アルミン 巨人 化。 【進撃の巨人】巨人化した兵士たちが死亡、ピクシスやナイルも

ベルトルト死亡シーンがトラウマ?アニが好きな寝相の悪いフーバーの最後

アルミン 巨人 化

「何も捨てることができない人には 何も変えることはできないだろう」 概要 CV:• 身長:163cm• 体重:55kg• 年齢:850年当時15歳、初登場時は10歳、入団時12歳、854年現在19歳• 出身地:ウォール・マリア南端• 誕生日:• 実写版キャスト:• 公式人気投票第1回:10位・第2回:6位 濃く太い眉毛、やや丸めの鼻、耳が隠れるのの少年。 アニメでは、冒頭や次回予告での語り部を担う。 との幼馴染。 特にエレンとは、ミカサと知り合う以前からの親友で、彼と同じくシガンシナ区で生まれ育った。 彼のが隠し持っていた、外界について記された蔵書を彼がエレンに見せたことが、エレンが外の世界に憧れる切っ掛けとなっており、以来、エレンとアルミンは同じ夢を抱いていることになる。 理知的で探究心に富んでおり、「人類はいずれ外の世界へ行くべき」という考えを持っている。 その性格と思想故か(この世界に於いて「壁の外」を求めることは禁忌とする風潮がある)町の少年達によく虐められ、そこをエレンとミカサに助けられることが昔から多かった。 巨人侵攻の翌年に敢行された、領土奪還作戦に従軍した両親(アニメでは祖父)が死亡しており、それを難民の「口減らし」を意図した施策と察して、これを主導した憲兵団を恨んでおり、この作戦を実行した王政の状況を黙って見ていることが出来ず、エレンとミカサと共に訓練兵団に入団する。 頭脳の優秀さからエレンや教官からは技巧職に就くよう勧められたが、本人はエレンと同じを希望し、入団に至った。 性格・能力 体格はやや小柄で体力に乏しく、身体能力は高くない。 (とはいえ立体機動装置を扱う軍人。 原作ではがバキバキに割れている描写がある。 ) 堅固な意志を持つが、活発さに欠ける性格を自覚しており、そこに不甲斐無さも感じているという内罰的な一面を持つ。 また、幼い頃からいつもエレンとミカサに守られていたため、自分は無力で二人にとって足手纏いになっているという劣等感を抱え込んでいた。 訓練兵として初陣であるトロスト区での出来事からその考え方は更に悪化し、当初は戦友達を助けられず、巨人に一矢たりとも報いることが出来なかった自分を深く恥じた。 だが、戦闘能力自体は低いものの、その才能は別の側面にあり、の面々よりも理知的で鋭敏な 頭脳を持つ。 事実、幼い頃のシガンシナ区での巨人襲来時に、母・カルラを助けようと巨人に襲われかけたエレンとミカサの元へ、直ちにを呼び、結果として二人の命を救ったのは、他でもないアルミンの行動のお陰だとエレンは言う。 そして、トロスト区でのエレン覚醒後の処刑の危機に瀕した際には、危機的な状況でこそ的確な判断や知略を利かせられるという、自分達が持たない資質の持ち主であることを二人から諭され、三人の命運を分ける決死の説得を任された。 そうして己に自信が持てるようになった以後は、意志の強さ、強かさを表に出せるようになり、思考に基づく行動的な面も見せるようになってきた。 トロスト区奪還作戦に於いては、作戦の立案者であり、巨人化後制御不能に陥ったエレンを覚醒させ、頓挫しかけた作戦を成功に導いた立役者である。 物語が進み始めてからは、周囲が気付かない重要な事項を、僅かな手掛かりを切っ掛けに誰よりも早く察し始めるなど、物語の大きな転換を生み出す存在に位置している。 その高い信頼から調査兵団の中でもリーダーを任されることも増えており、リヴァイ不在時にはの指揮を任されるまでになった。 このように知略に優れ発想力も高いが、自分の読みが外れてしまうと判断力が鈍るという欠点がある。 そのため指揮官よりもその才覚は参謀向きであり、読みを外してパニックになった時はに指揮役を託し、ジャンが全員の指揮を取る中で敵の弱点探しに集中し見事に逆転に成功した。 卒業時では上位10名外に位置し、戦闘模擬試験の合格は奇跡と本人も認めているほどだが、明晰な頭脳と豊富な知識により 座学ではトップの成績を修めている。 前線に配置されてからは、率先して作戦を立案し幾度となく仲間の危機を救っているなど、参謀的な役割が適している。 2014年1月号の別冊少年マガジンの付録のドラマCDにて埃アレルギーであることが判明した。 ウォール・マリア奪還作戦 ウォール・マリア奪還作戦では、が鎧の巨人であるや超大型巨人の見つけられずに居る中、「壁の中」を探すよう提案し、見事壁の中に潜んでいたライナーを発見した。 その後、鎧の巨人を仕留める寸前でかつて故郷を破壊した超大型巨人の予想外の奇襲を受け、絶望的な状況の最中、エレンと共に戦うことを決意し、作戦を実行。 作戦は成功し、見事超大型巨人を仕留めることができたが、陽動のために力尽きる寸前まで超大型巨人の蒸気を浴び続けたことで絶望的な状況になる。 そこを獣の巨人の後を追い、巨人化の薬を持っていたリヴァイと合流。 エレンはアルミンに巨人化の薬を打つことを懇願するも、そこへ重症のエルヴィンを背負ったフロックも合流し、エレンとミカサはアルミンに打つことを、リヴァイとハンジとフロックはエルヴィンに打つこと主張し、両者は対立。 最終的にミカサはハンジの説得もあり、アルミンへ投与する事を諦めるが、エレンは最後まで諦めず、アルミンへ投与することを説得したが、最後はリヴァイの権限の元、エルヴィンへと投与される事となった。 しかし、注射針をエルヴィンの腕に刺したところで、彼はリヴァイの腕を払いのける。 そして寝言のようにおそらく彼が見ているであろう、彼の幼き頃の、父親へ質問をしたあの頃と同じ質問を口にする。 それを見たリヴァイは人類の為に重荷を背負い続けた彼を生き地獄から解放することを決め、注射をアルミンへと使った。 薬により 巨人化したアルミンは、超大型巨人の能力を持つベルトルトを喰らい、その能力を継承し、生存した。 しかし、本人は自分ではなく、エルヴィンに使うべきだったと、戸惑いを隠せないようだった。 それから一年後 851年。 壁の外の巨人を大方始末し、海を見た際は涙を浮かべていた。 四年後 854年 マーレ奇襲の際は彼等の船で待機し、巨人化。 見事マーレ戦力の減少に成功。 しかし、その奇襲後、エレンの態度を度々不安に思っている。 「今のエレンが敵かどうか」という104期生内での言い争いではミカサと共に「今のエレンも敵ではない」という立場を取りつつも、それに続けて「エレンとじっくり話し合って、それでも味方だという確信が得られなかったらエレンの巨人の力を誰かに継承させる(=エレンを誰かに喰わせる)」という実にアルミンらしい私情を殺した思考を披露した。 pixivでは 中性的な容姿からの人気も根強く、なんてタグが出来るほど。 も多い。 ちなみに、原作者である諫山先生曰く、の中でと一番仲がいい 女子はアルミンらしい・・・・・・。 公式サイトの4コマ漫画でバニーガールの衣装を着用してからというもの、の愛称でバニー姿のイラストが次々と投稿されている。 そして、とうとう公式本編でも。 他にもミカサのからエレンを守ろうとしたり、上司であるリヴァイを交えたに巻き込まれたりといった、いわゆる『 苦労人』キャラ扱いも受けている模様。 つ胃薬 関連イラスト.

次の

進撃の巨人アルミンの名言!いい人だけどゲスミンとまで言われたセリフとは

アルミン 巨人 化

「何も捨てることができない人には 何も変えることはできないだろう」 概要 CV:• 身長:163cm• 体重:55kg• 年齢:850年当時15歳、初登場時は10歳、入団時12歳、854年現在19歳• 出身地:ウォール・マリア南端• 誕生日:• 実写版キャスト:• 公式人気投票第1回:10位・第2回:6位 濃く太い眉毛、やや丸めの鼻、耳が隠れるのの少年。 アニメでは、冒頭や次回予告での語り部を担う。 との幼馴染。 特にエレンとは、ミカサと知り合う以前からの親友で、彼と同じくシガンシナ区で生まれ育った。 彼のが隠し持っていた、外界について記された蔵書を彼がエレンに見せたことが、エレンが外の世界に憧れる切っ掛けとなっており、以来、エレンとアルミンは同じ夢を抱いていることになる。 理知的で探究心に富んでおり、「人類はいずれ外の世界へ行くべき」という考えを持っている。 その性格と思想故か(この世界に於いて「壁の外」を求めることは禁忌とする風潮がある)町の少年達によく虐められ、そこをエレンとミカサに助けられることが昔から多かった。 巨人侵攻の翌年に敢行された、領土奪還作戦に従軍した両親(アニメでは祖父)が死亡しており、それを難民の「口減らし」を意図した施策と察して、これを主導した憲兵団を恨んでおり、この作戦を実行した王政の状況を黙って見ていることが出来ず、エレンとミカサと共に訓練兵団に入団する。 頭脳の優秀さからエレンや教官からは技巧職に就くよう勧められたが、本人はエレンと同じを希望し、入団に至った。 性格・能力 体格はやや小柄で体力に乏しく、身体能力は高くない。 (とはいえ立体機動装置を扱う軍人。 原作ではがバキバキに割れている描写がある。 ) 堅固な意志を持つが、活発さに欠ける性格を自覚しており、そこに不甲斐無さも感じているという内罰的な一面を持つ。 また、幼い頃からいつもエレンとミカサに守られていたため、自分は無力で二人にとって足手纏いになっているという劣等感を抱え込んでいた。 訓練兵として初陣であるトロスト区での出来事からその考え方は更に悪化し、当初は戦友達を助けられず、巨人に一矢たりとも報いることが出来なかった自分を深く恥じた。 だが、戦闘能力自体は低いものの、その才能は別の側面にあり、の面々よりも理知的で鋭敏な 頭脳を持つ。 事実、幼い頃のシガンシナ区での巨人襲来時に、母・カルラを助けようと巨人に襲われかけたエレンとミカサの元へ、直ちにを呼び、結果として二人の命を救ったのは、他でもないアルミンの行動のお陰だとエレンは言う。 そして、トロスト区でのエレン覚醒後の処刑の危機に瀕した際には、危機的な状況でこそ的確な判断や知略を利かせられるという、自分達が持たない資質の持ち主であることを二人から諭され、三人の命運を分ける決死の説得を任された。 そうして己に自信が持てるようになった以後は、意志の強さ、強かさを表に出せるようになり、思考に基づく行動的な面も見せるようになってきた。 トロスト区奪還作戦に於いては、作戦の立案者であり、巨人化後制御不能に陥ったエレンを覚醒させ、頓挫しかけた作戦を成功に導いた立役者である。 物語が進み始めてからは、周囲が気付かない重要な事項を、僅かな手掛かりを切っ掛けに誰よりも早く察し始めるなど、物語の大きな転換を生み出す存在に位置している。 その高い信頼から調査兵団の中でもリーダーを任されることも増えており、リヴァイ不在時にはの指揮を任されるまでになった。 このように知略に優れ発想力も高いが、自分の読みが外れてしまうと判断力が鈍るという欠点がある。 そのため指揮官よりもその才覚は参謀向きであり、読みを外してパニックになった時はに指揮役を託し、ジャンが全員の指揮を取る中で敵の弱点探しに集中し見事に逆転に成功した。 卒業時では上位10名外に位置し、戦闘模擬試験の合格は奇跡と本人も認めているほどだが、明晰な頭脳と豊富な知識により 座学ではトップの成績を修めている。 前線に配置されてからは、率先して作戦を立案し幾度となく仲間の危機を救っているなど、参謀的な役割が適している。 2014年1月号の別冊少年マガジンの付録のドラマCDにて埃アレルギーであることが判明した。 ウォール・マリア奪還作戦 ウォール・マリア奪還作戦では、が鎧の巨人であるや超大型巨人の見つけられずに居る中、「壁の中」を探すよう提案し、見事壁の中に潜んでいたライナーを発見した。 その後、鎧の巨人を仕留める寸前でかつて故郷を破壊した超大型巨人の予想外の奇襲を受け、絶望的な状況の最中、エレンと共に戦うことを決意し、作戦を実行。 作戦は成功し、見事超大型巨人を仕留めることができたが、陽動のために力尽きる寸前まで超大型巨人の蒸気を浴び続けたことで絶望的な状況になる。 そこを獣の巨人の後を追い、巨人化の薬を持っていたリヴァイと合流。 エレンはアルミンに巨人化の薬を打つことを懇願するも、そこへ重症のエルヴィンを背負ったフロックも合流し、エレンとミカサはアルミンに打つことを、リヴァイとハンジとフロックはエルヴィンに打つこと主張し、両者は対立。 最終的にミカサはハンジの説得もあり、アルミンへ投与する事を諦めるが、エレンは最後まで諦めず、アルミンへ投与することを説得したが、最後はリヴァイの権限の元、エルヴィンへと投与される事となった。 しかし、注射針をエルヴィンの腕に刺したところで、彼はリヴァイの腕を払いのける。 そして寝言のようにおそらく彼が見ているであろう、彼の幼き頃の、父親へ質問をしたあの頃と同じ質問を口にする。 それを見たリヴァイは人類の為に重荷を背負い続けた彼を生き地獄から解放することを決め、注射をアルミンへと使った。 薬により 巨人化したアルミンは、超大型巨人の能力を持つベルトルトを喰らい、その能力を継承し、生存した。 しかし、本人は自分ではなく、エルヴィンに使うべきだったと、戸惑いを隠せないようだった。 それから一年後 851年。 壁の外の巨人を大方始末し、海を見た際は涙を浮かべていた。 四年後 854年 マーレ奇襲の際は彼等の船で待機し、巨人化。 見事マーレ戦力の減少に成功。 しかし、その奇襲後、エレンの態度を度々不安に思っている。 「今のエレンが敵かどうか」という104期生内での言い争いではミカサと共に「今のエレンも敵ではない」という立場を取りつつも、それに続けて「エレンとじっくり話し合って、それでも味方だという確信が得られなかったらエレンの巨人の力を誰かに継承させる(=エレンを誰かに喰わせる)」という実にアルミンらしい私情を殺した思考を披露した。 pixivでは 中性的な容姿からの人気も根強く、なんてタグが出来るほど。 も多い。 ちなみに、原作者である諫山先生曰く、の中でと一番仲がいい 女子はアルミンらしい・・・・・・。 公式サイトの4コマ漫画でバニーガールの衣装を着用してからというもの、の愛称でバニー姿のイラストが次々と投稿されている。 そして、とうとう公式本編でも。 他にもミカサのからエレンを守ろうとしたり、上司であるリヴァイを交えたに巻き込まれたりといった、いわゆる『 苦労人』キャラ扱いも受けている模様。 つ胃薬 関連イラスト.

次の

進撃の巨人・アルミンはアニが好き?結晶化のアニに何を見ているのか?

アルミン 巨人 化

エレンのプロフィール 出典: 身長170㎝ 体重63キロ 誕生日 3月30日 ぶっきらぼうで無鉄砲。 猪突猛進。 「目つきが凶悪で悪人面」と評されている。 全てを投げ打つ程の純粋過ぎる正義感は、同期から 「死に急ぎ野郎」、上司であるリヴァイから 「誰にも止められない化け物」と言われるほど狂気染みている。 ぶっきらぼうで無鉄砲。 猪突猛進。 「目つきが凶悪で悪人面」と評されている。 全てを投げ打つ程の純粋過ぎる正義感は、同期から「死に急ぎ野郎」、上司であるリヴァイから「誰にも止められない化け物」と言われるほど狂気染みている。 過去9歳時、まだ会ったこともなかったミカサの両親を殺害して彼女を連れ去った人攫いを追い、自分が子供であることを利用した演技で相手を油断させて殺し、「たまたま自分達と姿の似た獣を駆除しただけ」と躊躇わず言い切るという、幼い頃から自分が悪と認めた相手への容赦を一切見せない思考を持っていたことが伺える。 幼い頃はウォール・マリア南側の壁外への扉があるシガンシナ区で、医者の父・グリシャと母・カルラ、そしてミカサの両親が亡くなってからは彼女も一緒に生活していた。 アルミンによって「壁の外の世界」を知らされると、「いつか壁の外に出て世界中を探検する」という夢を持つようになる。 そのため、唯一壁の外へ行く調査兵団に憧れを抱き、入団することを目指していた。 エレンが巨人となった経緯と原因とは グリシャに注射を打たれたエレン 出典: 巨人によって壁が破壊されたとき、エレンからカルラ(エレンの母親)が巨人に殺されたことを知ったグリシャはエレンを森に連れていきます。 「母親の仇をうて」グリシャは泣きながら怯えるエレンに 無理やり注射を打ちます。 これによってエレンは巨人化する能力を得ました。 注射器の中身とは? 出典: ロッド・レイスはヒストリアを巨人化させようとするとき「彼(エレン)の背骨を噛み砕き脊髄液を体内に入れればよいのだ」といっています。 巨人あるいは巨人化する能力のある人間の脊髄液を摂取することで、巨人化も含めて相手の能力や記憶を得ることができるようです。 よって注射器の中身は巨人の脊髄液ではないかと思われます。 ロッドが割れた注射器の中身を舐めて巨人化した姿から考えると、ヒストリアに使用されようとしていた注射器の中身は超大型巨人(ベルトルト)の脊髄液で、エレンがどさくざにまぎれて見つけた「ヨロイ ブラウン」と書かれた瓶には鎧の巨人(ライナー)の脊髄液が入っていたのでしょう。 エレンに「初代王」の能力の継承させるため! レイス家は代々 「巨人の力」と 「世界の記憶」を選ばれた一人に継承させ続けてきました。 「世界の記憶」を口外する権利は継承した当人に委ねられているようですが、今までに口外した者は一人もいません。 継承した瞬間から 「初代王」といわれる人物の人格が宿り、みな一様に世界の記憶については語らず「人々の愛がどうしたとか平和がどうのこうのとか 似たようなことをほざいている(ケニー)」らしいです。 「初代王」を継承していたヒストリアの姉・フリーダを食べたグリシャが、自分を巨人化させたエレンに食べさせたことによってレイス家のもつべき「初代王」の記憶と能力は現在エレンにあります。 しかしレイス家の血筋でなければ「初代王」の能力の真価を使いこなすことは出来ないようです。 エレンは座標の能力を使いグリシャの記憶を開くことは出来ていますが、「世界の記憶」は開いていません。 「世界の記憶」はエレンに所持されているだけの状態です。 下の動画は、アニメでエレンがシガンシナ陥落後グリシャに注射を打たれるシーンの動画です。 図らずもミカサを覚醒させ、子ども2人で大人の男3人を殺害。 エレンが自分以外と仲良くしていると相手が男女問わず嫉妬してしまう様は恋心なのか、家族への気持ちなのか…愛情なことは確かですが、そこの区別は難しそう 笑 出典: エレンはミカサのことを基本的には世話焼きな姉のように思っているらしく、ミカサに守られたり素行を注意されるたびに不満げな態度をとっていました。 周りが凍り付くくらいミカサが嫉妬全開であってもエレン本人は全く気付いていない修羅場もしばしば 笑 しかしレイス家と巨人化をめぐる騒動の後、ミカサに対して素直に謝罪や感謝を言えるようになっています。 今後、ミカサに対してエレンの態度は変わっていくのでしょうか。 注目ですね。 エレンとクリスタの関係性 クリスタ、そしてヒストリアに対するエレンの印象 出典: ヒストリア・レイスは天使と呼ばれていたクリスタ時代とは一変、ネガティブ発言や悪態が目立ちます。 自分の本性に知ってさぞ周囲は失望しているだろうというヒストリア。 しかしエレンは「他はどうか知らねぇけど」と前置きして、実は無理して笑顔を作っている不自然なクリスタが気持ち悪くて苦手だったと告白します。 そしてヒストリアに対しては 「今のお前は何かいいよな」「ただバカ正直な普通のヤツだ」と好感をもっているようです。 誰からも愛されたことのない本当の自分を肯定するエレンの言葉にきょとんとするヒストリア。 エレンの天然タラシがいかんなく発揮されていますね。 アニの足技を褒めるときもそうでしたが、エレンは女子に下心がないせいかさらりと褒めることができます。 天性のイケメンですね…! 人類を担う二人のこれからは? 初代王継承問題を経て、本心をぶつけあったエレンとヒストリア。 一時は殺し殺されの状況に置かれた、その命で人類の未来を担っている二人は訓練兵時代よりもかなり親しい仲になっています。 2人の関係は読者にとってかなり気になるところですが、読者以上にミカサが注目していそう 笑 エレンの母を食べた巨人はアルミン!? 出典: エレンの母・カルラを食べた巨人の正体がアルミンであったのではないかという説がたっています。 カルラが食べられるときアルミンの所在が不明だったこと ハンネスを呼びに行ったとは言われていますが、カルラが食べられるときどこにいたかが不明 、そして件の巨人とアルミンのおかっぱ風の髪型が似ていることが噂を立ち上げた原因だと思われます。 しかし第50話「叫び」の壁画委調査でその巨人が再び登場した時、アルミンは人の形のまま気絶したジャンを抱えながらモブ巨人にブレードを向けている様子が描写されていました。 あの距離でアルミンが実はカルライーターの巨人とは言い難いです。 アルミン=カルラを食べた巨人説は否定されたといってよいでしょう。 エレンの父親の真の目的とは? 黒幕説が囁かれているグリシャですが、確かに怪しいところが満載です。 まずグリシャが巨人であることがほぼ確実と言われています。 その目的は「巨人だけど人類を助けるために壁の中にきたのか?」それとも「巨人側からのスパイとして入ってきたのか?」 どちらかではないかと思われます。 二つを組み合わせて「巨人側からスパイとして壁内にきたけれど、壁内で暮らしているうちに人類側になって対抗勢力を作ろうとした」という考え方やその逆もできますがややこしくなるので、「最新のグリシャの目的」を考えましょう。 これはグリシャが壁内に入るため、調査兵団と接触できるように叫びの力のようなものを使っていたのではないかと思います。 意図的に壁内に入ってきた巨人だと考えるともう何もかもが怪しく見えてしまいますが、(笑)調査兵団を褒めるときの言葉、カルラ死亡を聞いた時の絶望っぷりやレイス家と話しているときの必死そうな顔つきからすると 人類側の味方 のように に見えます。 最後に 謎が謎を呼び続けるグリシャの存在。 グリシャ黒幕説も一読者として面白いと思うのですが、もしそうだったらエレンが可哀想すぎますね…。 果たして真相や如何に。 グリシャが人類の味方か、敵か。 皆さんはどちらだと思いますか?.

次の