避妊 具。 【助産師監修】避妊リング(IUD・IUS)の使い方、値段について|ベビーカレンダー

避妊

避妊 具

コンドームを着用時の妊娠確率 コンドームを着用したときの妊娠確率は10%以下と言われています。 日本産婦人科医会の調査によると 5. 正しい使用法などを使った場合の避妊率がほぼ100%とされていますが、100%ではないと言うことですね。 さてこの妊娠率というものですが パールインデックス PI という指標があります。 前述の通りコンドームでも完全な避妊は出来ません。 また同様に完全な避妊法と言うものも存在しません。 そうなるとよく議論されるのが「避妊の効果」になります。 その避妊の効果を示す一般的な指標が、このPIです。 正確な定義ではないですが、 避妊に失敗する確率 妊娠する確率とも を示すものです。 例えば、ある避妊方法のパールインデックスが3の場合、その 避妊法のみを1年間使った女性のうち3%の人数が妊娠するということになります。 このパールインデックスで示された コンドームの数値はなんと「2」となっています。 ただしこれは理想的な正しい使い方をしたときになります。 一般的な使用だと「18」となっています。 正しく使っていれば非常に妊娠率は低いと言える結果になります。 つけるタイミング• 性交後の漏れ出し となっています。 つまり 正しい使用方法に則っていないというのが、まず理由として挙げられるのです。 では1つ1つ見ていきましょう。 コンドームを使用するタイミング コンドームを使っても妊娠してしまうケースの中で最も多いのが、 タイミングを誤ったという理由になります。 コンドームの避妊率を上げるために一番いいタイミングは 挿入の直前です。 一度挿入して、射精直前にコンドームをつけるカップルもいますが、射精前に分泌されるカウパー液にも精子が含まれているため、挿入前に装着してください。 また勃起した直後に装着し、しばらく経ってから挿入するのも危険です。 挿入までの間に男性器との隙間に空気が入り、 途中で外れたり精液が漏れたりしています。 このことからつけるタイミング次第で妊娠率は上がってしまうのです。 多くの場合は女性のネイルや、男性の 乱暴な扱いによる装着での破損です。 破損することによってその 亀裂から破れたり、精液が漏れ出してしまうため、妊娠率は飛躍的に上がってしまうことになります。 射精後に小さくなった男性器の間から精液が漏れ出したり、抜く際にコンドームが外れてしまうので 射精後は速やかにコンドームを外すようにしてください。 避妊方法 一般的な使用 PI 理想的な使用 PI 無避妊 85 85 コンドーム 男性用 18 2 コンドーム 女性用 21 9 ペッサリー 12 6 IUD 銅付加 0. 8 0. 6 IUD ミレーナ 0. 2 0. 2 混合ピル・ミニピル 低用量ピル 9 0. 3 インプラント 0. 05 0. 05 殺精子剤 28 18 注射法 6 0. 2 周期認識法 基礎体温法 24 3 手術法 女性 0. 5 0. 5 手術法 男性 0. 15 0. 1 この表を見ていただくと、コンドームよりPI値が低いものがあるのでは?という疑問もあると思います。 しかし、コンドームより低いもののほとんどが理想的な使用をしたときに効果的なのであって 一般的な使い方ではコンドームを上回っています。 こう言うと誤解を生むかもしれませんが、コンドームはこの中でも 一番簡単に正しい使用方法を守れる手軽なアイテムなのです。 それに対し他のものは扱いが難しい、あるいは使用や施術が簡単ではないため、根本的な母数が違うということもあります。 コンドームは一番身近で最も 避妊しやすい物である事は揺るぎません。 ここからは、一覧表に登場した避妊方法について1つ1つ解説していきましょう。 ペッサリーの妊娠確率 膣より挿入するゴム状の避妊具で、子宮口に被せるように指で挿入し、ゼリーと併用します。 精子が膣内に入っても子宮に達せず避妊することができます。 ただ装着状態が見えず、正しく装着をするのが難しいです。 もともとは子宮の位置を直すための道具で、現在はほとんど使われていません。 IUD 子宮内避妊用具 の妊娠確率 リング状・ループ状・コイル状など様々な形があります。 装着は病院で医師にて行われ、子宮内に挿入しておくと体機能として 異物排除機能が働き、受精卵の着床を防ぐことで妊娠を防ぎます。 避妊率はあまり高くありませんでしたが、近年は 改良により避妊の確率が高くなっていると言われています。 日本では単純タイプと銅付加タイプが認められていおり、一般的な使用方法ですと妊娠確率は0. また同種で ミレーナ 子宮内避妊システム というものもあります。 挿入方法は形状はIUDと同じですが、中央部分から女性ホルモンの一種である黄体ホルモン持続的に子宮内に放出されるのが特徴となっています。 これにより子宮頚管の粘膜を変化させ精子の進入を防ぎ、子宮内膜の増殖を抑制し、受精卵の着床を防ぐ作用があります。 一般的な使用方法ですと、妊娠確率は0. ただどちらにも副作用があり、 月経異常や腹痛、卵巣囊胞などを起こす危険性もあります。 ピルの妊娠確率 内服用の避妊用女性ホルモン剤のことを言い、経口避妊薬 OC とも呼ばれます。 これを女性が服用することで、人工的に排卵終了後の黄体期と同様な内分泌状態を維持させることで 排卵を停止させます。 避妊以外にも生理時期の調整や月経困難症の緩和、子宮内膜症の治療に使われます。 ただ血栓症や肥満などの副作用が出ることもあるので、入手には 医療機関の受診が必要となっています。 インプラントの妊娠確率 プロゲステロンを含有した徐放性のスティックを女性の上腕の皮膚に埋没させ、 長期間に渡って避妊効果を発揮させるものです。 処置は局所麻酔で簡便に実施できますが、日本では未認可となっています。 一般的な使用方法ですと、妊娠確率は0. 殺精剤の妊娠確率 精子を殺す採用のある薬剤を性交の一定時間前に膣内に挿入し避妊を行います。 欠点は錠剤やフィルム状の製品は 膣内奥に留置するのにコツが必要で、溶解するのに時間がかかり、初心者では避妊に失敗しやすい点です。 ペッサリーに塗布するゼリーはこの殺精剤のことを指します。 注射法の妊娠確率 プロゲステロンを皮下あるいは筋肉注射する避妊法です。 3ヵ月毎の注射が必要となっており、注射の中止によって、半分の女性が半年以内に生殖能力が回復します。 こちらも日本では未認可です。 周期認識法の妊娠確率 リズム法とも言われ、基礎体温を測定して 低温相から高温相に変わった日 排卵日 を知り、それから4日目以降に性行為を行う方法です。 毎日規則正しい生活を続け、かつ定時に基礎体温を測り続ける必要があります。 自分の月経周期を把握できるというメリットもありますが、体調の変化などに左右され、 月経周期の乱れがあると確実な予測が困難なのが欠点です。 手術法の妊娠確率 手術法は不妊手術といい卵管または精管を外科手術によって縛り 結紮 、卵子や精子の通過を止めることによって避妊する方法です。 一般的な方法ですと、妊娠確率は0. この手術には経腹または経膣による腹腔鏡手術が必要となります。 外来で局所麻酔のみで簡単に出来ますが、精嚢に貯蓄している精子がなくなるまでは受精能力を失っておらず、 術後直ちに不妊になるわけではありません。 また一度これらの手術を行ってしまうと妊娠のためには再手術を行いう必要があり、その 難易度は高く人工授精が必要となるリスクもあります。 スポンサーリンク コンドームの妊娠確率を下げる方法 コンドームの 妊娠確率を下げる方法はいくつかあります。 まずは上記の ピルやIUC、不妊手術との併用です。 ただIUCと不妊手術は産婦人科でないと出来ず使用後の副作用の可能性、術後のリスクが高いためオススメしません。 ピルに関しても医療機関での受診後にはなりますが、確実な避妊ということを医師に相談すれば入手することは困難ではないでしょう。 この ピルを正しい用法・用量で使用した上でコンドームを使うことで避妊率は高まります。 またコンドームを使用した性交後、失敗を感じ妊娠するかもしれないと心配な方は アフターピルを使うのもいいかもしれません。 こちらも医師の診断後でなければ手に入れることは出来ませんが、性交後72時間以内であれば効果を発揮します。 また月経周期が安定している方は周期認識法で排卵日を予測し、 俗に言う「安全日」にコンドームを使用した性交を行うことで妊娠確率を下げるという方法もあります。 お互いに合った方法を相談の上、実施していただければ 満足のいく行為に至れるのではないでしょうか。

次の

確実な避妊方法は?避妊法の種類とメリット・リスク [オトナ女子の不調・カラダの悩み

避妊 具

コンドームなのに、避妊以外にもサイズアップの効果があるなんて面白い!確かにいつもよりも大きい気がしたし、これはリピしてもいいかもしれない! 避妊具とは~コンドームだけじゃない避妊器具のすべて~ 避妊具とは 避妊具とは、妊娠を望まない男女が、性行為をした時に 妊娠を防止するための道具です。 避妊具の種類は性器の形状にあわせて、男女に違いがあります。 男性が使用する避妊具はコンドームになり、避妊具といえば「コンドーム」を指すくらい代表的なものです。 非常に薄いゴムで作られており、形状は指サックのようなもので、コンドームの先には、射精時に精液を貯める精液溜まりがついています。 男性が主体となって使用する避妊具は、コンドームのみとなりますが、女性主体の避妊具はいくつか種類があります。 ペッサリーやIUDなど、膣内に装着するものや薬剤として膣内に挿入するものが女性用避妊具として使用されています。 避妊具の種類 避妊具といったら、真っ先に思う浮かぶのがコンドームでしょう。 ほとんどの方が活用している避妊方法で、薬局・ドラッグストアの他、コンビニなどでも気軽に購入できる避妊具です。 材質の違い、薄さ、機能や目的の違いにより、専門の店舗が開けてしまうほど多種多様に種類が存在します。 それほどに認知度の高いコンドームですが、避妊具はそれのみではありません。 男性の避妊具は、コンドームのみですが、女性が主体となって使用する避妊具には、いくつか種類があり特徴や使用方法も変わります。 女性器の形状から男性の避妊具ほど簡単に装着できるものではありませんが、正しく装着して適切に使用することで、避妊効果に期待ができます。 コンドーム 避妊具といったらコンドームの名前が出るくらい、代表的でスタンダードな避妊具です。 男性側が使用できる唯一の避妊具となります。 指サック状の非常に薄いゴムやそれに代わる物質で作られています。 国内のコンドームメーカーで有名なオカモトは、薄さ0. 01ミリのオカモトゼロワンと呼ばれる商品を販売しています。 避妊率を上げるために必要なことは、コンドームのサイズが重要です。 ペニスのサイズに合わないコンドームを使用すると、性行為中に破ける、外れるリスクが高まります。 コンドームにはペニスの直径サイズにより、3〜5種類ほど用意されていますので、 避妊率を向上させるためにはペニスサイズにあったコンドームを使用することが大切です。 男性にとって性行為のコンプレックスになる、やペニス増大に効果が見込めるコンドームも販売されています。 早漏防止コンドームには、局所麻酔成分が含まれており、刺激による射精を遅らせる効果があり、には、血流促進成分や細胞活性化成分が含まれています。 コンドームの使用方法は簡単で、性行為の際に勃起したタイミングで装着します。 膣挿入前に装着しなければ、避妊失敗の可能性が高まりますので注意しましょう。 射精後は、精子が漏れ出さないようにコンドームの根本をおさえながら膣内から抜きます。 女性の避妊具と合わせて使用することで、より高い避妊効果が期待できます。 ペッサリー ペッサリーは、子宮の入り口にゴム状のフタをつけて、 精子の侵入を防止する避妊具です。 精子の侵入を防ぐという方法から、バリア法と呼ばれる一種になります。 性行為前に子宮の入口(子宮頸部)に装着し、性行為が終わったあと、約8時間後にペッサリーを取り出します。 取り出したあとはキレイに洗うことで、再利用が可能ですが、破れていたり傷がついてたりする場合には、避妊効果が下がるため再利用はしないでください。 膣内に精子がいることには変わりないため、妊娠するリスクは高くなってしまうのです。 また正しく装着したつもりでも、できていない可能性もあります。 単体では使用せず、 コンドームや殺精子剤と併用することをおすすめします。 ペッサリーに類似する避妊具として、子宮頸管キャップや避妊スポンジがあります。 子宮頸管キャップはキャップ状になっていて、子宮に栓をすることで精子の侵入を防止し、避妊スポンジは、タンポンがスポンジ状になったようなものです。 殺精子剤が含まれているものがあり、精子の運動を鈍くする働きがあります。 IUD(子宮内避妊器具) IUD(子宮内避妊器具)は、子宮内に器具を装着することで 数年間にわたり避妊効果を高める器具のことです。 女性主体でできる避妊具で、 装着や除去は手術が必要です。 膣内ではなく、その奥の子宮内に装着するため、性行為時にジャマになることはありません。 子宮の内側(子宮内膜)は排卵から生理にかけて、どんどん厚くなります。 子宮内膜が厚くなると着床しやすくなり、妊娠しやすくなります。 IUDを入れることで子宮の環境が変わり、子宮内膜が厚くなることを防ぎ、着床を防止します。 IUDには銅の成分を含んだ、銅付加IUDがあります。 銅は精子の運動を抑え、より高い避妊効果が期待できます。 と同等かそれ以上の効果が期待でき、やでありがちな飲み忘れといった心配もありません。 IUDに類似したIUSは、別名で黄体ホルモンIUDです。 銅の代わりに黄体ホルモンの成分が含まれていいます。 IUDと同様に子宮内膜を厚くするのを防ぎ、着床を抑制できます。 避妊リング は、 膣内や子宮内に装着する避妊具のことです。 日本国内において、避妊リングと呼ばれる特定の避妊具はありませんが、子宮内に装着するIUDやIUSの総称として、避妊リングと呼ばれることがあります。 膣よりさらに奥の子宮内部に入れる必要があるため、装着や除去は手術が必要です。 主に産婦人科で装着や除去が可能で、日本国内において避妊リングといえば、IUSのミレーナを指すことが多いようです。 IUDに比べてIUSのほうが高い避妊率を期待でき、月経困難症やピルの服用が適さない方にも使用できます。 費用は、IUDが1〜3万円程度に対し、IUSは3〜6万円程度と高額となります。 過多月経や月経困難症の治療目的の場合のみ保険が適用され、避妊目的の手術の場合には保険適用外となってしまいます。 海外においては、自分で装着や除去ができる、IUDやIUSと違う避妊リングがあります。 薄いゴム状のリングで膣内に装着する避妊具です。 リングには排卵を抑制する成分が含まれており、 持続期間は3週間です。 低用量ピルなどの経口避妊薬と違い、毎日服用する必要がないため、海外ではよく使用されています。 日本においては未承認薬ですが、海外の医薬品を取り扱う業者を利用することで手に入れることが可能です。 避妊フィルム は 性行為前に薄いフィルムを膣内に挿入することで、避妊効果が期待できる避妊具です。 避妊フィルムには、精子の動きを抑制する殺精子剤が含まれています。 日本国内において、避妊フィルムは病院の医療機関で手に入れることはできませんが、海外医薬品を扱う業者から個人輸入することが可能です。 代表的な避妊フィルムはマイルーラVCFです。 性行為の15分前に避妊フィルムを挿入することで、最大3時間まで避妊効果が期待できます。 有効成分であるノノキシノール-9の効果で、子宮内に精子が侵入しないよう殺傷し、妊娠を防ぎます。 膣内挿入後に成分が溶けて効果を有するフィルムのため、特に取り出す必要もなく、手軽に使用できるメリットがあります。 ただし、性行為をする時間やタイミングがずれると避妊効果が弱まるため、その点では注意が必要です。 有効成分にホルモン剤は使用されていないので、1日複数枚使用してもホルモンバランスを崩す心配がありません。 フィルムを挿入して時間がたってしまった場合は追加で挿入してください。 また少しでも避妊効果を高めたい場合、コンドームと併用することをおすすめします。 参考文献 避妊具の種類について詳しくはこちら コンドームの正しい使い方 避妊をする方法は、いくつか種類があり、その1つの方法がコンドームです。 コンドームをつけることにより、避妊効果は非常に高まります。 コンドームを装着すれば、確実に避妊できるのかといえば、そのようなことはありません。 そもそもコンドームの使い方を教えてもらう機会は、ほとんどありません。 もちろん選び方も同様といえるでしょう。 避妊率を下げてしまう大きな原因は、正しいコンドームの使い方・選び方をしていないため結果として、コンドームの本来持っている避妊効果を発揮できずに、避妊率を大幅に下げてしまうことになるわけです。 避妊率を確実なものとするため、コンドームの正しい使い方、選び方について把握しておきましょう。 コンドームの付け方 コンドームは男性側で唯一ある避妊具です。 ただし、これは正しく使用した場合にかぎります。 その避妊率の差異を埋めるためにも、コンドームを正しく使用する必要があります。 コンドームには、装着するタイミングが決まっています。 性行為をする前の勃起した状態で装着するようにします。 そうしないと、ピッタリと密着せず、性行為時に外れる、破れるおそれがあります。 コンドームは袋に入っているため、開封するときに傷や穴が開かないように、袋を破る側の反対に寄せます。 破った袋の切れ端で傷つかないように、完全に切り離しましょう。 装着するときには、表と裏を間違わないようにします。 精液溜まりがついている場合、出っ張りのある側が表側になります。 精液溜まり部分に空気が入らいないように、指でおさえながら、ゆっくりとペニスの根元側までコンドームをかぶせます。 かぶせるときには、爪や硬いものでひっかいたり、陰毛が中に入ったりしないよう注意しましょう。 包茎の場合には、皮をむいた状態で装着するのを忘れないようにしてください。 射精後はペニスの根元でコンドームをおさえながら、精子が漏れ出さないように、外れないようにすぐに膣内から抜きます。 子宮内に精子が入り込まないようにすることが避妊の基本です。 コンドームのサイズ コンドームは日本を含めて世界中にたくさんあります。 実際にどのコンドームを選べばいいのか、迷う方も多いかもしれません。 見た目や快感の度合いで選ぶのも1つの方法ですが、もっと重要なものがあります。 それはコンドームのサイズです。 サイズの選び方を間違えてしまうと、性行為中にコンドームが破れたり、外れたりするおそれがあるため、しっかりと選ぶことをおすすめします。 快感を得る前に破損してしまうと、避妊効果を損なうだけでなく、性行為を中断せざるを得ない状況になる場合もあり、性行為の楽しみまで損なう可能性があります。 そのような状況が続くとパートナーとの関係性も悪化するきっかけになるやもしれません。 早めに対処することが無難でしょう。 気になるサイズの選び方ですが、勃起したときのペニスの一番太い部分の円周を測ります。 裁縫やウェストサイズを測るときに使うような、ビニール状でできたメジャーであれば、簡単に測定できます。 ただし、コンドームに書かれているサイズは直径のため、円周から直径に置き換える必要があります。 ・円周が9~10センチの場合は、Sサイズ(直径約3. 1センチ) ・円周が10. 5~11センチの場合は、Mサイズ(直径約3. 3センチ) ・円周が11~13センチの場合は、Lサイズ(直径約3. 8センチ) が適正サイズとなります。 Lサイズまでに該当しない場合には、さらに上のXLサイズを使用するようにしましょう。 参考文献 サイズの合わないコンドームによる健康リスクについて詳しくはこちら コンドームの種類 コンドームには、形状やサイズ、用途を含めてさまざまの種類があります。 日本や海外あわせても、数え切れないくらいの種類があり、国内ではオカモトやサガミがコンドームのメーカーとして有名です。 特にオカモト製コンドームの薄さで有名で、一番薄いものでは0. 01ミリです。 その薄さから商品名にした、オカモトゼロワンやゼロツーなどが有名です。 ラテックスやゴムにアレルギーのある方でも使用できる、ポリウレタン製で作られています。 ただ薄いだけではなく、カラーのついているもの、潤滑油の含んだものまで用意されており、男性だけでなく、女性が所持しても抵抗のないようなデザインにも配慮しています。 一般的なサイズでは入らない方のために、直径4センチを超えるメガビッグボーイやスーパービッグボーイもあります。 コンドームはどちらかというと、こっそり買うものというイメージが強いかもしれませんが、1993年にコンドーム専門店オープンして、大きな話題となりました。 すでに20年以上の実績があり、実用的なものから、パッケージデザインにこだわったものまで、幅広く用意されています。 ネット普及した昨今では、 自分好みのコンドームを選ぶことのほうが悩ましくなるほど、種類豊富に取り揃えられています。 男性のコンプレックスを解消する避妊具 性行為のチャンスを逃さないために、避妊具を常に持ち歩いている男性は少なくないでしょう。 また男性には意外に繊細なところがあるものです。 よい雰囲気を保っているのに、満足させられなかったらどうしよう、嫌われたらどうしよう、という不安がよぎることもあるかと思います。 ペニスが小さい、早漏気味で性行為が長続きしない、満足してもらえない、刺激が足りずにマンネリ化しているなど、人それぞれに抱えているコンプレックスはさまざまです。 それらが原因で性行為に対して積極的になれない方向けに、コンドームも進化しています。 いずれも通常のコンドームと見た目が変わらないものですので、思い切って活用してみるのもコンプレックス解消の近道になるかもしれません。 早漏防止効果が見込める 日本人男性のうち、3. 5人に1人はという統計情報があります。 早漏の大きな問題は、自分自身そしてパートナーが満足な性行為ができないことになります。 そこでおすすめなのが、早漏改善効果がある、やといったコンドームです。 コンドームの ペニスが触れる側に、局所麻酔効果のある有効成分ベンゾカインが含まれています。 ベンゾカインは医療用医薬品にも使用され、高い効果が期待できます。 海外の事例ですが、ベンゾカインを含んだウェットティッシュでペニスを拭いただけで、射精までの持続時間は2か月で3倍に伸びた臨床結果があります。 局所麻酔効果により、性行為時の摩擦による刺激を鈍くすることで、射精を遅らせる効果が期待できます。 カーマスートラロングラストを例に使用方法は、 性行為の5分前に装着します。 ベンゾカインは、ペニスの触れる側のみにしか含まれていないため、パートナーに気づかれる心配はありません。 副作用の心配もほとんどなく、男性側も安心して使用できます。 ペニス増大効果が見込める は、 ペニス増大効果に期待が持てるコンドームです。 ペニスを温め、血流を良くする作用があるため、勃起が維持できないの症状がある方にもおすすめの商品となります。 EDの原因は、加齢、病気やケガによるもの、ストレスや精神的なものなどさまざまですが、いずれにせよ勃起を持続するためには、ペニスにたくさんの血液が必要です。 満足に勃起ができないことで性行為を楽しめず、それが原因でプレッシャーやコンプレックスにも繋がることがあります。 ペニスのサイズが小さい状態での性行為は刺激に弱くなり、早漏の原因にもなります。 ベターマンエナジャイズドコンドームには、遠赤外線効果とアニオンの成分が含まれています。 遠赤外線によりペニスが温められることで、血流を促進し勃起を維持することが可能となり、細胞を活性化させ、血管を拡張させる作用が期待できます。 アニオンは陰イオンの一種で、その作用により、ペニス増大効果が見込まれます。 使用方法は一般的なコンドームと変わりありません。 個人差はあるものの、ペニスが暖かくなった、硬くなって勃起維持ができるようになった、という声が多数寄せられています。 パートナーの性感を高める コンドームは時代とともにどんどん進化しています。 特に薄型で丈夫なコンドームもでき、装着しても性行為時に違和感なく使えるものが増えています。 避妊目的のコンドームだけではなく、性感を高めるコンドームも増えています。 その1つとして、があります。 特徴はコンドームの外側にあります。 女性器や膣が触れる部分には、 ピラミッド状の突起がつけられており、性行為時にこの突起が刺激され性感を高めることが可能です。 実際に男性が性行為するときの悩みの1つとして、テクニックがありますが、性行為の経験がない、または性行為の経験が少ない場合、性感を高めるテクニックは持っていません。 だからといって何もしなければ性行為もできませんし、テクニックを積むこともできません。 失敗したらどうしようというプレッシャーもあるはずです。 失敗をしたくない、満足する性行為を高めたいなら、カーマスートラピンクドットコンドームを使うのも1つの方法です。 カーマスートラピンクドットコンドームの 使用方法は、一般的なコンドームと違いはありません。 注意する点としては、装着するときに表と裏を間違えないようにすることです。 必ず突起が外側に来るように装着をおこないましょう。 女性主体で使用できる避妊具 日本において避妊は男性がするものという考えが根強くあります。 また、妊娠してしまった場合には、男性が責任を取るイメージが同様にあります。 しかし、妊娠したくない強い意思があるのならば、男性任せではいけません。 いくらコンドームをして避妊したとしても、妊娠する可能性はゼロではありません。 男性はもちろん、女性も積極的に避妊具を利用して、避妊することが重要となります。 そうすれば、相乗効果により避妊効果を高めることが可能となります。 女性の避妊具として手軽に使用できるものは、避妊フィルムやリングがあります。 膣内に挿入することで、避妊具に含まれている有効成分が溶け出して、避妊効果を高めることが可能となります。 これを機会に使用の検討をおすすめします。 マイルーラVCF は、アメリカのApothecus社が販売している女性用避妊フィルムです。 医薬品としては殺精子剤に分類され、いくつか形状があるうちのフィルムタイプになります。 性行為前に膣内にマイルーラVCFを挿入することで、避妊効果を高めます。 海外の医薬品を取り扱う、輸入代行業者を利用することで手に入れることが可能です。 マイルーラVCFに含まれる有効成分は、ノノキシノール9です。 この成分が精子と結びつくと精子の尾に作用して、運動機能を麻痺させ、結果として子宮内部にたどり着くことが難しくなり、避妊が期待できます。 使用方法としては膣内を洗浄し、少なくとも性行為15分前には、マイルーラVCFのフィルムを折りたたんで膣内の奥まで挿入します。 注意点としては、フィルム挿入後15分未満、3時間以上経過してからの性行為は、避妊効果を発揮できません。 効果を継続させたい場合は、フィルムを追加挿入してください。 ノノキシノール9はホルモン剤ではないため、 1日に複数枚使用しても問題ありません。 副作用としては膣内や周辺の刺激や炎症、かゆみなどがあります。 妊娠中または妊娠している可能性がある場合、マイルーラVCFを使用することはできません。 ヌーバリング は、アメリカのMerck社が販売しているリングタイプの避妊具です。 膣内の奥にリングを挿入することで、 約3週間の避妊効果が期待できます。 直径4センチほどの柔軟性のあるゴム状の細いリングのため、装着しても違和感が少ないという特徴があります。 ヌーバリングには、有効成分であるエストロゲンとプロゲスチンが含まれています。 ピルに使用されている有効成分と同等となります。 これらの有効成分が 3週間持続して膣内に放出されることで排卵を抑制し、避妊効果を高められます。 日本では未承認薬のため、国内の病院や薬局などで手に入れることはできません。 ただし、海外の医薬品を取り扱う輸入代行業者を利用することで、ヌーバリングを手に入れることが可能です。 ヌーバリングの挿入方法は、仰向けや椅子に座るなどして、膣内に挿入しやすい体勢を取ります。 開封後、親指と人差し指でリングを挟んで、膣内の奥に挿入します。 3週間後、同じ時間に新しいヌーバリングと交換します。 注意事項として、喫煙している35歳以上の方は使用を控えてください。 また、有効成分の副作用で心臓発作や血液凝固による脳卒中など、心肺機能に影響が出るおそれがあります。 心血管疾患の持病がある場合には使用を控えてください。 避妊具の歴史 昨今の避妊具は身近に手に入れられ、避妊効果に関しても、正しく使用すれば高い効果が得られます。 便利で避妊効果の高い避妊具は突如として現われたわけではありません。 形状や素材などに改良や改善を加えた結果、現在の避妊具ができているわけです。 避妊具は過去を遡れば、紀元前からあるといわれています。 つまり、2000年以上の歴史があり、それぞれの時代で創意工夫され、現在の避妊具ができているのです。 それらの避妊具は現在のものを比べると驚くものが多く、避妊効果は少なかったと思われます。 しかし、避妊具の原型となるものは、今も昔も変わらない部分も多くあります。 そこで、現在に至るまでの避妊具の歴史について紹介していきます。 古代ローマ時代から存在 避妊具は紀元前から存在するという記録が残っています。 最も古い文献では、 古代ローマ時代の紀元前200年頃のもので、避妊や避妊具の原型に関しては、古代エジプトにもあったようです。 紀元前1800年代に、ワニのフンや植物の葉を膣内に挿入していました。 ハチミツに精子を殺す効果があるといわれ、それも一緒に混ぜていたようです。 避妊効果の有無は不明ですが、殺精子剤の原型ができたわけです。 古代ローマ時代においては、膣内に入れるペッサリーの原型があり、青銅製のリングを膣内に挿入し、避妊をおこなっていました。 現在、女性が使用するIUD(子宮内避妊器具)にも銅が使われています。 銅は精子の動きを抑制する効果があるのですが、その効果をその時代から応用していたことには驚きです。 一方、 男性の避妊具の原型は、紀元前3000年のエジプトにはあったといわれています。 ヤギやブタの盲腸や膀胱をペニスにかぶせていました。 いわゆるコンドームの原型です。 ただし、避妊目的よりもウイルスや細菌の感染予防に使われていたようです。 その後、1600年頃のヨーロッパ地方では、性病予防目的でリネンや牛の腸で作られたコンドームが作られました。 1840年頃には、タイヤメーカーで有名なグッドイヤーがゴム製コンドームの原型を完成させました。 これらの歴史から避妊具の原型は紀元前からあったことがわかります。 参考文献 古代の避妊具について詳しくはこちら 江戸時代の避妊具 日本の避妊具の歴史に関しては、江戸時代の情報がたくさん残っています。 江戸時代は性行為に対して非常にオープンだったことがうかがえます。 その証拠に、性行為を描写した版画絵、いわゆる春画もたくさんあるほどです。 実際に版画絵や書籍にも避妊具のイラストが残っています。 1850年の江戸時代末期に発行された「閨中女悦笑道具(けいちゅうにょえつわらいどうぐ)」には、コンドームの原型が掲載されています。 コンドームの原型は、当時「茎袋(きょうたい)」と呼ばれ、動物の皮で作られていました。 オランダから輸入されたもので、かなり高価だったようです。 動物の皮の代わりとして、亀の甲羅や魚の浮袋を使ったものもありました。 避妊目的よりも「大人のおもちゃ」として使われていた部分もあったようです。 女性の避妊具としては、和紙などを膣内に詰めて使用していました。 紙は非常に高価だったため、一般庶民は使い古したボロ布を膣内に詰めて使用しており、実に不衛生なものでした。 同時期の海外と比べると避妊具の種類や技術は少なく、避妊効果は低かったと思われます。 避妊具まとめ 避妊具とは、望まない妊娠を避けるために必要不可欠なものです。 現在の製造技術でほぼ避妊できるようになりましたが、正しい使い方をしないと避妊の効果を損なってしまいます。 避妊具だけでなく、避妊に対する正しい知識も必要です。 ネット上には避妊に対する間違った情報もたくさんあります。 正しい知識を教えてもらう機会もほとんどないため、医療機関で制作している信頼できる避妊の情報を探すことが重要です。 日本では男性が避妊をするものというイメージが根強く残っている傾向があり、コンドームで避妊をしたとしても絶対安心、安全ではありません。 避妊具の使い方や知識を持っていなければ、正しい避妊効果を得られません。 徹底した避妊をするのであれば、 男女で避妊対策をおこなうことが重要です。 参考文献 情報サイト ウィキメディア財団が管理・運営しているインターネット百科事典の日本語サイトです。 詳細かつ、網羅的な情報を掲載しており、他の辞書サイトでは容易に確認できないような事柄についての記事を確認することが可能です。 韓国のIT企業ネイバーの日本法人、LINE株式会社が運営する幅広いジャンルの最新情報を配信するニュースサイト。 約400の配信元からニュース提供を受け、トップページやlivedoorニュースに掲載するニュースは、一日に3000本を越えています。 1888年創刊で世界180ヶ国で50万人が読むナショナル・ジオグラフィック・パートナーズ社から発行されている雑誌で、Webにおけるニュース配信もしています。 関連商品.

次の

確実な避妊方法は?避妊法の種類とメリット・リスク [オトナ女子の不調・カラダの悩み

避妊 具

ピックアップ• オススメ商品• カテゴリー• ED治療薬• AGA治療薬• 女性薄毛治療治療薬• シャンプー・トリートメント• STD(性感染症)治療薬• 早漏防止薬• ナイトライフ• メンタル・脳(機能)• 肌ケア・トラブル• アンチエイジング• 多汗症・ワキガ• ホワイトニング• ダイエット・筋肉増強• 禁煙治療• その他• 関連コラム• 避妊具の目次• 人間が性行為をする目的は子孫を残すためですが、性行為は同時に夫婦や恋人同士のコミュニケーションのひとつでもあります。 あるいは、肉体的快楽のために行うものでもあります。 快楽のため性行為には、 避妊が欠かせません。 たとえば出産費用、子育ての準備などが整っていない若いカップルの場合、妊娠は少なからぬ負担になります。 中絶の葛藤や人生設計の見直しに直面することにもなるでしょう。 そのような望まない妊娠を避けるために、避妊具は開発されました。 パートナーとの愛情を深めたい、でもまだ子供を持つには早い、性的欲求を満たしたいけれど妊娠は望んでいないという方にとって、欠かせないものとなっています。 避妊方法の種類 一般的に避妊具として認知されているものは、男性が装着するコンドームだと思います。 しかし、コンドーム以外にも、避妊の方法として有効とされているものはあります。 避妊具以外での避妊方法として最も知られているのは、女性のピル(経口避妊薬)です。 人工的に排卵を抑さえ、女性の体を妊娠しにくい状態にするというのがピルです。 正しく使用していればほぼ100%避妊が出来ます。 現在多く使用されているピルには成分量が抑えられた低用量ピルと、副作用を軽減するためさらに成分量を抑えた超低用量ピルがあります。 性行為の後に服用することで避妊することが出来るアフターピルという避妊薬もあります。 ただし副作用も強く現れるなど、女性の体に負担を強いるものなので、性犯罪に巻きまれる、コンドームの破れ、体外射精の失敗など あくまで緊急避妊用の薬と考えるべきです。 また、女性の卵管を縛って卵子が子宮に移動することを防ぐ卵管結紮手術や、男性の精管を縛って精液に精子が混ざらないようにするパイプカット手術なども避妊方法のひとつです。 避妊具の種類 避妊具にはさまざまなタイプのものがあります。 男性が使用するコンドームはラテックス、ポリウレタンなどを原材料に製造されているサック状のアイテムであり、勃起した状態のペニスにかぶせて使用するものです。 一方、女性が使用するものとしては、女性の子宮内に装着する避妊リング IUD や膣内に挿入することで殺精子剤が溶けだして妊娠を防ぐ避妊用のフィルムなどがあります。 そのほか、膣内に挿入して子宮口を覆う避妊具などもあります 海外の避妊具 日本ではコンドームが一般的ですが、海外で販売されている避妊具には多くの種類があります。 ・避妊パッチ 女性の腹部、上腕に貼るだけで、ホルモンを吸収して排卵を抑えることで避妊をすることができるパッチです。 2週間前後で交換しつつ使用します。 ・避妊インプラント 妊娠を防ぐホルモンを出す長さ4センチほどの避妊具で、女性の腕に埋め込むことで数年間、避妊することが出来ます。 その間に無用となれば取り出すことも出来ます。 ・IUD IUS 日本でも使用されるようになりつつありますが、もとは海外で盛んに使用されていた避妊具です。 子宮内に装着することで、受精を防ぐ銅イオンを放出する銅付加IUDというタイプが一般的です。 同じく子宮内に装着し、黄体ホルモンを放出して受精や着床を防ぐIUSという器具もあります。 ・避妊ダイアフラム ドーム型の器具で、子宮口にかぶせ、カバーすることで精子の侵入を防ぎます。 ・避妊注射 女性ホルモンのバランスを調整して妊娠しにくい状態にすることができるホルモン剤を注射する避妊注射は、海外ではポピュラーな避妊法です。 ファルマシア社が製造するデポ・プロベラというホルモン剤を3ヶ月に1回注射するという方法です。 避妊具を通販で購入するメリット 避妊具には国内外合わせて多くの種類があります。 コンドームやピルは、薬局などで入手することが可能です。 今やコンビニでも商品として陳列されているコンドームですが、他の客や、異性の店員の見られるのは少し恥ずかしいと思う人も多いと思います。 通販なら近所のコンビニでは扱っていないようなタイプの製品も選ぶことが出来ます。 ピルの場合にも日本では認可されていない薬を購入することが出来ます。 また、店頭で購入する際には仕入れ値の関係もあって少し価格が高く設定されていたりしますが、通販ではまとめて商品を購入した際に割引になっていたりと、 店頭よりも安く購入することが出来ます。 ピルにおいても、たとえば病院を訪れる時間がない場合にも、通販であれば医師の処方なしに購入することが出来ます。 診察料もかからないので、 病院よりも安価に入手することが出来ます。 また、通販の場合には日本で販売していないコンドームも購入する事が出来ます。 例えば、内側にベンゾカインという薬剤が塗布されている早漏防止コンドームがあります。 ベンゾカインは皮膚の感覚を鈍らせる局部麻酔薬で、性行為の際にほどよい締めつけ、吸い込むようなぬくもりによる快感に耐えられずにすぐ絶頂を迎えてしまう=早漏になってしまうという方もじっくり時間をかけて楽しめるようになります。 薬局などで購入する場合 薬局などを利用して避妊具を購入する場合、以下のようなメリットが考えられます。 ・すぐに入手できる ・安全性がはっきりしている 避妊具の中でも、特に日本でポピュラーなコンドームは、街のドラッグストアで購入出来ます。 大型量販店やコンビニなどで購入することも可能です。 たとえばあと数時間で恋人が家に来るけどコンドームがないという場合、通販ではなかなか対処できませんが、ドラッグストアやコンビニでの購入なら 支払いを済ましてその場で入手することができるという点も大きなポイントです。 通販を利用するよりも価格は少し高くなってしまいがちですが、 安全性は店頭での購入の方が信頼出来ます。 ちなみにコンビニでは日用品のコーナーに置いてあることが多く、人目に付きにくいところに陳列してあることがほとんどです。 しかし、すべてのコンビニに置いてあるわけではないので注意し、少し大きめのドラッグストアを選ぶのが無難です。 避妊具の豆知識 望まない妊娠を避け、恋愛のコミュニケーションとして性行為を楽しむこと、そのための試みは、はるか昔から行われてきたものです。 さまざまな試行錯誤を経て男女がそれぞれ使用できる避妊具が生まれました。 さらに避妊以外の作用が得られるアイテムもあるということで、その需要はより高まっています。 ここでは、そんな避妊具についてのさまざまな豆知識をお届けしたいと思います。 避妊具の開発史 ここでは数ある避妊具の中でも特に日本でよく使用されているコンドームの歴史を紹介します。 その歴史は古く、紀元前3000年頃からその歴史は確認されています。 動物の腸や魚の浮袋などを使ったという記録が残っています。 1564年にイタリアの科学者がリネン鞘を発明したところから本格的な試行錯誤が始まり、1800年代にはアメリカやイギリスでゴム技術が発達したことから、ゴム製のコンドームの原型が誕生しました。 日本では明治42年 1909年 になって初の国産コンドームが製造されています。 1920年代初め、ラテックスを素材としたコンドームがポーランドで製品化されて以降、世界中のメーカーがより薄いコンドームの開発に乗り出しました。 2013年には日本において、世界に先がけて0. 01ミリ 正確には0. 018ミリ のコンドームが登場し、今に至っています。 避妊だけではない避妊具 男性が使用する避妊具のコンドームには、男女ともに気をつけたい性感染症を予防することが出来ると判明しました。 人から人へ感染するクラミジア菌やHIVウイルスは、さまざまな疾患を引き起こします。 特にHIVウイルスによって引き起こされるエイズは、完全な治療方法が発見されていない病気であるため要注意です 薬を使うことで発症を遅らせることは出来ます。 そんな中、コンドームはかなり確実性の高い性病予防のひとつといえます。 これらの細菌やウイルスの主な感染経路は性器同士の粘膜接触ですが、コンドームを正しく装着していれば性器同士がじかに触れあうことがなく、感染する可能性はほとんどありません。 女性でも使える避妊具がある 日本では避妊具といえば男性が使用するコンドームが一般的ですが、世界的に見ればコンドームは数ある選択肢のひとつに過ぎません。 女性が使用するタイプの避妊具が数多くあり、より女性が女性の意志に基づいた避妊ができるようになっていると言えます。 日本でもいくつかの避妊具は使用することが可能です。 たとえば、子宮内に挿入することで避妊することができるIUD 子宮内避妊用具 などが挙げられます。 また、こちらは避妊具ではありませんが、経口避妊薬 ピル も見逃せません。 錠剤を1日1錠服用することで女性ホルモンのバランスを変化させて排卵を抑え、正しくしようしていればほぼ100%避妊が出来ます。 避妊具に関するよくある質問 Q. コンドームの妊娠予防率はどのくらいですか? A. 正しく使用している限り、95%以上の高確率で避妊が出来ます。 しかし、装着しているからといって、全く妊娠しないわけではありません。 コンドーム自体が破損していると、破損部分から精子が漏れ出して妊娠につながる可能性もあります。 性行為後、ペニスのサイズが小さくなるとコンドームとの間にすき間ができて精液が漏れることもあり得ます。 できるだけすぐに抜くことを心がけてください。 また、射精前にも微量ではありますが精子が分泌されています。 射精前ではなく、必ず挿入前に装着するようにしてください。 コンドームの性病予防率はどのくらいですか? A. HIVやクラミジア、淋病といった性器同士の接触で感染する性感染症の場合、避妊率と同じく予防率は90%以上となっています。 ただしこの場合も射精前ではなく挿入前に、つまり性器同士が触れ合う前にきちんと装着する必要があります。 また、性器ヘルペスなど性器自体ではなく性器周辺に症状が現れる性感染症の場合、コンドームで予防ができないこともあります。 性器ヘルペスは皮膚上に大小の水疱ができるというのが代表的な症状です。 パートナーにそのような症状が見られる場合、性行為自体を見合わせるべきであり、早急に治療するようにしてください。 避妊用フィルムやリング IUD の妊娠防止率はどのくらいですか? A. フィルムを膣内に挿入すると中で殺精子剤が溶けだして妊娠を防ぐ避妊用フィルムは、使い方が簡単で70%以上の避妊率があると考えられます。 ただし、体位によっては殺精子剤が漏れ出すことがあったり、殺精子剤の作用がフィルム挿入後20分ほどであったりという注意点もあるので、コンドームとの併用がお薦めです。 一方、子宮内に避妊用の器具を挿入する避妊リング IUD は、正しく装着すれば妊娠防止率は約98%となっています。 ただしこちらは病院で処置する必要があるという点には留意すべきです。 ゴムの質感やにおいが苦手な場合どうしたら良いですか? A. コンドームには、ゴム ラテックス 以外の素材を使用した商品もあります。 ゴワゴワした質感が苦手な人であれば、ポリウレタンやイソプレンラバーといった互いの肌にフィットする質感のコンドームがおすすめです。 また、特に女性の場合は口を使ったオーラルセックスでコンドームのにおいが気になるということがあるかと思いますが、ゴム臭をカットした製品や香りつきの製品も販売されています。 そのような品を選ぶことで、お悩みから解放されるます。 女性が主導で行う避妊具ってありますか? A. 避妊用ピルや女性用のコンドームと言われているペッサリー、膣内に直接装着することで避妊作用に期待できるIUDなど、女性が主導で行う避妊具はいくつかあります。 特にピル、IUDはコンドームと並んで避妊成功率が高い方法です。 また、皮膚に貼ることでピルと同じ作用を発揮する避妊パッチ、膣内に挿入することで精子を殺して避妊する殺精子剤を含む避妊用フィルムなどもあります。 日本では未認可なので病院や薬局では購入できませんが、通販サイトを利用して海外から取り寄せることは可能です。 関連ページ• ・ 望まない妊娠を防ぐために使用されるアフターピルです。 ・ 現在ピルの中で主流になっているタイプで、世界的に使用されています。 ・ 低用量ピルよりも少ない成分量で作用は同じ、副作用抑えることができる医薬品です。 参考サイト ・.

次の