インチアップ 早見 表。 タイヤとホイールのインチアップとは|計算方法からメリットやデメリットも解説

インチアップ時に気を付けたいロードインデックスと空気圧(ロードインデックス早見表あり)

インチアップ 早見 表

インチアップ適合表 インチアップとは? インチアップとは、外径を変更せずに、ホイール径を大きくし、タイヤを低偏平率タイヤに変更することです。 インチアップの特徴を踏まえた上で、タイヤサイズ適合表を参考にタイヤとホイールをお選びください。 また、タイヤ&ホイールの専門カーショップ フジコーポレーションでは、信頼できるスタッフが、ご来店をお待ちしておりますので、お気軽にご相談ください。 インチアップする際には負荷能力(ロードインデックス値)に注意!! インチアップするサイズの負荷能力(ロードインデックス値)が、標準タイヤサイズの負荷能力(ロードインデックス値)を下回らないようにご注意ください。 偏磨耗やバーストの原因にも繋がります。 詳しくはお問合せください。 インチアップの特徴 インチアップの特徴としては、主に次のような項目があげられます。 ・ファッション性UP ・グリップ力等運転の応答性UP ・ロードノイズが大きくなる ・乗り心地が硬めになる ・タイヤが太くなり砂利等を跳ね上げ易くなる。 ご注文の際、そのような場合は当社よりメールやお電話でご連絡を差し上げます。 装着される車種・年式・グレード等により現品と異なる場合がございます。 また、商品納入の都合上、納期のかかる場合がございます。 お客様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、予めご容赦くださいますようお願い申し上げます。 タイヤ・ホイールセットを店舗でお受取りされる場合は、別途作業工賃・廃タイヤ料金(サイズ・車種により異なります)が かかる場合がございます。 また、一部取付けを行っていない商品もございますので、詳しくはご来店される店舗にお問い合わせ下さい。

次の

【インチ・ミリ換算】サイズ換算早見表

インチアップ 早見 表

1、純正タイヤサイズを知っておく まず、純正のタイヤサイズを知っておいて下さいね。 ・運転席のドアを開けたところにステッカーが貼ってあるはずです。 ・タイヤにもちゃんと書いてあります。 2、インチアップ編 このサイトが見易いと思います。 純正のタイヤサイズを入力して、計算すると。 対応表が表示されます。 注意事項を良く読んで、参考にしてください。 3、インチダウン編 使うサイトサイトは一緒です。 インチアップも一緒に見れます。 検索結果が慣れないと少し見にくいかもしれませんので、あしからず。 まとめ 今回ご紹介したサイトはあくまで参考にだけして下さい。 これで大まかなサイズを調べて、タイヤショップや、ガソリンスタンドに実車を持ち込んで最終確認してもらって下さいね。 インチダウンはブレーキに当たって不可能な場合もありますので注意が必要です。 (ブレーキローター、キャリパーなどの部品に干渉等により。 113• 107• 103• 106• 2 アーカイブ•

次の

インチアップ、サイズ変更について

インチアップ 早見 表

インチアップとは、タイヤの外径はほぼ同じにして、タイヤの偏平率を下げて、ホイールのリム径を大きくすること。 タイヤを横から見てサイドウォール(側面)が薄くなることで、自動車の運動性能とファッション性がアップします。 インチダウンとは? インチダウンとはタイヤの外径をほぼ同じにして、タイヤの偏平率を上げて、ホイールのリム径を小さくすること。 スタッドレスタイヤをホイールとセットで購入する際、インチダウンを選択するドライバーもいます。 また、少数派かもしれませんけど、純正のタイヤサイズとホイールサイズに対して乗り心地や乗り味、パターンノイズ、ロードノイズに不満があるならば、インチダウンを選択するオーナーもいます。 この場合、ブレーキローターの直径やブレーキキャリパーの形状によっては制限を受ける場合があります。 詳細はタイヤ&ホイール店で相談が確実です。 【Step2】ホイールサイズを指定 次に、早見表の「表示する範囲」でホイールのリム径を指定します。 (実際のスピードメーターは誤差があります。 インチダウンの場合 早見表の「表示する範囲」でホイールのリム径を指定します。 【注1】車両によってはブレーキローターの直径とキャリパーの関係上、インチダウンが不可の場合があります。 【注2】前後異形タイヤの場合、ホイールのインセットを含めてタイヤ販売店でサイズ確認が必要です。 【注3】インチアップ、ダウンの際、タイヤのロードインデックスに注意が必要です。 ロードインデックス(LI) ロードインデックス(LI)はタイヤ1本で支えることができる最大負荷能力を示す指数。 一例として、次のタイヤサイズの場合、ロードインデックスは「 91」。 ロードインデックス一覧(LI) LI 負荷能力 kg 60 250 61 257 62 265 63 272 64 280 65 290 66 300 67 307 68 315 69 325 70 335 71 345 72 355 73 365 74 375 75 387 76 400 77 412 78 425 79 437 80 450 81 462 82 475 83 487 84 500 85 515 86 530 87 545 88 560 89 580 90 600 91 615 92 630 93 650 94 670 95 690 96 710 97 730 98 750 99 775 100 800 101 825 102 850 103 875 104 900 105 925 106 950 107 975 108 1000 109 1030 110 1060 111 1090 速度記号(スピードレンジ) タイヤには速度記号が表示されています。 一例として、次のタイヤサイズの場合、速度記号は「 V」。 欧州車の多くは高速走行時の空力を考慮し、フェンダーと新車装着タイヤがほぼ面一のモデルが多いのが特徴。 フェンダーとタイヤとの隙間が目立つと、それが原因で空気の流れが悪化します。 ただホイール交換の際、ドレスアップを優先してフェンダーぎりぎりのツライチにインセットを変更するとデメリットもあります。 [関連記事] 人気の記事• 68,558件のビュー• 54,085件のビュー• 40,377件のビュー• 33,868件のビュー• 31,732件のビュー• 28,067件のビュー• 27,952件のビュー• 15,419件のビュー• 15,400件のビュー• 15,080件のビュー• 14,601件のビュー• 14,456件のビュー• 14,404件のビュー• 14,087件のビュー• 13,028件のビュー 最近の投稿• カテゴリー• 1 ポチっとお願いします。

次の