羽谷勝太。 【あめんぼぷらす】しょーたの出身高校・大学はどこ?当時の活躍をまとめてみた

2016年(平成28年)3月合格者|公益財団法人日本水泳連盟 公式ホームページ

羽谷勝太

大学硬式野球部は本年度の愛知大学野球秋季リーグ戦で2部Bリーグを7勝3敗の1位で勝ち上がり、2部1位プレーオフでAリーグ1位の愛知東邦大学を2連勝で下して4年ぶりに2部優勝を飾りました。 10月25日の閉会式では強力打線を牽引した徳浪優斗選手 4年 が2部最優秀選手の表彰を受けました。 続く1部・2部入替戦(11月3~5日・パロマ瑞穂球場ほか)で1部6位の愛知大を2勝1敗で下し、2012年春に2部に降格して以来、14季ぶりとなる1部復帰を果たしました。 1部昇格を懸けた入替戦第3戦は、愛知大に5点先行される苦しい展開に。 本学は土居竜丸選手 4年 の適時打などで点を返し、1点差に詰め寄って最終回の攻防を迎えました。 九回裏、1死一、三塁から羽谷勝太選手 4年 の左犠飛で同点に追いつき、なお2死一、二塁の好機に土居選手が右前適時打を放って劇的なサヨナラ勝ちを収めました。 春季リーグ戦では4位という不本意な結果を、就任2年目の平井光親監督と選手たちは真摯に受け止め、悔しさをバネに秋季リーグ戦で雪辱を晴らす決意をしました。 朝6時からの早朝練習などで、力強いスイングと課題の一つであるチーム打撃の強化に徹底して取り組みました。 学園総長・後藤淳先生の6月のご逝去を受け、秋季リーグ戦には全員が喪章をつけて挑みました。 平井監督は「学生には『練習は嘘をつかない』と、日々の積み重ねが重要であることを理解してもらうようコーチ・スタッフと指導していきました。 学生も徐々に理解してくれるようになり、チーム練習以外でも自主練習を行うなど個人で努力するようになっていきました」と学生たちの頑張りを称えます。 打撃が成長し、チームとしての団結力も増した結果の2部リーグ優勝と1部リーグへの復帰でした。 平井監督は「来春から愛知大学野球1部として戦っていきます。 今年は4年生中心のチームでしたので、3年生以下の在学生で、これまで以上に精進して新たな目標を全日本大学野球選手権出場と掲げて頑張っていきます」と、さらなる活躍を誓っています。

次の

技術認定取得者一覧(泌尿器腹腔鏡)|日本内視鏡外科学会

羽谷勝太

大学硬式野球部は本年度の愛知大学野球秋季リーグ戦で2部Bリーグを7勝3敗の1位で勝ち上がり、2部1位プレーオフでAリーグ1位の愛知東邦大学を2連勝で下して4年ぶりに2部優勝を飾りました。 10月25日の閉会式では強力打線を牽引した徳浪優斗選手 4年 が2部最優秀選手の表彰を受けました。 続く1部・2部入替戦(11月3~5日・パロマ瑞穂球場ほか)で1部6位の愛知大を2勝1敗で下し、2012年春に2部に降格して以来、14季ぶりとなる1部復帰を果たしました。 1部昇格を懸けた入替戦第3戦は、愛知大に5点先行される苦しい展開に。 本学は土居竜丸選手 4年 の適時打などで点を返し、1点差に詰め寄って最終回の攻防を迎えました。 九回裏、1死一、三塁から羽谷勝太選手 4年 の左犠飛で同点に追いつき、なお2死一、二塁の好機に土居選手が右前適時打を放って劇的なサヨナラ勝ちを収めました。 春季リーグ戦では4位という不本意な結果を、就任2年目の平井光親監督と選手たちは真摯に受け止め、悔しさをバネに秋季リーグ戦で雪辱を晴らす決意をしました。 朝6時からの早朝練習などで、力強いスイングと課題の一つであるチーム打撃の強化に徹底して取り組みました。 学園総長・後藤淳先生の6月のご逝去を受け、秋季リーグ戦には全員が喪章をつけて挑みました。 平井監督は「学生には『練習は嘘をつかない』と、日々の積み重ねが重要であることを理解してもらうようコーチ・スタッフと指導していきました。 学生も徐々に理解してくれるようになり、チーム練習以外でも自主練習を行うなど個人で努力するようになっていきました」と学生たちの頑張りを称えます。 打撃が成長し、チームとしての団結力も増した結果の2部リーグ優勝と1部リーグへの復帰でした。 平井監督は「来春から愛知大学野球1部として戦っていきます。 今年は4年生中心のチームでしたので、3年生以下の在学生で、これまで以上に精進して新たな目標を全日本大学野球選手権出場と掲げて頑張っていきます」と、さらなる活躍を誓っています。

次の

大学野球部が14季ぶりに1部復帰を果たす

羽谷勝太

大学硬式野球部は本年度の愛知大学野球秋季リーグ戦で2部Bリーグを7勝3敗の1位で勝ち上がり、2部1位プレーオフでAリーグ1位の愛知東邦大学を2連勝で下して4年ぶりに2部優勝を飾りました。 10月25日の閉会式では強力打線を牽引した徳浪優斗選手 4年 が2部最優秀選手の表彰を受けました。 続く1部・2部入替戦(11月3~5日・パロマ瑞穂球場ほか)で1部6位の愛知大を2勝1敗で下し、2012年春に2部に降格して以来、14季ぶりとなる1部復帰を果たしました。 1部昇格を懸けた入替戦第3戦は、愛知大に5点先行される苦しい展開に。 本学は土居竜丸選手 4年 の適時打などで点を返し、1点差に詰め寄って最終回の攻防を迎えました。 九回裏、1死一、三塁から羽谷勝太選手 4年 の左犠飛で同点に追いつき、なお2死一、二塁の好機に土居選手が右前適時打を放って劇的なサヨナラ勝ちを収めました。 春季リーグ戦では4位という不本意な結果を、就任2年目の平井光親監督と選手たちは真摯に受け止め、悔しさをバネに秋季リーグ戦で雪辱を晴らす決意をしました。 朝6時からの早朝練習などで、力強いスイングと課題の一つであるチーム打撃の強化に徹底して取り組みました。 学園総長・後藤淳先生の6月のご逝去を受け、秋季リーグ戦には全員が喪章をつけて挑みました。 平井監督は「学生には『練習は嘘をつかない』と、日々の積み重ねが重要であることを理解してもらうようコーチ・スタッフと指導していきました。 学生も徐々に理解してくれるようになり、チーム練習以外でも自主練習を行うなど個人で努力するようになっていきました」と学生たちの頑張りを称えます。 打撃が成長し、チームとしての団結力も増した結果の2部リーグ優勝と1部リーグへの復帰でした。 平井監督は「来春から愛知大学野球1部として戦っていきます。 今年は4年生中心のチームでしたので、3年生以下の在学生で、これまで以上に精進して新たな目標を全日本大学野球選手権出場と掲げて頑張っていきます」と、さらなる活躍を誓っています。

次の