き ょ ー らだ 小説。 楽天ブックス: 僕らだって扉くらい開けられる

007おしゃべり箱 Vol.38 『原作小説紹介/死ぬのは奴らだ・ストーリー前編』

き ょ ー らだ 小説

てんぞー/てんぞー/ID:15999 基本的にアンチ、転生、神様テンプレが嫌いな感じです。 書くにしてもこの要素をはぶく、もしくは納得のできる形でしか執筆しません。 基本的にカワカミャーを自称しているので文章や作風は大分そちらの方に似ていると自覚しています。 ですので文章は厚く、そして少々ライト層には読みにくい構成となっていますのでご注意ください。 あと大体主人公やヒロインに対してのハードな展開、絶望的な展開を強要する事を盛り込んでいます。 愛から来るものなのであしからず。 【基本的にアンチ・ヘイトはしません】 評価の方はする際に参考になる改善点とかをもらえれば嬉しいです。 ブログの方で出している短編をいくつかこっちの方でも出してます。 ブログの方でもまだまだ色々とありますので、此方で興味を持ったら是非ともブログへ。 ブログは死にました。 さらば。

次の

あんだーものがたり

き ょ ー らだ 小説

完璧に迷うな...... どうしたもんか。 」 ピーンポーン! 金豚きょー「あ〜こんな時に誰だよ。 まぁいいか....... ほら、入れよ。 」 金豚きょー「お前の家が汚れているだけだろ。 」 らっだぁ「俺、そんなに汚してない!」 金豚きょー「はいはい。 そうだな。 」 コトッ 金豚きょー「もう、ちょっと待ってろ。 まだ編集中だからな。 」 らっだぁ「了解!待ってるよ!」 金豚きょー「助かる。 」 カタカタカタカタ。 らっだぁ「・・・」 金豚きょー「う~ん。 」 らっだぁ「・・・」 カタカタカタカタ 金豚きょー「・・・」 らっだぁ「・・・」 金豚きょー「あ〜!どうしたもんか!」 らっだぁ「.• :*・゜• 」 金豚きょー「あ~遅くてごめん。 機嫌治せよ。 どうや?」 らっだぁ「ハァ..... うっ、うぅ........ んうぅ........ でも、私なりの限界でもありますのでどうかお許しください! 次回はらっだぁ運命とらっだぁです。

次の

僕の涙は、【第2章】(らだ運営)

き ょ ー らだ 小説

7日連続TV-CMクラス別英霊編(中編)「真っ先にすること?アレに決まってんだろォ?」 その日もまた、青い光がバベルに映し出された。 神々は来たか来たかと準備して待っている。 「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっ!」 「うるさい」 「黙ってろ」 「おい、お前らだってさっきまで叫んでただろうが!」 「いまは始まってんだろうが!」 「ふっ、名前当て委員会を発足した俺らは無敵!」 「そういえば作ったんだっけか。 あとで教えろよ、真名をさ」 青い光は徐々に黒く染まり、画面一色が黒となる。 そして、その下の方に一本の線が引かれ、そして、そこには何やら、右下の方に小動物らしき影が走っている。 「あの動物は?」 「アイズさんが抱えてたぬいぐるみに似てる……」 「頑張っているなぁ……」 しばらくランナーしているのが続いた後、画面が一際眩しく輝く。 詳細は関連グッズ委託先であるヘスティア・ファミリアにお問い合わせください』 オラリオ中は、阿鼻叫喚となった。 「なんなんだよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」 「わかったぞ。 これはアレスの策略なんだ」 「「それだぁ!!」」 「アレス、滅ぶべし」 「アレスのバカやろーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!」 「アレス死すべし慈悲はない」 「さて、アレスファミリアを蹴散らしてくるとするかのう」 「それ、俺も参加させてくれ」 「うちのファミリアからもほとんど全員だそう」 「うちもだ」 「俺も」 「ここに、アレス討伐作戦決行ダァ」 おまけ 「なんかオラリオ中の冒険者が攻めて来ました!」 「何人だ?」 「それが、少なくともレベル4以上が50人……」 「なん、だと!」 「どうしましょう」 「ドウシテコウナッタ!」 とばっちりを食らうアレスであった。 //////////////////////////////////////////////////////////////////////// 「……夢か」 エミヤ・アーチャーはむくりと起きた。 冷や汗を大量に書いていることを自覚する。 そして、エミヤは一言。 「開幕メンテはやめよう」 エミヤは固くそう誓った。

次の