オリガミペイ 社長。 【毎日106】メルペイがオリガミペイを買収。さて、どの決済を使う?|ゆうか@ADHD経営者|note

メルペイのオリガミペイ買収を考える【スマホ決済は戦国時代へ】 |戦国法人カード

オリガミペイ 社長

1月23日、突如としてメルペイへの事業売却を発表したOrigami(オリガミ)。 スマホ決済市場の開拓者として常に注目を集めてきた同社の身売りは、関係者から大きな驚きをもって受け止められた。 既報のとおり、決済サービス「Origami Pay」と「メルペイ」は今後統合される見通しだ。 その背景について、オリガミの内情をよく知る関係者はBuiness Insider Japanの取材に対し「(事業売却は)オリガミにとっては苦渋の決断だった」と、売却劇の内幕を明かした。 すべてのはじまりは、2019年11月。 キャッシュレス決済の巨人2社、ヤフー(PayPay)とLINE(LINE Pay)の経営統合の発表から始まった。 「(事業売却は)オリガミにとっては苦渋の決断でした」 オリガミをよく知る業界関係者はそう明かす。 買収をめぐる報道の中には、オリガミの康井義貴社長の手腕に対して、「うまく売り抜けた」という論調もあるが、事実は真逆だと言う。 「オリガミは、バイアウト(他社への事業売却)をギリギリまで考えていなかったはず」(業界関係者) オリガミは2012年2月に設立。 当初はECサービスアプリとして展開していたが、2015年10月にスマホ決済サービス「Origami決済(現Origami Pay)」がスタート。 その後、決済事業に主軸を移した経緯がある。 しかし、キャッシュレス業界はその後、PayPayの「100億円還元」に代表される還元合戦が激化し、消耗戦となっていく。 オリガミも例に漏れず、対象チェーンの店舗での支払いが割引となる「 オリガミで、半額。 」などを実施。 現在も、キャッシュレス還元事業の最大5%還元に、最大3%の還元額を上乗せするキャンペーンを実施している。 しかし、足下のキャッシュが減っていくうち、他社への売却を考えなくてはいけない水準まできてしまった」 前出の業界関係者は、今回の事業売却を、 事実上の「オリガミの資金枯渇」と「メルカリ(メルペイ)による事業救済」だったと説明する。 オリガミ康井社長の心境は想像するほかないが、少なくとも11月4〜8日に香港で行われたFinTech系イベントでは、Business Insider Japanの取材に対し「色んな国で展開できたら良いとは思っています」と、海外展開への展望を述べるなど、今後の発展への意欲を示していた。 ではなぜ、売却先はメルペイだったのか。 「売却先がメルペイになったのは結果論であり、ほかの事業者からは断られてしまったからです」(別の業界関係者) オリガミは、全国の数百の信用金庫へキャッシュレス決済基盤を提供したり、地方自治体と連携するなど、他社に比べて地方に根付いたビジネス展開を意識的に進めてきた。 しかし、Origami Payの加盟店は累計19万カ所。 競合であるPayPayは185万カ所超(2020年1月17日時点)。 売却先であるメルペイも約170万カ所(iD決済約90万カ所+コード決済約80万カ所、いずれも2019年9月時点)と、大きく差が開いている。 「直近のリリースを見ても、信金との連携や小さなキャンペーンばかり。 今回の買収劇の最大のポイントのひとつは「オリガミの売却額はいくらか」だ。 メルペイ、オリガミともに金額は明らかにしていない。 オリガミは、ヤフー・LINE経営統合報道以前に日本経済新聞が発表した「NEXTユニコーン調査」で企業価値417億円のベンチャーとして紹介されている。 しかし、メルペイ以外が手をあげなかったことは、この企業価値が大幅に毀損していることを意味するのではないか。 取得金額については資金ショートにあえぐオリガミに示された金額は「数十億程度だった」との指摘もある。 オリガミは設立から現在に至るまで、KDDIやソフトバンクグループ、クレディセゾンなどから累計88億円の資金調達を実施している(オリガミのリリースより)。 しかし、今回の買収を公表するリリースは、上場企業による買収では異例の非公表。 メルペイの親会社であるメルカリは、東証マザーズに上場しており、1月23日に適時開示を出しているが、取得価額は「当事者間の秘密保持義務に基づき非公表」としている。 これまでオリガミを見てきた関係者はこうみる。 現代のキャッシュレスブームが始まる前からベースとなるアプリを開発し、各地の信用金庫などをその潮流に誘致したオリガミの功績とそのビジョンは評価できる。 しかし、競争激化が原因とはいえ、企業価値が毀損されたまま資金ショートによる売却という結果は、同社の努力が一歩叶わなかったことに他ならない。 なお、本件に関連してオリガミ側に買収後の人員配置について問い合わせたところ、オリガミ広報担当者は「両社が最大に強みを発揮できる適切な人員配置について検討を行っております」と、現在185名の従業員に対する具体的なリストラ案などの明言は避けた。 (文、撮影・小林優多郎).

次の

【Origami Pay】オリガミペイの退会・解約方法。注意点も

オリガミペイ 社長

2019年11月、ヤフーとLINEは経営統合を発表した。 撮影:小林優多郎 すべてのはじまりは、2019年11月。 キャッシュレス決済の巨人2社、ヤフー(PayPay)とLINE(LINE Pay)の経営統合の発表から始まった。 「(事業売却は)オリガミにとっては苦渋の決断でした」 オリガミをよく知る業界関係者はそう明かす。 買収をめぐる報道の中には、オリガミの康井義貴社長の手腕に対して、「うまく売り抜けた」という論調もあるが、事実は真逆だと言う。 「オリガミは、バイアウト(他社への事業売却)をギリギリまで考えていなかったはず」(業界関係者) オリガミは2012年2月に設立。 当初はECサービスアプリとして展開していたが、2015年10月にスマホ決済サービス「Origami決済(現Origami Pay)」がスタート。 その後、決済事業に主軸を移した経緯がある。 Origami Payは現在も還元キャンペーンを実施している。 撮影:小林優多郎 しかし、キャッシュレス業界はその後、PayPayの「100億円還元」に代表される還元合戦が激化し、消耗戦となっていく。 オリガミも例に漏れず、対象チェーンの店舗での支払いが割引となる「 オリガミで、半額。 」などを実施。 現在も、キャッシュレス還元事業の最大5%還元に、最大3%の還元額を上乗せするキャンペーンを実施している。 しかし、足下のキャッシュが減っていくうち、他社への売却を考えなくてはいけない水準まできてしまった」 前出の業界関係者は、今回の事業売却を、 事実上の「オリガミの資金枯渇」と「メルカリ(メルペイ)による事業救済」だったと説明する。 オリガミ康井社長の心境は想像するほかないが、少なくとも11月4〜8日に香港で行われたFinTech系イベントでは、Business Insider Japanの取材に対し「色んな国で展開できたら良いとは思っています」と、など、今後の発展への意欲を示していた。 「オリガミ売却」に誰も手をあげなかった メルカリが1月23日に公開した「当社子会社による株式会社Origamiの株式の取得(孫会社化)に関するお知らせ」の一部。 出典:メルカリ オリガミは設立から現在に至るまで、KDDIやソフトバンクグループ、クレディセゾンなどから累計88億円の資金調達を実施している(オリガミのリリースより)。 しかし、今回の買収を公表するリリースは、上場企業による買収では異例の非公表。 メルペイの親会社であるメルカリは、東証マザーズに上場しており、1月23日に適時開示を出しているが、取得価額は「当事者間の秘密保持義務に基づき非公表」としている。 これまでオリガミを見てきた関係者はこうみる。 「評価額を明らかにできないのは、調達した金額より大幅に低く、投資家の反感を買うからでしょう」 2019年9月27日の「Origami Pay Conference 2019」で公開されていたOrigamiの新事業を含む構想図。 撮影:大塚淳史 現代のキャッシュレスブームが始まる前からベースとなるアプリを開発し、各地の信用金庫などをその潮流に誘致したオリガミの功績とそのビジョンは評価できる。 しかし、競争激化が原因とはいえ、企業価値が毀損されたまま資金ショートによる売却という結果は、同社の努力が一歩叶わなかったことに他ならない。 なお、本件に関連してオリガミ側に買収後の人員配置について問い合わせたところ、オリガミ広報担当者は「両社が最大に強みを発揮できる適切な人員配置について検討を行っております」と、現在185名の従業員に対する具体的なリストラ案などの明言は避けた。

次の

メルペイ Origami Payの完全子会社化を発表

オリガミペイ 社長

メルペイのオリガミペイ買収を考える 2020年 1月末、フリーマーケットアプリ最大手の「メルカリ」の子会社である「メルペイ」が、スマホ決済「O rigami」の買収を発表しました。 スマホ決済の戦国時代の幕開けともいえる発表から、今後の動向を読み解いていきます。 「Origami オリガミ は二束三文で身売りを迫られた」。 スマホ決済の草分けだったオリガミが多額の赤字に直面し、メルペイに買収されます。 キャンペーン合戦は体力勝負の様相を呈し、事業者の淘汰が本格化しています。 — 日本経済新聞 電子版 nikkei メルペイの Origami Pay買収の経緯 株式会社Origamiは 2016年にバーコード決済「 Origami Pay」を開始しました。 当時はスマホ決済 スマートフォンで買い物 が今ほど一般的ではなかった時代です。 代表的なキャッシュレス決済といえば、クレジットカードや、 QUICPay・ iDといったクレジットカード付帯の後払い ポストペイ 式の電子マネー、 Suicaや nanacoといった前払い プリペイド 式の電子マネーが主流でした。 そんな中、 QRコードでの決済事業を開始した Origami Payは、対象の店舗で使える半額クーポンや、ローソンのコーヒーが期間中毎日無料といった送客の手法により顧客の獲得を行っていました。 しかし、2017年にLINE Payが本格始動。 2018年には PayPayが出現します。 各社キャンペーン合戦によるユーザーの認知度向上により、 QRコードやバーコードを用いたコード決済市場は一気に拡大していきます。 PayPayの様に豊富な資金力を背景にした、「ユーザーへの大規模ポイント還元」や「加盟店手数料なし」といったキャンペーンを各社が競った結果、体力勝負の様相を呈します。 上記のような加速する市況に加え、 スマホ決済は先行投資型のビジネスです。 ネットワークやインフラの整備で多額の開発費用がかかり、整備が終わってユーザーが利用して初めて、ユーザーや加盟店から資金を回収できます。 ベンチャー企業である Origamiが単独で生き残るのは困難ですし、 Origamiの直近 3年の決算は赤字続きでした。 そんな中、Origamiの買収に動いたのがメルカリです。 また、今回の買収の遠因と予想されているのが LINE Pay・メルペイ・d払いの加盟店アライアンス「 Mobile Payment Alliance MoPA 」の提携解消です。 当初は相互の加盟店を共同で開拓していく予定だったものの、 LINE Payが PayPayに寝返り、 MoPAは解散。 メルカリは自力で加盟店開拓をしていかなければならず、目を付けたのが疲弊していた Origamiの買収だったのです。 メルペイとd払いが業務提携 docomo系列• 楽天ペイはau PAYへ共通のQRを提供 au系列• PayPayと LINE Payは実質的な経営統合 Softbank系列 今後もdocomo、au、Softbankの大手通信キャリア 3社を柱とし、これまで乱立していたスマホ決済事業者は統合していくことが予想されます。 また、これまではバラバラだったコード決済のポイントを統合する事業者の出現が予想されます。 キャッシュレス、相互交換可能に JCB・富士通開発へ — 日本経済新聞 電子版 nikkei 「メルペイの残高が 154円、 LINE Payが 690円……中途半端で使いづらいし、どこかでまとめられないかな~」と不満に思われていた方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、各コード決済を変換し一つのバリューへまとめられる日も近いです。 では、次に視点を加盟店へ移してみましょう。 これまで各社異なっていたコードの規格が統一される動きがあります。 「 PayPayはこのコード使って、 LINE Payはこっちの読み取り機で読み取って、楽天ペイはこっちで…」と煩雑だったオペレーションを一つにまとめられる決済端末が出現することが予想されます。 結局、どのスマホ決済がお得? あくまでも個人的な意見ですが、どれか一つだけをあげるのならば、PayPayをおすすめします。 加盟店開拓が他のコード決済よりも抜きんでており、より広い範囲で使えるので自然と還元額も大きくなります。 還元率が高くても使えなければ意味がないので、一番お得なコード決済と言えます。 また、経費精算システム「コンカー」との連携を発表しており、今後は個人のみならず法人にも使いやすい決済手段となるでしょう。 それぞれのアカウントを作って、キャンペーンのたびにメイン決済を乗り換え、こまめに還元分を利用するのが一番お得です!• 関連する記事• 2020. 14 クレジットカード業界に就職したいという方は必見です。 カード業界で5年働いた現役法人カード営業マンが、クレジットカード業界のメリット・デメリット、実際[…]• 2019. 01 今回は「クレジットカードはカードレスの時代に突入?」をご紹介します。 目次 1. クレジットカードはカードレスの時代に突入?2. 【事例[…]• 2019. 01 今回は「法人カードはキャッシュレス・消費者還元事業の対象なのか?! 」をご紹介します。 目次 1. 【一覧】キャンペーン対象の法人カード2[…]• 2020. 19 今回は「PayPayに法人カードは使えるのか?」をご紹介します。 目次 1. 【疑問】PayPayに法人カードは使えるのか?2. 【回答[…]• 2020. 26 今回は「マイナポイントの概要と手続きとは?! 」をご紹介します。 目次 1. マイナポイントの概要と手続きとは?! マイナポイント事業[…]• 2020. 01 今回は「2020年4月からキャッシュレス決済で領収書が不要に」をご紹介します。 目次 1. 電子データで領収書が不要になります2. 法人[…].

次の