。 下着に黄色いシミが付くことがある ブラジャーやインナーの乳首部分に黄色いシミがつく場合はチチガの可能性があります。 外した下着から独特なニオイがする場合は、チチガを疑いましょう。 そのほかの項目も当てはまっていないかチェックすると良いです。 苦いといわれたことがある これはチチガ固有の特徴です。 チチガの匂いや味には、生のタマネギのような甘み、もしくは人によっては苦みがあるといわれています。 ただ自分ではなかなかそれに気づくことは少なく、パートナーから指摘されてはじめて知るという人が多いそうです。 下着が湿っていることがある 汗が過剰に分泌されていることと、それにより雑菌が繁殖しやすい蒸れた環境にある可能性が考えられます。 ニオイが発生しやすい状態であるということを、示しているともいえるのです。 しかし単なる長時間の着用による蒸れもあるので、乳首部分に黄色いシミがついていないかも確認しましょう。 以上の項目が多く当てはまった場合は、チチガである可能性が高いと考えられます。 チチガの対策法 自分でもできるチチガの対策方法としては、「洗浄」「クリーム」「清潔」「食生活」が挙げられます。 特に食生活を改善することは、チチガもそうですがワキガ症状すべてに対して、とても大切なことです。 動物性脂肪やタンパク質の過剰摂取につながる偏食は避け、バランスの良い食生活を心がけてください。 また、ニオイの気になる部位を清潔に保つことも、症状軽減に有効な方法。 消臭効果や制汗効果が高く、保湿効果も得られるアイテムを使って、肌の乾燥を防ぎながら清潔を保っていきましょう。 しかし洗浄に一生懸命になりすぎると、肌にダメージを与え逆効果となってしまうことがあるので注意です。 主に治療を受けられるのはこちら• 婦人科形成• 形成外科• 美容外科• 美容形成 チチガ治療を行っているところはワキガ治療に比べると少ないようです。 それはチチガ治療を受ける人が少ないことが原因で、クリニックの医師も治療の実績を積む機会がほとんどないことから治療を行っているところも少ないのです。 チチガ治療はデリケートゾーンなだけに治療を拒みやすいかもしれません。 もし治療に気が進まない方は、一度最寄りのクリニックなどに相談されてみては? チチガの治療にはどんなものがある?? チチガ治療には何種類か方法があります。 あまり人には知られたくないチチガ。 目立つ部分だけに傷もつけたくないはず・・・まずは傷をつけることのない切らない治療から見てみましょう。 ペアドライ 切らない多汗症治療法の「ビューホット」と切らないワキガ治療法の「ウルセラドライ」を組み合わせた治療法のペアドライ。 メリットとしては、RF波と超音波のW効果により、長期間の効果の持続が期待できることと、皮膚を切らないのでダウンタイムが少なく傷跡の心配がありません。 デメリットとしては、自由診療での治療となるため費用が高額になることや、術後に腫れが出る場合があるということです。 ウルセラドライ ワキの皮膚を切開する必要がない高密度焦点式超音波治療のウルセラドライ。 皮膚の表面から3~4. 5ミリのところにある汗腺(アポクリン腺・エクリン腺)の層を、超音波の熱損傷で破壊。 発汗やニオイの症状を抑えます。 メリットとしては治療効果も高く、皮膚を切らないので治療時間・ダウンタイムが短く、傷が残りません。 デメリットとしては術後にヒリヒリとした感じやむくみが出る場合があることと、費用が高額であると言うことが挙げられます。 電気凝固法 切開を必要としない「切らない治療法」の一つである電気凝固法。 細い電極針を用いて毛根へ直接高周波電流を流し、アポクリン腺やエクリン腺を熱凝固させることにより、ワキガ症状を緩和します。 皮膚を切らなくて済みダウンタイムや傷跡の心配もないのが魅力の治療法ですが、もともと脱毛法として考案された方法ですので、脱毛効果も期待できます。 ただし、ニオイの軽減はできても完治には至らないというデメリットもあります。 ビューホット 再発のリスクが少ない、2014年ごろに導入された治療法です。 治療時には、剣山のような照射器を皮膚に挿してマイクロ波を照射します。 それにより汗腺類を破壊することで治療していきます。 チチガ治療の費用や保険の適用の有無について 残念ながらチチガの治療には保険は適応されません。 自由診療となり、治療費は全て全額負担となります。 ただし、ワキガ治療に比べるとチチガ治療は範囲が小さいことから費用を少なく抑えることが可能です。 チチガ治療の費用は以下のとおりです。 ボトックス注射 8~10万円で治療を受けることが可能です。 電気凝固法 10万円で治療を受けることが可能です。 ビューホット 20~30万で治療を受けることが可能です。 あくまで目安であるものの、ワキガ治療に比べると安価で受けることが可能ですのでチチガでお悩みの方にはおすすめです。 チチガ治療のメリット・デメリット チチガ治療には当然ながらメリット・デメリットが存在します。 治療を受ける際に気になるポイントでもあると思いますので、ぜひ見てみてください。 ここまでのまとめ 主にこのようなメリット・デメリットがあるようです。 根本的な改善を目指すならチチガ治療を行っているクリニックに相談するのも手です。 自分でできる範囲の対策をしてみて、改善しないようでしたら一度医師に相談をしてみてはいかかでしょうか。 これまで様々な対策法を紹介してきましたが、デオドラント製品などではあくまで一時的な対策にならないからです。 クリニックで治療を受けることで再発防止に向けた治療が見込めるでしょう。 ただ、やはり治療費は高いし再発しないかと心配もあるかと思います。 そこで治療を受けるのにおすすめのクリニックを紹介しますので、ぜひ見てみてください。 チチガ治療で おすすめのクリニック.

次の