チン セヨン ドラマ。 チン・セヨン最新ドラマ!揀擇(カンテク)のテレビ放送予定は?動画・見逃し配信視聴方法も

チン・セヨン(チンセヨン)のプロフィールやドラマ出演情報まとめ

チン セヨン ドラマ

:Jin Se-yeon) [本名] キム・ユンジョン [生年月日] 1993年2月15日 [血液型] B型 [身長] 167cm [出身地] ソウル特別市 [学歴] 中央大学校 演劇映画学科 [デビュー] 2009年韓国ヤクルトCM、2010年ドラマ「大丈夫パパの娘だから」 [職業] 女優 [受賞] 2016年MBD演技大賞 特別企画部門 女性優秀演技賞「獄中花」、2016年第24回大韓民国文化演芸大賞 女性最優秀演技賞「仁川上陸作戦」 [趣味] ゲーム(カウンターストライクオンライン、とびだせどうぶつの森、とびだせどうぶつの森等)、音楽鑑賞(ロックミュージック)、読書(東野圭吾の小説が好き) [特技] ランニング(学生時代に50M走7. 7秒) [結婚] 未婚 [熱愛] なし 「チン・セヨン」出演韓国ドラマ一覧 出演韓国ドラマ:「」「」「」「」「」「」「」「」「」 「チン・セヨン」のインスタ、ツイッターのアカウント チン・セヨンはインスタとツイッターのアカウントがあり同時進行で利用し、投稿内容も同じようなものが多いです。 頼まれると断ることができない性格を直したいというチン・セヨンは、学生時代ずっと班長を任されていましたが、チン・セヨン自身で「性格は内向的でもあり、外交的な部分もある両面性を持っている、用事のない休日は家から一歩も出ないで過ごすことも多い」と話しています。 「チン・セヨン」の過去は?出演ドラマ「オクニョ~運命の女」のキャスティング秘話 学校の教師になりたかったチン・セヨンは中学3年生の時に路上スカウトされてヤクルトのCMで芸能界入りし、その後、所属事務所ではアイドル練習生としてダンスや歌のレッスンを受けて歌手デビューの準備を進めていましたが、何本かのCM出演をするうちに俳優に転向したそうです。 チン・セヨンの名前を広めたドラマはヒロイン役に抜擢された「私の娘コンニム」、その後の出演ドラマでも印象に残る役を演じ、2016年「オクニョ~運命の女」での演技が評価されMBD演技大賞では特別企画部門の女性優秀演技賞の受賞に繋がります。 「オクニョ~運命の女」のヒロインにキャスティングされた時、あまりの大役だったのでチン・セヨンはイ・ビョンフン監督に「何故、私が選ばれたのか?」と聞きに行き、監督は「ドラマのストーリー上、明るく賢い善良な人物像が欲しかった時に出会ったチン・セヨンは、23歳という年齢にも関わらず落ち着いて自分の意見や価値観を持った女優だった」と文句なしのキャスティングだったと返事したそうです。 この言葉でチン・セヨンは自信を持ち、のびのびとした演技力を発揮することができたのですね。 また演劇舞台でもストリッパー役を見事に演じ好評でした、清純で清潔感のあるチン・セヨンは、意外にもグラマーな身体の持ち主ですからストリッパー役も妖艶に演じたのでしょうね。 「チン・セヨン」についての感想 今回チン・セヨンのプロフィール作成にあたり知ったチン・セヨンの素顔は、イメージそのままで期待を裏切らない結果になりました。 母親との約束を守り恋愛経験もないまま過ごしてきた青春時代、そして初恋の人と結婚するのが夢という純真さ、年齢の割には老け顔との話もありますが、それもチン・セヨンの魅力の一つだと思います。 女優として大成するには、恋愛経験も必要かなとは思いますがチン・セヨンの希望通り初恋の人と結婚してほしいと私も望みます。

次の

チン・セヨンの完全ガイド|出演ドラマ、映画、年齢、身長、インスタグラム

チン セヨン ドラマ

:Jin Se-yeon) [本名] キム・ユンジョン [生年月日] 1993年2月15日 [血液型] B型 [身長] 167cm [出身地] ソウル特別市 [学歴] 中央大学校 演劇映画学科 [デビュー] 2009年韓国ヤクルトCM、2010年ドラマ「大丈夫パパの娘だから」 [職業] 女優 [受賞] 2016年MBD演技大賞 特別企画部門 女性優秀演技賞「獄中花」、2016年第24回大韓民国文化演芸大賞 女性最優秀演技賞「仁川上陸作戦」 [趣味] ゲーム(カウンターストライクオンライン、とびだせどうぶつの森、とびだせどうぶつの森等)、音楽鑑賞(ロックミュージック)、読書(東野圭吾の小説が好き) [特技] ランニング(学生時代に50M走7. 7秒) [結婚] 未婚 [熱愛] なし 「チン・セヨン」出演韓国ドラマ一覧 出演韓国ドラマ:「」「」「」「」「」「」「」「」「」 「チン・セヨン」のインスタ、ツイッターのアカウント チン・セヨンはインスタとツイッターのアカウントがあり同時進行で利用し、投稿内容も同じようなものが多いです。 頼まれると断ることができない性格を直したいというチン・セヨンは、学生時代ずっと班長を任されていましたが、チン・セヨン自身で「性格は内向的でもあり、外交的な部分もある両面性を持っている、用事のない休日は家から一歩も出ないで過ごすことも多い」と話しています。 「チン・セヨン」の過去は?出演ドラマ「オクニョ~運命の女」のキャスティング秘話 学校の教師になりたかったチン・セヨンは中学3年生の時に路上スカウトされてヤクルトのCMで芸能界入りし、その後、所属事務所ではアイドル練習生としてダンスや歌のレッスンを受けて歌手デビューの準備を進めていましたが、何本かのCM出演をするうちに俳優に転向したそうです。 チン・セヨンの名前を広めたドラマはヒロイン役に抜擢された「私の娘コンニム」、その後の出演ドラマでも印象に残る役を演じ、2016年「オクニョ~運命の女」での演技が評価されMBD演技大賞では特別企画部門の女性優秀演技賞の受賞に繋がります。 「オクニョ~運命の女」のヒロインにキャスティングされた時、あまりの大役だったのでチン・セヨンはイ・ビョンフン監督に「何故、私が選ばれたのか?」と聞きに行き、監督は「ドラマのストーリー上、明るく賢い善良な人物像が欲しかった時に出会ったチン・セヨンは、23歳という年齢にも関わらず落ち着いて自分の意見や価値観を持った女優だった」と文句なしのキャスティングだったと返事したそうです。 この言葉でチン・セヨンは自信を持ち、のびのびとした演技力を発揮することができたのですね。 また演劇舞台でもストリッパー役を見事に演じ好評でした、清純で清潔感のあるチン・セヨンは、意外にもグラマーな身体の持ち主ですからストリッパー役も妖艶に演じたのでしょうね。 「チン・セヨン」についての感想 今回チン・セヨンのプロフィール作成にあたり知ったチン・セヨンの素顔は、イメージそのままで期待を裏切らない結果になりました。 母親との約束を守り恋愛経験もないまま過ごしてきた青春時代、そして初恋の人と結婚するのが夢という純真さ、年齢の割には老け顔との話もありますが、それもチン・セヨンの魅力の一つだと思います。 女優として大成するには、恋愛経験も必要かなとは思いますがチン・セヨンの希望通り初恋の人と結婚してほしいと私も望みます。

次の

チン・セヨン

チン セヨン ドラマ

- 2019年 8月月13日午前1時22分PDT 2015年にキム・ヒョンジュンの浮気相手がチン・セヨンであると悪質なデマが流れました。 キム・ヒョンジュンの元恋人が、キム・ヒョンジュンに浮気をされ、さらに暴行をされたと訴えたものでしたが、その浮気相手がチン・セヨンであると報道が流れました。 当時、キム・ヒョンジュンとチン・セヨンがベッドで寝ているような写真が出たのですが、これはドラマ「感激時代~闘神の誕生」で2人が上半身裸に見えるような設定でキスシーンを演じたことから、そんなデマが流れたようです。 その後、この事件は訴えた元恋人の勝訴に終わり、キム・ヒョンジュンは莫大な慰謝料を支払いましたが、全く関係のないチン・セヨンにとっては、大いに迷惑な話ですよね。 整形前?の写真は今と変わらない - 2019年 8月月5日午後11時32分PDT チン・セヨンのデビュー前の写真がネット上に出ました。 清純な優等生のようなイメージで、街でスカウトされるのも納得です。 これを見たユーザーの意見は、チン・セヨンは整形していないと答える人が多かったようです。 確かに現在のほうが目鼻立ちははっきりしていますが、化粧の仕方で変化したように見えるのかもしれません。 鼻も違和感もなく、自然な形をしていますね。 世間から注目され、だんだん綺麗になっていくと、整形したと噂されるのは韓国の芸能人ならよくあることです。 財閥の娘と噂される デビュー後にすぐに主役に抜擢されたことや、デビュー作が財閥の娘役だったことからチン・セヨンは財閥の令嬢だと噂が流れました。 それに対してバラエティ番組の中で、「確かに主役になるまでの時間は早かったけれど、それまでに子役や脇役も演じています。 ただ、他の女優さんより運は良かったのかもしれない」と語りました。 実際にはチン・セヨンの家庭は平凡なようですが、体からあふれ出る気品さは財閥の娘と言われてもおかしくないですね。 両親の愛情たっぷりに育ったことは彼女の真面目な性格を見てもわかります。 ドラマの中だけの彼氏 - 2018年 2月月26日午後8時18分PST 彼氏がいたことがないチン・セヨンにとっては、ドラマで共演する相手が彼氏でした。 「私の娘 コンニム」では チェ・ジニョクと共演し、キスシーンでは緊張で固まってしまい何度もNGを出していたようです。 「蒼のピアニスト」では、チュ・ジフンが相手役でしたが、12歳年上ということもあり、常にリードしてくれて、頼りにしていました。 キスシーンの後、撮影した動画を見たチュ・ジフンがチン・セヨンに綺麗だったと言ったようです。 大人の男性ならではの配慮ですね。 「ドクター異邦人」ではイ・ジョンソクが相手役でした。 若手人気俳優イ・ジョンソクとの濃厚なキスシーンは女性の間で嫉妬と羨望の的になりました。 放送後に共演したイ・ジョンソクとパク・ヘジンについてインタビューに答えたチン・セヨンは、どちらかを選べといわれたらいたずらっ子のイ・ジョンソクより、落ち着いているパク・ヘジンがいいと答えました。 イ・ジョンソクがいいと答えたらネットが炎上してしまうかもしれませんね。 自分だけを見てくれる優しくて、落ち着いた男性が理想のようです。

次の