スプラ ガチマッチ ルール。 【ガチマッチ攻略】自分の動きやキルレは悪くないのに勝ち越せずウデマエが上がらない原因!なぜ勝ち越せないかを解説!【スプラトゥーン2】

スプラトゥーン2 ステージ情報

スプラ ガチマッチ ルール

こちらのページでは『スプラトゥーン2(Splatoon2)』におけるガチマッチのルール「ガチアサリ」のルールと勝つ方法について紹介しています。 主に初心者から中級者向けの内容となっていますので、ガチアサリでなかなか勝てないと言う方や、勝つコツを知りたいと言う方は、ぜひ参考にしてください。 立ち回りを見直すきっかけとなれば幸いです。 ガチアサリのルール ゴールを決めてカウントを0にしたチームの勝利 ガチアサリは、アサリを集めガチアサリにしゴールを決めてカウントが0になるまでか、より0に近い方のチームが勝利すると言うルールのもと行われるバトルです。 アサリを10個集めてガチアサリにし、そのガチアサリをゴールに決めることでゴールが開放され、カウントを稼げるようになると言う、他3つのガチマッチのカウントを稼ぐ方法に比べると凝ったルールとなっていて、敵との駆け引きだけではなく、味方との駆け引き(どのタイミングでアサリの受け渡しをするかなど)もあるバトルです。 ガチアサリで勝つ方法 アサリは9個持ちを意識する ガチアサリでは、アサリを10個集めることでゴールを開放することのできるガチアサリに変化させられますが、このガチアサリを持っている状態ではガチホコのように敵から位置がバレた状態で立ち回ることとなります。 しかしアサリ9個以下であれば通常通り立ち回ることができ、ステルス行動も可能です。 スプラトゥーンにおいては、敵にこちらの位置がバレている状態は非常に危険なので、できる限りこのアサリの9個持ちを意識しましょう。 また、アサリの9個持ちをしていると、ゴール付近で遭遇した味方がまれに最後の1つをパスしてくれることがあります。 理解あるプレイヤーと同じチームになれば、アサリの9個持ちが打開のきっかけや起点ともなるので、そういう意味でも9個持ちへの意識は徹底したいです。 味方のアサリ所持状況を把握する アサリやガチアサリはパスすることができます。 この仕様から、味方のアサリの所持状況の把握は重要です。 そして、味方のアサリの所持状況の把握とはどの程度なのかと言うと、どの味方がどれだけアサリをもっているかの、個人単位の把握となります。 どの味方がアサリをいくつ持っているかを把握していれば、 どの味方にパスしたらゴールのチャンスがあるかの判断ができるので、単純に勝機を掴むきっかけが増えます。 そして味方とのアサリパスをするとなると、必然的に連携状態になるので、カウントの稼ぎやすさも格段に変わってきます。 このように、安定してカウントを稼ぎに行けるので、味方のアサリの所持状況を把握しておくことは重要なのです。 敵のアサリ所持総数を把握する 敵のアサリの所持状況は、アサリの総数が画面上に表示されます。 そして敵のアサリ所持総数の把握をしておくことでできることが、攻防の切り替えです。 敵チームのアサリの所持総数が10を超えたら防衛に回れるように準備をしたほうがいいです。 それはスペシャルゲージを溜めることであったり、自陣の塗りを徹底したりなど、一方的に不利な状況にならないように動かなければいけません。 できることならチーム全体が敵のアサリ所持総数への意識を高めたいところですが、そういうわけにもいかないのが野良なので、少なくとも自分だけは攻防の切り替えができるようにしておきましょう。 とにかく、所持総数が10を超えたら注意とだけ覚えておいて下さい。 ジャンプ投げで一気に巻き返す ジャンプ投げとは、ガチアサリなどを持っている状態でゴール付近の味方に跳び、敵にジャンプ狩りされるのを厭わずただガチアサリなどをゴールに決めること行動を意味します。 1つでも多くカウントを稼がなければいけない、ゴールを開放しなければいけないと言う状況で使う手段で、 基本的には戦況を覆したり、確実に差を付けたいときに使います。 ジャンプする先となる味方の選び方としては、 着地して移動する必要がないく、ただ投げ入れるだけでいいくらいにゴールから近いプレイヤーです。 そうでなければ「沼ジャン」と同様の地雷行為なので注意したいですが、この方法で逆転が起こったりすることもかなりの頻度であるので、戦術としてはぜひ覚えておきたいです。 カウンターアサリに注意する ガチアサリをゴールに決められたチームは、ゴールが封鎖されたのち、ガチアサリが出現します。 この仕様からガチアサリはむやみにゴールすればいいというわけではなく、 ある程度カウントを稼げる算段がある状態でなければ、カウンターアサリを起点に戦況を覆されてしまうということも珍しくありません。 果たして敵チームのガチアサリを出現させてでも、現状ある1つのガチアサリをゴールに決めるべきか、少しでも稼げないとカウンターアサリで逆転されてしまわないかなど、カウンターアサリにより発生するリスクの判断もしっかりとしていきたいです。

次の

【スプラトゥーン2】ガチマッチとは?|ゲームエイト

スプラ ガチマッチ ルール

こちらのページでは『スプラトゥーン2(Splatoon2)』におけるガチマッチのルール「ガチアサリ」のルールと勝つ方法について紹介しています。 主に初心者から中級者向けの内容となっていますので、ガチアサリでなかなか勝てないと言う方や、勝つコツを知りたいと言う方は、ぜひ参考にしてください。 立ち回りを見直すきっかけとなれば幸いです。 ガチアサリのルール ゴールを決めてカウントを0にしたチームの勝利 ガチアサリは、アサリを集めガチアサリにしゴールを決めてカウントが0になるまでか、より0に近い方のチームが勝利すると言うルールのもと行われるバトルです。 アサリを10個集めてガチアサリにし、そのガチアサリをゴールに決めることでゴールが開放され、カウントを稼げるようになると言う、他3つのガチマッチのカウントを稼ぐ方法に比べると凝ったルールとなっていて、敵との駆け引きだけではなく、味方との駆け引き(どのタイミングでアサリの受け渡しをするかなど)もあるバトルです。 ガチアサリで勝つ方法 アサリは9個持ちを意識する ガチアサリでは、アサリを10個集めることでゴールを開放することのできるガチアサリに変化させられますが、このガチアサリを持っている状態ではガチホコのように敵から位置がバレた状態で立ち回ることとなります。 しかしアサリ9個以下であれば通常通り立ち回ることができ、ステルス行動も可能です。 スプラトゥーンにおいては、敵にこちらの位置がバレている状態は非常に危険なので、できる限りこのアサリの9個持ちを意識しましょう。 また、アサリの9個持ちをしていると、ゴール付近で遭遇した味方がまれに最後の1つをパスしてくれることがあります。 理解あるプレイヤーと同じチームになれば、アサリの9個持ちが打開のきっかけや起点ともなるので、そういう意味でも9個持ちへの意識は徹底したいです。 味方のアサリ所持状況を把握する アサリやガチアサリはパスすることができます。 この仕様から、味方のアサリの所持状況の把握は重要です。 そして、味方のアサリの所持状況の把握とはどの程度なのかと言うと、どの味方がどれだけアサリをもっているかの、個人単位の把握となります。 どの味方がアサリをいくつ持っているかを把握していれば、 どの味方にパスしたらゴールのチャンスがあるかの判断ができるので、単純に勝機を掴むきっかけが増えます。 そして味方とのアサリパスをするとなると、必然的に連携状態になるので、カウントの稼ぎやすさも格段に変わってきます。 このように、安定してカウントを稼ぎに行けるので、味方のアサリの所持状況を把握しておくことは重要なのです。 敵のアサリ所持総数を把握する 敵のアサリの所持状況は、アサリの総数が画面上に表示されます。 そして敵のアサリ所持総数の把握をしておくことでできることが、攻防の切り替えです。 敵チームのアサリの所持総数が10を超えたら防衛に回れるように準備をしたほうがいいです。 それはスペシャルゲージを溜めることであったり、自陣の塗りを徹底したりなど、一方的に不利な状況にならないように動かなければいけません。 できることならチーム全体が敵のアサリ所持総数への意識を高めたいところですが、そういうわけにもいかないのが野良なので、少なくとも自分だけは攻防の切り替えができるようにしておきましょう。 とにかく、所持総数が10を超えたら注意とだけ覚えておいて下さい。 ジャンプ投げで一気に巻き返す ジャンプ投げとは、ガチアサリなどを持っている状態でゴール付近の味方に跳び、敵にジャンプ狩りされるのを厭わずただガチアサリなどをゴールに決めること行動を意味します。 1つでも多くカウントを稼がなければいけない、ゴールを開放しなければいけないと言う状況で使う手段で、 基本的には戦況を覆したり、確実に差を付けたいときに使います。 ジャンプする先となる味方の選び方としては、 着地して移動する必要がないく、ただ投げ入れるだけでいいくらいにゴールから近いプレイヤーです。 そうでなければ「沼ジャン」と同様の地雷行為なので注意したいですが、この方法で逆転が起こったりすることもかなりの頻度であるので、戦術としてはぜひ覚えておきたいです。 カウンターアサリに注意する ガチアサリをゴールに決められたチームは、ゴールが封鎖されたのち、ガチアサリが出現します。 この仕様からガチアサリはむやみにゴールすればいいというわけではなく、 ある程度カウントを稼げる算段がある状態でなければ、カウンターアサリを起点に戦況を覆されてしまうということも珍しくありません。 果たして敵チームのガチアサリを出現させてでも、現状ある1つのガチアサリをゴールに決めるべきか、少しでも稼げないとカウンターアサリで逆転されてしまわないかなど、カウンターアサリにより発生するリスクの判断もしっかりとしていきたいです。

次の

【特集】『スプラトゥーン2』ガチマッチに参戦する時の心得 ─ これを読めば初心者でも勝てるかも?

スプラ ガチマッチ ルール

スプラトゥーンのバトル好きには堪らないモード「ガチマッチ」について解説。 これを読めばランクアップの近道になるかも。 スプラトゥーンのガチマッチとは? プレイヤーのランクが10になると参加できるバトルモード。 専用ルール「ガチエリア」「ガチヤグラ」「ガチホコバトル」があり勝ち進めば独自のレート「ウデマエ」が上がる。 マッチングも「ウデマエ」が近い同士となる。 勝利条件は相手チームの「カウント」を減らして0にするかタイムアップ時により減らしている側の勝ちとなる。 ガチマッチ終了後の順番の意味は? 結果発表で明らかになる順位は、「キル数」が多い順にランキングされる。 バトルを重視する「ガチマッチ」は、どれだけ塗ったかを争う「ナワバリバトル」とは異なる基準で評価される。 以下、より引用 ・ガチマッチの試合結果画面でのプレイヤーの表示順について、「ガチマッチの現在プレイ中のルールにおける最近10試合の勝ち越し数(勝ち数-負け数)」が多い順に並ぶように変更しました。 ガチマッチのコツ(立ち回り)はどうすればいい? コツ(立ち回り)は「ガチエリア」「ガチヤグラ」「ガチホコバトル」のルールによって異なる。 「ガチエリア」 「ガチエリア」では、インクでぬりつぶして確保した分相手のカウントが減るという「ナワバリバトル」と似たルール。 スタートしてからすぐに塗るべきガチエリアへ向かい、塗ることで防衛体制を整えよう。 「ガチヤグラ」 「ガチヤグラ」はメンバーが乗ったガチヤグラを相手チーム側のゴールまで移動させると相手の「カウント」を減らせるゲーム。 ヤグラに乗っている人数が多いほどスピードがあがるので、とにかくガチヤグラに乗ることが大事となる。 ただ、ヤグラの上は的になりやすいので、乗ることと相手を攻撃することのバランスが大事だ。 「ガチホコバトル」 「ガチホコバトル」は、ステージ上にある「ガチホコ」を奪取して相手チーム側まで運ぶことで「カウント」を減らせるゲーム。 大事なのはガチホコの行方。 自分がホコを持っていなくても、常にガチホコの場所はチェックしながらバトルを進めたい。 ガチマッチでのおすすめブキは? 低ランクで参加する場合は、拠点防衛に使える「わかばシューター」、連射とエリア塗りに優れる「プロモデラーMG」、大きなエリアを塗れる「スプラローラー」がオススメ。 塗り範囲に優れる「ダイナモローラー」は多くのユーザーが使う「ガチマッチ」で人気のブキ。 また、「52ガロン」も連射・攻撃力・防御力に優れバランスの高さが魅力。 キルを重視するなら「N-ZAP85」もいいだろう。 ガチマッチでのおすすめギアは? 「ガチエリア」などでは動きやすさを重視して「安全シューズ」(安全靴)がオススメ。 かつては「ステルスジャンプ」も優秀だったがアップデートで下方修正されて以前ほどの使い勝手は感じない。 服では「マーキングガード」が防御力に優れるので良い。 アタマは「カムバック」が優秀。 キルされることが多いガチマッチでは、デス後に全能力がアップする「カムバック」は重宝される。 【関連記事】 (画像は公式サイトより) (C)Nintendo 6周年記念イベント開催中!【ヴァンパイアブラッド】 [PR].

次の