フジ子さん 金額。 書類作成代行とは?業務・費用・おすすめの外注業者などを解説 │ BtoBナビ

データ入力代行とは?費用相場とオススメ会社7選を比較

フジ子さん 金額

1週間無料トライアルがついてるので腕試しをしてから使用することができる• 業界トップクラスの最安値で利用することができてコスパが良い• 在宅勤務のアシスタントに仕事を頼む際に気にするべき点である情報セキュリティ面の教育が徹底していて安心してお願いできる• コア業務へ集中するためのサポートをしっかりしてくれる 値段やサービスの質を見ても業界トップクラスの評価を受けているサービスになります。 業務をアウトソーシングしようと検討中の方は是非本記事を参考にご利用を検討してみてはいかがでしょうか? \今すぐ業務効率化していく/ フジ子さんの評判を簡潔にまとめ 早速フジ子さんの評判を見ていきます。 基本的に PCでできる業務はアウトソーシング可能で経費削減が容易にできるので、経費がかさばっていたり時間を極力抑えたい業務をなんとかしたい企業や個人事業主におすすめですね! フジ子さんの口コミ フジ子さんの口コミを3つ抜粋して紹介します。 フジ子さんの口コミまとめ• 毎月固定で発生していた作業をお願いすることで費用対効果が上がった• 「 あれでよろしく」で話が通って会話がスムーズ• オウンドメディアの記事投稿に必要な画像選定や加工作業が削減• 気になる点をしっかりと指摘してもらえて間違いが減る• 海外向けのサービスでも英語等の翻訳をしてくれるので仕事がスムーズ オンラインアシスタントフジ子さんの特徴 そもそもフジ子さんとは、フジア株式会社が運営するオンラインアシスタントサービスです。 専門分野に長けたオンラインアシスタントチームにあなたの非コア業務を委託することができます。 (下記図参照) 画像引用元: 次に紹介する主な対応業務の分野においてプロフェッショナルな人材を自社で雇うことなくアウトソーシングすることが可能になります。 オンラインアシスタントフジ子さんの対応業務 フジ子さんの対応業務の一例としてホームページの情報から引用しつつ解説します。 (1)経理• 定常的に発生するWebページの変更への対応• 面倒なクラウドワーカーとのやり取り• 細かな画像修正や補正 なお、フジ子さんへ対応依頼の多い業務をあげて紹介しているので上記以外の仕事を依頼することも可能です。 対応可能かどうかはまず問い合わせてみましょう。 オンラインアシスタントフジ子さんの運営会社 フジ子さんを運営しているフジア株式会社の会社概要は下記の通りとなっています。 社名 フジア株式会社 事業内容 オンラインアシスタントサービス「フジ子さん」のサービス運営 所在地 〒104-0061 東京都中央区銀座6-14-8銀座石井ビル4F 最寄り駅:日比谷線 他「東銀座」徒歩2分 銀座線「銀座」徒歩4分 有楽町線「銀座一丁目」徒歩6分 代表取締役 山田 真也 ホームページ フジ子さんのメリットとデメリット 続いてフジ子さんに仕事を依頼することでどのようなメリットとデメリットがあるのかを詳しく解説していきます。 フジ子さんのメリット 数多くのオンラインアシスタントサービスがある中、フジ子さんに仕事を依頼するメリットは大きく5点あります。 フジ子さんを使うメリット• 低コストで使える• 専門性高い• 無料体験がある• 継続率が高い• セキュリティ意識が高い フジ子さんのメリット(1)低コストで使える フジ子さんの料金の詳細はで解説していますが、サービスは 料金が安いのが魅力的な点の一つです。 他のサービスと比較すると一目瞭然でして、基本的に30時間の契約すると下記の通りフジ子さんのサービスが安いと言うことがわかります。 フジ子さん ヘルプユー 一般的な他サービス 6. 9万円 10万円 10万円~応相談 一番安いオンラインアシスタントを使いたいという方は間違いなくフジ子さんが良いと言えます。 フジ子さんの評判から見るメリット(2)専門性が高い フジ子さんは各業務においてその道のプロが対応してくれます。 サービスの質が高いことは上記で見た通り、無料トライアルにて確認できるのでぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。 フジ子さんの評判から見るメリット(5)セキュリティ意識が高い 最後のメリットはセキュリティ意識が非常に高いことです。 オンラインアシスタントを導入するデメリットとしてセキュリティ面への不安が一つ挙げられます(参照) フジ子さんはオンラインアシスタントの中でも業界一セキュリティに配慮していることがホームページを見てわかることです。 詳しくは を見ていただければと思いますが、IT業界で10年近く働いていた私の目から見てもセキュリティがしっかりしていると言えます。 フジ子さんのデメリット 続いてフジ子さんに仕事を依頼するデメリットについて見てみましょう。 解約したい場合は前月までの申し出が必要となるので、例えば10月15日に解約を申し出した場合、11月末までサービスを利用することになります。 つまり サービスの利用をやめたい場合、翌々月以降のことを考慮して担当プランナーに契約解除の申し出をするようにしましょう。 フジ子さんと競合を比較 本記事ではフジ子さんのサービスについて紹介していますが、他のオンラインアシスタントサービスや経理アウトソーシングのサービスとの違いが気になる方もいるかと思います。 詳細は下記にも書いている通り、 サービスの質とコスパを考えるとフジ子さんがダントツで良いです。 サービスを比較してどこを使うか決めたい方は参考にしてみてください。 フジ子さんの料金 続いて低コストで人気のあるフジ子さんの値段について見ていきましょう。 フジ子さんは月の契約時間によってプランが分かれており、プランは下記のようなものがあります。 お願いする前にご自身で作業した場合にどれくらいの時間がかかるかを計測しつつ担当プランナーに相談して決めるようにしましょう。 なお、フジ子さんの利用金額について上記の補足として下記があります。 経理や会計事務所で仕事をしていた方• 海外在住家翻訳の経験がある方• テープ起こしの経験や迅速なパソコン入力ができる方• ウェブサイトやイラストの制作の経験がある方 対応業務に関する知識や経験があれば、どのように仕事を進めていくかは先輩アシスタントがフォローしてくれますし、情報セキュリティ面の教育もしっかりしているので安心して仕事ができます。 募集要項の詳細はフジ子さんのホームページをご参照ください。 まとめ 今回はオンラインアシスタントサービスで人気No. 1のフジ子さんの評判からサービス内容について詳細を見てきました。 まとめると フジ子さんを利用する価値は下記のようなところにあります。

次の

書類作成代行とは?業務・費用・おすすめの外注業者などを解説 │ BtoBナビ

フジ子さん 金額

HP作成依頼の料金相場について、詳しくは『』を参照してください。 柔軟な対応が可能なケースが多い 個人で動いてくれるので、業者に比べて対応が柔軟であることが多いのも特徴です。 例えば業者に依頼した場合はデザインの変更など、逐一見積もりが必要であることが多いのですが、個人であれば「あ、それくらいならやっときますよ!」というケースもあります。 もちろん料金設定をきちんとしているフリーランスもいるため、一概には言えませんが、わりと柔軟に要望に応えてくれる人は個人で動いているフリーランスの方が多めなのは確かなので、メリットの1つと言えますね。 コミュニケーションコストが少なく済む 業者に依頼する場合、デザイン班やSEO班など色々な専門分野を持つ人が対応してくれるため、ハイクオリティな納品の期待値が上がります。 が、逆に言えばそれだけ多くの人とコミュニケーションを取らなくてはいけなくなることも多いです。 個人に依頼する場合はほぼ確実に連絡を取るのは1人なため、 前にいったことをもう一度伝えなければならないなどのコミュニケーションの手間は減ります。 個人で対応してくれると優秀な人であれば、こちらのニーズもしっかり汲み取った上でホームページを作成してくれるため、期待値以上の納品がされることもあるのもメリットですね。 オリジナリティのあるデザインになりやすい 個人でHP作成をしている人は、htmlやCSS(Webサイトを作成する際に必要なマークアップ言語)に精通したエンジニアであることが多く、独自のデザインを自作することができる人が多いです。 もちろん無料のテンプレを使う人の方が多いのですが、個人であるため要望に柔軟に応えてくれ、デザインをオリジナリティの高いものに仕上げてくれることも多くなります。 業者であれば、もとからあるデザインを使うことが多く、万が一他のサイトと被ってしまうと信頼度が下がる可能性もあるため、オリジナリティも1つのメリットと言えます。 WordPressでのHP作成も安く発注できる WordPress(ワードプレス)を使ってHPを作成することも可能です。 WordPressの特徴は、HTMLやCSSなどのマークアップ言語に詳しくなくても、HPの更新ができること。 つまり自分自身で完成後の管理ができます。 業者も対応していますが、フリーランスへの依頼が料金を安く抑えることができます。 最近はテーマ(見た目)も洗練されてきて、コーポレートサイトや美容業、士業に特化したテーマなどもあります。 安価で見た目もよいHPができ、完成後は自分で管理することで維持管理の費用を抑えられる点がメリットです。 業者ではなくフリーランスにホームページ作成を依頼する5つのデメリット• 業務完遂できるか不安• クオリティが担保されない• 予定外の出費が発生する可能性もある• 著作権法などの法令遵守の保証がない• 完成・引き渡し後の維持管理 1. 業務完遂までの信頼性が薄い(体調不良で中断、いきなり音信不通になるなど) 個人に依頼する場合、業務完遂までの確実性がどうしても薄れてしまいます。 業者であれば複数人で対応するため、担当者が急に病気で離脱した場合でもすぐに他の人で補完できますが、個人だとそうはいきません。 急なトラブルで完成直前で対応できなくなってしまったり、筆者も経験がありますが、納期直前で投げ出され、音信不通になったり(こんなケースは稀ですが) こういったリスクが個人間のやりとりだとつきものなので、あらかじめちゃんと信頼できる人なのか確認しておく必要はあります。 クオリティの確実性がない 業者だと、ある程度品質は保証されます。 理由は簡単で企業であれば評判を落とすわけにはいかないので、少なくとも最低限の条件は満たしてきます。 しかし個人の場合、金額が抑えられる分スキルは、やってもらって初めて分かる、みたいなところがありますね。 本人は一生懸命作成していたとしても、「うーん、これはちょっと」というようなできで仕上がってくる可能性もあります。 個人のスキル不足だと、結局修正もできないので、別の誰かにまた再度依頼するというケースもありえます。 過去の制作物などを複数見ておき、どれくらいのクオリティのサイトを作れるかは事前に確認しておいた方がいいでしょう。 規定がないので予定外の予算がかさむ可能性がある 個人で企業並みに料金設定をしっかりしている人はいますが、多くはある程度は最初の見積もりで!という提案で始まることが多いです。 HPが一旦完成した後も、途中で予定外の修正が入ることもHP作成依頼ではよくあることです。 その際に修正を依頼すると、 思ったよりも修正依頼金額を高く見積もられることもあります。 料金規定がしっかりしていない分柔軟な対応が見込めるという反面、予定外の出費が重なるというリスクもあると理解しておくといいでしょう。 ただ、これは後述しますが、しっかりと見積もりさえ出してもらえれば解決する問題なので、そこだけ抑えるようにしておきましょう! 4. ホームページに使う素材 画像・動画等 の著作権などの法務が遵守されているか こういったケースは稀ですが、たまに著作権法に遵守していない画像やデザインを使用するフリーランスもいます。 本人が知らない、あるいは知っていて面倒だからという理由でその素材を使って納品してしまうという事例です。 これを知らずに使用した場合、賠償責任は使用したフリーランスではなく、なんと発注者の方に発生してしまいます。 万が一そうなった時の対応を契約書に明記しておくなどの何かしらの対応をしておかないと、無駄な損害を被るかもしれません。 完成・引き渡し後のアフターサービスがない場合が多い 業者に依頼する場合、月額料金であることが多いのですが、これは その後の修正などのアフターサービスが付いていることが多いからです。 逆に個人に依頼する時は、多くが単発報酬であることが多いのですが、これは アフターサービスが保証されていないからです。 HP作成が完了したのち、サービス改定やデザインの変更で大幅に修正が必要になった時、 自分でやらなくてはならなくなります。 完成・引き渡し後の維持管理が自分でできない場合は、また別の業者やフリーランスに依頼する形になり、結果的に費用がかさむケースもよく有ります。 クラウドソーシングとはWebを介したアウトソーシングの1つの形態で、仕事を発注する側と個人とのマッチングサービスのことを言います。 基本的には発注側が仕事をクラウドソーシングのサイト上で公開し、受注側の個人が応募するという形です。 あらかじめ希望の条件で仕事を発注することができるため、こちらである程度発注の条件が決まっている場合は 予算内で希望のサイトを作成できる人員を簡単に探せるというメリットがあります。 ただ、デメリットとしては細かい条件を指定しないとマッチング後にトラブルが発生する恐れがあるということと、応募者がいなかった場合にHPの作成が進まないという点があります。 [クラウドソーシング]とは逆の形ですね。 すでにある程度条件指定されたサービス(商品)を発注側が選ぶことができるので、細かい条件は発注後に細かく打ち合わせすることができます。 ココナラやクラウドソーシングのように手数料を取られないため、うまくいけばより安価に作成依頼ができる可能性もあります。 探し方はシンプルで、ツイッターの「ユーザー検索」で「Web制作 フリーランス」や「Web制作代行」などと調べてみるとよいです。 するとこんな感じで、過去の実績を明記してくれているアカウントが結構出てきます。 あとはDM(ダイレクトメッセージ)で価格交渉などを済ませ、具体的にはオンライン面談などで打ち合わせできればすぐにでも仕事を受注してくれる可能性があります。 すでに利用したことがあって、それなりに満足している人しか知人には紹介したりしないので、知人からの紹介は一番確実性が高いです。 もし直接的にWeb制作が得意な人が周りにいない場合は、HPを持っている知人に聞いてみるのもいいでしょう。 ホームページ作成をフリーランスに依頼する際の注意点 最後に、フリーランスにHP作成をお願いしようと思う時に注意しておいたほうがいい点をお伝えしておきます。 HP作成依頼では、事前確認がとても重要ですので、気をつけておきましょう! 序盤にスムーズなコミュニケーションが取れるか確認しておく 大前提として、まともに会話が成立しない時点で依頼はやめておいた方がいいです。 ごく稀に「あれ?この人ちょっとこっちの言っていることあんまり伝わってないな」と思うことがあります。 そういった時、そのまま依頼して満足のいくものが納品される可能性は極めて低いです。 大抵が要望の見当違いで全然思ってたのと違うものが納品されたり、最悪途中で投げ出されることもあります。 逆に最初の段階でコミュニケーションがスムーズな人は、わりといいものを納品してくれることが多いです。 筆者の経験からも、 初段階のメッセージのやりとりで違和感がある人は避けることをお勧めします。 追加料金の発生など、細かい事項を事前確認! 先述した通り、料金設定が細かくないことが多い個人の場合、のちの修正で追加料金が思わぬ金額を請求されることが多いです。 事前に打ち合わせしておくのが基本なので、こんなケースも稀ですが、結果的に予算の倍の金額がかかったなんてこともあります。 完成後の修正だと、他に頼むととても手間になるので、作成者に直接修正を依頼するしかありません。 そのせいで価格を釣り上げられることもないとは言えないんですね。 あらかじめ細かい契約内容をしっかり確認しておきましょう! 過去の制作物などの実績を確認! フリーランスがどの程度のスキルを持っているかは過去の制作物を見せてもらえれば大体わかります。 そのデザインや構成が満足のいくものであれば依頼側も安心できますね。 逆にこちらがWeb制作に詳しくない限りは、基本的には過去の制作物がない場合は依頼しないことをお勧めします。 低クオリティの納品物になるリスクが高いためです。 また、過去の制作物は可能なら複数見せてもらいましょう! 他者と共同で作成したホームページを自作としてアピールされる可能性もあるからです。 複数確認することで、どの範囲まで個人のスキルで対応可能かは大体見えてくるので、そのどれもが自分が目指すクオリティに達していたら、安心して任せてもいいでしょう。 【関連記事】: 【関連記事】: 作業する時間がないならオンライン秘書に依頼しよう! オンライン秘書は あなたのやりたくない作業をオンライン上で代行してくれるサービスです。 資料や書類の作成、お店の予約、口座振込、リサーチ業務。 またHPやSNSアカウントの作成や運用、営業、記帳などの専門性の高いところまで。 ありとあらゆるオンラインで対応できる作業に対応してくれます。 事業を立ち上げるとやらなければならないことがたくさん出てきますよね。 そんな中、 自分が苦手な部分や忙しくてできない業務は間違いなく出てきますね。 それに要望通り柔軟に対応してくれるのがオンライン秘書サービスです。 実際に人材を雇用すると社会保険料の負担や人材募集・教育コストなどもかかってきますがそれもなく、すでに経験豊富な専門知識を有するアシスタントに仕事を依頼できます。 可能で各サービスによって色々対応範囲も変わってきます。 この機会にで確認してみてください。 苦手なことに時間と労力を使ってしまっている今の状況より、きっと業務を効率化してくれるサービスが見つかるはずです。 経理(クラウドツールの導入サポート・振込、支払い代行・記帳代行・経費精算)• 人事管理(求人広告の出向や管理・給料計算・面接スケジュール管理・入社、退職管理手続き・勤怠管理)• Web管理(Webページの作成、編集、記事の寄稿・SNSアカウントの運用代行・ECサイトの運用代行・クラいうドソーシングによるアウトソースの管理・画像の加工、編集)•

次の

フジコヘミングの結婚歴と夫や子供は?兄弟や自宅とすごい年収&ピアノの評価とは?

フジ子さん 金額

このチーム編成はあなたの担当となる窓口スタッフがヒアリングを行いあなたの悩みを解決するために作られたチームです。 高いスキルを持ったスタッフを一度に利用できるというのがHELPYOUの満足度である高い継続率につながっているということですね。 今回比較する17社の中でも平均よりも少し上の価格帯になります。 期間 料金 1時間当たり エコノミー 3か月 100,000円 3,333円 ビジネス 6か月 90,000円 3,000円 ファースト 12か月 80,000円 2,666円 月間30時間の固定で長期契約なら1時間当たりの金額がお得になるという仕組みですね。 金額だけで判断すると、見劣りする部分もあるかも知れません。 ですが、保証された高いスキルを利用すると考えるといかがでしょうか? そう考えるとコストに対しての内容がマッチしていることが言えますよね。 HELP YOUには無料でのトライアルはありませんが、初月に限り使いきれなかったタスクを翌月へ持ち越すことができます。 例えば利用を始めた月にあまり活用方法がわからず20時間しかタスクを使うことができなかった。 すると来月はその月の30時間と余った10時間をプラスして計40時間のタスクで運用できるといった具合です。 この仕組みは他のオンライン秘書サービスではあまり行われておらず、安心して利用を開始することができますね。 ここにフジ子さんのサービスの質の高さを感じます。 その金額を時給換算したときの金額は2300円と他のオンライン秘書と比べるとかなり安いことがわかります。 それぞれ金額も80時間プランで1時間あたり1,500円程度になり、160時間プランで時給に換算すると1390円程度になります。 通常の30時間プランに比べても、かなり安くなることがわかりますね。 キャスタービズもHELPYOUと同じく「100人に1人のオンラインアシスタント」というキャッチコピーがあり、おそらくキャスタービズも優秀なスタッフが在籍していることが伺えます。 契約期間 料金 1時間あたり 3ヶ月プラン 3ヶ月 120,000円 4,000円 6か月プラン 6か月 108,000円 3,600円 12か月プラン 12か月 96,000円 3,200円 1番安い12ヶ月プランでも時給換算で3,200円という料金設定です。 ただしこれは12ヶ月の継続が必要となってしまいます。 キャスタービズのようにいろいろな案件(秘書、経理、人事、WEB系)をお願いしたいという方は同じく様々な内容をサポートできるHELP YOUのほうがオススメです。 ぜひ、質が高いキャスタービズのサービスを実際に受けてみてください。 ・ノーマルタスク チケット消費1枚 ・ビジネスタスク チケット消費3枚 という2種類のタスクで分かれており、簡単なリサーチや簡単な翻訳(おおよそ200単語ほど)ならばノーマルタスクになります。 そして、先ほどCLARYの強みとして紹介したものはビジネスタスクに分類されます。 これから海外へ事業を伸ばしていきたい方はぜひ使ってみてください。 そのアプリは、スマホはもちろんアップルウォッチにも対応しており、出先でも気軽に依頼することができます。 そのスタッフに ・港区 ・世田谷区 のみでの対応となっています。 このサービスは経営者やベンチャー企業などにとってもかなり便利なサービスなのでなんとか広がって欲しいですね。 そのために業務を依頼できる範囲は凄まじく広いということが言えます。 ただ、ジェニーに依頼できる内容は秘書業務に限られるという面も持ち合わせており依頼できる幅は広いとは言い切れません。 ただ一点注意しなければいけない点は200時間使い切ることができなかったとしてもこの料金がかかるというところですね。 このタスクは個人で使い切るのはなかなか難しいのではないでしょうか。 しかし、ジェニーにも無料ではないものの2時間を4800円で利用できるトライアルプランが存在します。 感覚を掴むという点では利用するメリットがあると感じます。 海外の事業に特化しているというのはCLARY共通しているのですがKaori-sanは個人向けのサービスと企業向けのサービスが分かれているというのが大きな特徴です。 依頼可能タスク 料金 ビジネススターターパック 15件 14,995円 ライトプラン 30件 29,895円 スタートアップ 60件 79,895円 エンタープライズ 100件 応相談 ビジネスプランの方にはそのほかにもオンライン内線のサービスがあったりなど、用途によって様々な違いがあります。 このように個人とビジネスのようにターゲットにしっかり分けて料金設定をしているとわかりやすいですね。 Onsec. は10分500円でワンコインから利用できるというオンライン秘書として非常にユニークなサービスを展開しています。 Onsec. 『ワンコインで利用できるのか、面白い』 交通手段を調べて欲しいとか、アポイント会場をリサーチして欲しいなど簡単なリサーチをサクッとお願いできるのはいいですね。 Onsec. ・経理 ・人事 ・web運用代行 にも幅広く対応しているのが特徴です。 この価格表からわかることは3ヶ月のプランで比較した時にこのようになっています。 時給換算 HELPYOU 3333円 i-staff 3800円 キャスタービズ 4000円 ですが、i-staffでは、現在期間限定のプランを告知していますので、 気になる方は是非見てみてください。 ただ、フジ子さんと時給ベースで比較して見ると 20時間 30時間 50時間 フジ子さん 2350円 2300円 1980円 DESK YOU 2400円 2366円 2340円 となりますので、フジ子さんには一歩及ばないといったところでしょうか。 格安でWEB制作なおのサポートが欲しい場合はいいですね。 無料トライアルが長いと安心して契約に進めますね。 利用可能時間 料金(税別) エントリープラン 10時間 20,000円 スタンダードプラン 25時間 50,000円 エグゼクティブプラン 50時間 100,000円 となっており、自動で繰り越しというのは 例えば、スタンダードプランを利用していたが、月に10時間の利用となってしまった場合 請求金額は自動的に20,000円になるという仕組みです。 ですが、専門的な内容になるとオプション扱いになって追加で料金がかかってしまうのが特徴です。 ですが、BizMowはセミナーのスタッフなど他者にないオフライン業務(オプション料金あり)もお任せできるので 派遣スタッフ兼オンライン秘書として利用する場合には、一つの契約だけで済むのはいい点と言えるでしょう。 (業務内容によっては1分が1ポイントにはならない場合もある。 ) そのため、依頼した内容がどれくらいポイントが消費するのかイメージしづらいということが考えられます。 加えて、動画編集やセミナー事務局代行といった他社にはないサービスを展開しています。 スーパー秘書を利用することでセミナー会場のリサーチからセミナー後のアンケート調査、そのセミナーの動画編集まで全て外注できますね。 そういった点では、非常にいいサービスなのですが、スーパー秘書は初期手数料として10万円がかかってきます。 (現在は期間限定で8万円に値引き中です。 ) 他のオンライン秘書では初期費用がかからないところが多いので、スピーディーに導入することができますが、金額に加えスピードも遅れてしまうのは考えどころですね。 ただ、サポートできる内容としてはキャスタービスにも引きをとらない内容です。 ですが、1ヶ月単位での利用をするっことができるので、状況によってこまめにプランの内容を変更することができます。 コールセンターがあるのとないのとでは、企業の信用として大きく変わってくる部分なので、まだコールセンターをお持ちでない方にはオススメです。 こちらも地域が限られていて名古屋に限定されたものになってしまいます。 ジェームスは東京に限られたオフラインでのサポートだったので名古屋にある企業にはオススメできますね。 2回のタスクに対して、¥2,350の料金なので格安であ試しすることができますね。 ReQuesiaはバイリンガルのスタッフのみ翻訳作業を任せるのに適したサービスです。 とにかく安いオンライン秘書を利用したい方にはオススメです。 無料トライアルもないので、いきなり3ヶ月から利用しないといけないというのは、どうしてもネックになってしまうでしょう。 まとめ ここまででかなりの数のオンライン秘書を紹介してきましたが、あなたがどのようなサービスを利用したいかというところでオススメするオンライン秘書が大きく変わってきます。 例えばあなたが、 とにかく品質重視!間違いないオンライン秘書を利用したい!失敗したくない!と考えているなら、私は迷わず HELP YOUをオススメします。 同じように品質重視のサービスとしてキャスタービスなどもありますが、料金で大きな差があります。 時給換算 HELPYOU 3,333円 i-staff 3,800円 キャスタービズ 4,000円 それに加えて業界ナンバーワンの高い満足度、 97%という高い継続率がその根拠となります。 利用しやすい価格帯で、 担保された品質があるというのが最大のオススメできるポイントです。

次の