シナチク レシピ。 メンマ(シナチク)の作り方(レシピ)

メンマ(シナチク)の作り方(レシピ)

シナチク レシピ

ラーメンのトッピングだけでなく、お酒のおつまみとしても食べられている「味付けメンマ」。 やみつきになる味と歯ごたえで、ビールだけでなくご飯のお供にもぴったりです よね。 メンマのおいしさの秘訣は、何と言ってもコリコリッとやみつきになるあの「食感」。 でも、ラーメン屋で食べるメンマに対して「量が少ない」「もっと食べたいのに!」なんて不完全燃焼感を抱いているメンマ好きさんもいることでしょう。 そこで、アマノ食堂編集部がおすすめしたいのが 「自家製メンマ」です。 手作りなら、食べたい分を好きなだけ食べられるうえ、コリッとしたたけのこ本来の歯ごたえを残すことができます。 レシピを教えてくれたのは、料理研究家・食生活アドバイザーのAnnaさん。 Annaさんがご主人に振る舞ったところ「めちゃうまい!」と大絶賛で箸が止まらなかったとか。 そもそもメンマってどうやってつくるの? 肝心の味つけは何?メンマに興味津々な割に特に知識がない編集部スタッフが実際につくってみました! *** フライパンでできる!手作りメンマの材料・作り方 【材料】 ・たけのこ水煮…300g (中1本ほど) ・ごま油…大さじ2 ・砂糖…大さじ1 [A] ・中華スープの素 (今回はペーストタイプを使用)…小さじ2 ・オイスターソース…小さじ2 ・醤油…小さじ2 ・塩…少々 ・鷹の爪…お好みで 【作り方】 1. たけのこの水気をよく切る。 薄切り(もしくは短冊切り)で、自分好みの大きさにカットする。 フライパンにごま油を入れて熱し、弱火でたけのこを炒める。 油がまわったら砂糖を加えて全体に馴染ませたあと、[A]を加えて弱火で炒める。 そのまま弱火で水分を飛ばすように炒める。 汁っぽさがなくなってきたら火を止め、最後にお好みで鷹の爪を散らせばできあがり! 水煮のたけのこを使用するので下処理がいらないうえ、調理時間は10分たらず! こころゆくまで食べてみたい!というメンマ大好きなあなたなら(笑)、手作りなので量産することもできますよ。 実際に作ってみたら、「こんなに簡単につくれるんだ!」と感動するほどでした。 甘めのメンマが好きな方は、砂糖の量を増やしてください。 もはやトッピング具材の域を超え、立派な「贅沢おかず」として認識してもいいのではないでしょうか。 冷蔵庫で3日間ほど保存できるので、作り置きしておくと便利ですよ! ビールのおつまみにぴったり!ついついお酒が進んじゃう~。 HMH所属料理研究家として日々の料理や活動を料理ブログで配信するドイツ・ハンブルク在住の人気料理ブロガー。 海外料理の再現レシピや海外の珍しい食材を使った創作家庭料理、日本人でも食べやすいアレンジ料理を得意とし多くの読者から支持を集める。 ドイツの食事情や文化を動画でも配信、ドイツで日本食を広める活動や料理教室なども意欲的に行っている。 参考記事:.

次の

みんな大好きシナチク(メンマ)の作り方

シナチク レシピ

美味しいメンマの作り方,めんま、支那竹、シナチク 美味しいメンマ,めんま、支那竹,シナチクのページ 美味しいシナチク、メンマ、めんま、支那竹 ラーメンとメンマ メンマ(麺麻)は 麻竹(マチク)のタケノコを 乳酸発酵させた、 中国の加工食品。 麺類に入れる麻竹であることから 、「麺麻」と呼ばれる。 日本では主にラーメンの具として食べる。 メンマという名前が日本で知られる様になったのは 昭和50年代になってからである。 それまでは支那竹(シナチク)と言う言葉が 一般的であった。 当時はラーメンの専門店が少なく、 中華蕎麦と呼ばれる物にシナチクがトッピングされていた。 この時のシナチクの中には、 孟宗竹(モウソウチク)のタケノコを発酵させた物もあった。 後に瓶詰めのメンマが販売されると、一気にメンマの名が浸透したが ラーメン店などではメンマ般食堂で中華蕎麦を出している所は シナチクと呼んでいることが多い。 また世代によりメンマが通じず、シナチクが通じる場合もある。 現在は麺のトッピングのみならず、酒のつまみ等応用範囲が広くなっている。 変わり種としてはメンマ丼などと呼ばれる物もある。 メンマの出来るまで ラーメンの具として欠かせないメンマの原料は中国、 台湾から輸入しています。 メンマは麻竹と呼ばれている竹の一種を加工して作られています。 麻竹には深山ものと平地ものと2種類がああり、 深山ものは水分が少なく硬い。 日本では深山ものの利用は少なく、 平地ものは大人の首の太さ位あり長さは60センチから70センチ位あります。 成長した麻竹は刈り取られた後皮をむき要らないところを取除き 加工場に運び縦に細かく切り1時間位煮ます。 その店独自の味付けをし ラーメンの具にしている。 その後籠に入れてで水を切り塩をかけてビニールで覆い その上に重しをしき土の中に1ヶ月位放置します。 醗酵が進むにつれ麻竹はやがて飴色となります。 十分に醗酵が進んだ進んだところで籠から取り出された麻竹は 天日干しされたあと 更に塩水に漬けてから再び天日干しされます。 その後工場でさらに風をあてて乾燥されます。 日本ではこの乾燥麻竹を輸入してます。 の麻竹をめんま業者が購入し」独自の味付けをして販売している、 一方ラーメン屋さんでは乾燥したものか塩漬けの物を仕入れ その店独自の味付けをし ラーメンの具にしている。 メンマの作り方 先ず塩抜きですが時々水を取替えながら少なくても2日おき、 ふやけて少し軟らかくなったところで太さを均一にするために太いメンマを手で引き裂き 太さが揃ったところでもう2〜3日水に漬け、これで塩抜きが完了です。 見積もりが狂って塩抜きが間に合わない時は茹でて塩抜きをします。 味付けはラーメンに影響しない様に違和感の無いあっさり味に仕上げます。 スープと それに、化学調味料、唐辛子これを炒め煮して完成です。 メンマ,めんま、支那竹,シナチク物のページ.

次の

美味しいメンマの作り方,めんま、支那竹、シナチク

シナチク レシピ

美味しいメンマの作り方,めんま、支那竹、シナチク 美味しいメンマ,めんま、支那竹,シナチクのページ 美味しいシナチク、メンマ、めんま、支那竹 ラーメンとメンマ メンマ(麺麻)は 麻竹(マチク)のタケノコを 乳酸発酵させた、 中国の加工食品。 麺類に入れる麻竹であることから 、「麺麻」と呼ばれる。 日本では主にラーメンの具として食べる。 メンマという名前が日本で知られる様になったのは 昭和50年代になってからである。 それまでは支那竹(シナチク)と言う言葉が 一般的であった。 当時はラーメンの専門店が少なく、 中華蕎麦と呼ばれる物にシナチクがトッピングされていた。 この時のシナチクの中には、 孟宗竹(モウソウチク)のタケノコを発酵させた物もあった。 後に瓶詰めのメンマが販売されると、一気にメンマの名が浸透したが ラーメン店などではメンマ般食堂で中華蕎麦を出している所は シナチクと呼んでいることが多い。 また世代によりメンマが通じず、シナチクが通じる場合もある。 現在は麺のトッピングのみならず、酒のつまみ等応用範囲が広くなっている。 変わり種としてはメンマ丼などと呼ばれる物もある。 メンマの出来るまで ラーメンの具として欠かせないメンマの原料は中国、 台湾から輸入しています。 メンマは麻竹と呼ばれている竹の一種を加工して作られています。 麻竹には深山ものと平地ものと2種類がああり、 深山ものは水分が少なく硬い。 日本では深山ものの利用は少なく、 平地ものは大人の首の太さ位あり長さは60センチから70センチ位あります。 成長した麻竹は刈り取られた後皮をむき要らないところを取除き 加工場に運び縦に細かく切り1時間位煮ます。 その店独自の味付けをし ラーメンの具にしている。 その後籠に入れてで水を切り塩をかけてビニールで覆い その上に重しをしき土の中に1ヶ月位放置します。 醗酵が進むにつれ麻竹はやがて飴色となります。 十分に醗酵が進んだ進んだところで籠から取り出された麻竹は 天日干しされたあと 更に塩水に漬けてから再び天日干しされます。 その後工場でさらに風をあてて乾燥されます。 日本ではこの乾燥麻竹を輸入してます。 の麻竹をめんま業者が購入し」独自の味付けをして販売している、 一方ラーメン屋さんでは乾燥したものか塩漬けの物を仕入れ その店独自の味付けをし ラーメンの具にしている。 メンマの作り方 先ず塩抜きですが時々水を取替えながら少なくても2日おき、 ふやけて少し軟らかくなったところで太さを均一にするために太いメンマを手で引き裂き 太さが揃ったところでもう2〜3日水に漬け、これで塩抜きが完了です。 見積もりが狂って塩抜きが間に合わない時は茹でて塩抜きをします。 味付けはラーメンに影響しない様に違和感の無いあっさり味に仕上げます。 スープと それに、化学調味料、唐辛子これを炒め煮して完成です。 メンマ,めんま、支那竹,シナチク物のページ.

次の