千葉 小学校。 本町小学校(千葉県千葉市中央区)

教員採用選考/千葉県

千葉 小学校

森林が総面積の70%を占める木のまち、千葉県大多喜町に、 地元の杉材を使用した素敵な木造校舎があります。 養老川を見下ろす高台にあり、教室の勾配屋根が 周囲の景観と美しいコントラストを成しています。 旧老川小学校校舎を活用したリノベーション こちらは、旧老川小学校校舎。 2013年に閉校となってしまいましたが、 地域活性化の拠点としてさまざまな使い方が試されてきました。 2017年11月、そのなかにコワーキングスペースがオープンしました。 スペースを開設したのは、〈無印良品〉を展開する〈良品計画〉。 同社では2017年5月より旧老川小学校を拠点とする活動を始めたのだとか。 コワーキングスペースは、その新しい試みのひとつです。 2017年11月9日(木)〜2018年1月31日(水)までの間は、 1名につき1日300円で利用できるとのこと。 とてもリーズナブルなのです! このコワーキングスペースが目指すのは、新しい事業の創出と地域コミュニティの活性化。 利用者同士のコミュニケーションから、新しい連携や協働、 事業が生まれることを目指していくといいます。 次のページ これまでにジビエのワークショップや、林の活用を考えるシンポジウムも Page 2 良品計画の「地域の課題」への取り組み 良品計画では、これまでにも千葉県鴨川市にある里山の保全活動「鴨川里山トラスト」や、 千葉県南房総市シラハマ校舎での廃校跡地の活用 「小屋のあるくらしを提案するプロジェクト」などを行い、 地域が抱えるさまざまな課題に取り組んできたのだそう。 「遊休山林・竹林の活用による地方創生を考えるシンポジウム」で基調講演を行った中嶋健造さん。 (NPO法人持続可能な環境共生林業を実現する自伐型林業推進協会・代表理事)森林率7割の日本の林業・木材産業で100万人就業を実現させ、「世界をリードする森林大国日本」を目指しまい進されています。 旧老川小学校でも、 「地元大多喜町産のイノシシ肉を使ったジビエ料理ワークショップ」や 「遊休山林・竹林の活用による地方創生を考えるシンポジウム」などの イベントを行ってきたといいます。 今後の展開も気になりますね! ぜひお出かけになってみてください。

次の

源小学校(千葉県千葉市若葉区)

千葉 小学校

新着情報 令和2年5月29日(金曜日) ・6月1日(月曜日)からの学校再開に向けた対応について、を掲載しました(お知らせ) ・分散登校の様子を掲載しました。 (活動の様子) 令和2年5月18日(月曜日) ・分散登校の実施について、を掲載しました。 (お知らせ) 令和2年4月23日(木曜日) ・小中学校に通う児童生徒の保護者の皆様への市原市長メッセージのリンクを掲載しました。 (トップページ 令和2年4月17日(金曜日) ・一斉休業中における主な無料学習コンテンツ一覧を変更しました。 (トップページ) 令和2年4月16日(木曜日) ・一斉休業中における主な無料学習コンテンツ一覧を変更しました。 (トップページ) 令和2年4月7日(火曜日) ・令和2年度 湿津小 今日の一日に「教科書配付の準備が整いました!」を掲載しました。 (活動の様子) 令和2年4月6日(月曜日) ・令和2年度 湿津小 今日の一日に「新年度を迎えました!」を掲載しました。 (活動の様子) ・令和2年度職員一覧を掲載しました。 (お知らせ) ・一斉休業中における主な無料学習コンテンツ一覧を掲載しました。 (トップページ).

次の

市場小学校

千葉 小学校

森林が総面積の70%を占める木のまち、千葉県大多喜町に、 地元の杉材を使用した素敵な木造校舎があります。 養老川を見下ろす高台にあり、教室の勾配屋根が 周囲の景観と美しいコントラストを成しています。 旧老川小学校校舎を活用したリノベーション こちらは、旧老川小学校校舎。 2013年に閉校となってしまいましたが、 地域活性化の拠点としてさまざまな使い方が試されてきました。 2017年11月、そのなかにコワーキングスペースがオープンしました。 スペースを開設したのは、〈無印良品〉を展開する〈良品計画〉。 同社では2017年5月より旧老川小学校を拠点とする活動を始めたのだとか。 コワーキングスペースは、その新しい試みのひとつです。 2017年11月9日(木)〜2018年1月31日(水)までの間は、 1名につき1日300円で利用できるとのこと。 とてもリーズナブルなのです! このコワーキングスペースが目指すのは、新しい事業の創出と地域コミュニティの活性化。 利用者同士のコミュニケーションから、新しい連携や協働、 事業が生まれることを目指していくといいます。 次のページ これまでにジビエのワークショップや、林の活用を考えるシンポジウムも Page 2 良品計画の「地域の課題」への取り組み 良品計画では、これまでにも千葉県鴨川市にある里山の保全活動「鴨川里山トラスト」や、 千葉県南房総市シラハマ校舎での廃校跡地の活用 「小屋のあるくらしを提案するプロジェクト」などを行い、 地域が抱えるさまざまな課題に取り組んできたのだそう。 「遊休山林・竹林の活用による地方創生を考えるシンポジウム」で基調講演を行った中嶋健造さん。 (NPO法人持続可能な環境共生林業を実現する自伐型林業推進協会・代表理事)森林率7割の日本の林業・木材産業で100万人就業を実現させ、「世界をリードする森林大国日本」を目指しまい進されています。 旧老川小学校でも、 「地元大多喜町産のイノシシ肉を使ったジビエ料理ワークショップ」や 「遊休山林・竹林の活用による地方創生を考えるシンポジウム」などの イベントを行ってきたといいます。 今後の展開も気になりますね! ぜひお出かけになってみてください。

次の