生理前 頻尿。 生理前の頻尿について知っておきたいこと

トイレが近くて困る。生理前や生理中に頻尿になる理由とは

生理前 頻尿

生理前は特に、「 むくむ」という方もいれば頻尿になり、「 尿が近い」という方もいます。 トイレへ行ってもそれほど出ないのに、どうして尿が近いのか、気になっている人も多いのではないでしょうか? 実は、「尿が近い」という状態は、色々な 原因が隠されているのです。 では、どのような対処法を取れば良いのでしょうか? 生理前に頻尿が起こる3つの原因 生理前になると、頻尿を感じる人は比較的多いと言われています。 その原因は、現在も研究が続けられている最中ですが、基本的には以下のようなものが挙げられるようです。 黄体ホルモンの増加• 水分の過剰摂取• 心因性 当てはまる人も多い、これらの原因について次から詳しく見ていきます。 1:黄体ホルモンの増加 生理前に頻尿になると、それがパターン化して生理前になれば必ず、 頻尿になってしまうという方が多いようです。 黄体ホルモンが原因で起こる症状ですが、黄体期に高温期の体温を保ち、体温が下がるにつれて頻尿もなくなっていきます。 高温期は、「おしっこに行きたくなる」という状態が、短時間で起こります。 トイレへ行ってもたくさん出るわけじゃなく、ただ「 尿意を感じること」が多くなる症状です。 黄体ホルモンは、「もし妊娠をしていたら」という仮定を持って行動をするので、 妊娠に耐えられる体を作ろうと必死になります。 これが、「尿が近い」という現象と深く結びついているのです。 スポンサーリンク 2:水分の過剰摂取 生理前になると、 喉の渇きを覚える人も少なくありません。 暑い時期ではないし、運動もしていないのに喉だけが渇く。 これは黄体ホルモンの影響が十分に考えられます。 このとき、必要もないのに水分を 摂取するので、必然的に頻尿傾向になってしまうのです。 ただし、これは体が求めていることなので無理に制限をかけると、違う部分に悪影響を及ぼす恐れがあります。 体調不良が悪化したり、免疫機能が低下するなどの懸念もあるので、なるべく喉が渇いたら 飲むようにしてください。 ただ、この「喉の渇き」は、体が水分を溜めこむことに繋がって「むくみ」を発生させてしまいます…。 これは、妊娠に耐えられる体を作るために、栄養分を溜めこもうという作用が働くからです。 人間の体は水で構成されていると言っても過言ではないほど、水分が 必須。 妊娠に耐えるには、とにかく水分を蓄えておかなければならないのです。 簡単に言うと「むくむ」という症状が出るのですが、体が溜められる水分には 限界があります。 体にたまっている水分は、尿として出るだけじゃなく体全体にたまり、汗としても出ていきます。 3:心因性 実のところ、生理前の「頻尿」は 心因性によるものが多いと言われています。 つまり、過去の生理前に頻尿を経験したから、その記憶がよみがえってきて「尿が近い」と錯覚するのです。 それが錯覚に留まれば良いのですが、 思い込みの力によって本当に頻尿が起きてしまう。 心因性による頻尿は、病気とまではいきませんが、治すのは難しく厄介な面があるでしょう。 頻尿は急に発生して、急に治まるパターンも… 生理前の頻尿は、 急に始まり、気づいたら 治っているというパターンが繰り返されます。 寝る前にトイレに行っても、夜中に2回以上トイレで目が覚めたら、それは頻尿という状態だと言われるのですが、生理前は 3回ほど行く人も珍しくありません。 そしてトイレに行っても、たくさん出る訳ではなく「 たったコレだけ?」と疑問に感じてしまうほどの量ということも。 残尿感から、なかなか寝付けなくて寝不足になってしまうケースも、決してゼロではないのです。 ところが、生理が始まった途端に 急に治まるのも、生理前の頻尿の特徴。 ホルモンバランスの急な変化などが主な原因ですから、頻尿を感じても、「生理前だから仕方ない」と気持ちを切り替えるのも、必要になってくるでしょう。 尿が近い場合の3つの対処法 いくら生理前だから、尿が近い状態は仕方ないと言っても、日常生活に支障が出るほどになれば 問題です。 生理前の頻尿の対処法としては、以下の方法が有効だと言われています。 我慢しない• 排尿記録を付ける• 新陳代謝を活発にする 1:我慢しない 生理前に起こる、「 頻尿症状」は仕方がないことです。 尿が近いと感じたら、仕方がないとあきらめるしかありません。 我慢しようとして膀胱炎になったら大変ですし、我慢する必要も消そうと努力する必要もありません。 トイレを無理やり我慢していると更に症状が悪化する可能性もあります。 そのため、我慢しないで短期間の症状だと認識し、向き合っていく気持ちの 切り替えが重要でしょう。 スポンサーリンク 2:排尿記録を付ける どうにかするには排尿の記録をつけてみると効果があります。 自分の尿量• 何を食べたか• 何を飲んだか トイレが近くなった原因を 分析して、自分自身が理解するために用います。 記録があれば、自分の状態を知れるので、それに合わせた行動がしやすくなるのです。 「どうしようもない」と言ってしまえばそこで終わりですが、尿が近い状態を コントロールすることは可能。 地道に記録を録っていき、少しでも尿が近いという状態を解消させましょう。 3:新陳代謝を活発にする 発汗の少ない人は、もともと 尿が近いそうです。 そのため、 新陳代謝を活発にすれば、一時的な頻尿をあまり感じなくなるのだとか。 新陳代謝を活発にさせるには、適度な運動をして筋肉量を増やすことが大切。 太りにくい体質を作り上げる要因にもなるので、 一石二鳥ではないでしょうか? ただ、新陳代謝を活発にしたところで、頻尿が「無くなる」のは 難しいようです。 いかがでしたか? 生理前の頻尿を、「 無くす」ことはできませんが、尿意を感じたらトイレへ行くこと、これだけは徹底してください。 生理がはじまれば 解消されていきます。 頻尿になりやすいという方は、妊娠した時にも更に頻尿になってしまうことがあるので、コントロールできるよう慣れておきましょう。 生理前は体を労わり、無理をしないようにしてくださいね。

次の

生理前は頻尿になる?生理前の尿が近い3つの原因と対処法

生理前 頻尿

初めに 生理前後と期間中に起こる尿漏れは、それ以外の普段に起こる尿漏れより可能性が高く誰にでも起こります。 なので、恥ずかしがる心配はいりません。 安心して解決策を見つけていきましょう。 まずは、どのような人に起こるのか?ですが、初めに言ったように誰にでも可能性があるので、例えば• 生理中にだけ尿漏れが起きてしまう• 生理前に酷い尿漏れで悩まされる• 生理後に軽い尿漏れを感じる など症状も時期も様々で、生理が始まる時期(初経)小学生や中学生の女の子から10年以上悩まされているという30代女性の方もいて年齢も様々です。 では一体なぜ生理前後や期間中にだけ尿漏れを起こしてしまうのか? その理由は大きく分けて二つあります。 1.生理期間中の ホルモンバランスの乱れが原因 タイトルで結論を言ってしまいましたが、実は生理期間中に起こる女性ホルモンのバランスが崩れることによって尿漏れが起こりやすくなります。 これは、閉経の中高年女性にも起こることが言えますが、 エストロゲンの低下により 尿道が緩くなる作用があるので生理期間中だけ尿漏れが起こることや悪化するということがあります。 生理期間中のエストロゲンの低下は、豆腐や大豆に含まれるビタミンEやサプリメントなどでも補うことができ、改善に繋げることができます。 2.生理期間中の 生理痛が膀胱を切迫している これもタイトルで結論を出していますが、実は生理期間中に起こる生理痛の痛みが膀胱を切迫させてしまうことで尿漏れが起こってしまいます。 これは、 生理痛が膀胱を刺激してしまうことによって 尿を押し出してしまい尿漏れが起こります。 なのでその刺激を和らげるために生理痛を和らげる必要があります。 効果的な対策として医師もオススメする 体を温めること グレープフルーツなどから摂取できる「 クエン酸」、 プルーンなどから摂取できる「 鉄分」を補給することが大切です。 その他• ツボ押しマッサージ• アロママッサージ• 鎮痛剤や痛み止め• 低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬• 漢方薬 以下のような方法もあります。 そして、膀胱に刺激を与えただけで尿漏れが起こってしまうのは、膀胱を開閉したり支えている役割のある「骨盤底筋」が弱っている可能性があります。 トレーニングを加えるのが効果的です。 特に最近若い女性も昔に比べ動かなくなっている現状にあるため骨盤底筋や膀胱が弱っています。 積極的にトレーニングを心がけましょう。 その他の効果的対策と知っ得情報 生理中は、普段よりも免疫力が低下していて、ナプキンでデリケートゾーンが蒸れてしまうことにより、細菌が感染しやすくなります。 そうすると、「 膀胱炎」や「 尿道炎」になりやすかったり、尿漏れの悪化や残尿感までも現れてしまうので清潔にすることや免疫アップの対策を心がけましょう。 女性は恋愛をすると免疫力がアップする?? 女性は恋愛するとキレイになるということをよく耳にします。 実はそれが、最近の研究発表で認められたらしいです。 その内容は、女性は異性の男性とキスをすることで エストロゲンが分泌し• 免疫力アップ• 女性ホルモンの乱れを改善• 生理痛を和らげる という効果があるそうです。 脳が働きかける作用なので、「思い出の想像」や「幸せな時間」を過ごしても同じようなことが起こるとされていて、試す価値があると思います。 それは、「尿漏れ専用パットやおむつ」と「ナプキンやタンポン」どちらを使ったらいいの? ということではないでしょうか? 私もとても気になり調べたのですが、実際現段階で尿と血液のどちら共に特化した商品はないようなのです。 といいますのも、そもそも尿漏れパットと生理用ナプキンでは、吸収の方法や考え方が違うらしい…。 その為に、両立が叶う商品が今のところないらしいのです。 そこで、一番正しいと思われる方法として以下のようなものがあります。 生理中に尿漏れが起こる場合は• 出血の量が多い場合はナプキンの使用• 尿の量が多い場合は尿漏れパットの使用 特に、上記でも説明があったようにデリケートゾーンを蒸らしていたり不衛生な状態にしておくと「膀胱炎」「尿道炎」の原因となり尿漏れの悪化の原因となることがあります。 ですから生理中は特にこまめにナプキンや尿漏れパットを取り替え衛生に保ちましょう。 尿漏れパットの代用で生理用ナプキンを使用するとだめなのか?詳しく知りたい方は下記の詳細を参考にしてください。 参考のコンテンツは、普段尿漏れのパットを使用するとナプキンより金額面で高すぎる。 代用するのは大丈夫なの?という質問に答えているページになっていますが、 早めに取り替えたほうが良い詳しい理由なども紹介しているので参考になるかと思います。

次の

生理中にだけ起こる尿漏れって異常!?

生理前 頻尿

突然ですが、あなたは、生理前の頻尿や、膀胱炎で悩んでいませんか? 頻尿に悩むのは、女性が多いと聞いたことがあります。 それは膀胱の大きさと尿道の長さが関係しており、女性は膀胱の近くに子宮がある分、男性と比べて膀胱が小さくできています。 わたしも、普段からトイレには小まめに行くほうですが、悩むほど 頻尿について考えたことがありませんでした。 ですが、思い返してみれば、 生理前から生理中にかけてのほうが、トイレによく行きたくなるように思います。 生理前は、PMS(月経前症候群)と呼ばれる女性特有の症状が現れることがあります。 この症状はさまざまで、たとえば、頭痛、腹痛などカラダの不調。 それから、イライラ、情緒不安定などココロの不調があります。 PMSと頻尿にも、関係があるのでしょうか? 今回は 頻尿についてと PMSとの関係について調べました。 目次(Contents)• 頻尿とは 健康な人であれば、1日数回はトイレに行きますし、排尿も起こります。 まずは頻尿の判断基準が気になります。 1日に何回トイレに行ったら頻尿? トイレの回数を、他人とくらべることってあまりありませんよね? 誰でもトイレは行くものだし、何回から頻尿だと判断していいのか基準がわからないと思ったので、調べてみました。 「8回」 これが頻尿とされるトイレ回数のボーダーラインです。 1日のうち、トイレに8回以上行くようなら頻尿の傾向があるといえます。 尿を溜める場所である膀胱の大きさは、個人差があるため一概にいえませんが、1度に溜められる尿の量は、多くても500ml前後で、よく売られているペットボトルと同じくらいです。 これを聞いて、意外に多いと思うのか少ないと思うのかは、水分を摂取するペースにもよると思いますし、500mlのペットボトルをどのくらいの時間で飲み切るかで考え方が変わりそうです。 ちなみに私は昔、500mlのペットボトルのお茶を一気飲みしたら、何度もトイレに行きたくなって困った記憶があります(中学生ぐらいの時ですが……)。 頻尿の原因は 加齢 人間の体は膀胱に尿が溜まっても、すぐ排尿せずしばらく我慢できるようになっています。 このとき尿道の筋肉が収縮し蓋の役割をしてくれるのです。 この筋肉を、括約筋といいますが、括約筋も歳を取ると衰えます。 括約筋が衰えると尿が溜まったとき、すぐに尿意を感じるようになるため、頻尿の症状が見られるようになります。 妊娠 妊娠中はホルモンバランスの変化や体の変化によって頻尿になりやすいといわれています。 これは妊娠初期から妊娠後期まで続く症状です。 子宮の圧迫 子宮が大きくなるため、膀胱が圧迫され、通常よりも尿を溜められる量が少なくなってしまう。 結果的として頻尿になりやすい。 ホルモン ホルモンバランスの変化によって頻尿になることがあります。 女性ホルモンであるプロゲステロンは泌尿器や生殖器、血管の壁である平滑筋(へいかつきん)を緩める作用があります。 プロゲステロンの作用 平滑筋(=泌尿器・生殖器・血管など内臓の壁を作っている筋肉)を緩める作用があるので、妊娠状態を維持するため子宮の収縮を抑える、排尿筋・括約筋が緩むため尿意を感じやすくなるなどの変化があります。 排尿筋は膀胱の壁の筋肉であり、尿を排出するために収縮しますが、排尿筋がゆるんだ状態だとすべての尿を体外に押し出すことが難しくなるので残尿感を覚えたり、頻尿になったりします。 また、子宮と同時に腸の筋肉も収縮が抑えられるため、便秘になります。 泌尿器系の病気 排尿は腎臓・膀胱・尿道など、いろいろな器官と筋肉の動きによって行われます。 頻尿の症状が起こるのは、それらの器官に病気が潜んでいる可能性も十分あります。 継続的に頻尿が起こるようなら、PMSだから、水分を摂り過ぎたからと軽視せず早めに病院に行くことをお勧めします。 PMSで起こる頻尿 どうしてPMSで頻尿になるの? PMSで起こる頻尿は妊娠初期症状としても頻尿に似ています。 PMSの頻尿もプロゲステロンが関係 妊娠時と同様、PMSの時期はプロゲステロンが多く分泌されます。 そうなるとPMSで頻尿が起こるのもプロゲステロンの作用が関係してくるのですが、妊娠時とは微妙に状況が異なります。 それは子宮内膜が厚くなって子宮が肥大化し膀胱を圧迫しやすくする点です。 PMSでの頻尿は妊娠の準備期間だからこそ起こる症状でもあります。 それに加えてプロゲステロンの筋肉を緩める作用、利尿作用によってPMSの時期は普段よりも頻尿が起こりやすい状態になります。 ストレス・緊張 精神状態によって頻尿になることもあります。 緊張した時にトイレに何度も行きたくなったという経験をしたことがある方は珍しくないはずです。 緊張によって膀胱の筋肉が収縮することが原因と考えられます。 冷え 寒い時はトイレに行く回数が増える気がしませんか?これは腎臓の機能低下によって起こります。 腎臓は体内の余計な水分や老廃物を濾過する役割を持っているわけですが、体が冷えているとこの機能がうまく働かなくなります。 それによって、たくさんの水分が体外に排出されることになり、頻尿が起こります。 水分過剰 単純にたくさん水分を取ったせいで頻尿になることもあります。 たくさん水分を摂れば、その分吸収できない水分は排出されることになるからです。 冒頭で、わたしが書いた500mlのお茶を飲んだらトイレに行きたくなったというのも同じことです。 PMSによる頻尿を改善するには ハーブ 頻尿の改善を目的にするなら、利尿作用があるハーブがおすすめです。 また膀胱炎は免疫力が低下していると起こりやすくなるため、抗ウイルス作用、免疫力向上などのあるハーブを選びましょう。 水分を同時にとるとより効果的なため、ハーブティーでの摂取がピッタリです。 別の記事で紹介しているエキナセアのハーブティーも頻尿対策に効果があります。 PMSの時は特に免疫力が低下するので、膀胱炎の予防にちょうどよくPMSで起こる他の不調にも有効です。 他にはクランベリーやローズヒップも頻尿に効果的です。 特に、クランベリーは細菌による炎症に有効なので、膀胱炎や尿道炎の症状におすすめのハーブと言われています。 サプリメント 頻尿の症状が軽い場合、サプリメントでも改善出来ることがあります。 ノコギリヤシ 男性の頻尿の症状に効果があるとされています。 男性の頻尿が前立腺肥大症という病気が原因の場合が多く、その前立腺肥大症に効果があるとされているのがノコギリヤシです。 ノコギリヤシとは名前の通り、ヤシ科の植物であり北アメリカで採れる植物です。 ノコギリヤシの実は健康食として知られています。 ぺポカボチャ 女性の頻尿に効果があるとされるのが、ペポカボチャで薬効が高いカボチャとして知られているようです。 サプリメントに使われるのはペポカボチャの種子エキスで、排尿の不調に効果があります。 イソサミジン ノコギリヤシ、ペポカボチャそれぞれと一緒に配合されることが多く、男女関係なく頻尿に効くのがイソサミジンです。 屋久島に生えているボタンボウフウという植物に含まれる成分で、排尿筋の収縮を穏やかにし、頻尿などの悩みを改善に導いてくれます。 漢方薬 頻尿に効果があるとされる漢方です。 症状や体質によって合う漢方が違うので、専門医で処方してもらうのが一番安心です。 当帰芍薬散 とうきしゃくやくさん) 頻尿と同時に残尿感を覚えやすい人にあっていて血流をよくし水分代謝を高めます。 水太りなどにも効果があり、PMSの症状にも効果があるとして知られている漢方薬です。 補中益気湯(ほちゅうえっきとう) 括約筋が衰えていたり、疲労がたまっているときに効果的な漢方です。 八味地黄丸(はちみじおうがん) 腎臓の機能低下による頻尿に効果がある漢方です。 夜中に何度もトイレに起きてしまうなどの症状がある場合に処方されることが多くなります。 頻尿が招く病気・体の不調 膀胱炎 妊娠初期には頻尿と同時に膀胱炎にもなりやすいと言われています。 女性は尿道と膀胱の距離が近く、最近が入り込みやすいため、そもそも膀胱炎になりやすい傾向にあるそうです。 妊娠中には排尿筋が緩み、きちんと体外に尿が排出されにくくなっているため細菌が繁殖しやすい環境を作り出してしまうことも原因の一つです。 PMSの時にも同様で、残尿感があるようなら要注意です。 そのほか、膀胱炎の特徴として、排尿後にツーンとした痛みを感じる、尿がたまると痛いなどの症状があります。 内服薬によって治療することは可能ですが、実際膀胱炎になった方はみんな「つらかった」と口をそろえて言います。 まずは膀胱炎にならないように、トイレをむやみに我慢しないよう意識しましょう。 PMSの頻尿対策まとめ.

次の