日産 キックス。 日産がコンパクトSUV「キックスe

日産 キックス日本発売情報|日本仕様に新型e

日産 キックス

日産のタイ現地法人、ニッサン・モーター・タイランドは5月15日、コンパクトSUV「キックス」に電動駆動システム「e-POWER」を組み合わせた、「キックス e-POWER」を設定すると発表した。 キックスは、南米や中国で生産されている海外向けBセグメントクロスオーバーで、今年中に「ジューク」に代わって国内でも販売開始といわれている。 今回発表されたのは、タイで生産される改良型。 日本仕様はこのモデルと仕様が近いものとなる可能性もあり注目したい。 デザインは、鋭い目つきのヘッドライトや大型化されたVモーショングリルが目を引くポイント。 インテリアはシンプルにすっきりまとめられている。 そして最大の目玉は、e-POWERが設定されることだろう。 ガソリンエンジンを発電機として使用し、駆動はモーターで行うのがe-POWERの特徴。 エンジンで駆動は行わないため走行感覚は電気自動車と同じで、発進時から最大トルクが立ち上がる強力な加速や、回生ブレーキによるワンペダルドライブが実現する。 このe-POWER、日本では「ノート e-POWER」に初搭載され、その後「セレナ e-POWER」にも展開されたが、今後は国外のみならず、海外展開も本格化しそうだ。 キックスに搭載されるのはノートやセレナと同様、1. 2リッター直3ユニットを中心としたシステムだが、最高出力は129馬力と既存両モデルの中間に位置する。 このように車格に応じて出力を細かく調整できるものe-POWERの特色といえるだろう。 タイでのグレードはエントリーレベルの「S」から最上位の「VL」まで4タイプ用意され、スタート価格は889,000バーツ(約297万円)と物価水準を考えると高価だが、e-POWERの先進性にはそれだけの価値があるということだろう。 日本仕様の発表は明らかにされていないが、導入されれば「トヨタ CH-R」や「ホンダ ヴェゼル」などと並んで魅力的な選択肢となりそうだ。

次の

【日産 キックス 新型】星野副社長「日本市場で主力のクルマに」…3車種目のe

日産 キックス

日産のブランニューコンパクトSUVのキックスは2020年5月下旬に発表し、6月から販売を開始することが確実となっていて、4月中には価格なども決まり先行予約が開始されると見られている。 キックスは日本ではブランニューとは言うものの、そもそもは2016年にブラジルでデビューし、その後北米、中国などで販売されている既存車なのだ。 日産は2019年9月に新型ジュークを欧州で発表したにもかかわらず日本では販売していない。 そのジュークは日本では2019年いっぱいで生産が中止となり、日本ではジューク後継としてキックスが販売されることになる。 本企画では、キックスについて見ていくと同時に、なぜジュークではなくキックスなのか? という点も考察していく。 文:永田恵一/写真:NISSAN、TOYOTA、HONDA、MITSUBISHI、SUZUKI キックスはジュークよりも居住性アップ 写真は北米仕様の2020年モデルで、日本に導入されるキックスはこのエクステリアになると思われる。 しかしジュークがクーペタイプなのに比べてキックスはルーフラインが高い形状のため、リアの室内居住空間はかなり拡大しているといえるだろう。 写真上がキックスで下が新型ジューク。 一見似て見えるが最大の違いはルーフラインにあり、オーソドックスなキックスのほうがリアの居住性に優れる 2016年から海外で販売されているキックスだが、最新タイプのVモーショングリルの採用などにより古さを感じることはない。 パワートレインはシリーズハイブリッドである1. 2Lエンジンを発電に使う、日産得意のe-POWERユニットのみを搭載することになるという。 しかもキックスに搭載されるe-POWERはモーター出力や制御の向上、アイドリング時のエンジン騒音低減、ワンペダル操作でのスムーズな走行性など大幅に改良が施されている点が新しい。 駆動方式はデビュー時はFFのみで、4WD、1. 5LのNAガソリン、1. 6Lターボは多少遅れて追加されるというのが有力だ。 車両本体価格は275万~350万円程度と予想され、トヨタC-HRやホンダヴェゼルのハイブリッド車と対抗させる。 そして1. 5LのNAを追加して200万円台前半の価格とすることで、ライズをも標的とすると考えられる。 5ナンバーサイズのライズはクラスが下になるが、日産としてはライズのユーザーも取り込みたいと考えているハズだ。 勝負は1. 5Lガソリン登場後だろう タイ生産の絶大なメリット と、現在わかっていることに予想を加えてキックスについて見てきたが、実はキックスは日本で生産するのではなく、マーチ同様にタイで生産したものを輸入する形で販売される。 いっぽう新型ジュークは欧州で生産されている。 同じ海外生産モデルなのに、日本で販売するのはなぜジュークではなくキックスなのか? 世界戦略車から欧州専売モデルになった新型ジューク。 初代を進化、熟成させたデザインを見て日本での販売に期待した人も多かったが、日本では販売されず 初代ジュークは日産の世界戦略車の1台だったが、それに代わるモデルとして開発されたのがキックスで、北米では2018年にキックスの導入と同時に初代ジュークは北米市場から完全撤退している。 日本は北米と同じ流れるなる。 それに対して新型ジュークは欧州専用車で、欧州ではキックスは販売されていないことからも、新型ジュークは欧州、それ以外の地域はキックスと決まっていため、新型ジュークを日本で販売する予定は最初からなかったのだろう。 キックスは世界戦略車として現在、ブラジル、メキシコ、中国の3拠点で生産されていて、それに新たにタイが加わることになるが、タイで生産する大きなメリットがある。 タイ政府の電動車製造の優遇が受けられるため、e-POWERのキックスを新たにタイで生産することは日産にとってはメリットが大きい タイ政府は2017年から自国での電動車の生産を促すために生産設備の輸入税免税や物品税の減税などの優遇制度を開始していて、電動車にはEVだけでなくハイブリッド、PHEVも含まれる。 日本でしか生産していなかったe-POWERを海外で生産する手間はタイでも欧州でも同じだろうが、タイで生産することで設備投資費は大きく節約できる。 ちなみにこの優遇制度はトヨタ、ホンダ、三菱も申請ずみのようなので、今後タイ生産の電動車が日本に導入されるケースが増えてくるのではないだろうか。 キックス(北米仕様)のインテリア。 エクステリアに比べるとオーソドックスなデザインを採用。 日本仕様にはプロパイロットも設定される パワートレインも大きなポイント キックスを日本に導入する理由はほかにも考えられ、パワートレインもそのひとつ。 欧州で販売されている新型ジュークのパワートレインは1Lターボ+DCTのみに対し、キックスは中国マーケットに1. 5L+CVTがあるため、ガソリンモデルを追加する時に好都合となっている。 そもそも日本で1Lターボ+DCTがウケるとは考えにくい。 欧州で人気のDCTも日本ではCVTのほうが人気が高い。 ジュークのパワートレインは、1Lターボ+DCT。 DCTの人気がない日本ではこの組み合わせではライバルに対して勝負にならない 日産に必要なのはジュークではなくキックス 今の日産に必要なのは、無難に売れてノート、セレナ、デイズ/ルークスに続いて柱になれる車種だと思われる。 同じ日産のコンパクトSUVでもキックスとジュークではキャラクター、コンセプトが大きく違う。 具体的に見ると、キックスがホンダヴェゼル的なのに対し、ジュークはトヨタC-HR的なキャラクターと言える。 SUVはセダンなどと違い3ナンバーサイズに抵抗感を覚える人は少ないが、全幅1800mmの新型ジュークよりも全幅1760mmのキックスのほうが日本では有利 トヨタがスペシャルティ要素の強いC-HRをコンスタントに販売しているのには恐れ入るが、初代ジュークでの販売実績を考えると、万人受けして幅広い世代に売りやすいのはキックスであるのは明らかだろう。 さらにSUVは3ナンバーボディに抵抗がなくなってきているとはいえ、ジュークく比べると全幅の狭いキックスのほうが日本で売れる可能性は高いだろう。 以上のことを考えると、日産が日本でジュークではなくキックスを販売すると言いうのは非常に理にかなった正しい戦略であるとわかる。 日産の量販車種としてキックスが目指すところは、幅広い年代層から支持を受けているホンダヴェゼルだろう C-HRはデザインの好みがわかれると言われないがらもコンスタントに販売をマーク。 これはトヨタの販売力あってのことで、現在の日産では厳しい キックスに対する不安と期待 キックスは月販目標5000台程度になると言われているが、不安がないわけではない。 日本メーカーが海外から輸入して販売したモデルは一部を除き苦戦しているモデルが散見されるからだ。 特に東南アジアで生産されたモデルにその傾向が強いのは気になる。 C-HR、ヴェゼルともハイブリッドをラインナップしているが、通常状態が常にモーター走行になるのはe-POWER搭載のキックスだけ。 ノートのように人気が出るか!? 実際日産マーチはタイ生産になった現行モデルは苦戦が続いている。 今では同じグループの三菱のミラージュはマーチ同様にタイ生産で日本マーケットに復活したが、残念ながらコンパクトカーとして大きく低迷している。 そのほかホンダはかつてフィットアリアをタイから輸入していたが大きく振るわず、後継モデルのグレイスに後を譲った経緯もある(グレイスは日本生産)。 しかし、これら苦戦している海外生産車に共通するのは、日本で生産されたモデルに対し価格的アドバンテージがあまりなかったり、クルマ自体に魅力が薄いというのがある。 その点キックスには日産の伝家の宝刀、e-POWERによりライバルにないモーター走行という大きな飛び道具を持っているのは強みだろう。 現行マーチはタイで生産して日本で販売。 デビュー当初よりはクォリティは高くなっているものの、クルマ自体の魅力がライバルに劣っているのが苦戦の要因 キックスは275万~350万円程度と予想されるように、C-HR、ヴェゼル、ライズに対して価格的な大きなアドバンテージはないだろう。 日産のコンパクトSUVの登場を心待ちにしていたユーザーがかなりいるのは間違いないなか、ブランニューSUVのキックスをユーザーがどのように受け止めるかに注目したい。 写真は2016年にブラジルで販売を開始したキックス。 2020年モデルとはかなり印象が違う。 基本設計は新しくないが、e-POWERの搭載で生まれ変わる!!

次の

【悲報】マイナーチェンジ版・日産の新型「キックス」が新型コ〇ナの影響により発売日延期へ。一体いつに発売になる?新型車発売による顧客の反応は?

日産 キックス

新型SUV「キックス」 日産自動車は6月24日、新型SUV「キックス」を6月30日より発売すると発表した。 新型キックスは、全モデルで最高出力を約20%向上させた「e-POWER」を搭載して、「X」「X ツートーンインテリアエディション」の2グレード展開。 価格はXが275万9900円、X ツートーンインテリアエディションが286万9900円。 駆動方式は全モデル2WD(FF)となる。 燃費性能ではWLTCモードで21. キックスに採用されたe-POWERでは最高出力を約20%向上させ、中高速域の力強さを高めたことで、高速での追い越しや合流、ワインディング走行など、幅広いシーンにおいてパワフルでキビキビした走りを実現。 さらに、発電用エンジンの作動タイミングの制御を最適化することで、エンジンの作動頻度を減らし、高い静粛性を実現したという。 また、アクセルペダルの踏み戻しで車速を調整できる「e-POWERドライブ」では、ワンペダル感覚での運転が可能となるため、ブレーキペダルを踏む回数は減少し、楽に運転することができるとしている。 エクステリアは「ダブルVモーショングリル」や特徴的な「フローティングルーフ」で力強さとスタイリッシュさを表現。 LEDヘッドライトの採用など、先進的で存在感を放つデザインとした。

次の