猫ノミ シャンプー。 猫用レボリューションの使い方と、獣医さんがオススメするワケ。

猫へのシャンプーのコツ ~長毛種編~

猫ノミ シャンプー

長毛種の猫というのは、もともと突然変異で生まれました。 なので、自然界で生きていくことはできません。 なので毎日ブラッシングをしてください。 ブラッシングをしてあげないと、どんどん毛玉ができてしまいます。 それから、最低でも月に一回はシャンプーもしてあげてください。 猫はもともと濡れるのをすごく嫌います。 なので、シャンプーは生後2~3ヶ月ごろからやって、濡れることに慣らしましょう。 シャンプーをする前は、あらかじめブラシとクシで抜け毛を取り、毛玉はほどいておきます。 それとつめも、あらかじめ切っておきます。 ただ外出自由の場合は、ツメが身を守るための武器となるので切らないほうがいいです。 シャンプーをするときに用意するものは、 まず全身をくるめる大きさのタオル。 なるべく水の吸収がよいものを。 それとシャンプー。 猫と人では、体のph(ペーハー)がちがいます。 このphがちがうと、皮膚によくないので、人用のシャンプーは使わないでください。 そして、できればリンスやコンディショナーも使うと毛がツヤツヤに、やわらかくなります。 子猫の場合は、毛が十分やわらかいので 、リンスを使う必要はありません。 では準備もととのったところで、いよいよシャンプーです。 全身をシャワーでおしりから濡らします。 お湯の温度は38度~39度くらいで。 全身にシャンプーをたっぷりとかけます。 ノミがいる場合は、まず首まわりとお尻まわりにシャンプーをかけて泡だてます。 こうすることで、ノミが顔とお尻という洗い落としにくい部分に逃げ込むのをふせぎ ます。 全身を洗います。 このとき、毛がからむのでこすらないように。 地肌を洗うことを意識して、手のひらで毛を押すようにして洗ってください。 しっぽは汚れやすいので丁寧に、特にオスのしっぽの裏側のつけね部分は汚れやすいです。 顔の汚れを、濡らしたティッシュかガーゼでふきとります。 ガンコにこびりついた汚れは無理に取らず、ふやけるのを待ってから取ります。 シャンプーをていねいに洗い流します。 汚れがひどい場合は、1~5をくりかえしてください。 リンスまたはコンディショナーをします。 体毛になじませてから、洗い流してください。 水分を背中からおなかに向かってしぼりとる。 全身をタオルでくるみ、水分を吸い取る。 こすらず、押さえるようにしてふきます。 タオルは何枚か用意しておき、ぐっしょりと水分を吸う前にとりかえます。 こうすることで、はやくかわかせます。 しっぽや足のつけねなど、水分の残りやすいところをていねいにふく。 クシでとかしながら、毛の根元までしっかりとかわかす。 できあがり! 仕上げにスリッカーブラシを使うと、フワッとした毛並みになります。

次の

猫のノミ取りシャンプーは効果なし?どうするノミ対策!!

猫ノミ シャンプー

猫ノミとは? このネコノミは繁殖力が高くしっかりと駆除対策を心がけないと大変なことになってしまいます。 猫のブラッシングをするときにノミが発生していないかシッカリと見てあげてくださいね。 成虫だと肉眼でみつけることは可能です。 こんなノミですかね。 色は黒っぽいと思うので、ネコちゃんが黒、茶系だと見つけにくいかもしれませんが、よーく見てあげましょう。 あと、成虫ではなくノミの卵や糞なども注意してください。 ノミの卵は白っぽくて、ノミの糞は黒い粒上のものです。 ネコちゃんの寝床に黒い粒がいっぱい落ちていないかこまめに確認しましょう。 私も飼っていたネコにノミが発生して、対処法を間違ってしまったばかりに、どんどんノミが増えてしまった経験があります。 ネコちゃんにとっても可哀想ですが、飼い主も噛まれる(吸血される)ので健康のことを考えてシッカリと対処する必要があります。 猫のノミを駆除する方法や、薬を使った場合の副作用について説明します。 猫のノミを駆除する方法は? ノミ取り、駆除、予防に効果がありそうなグッズには何があるか? 直接猫に触れるグッズとお部屋へ使うグッズとさまざまです。 グッズそれぞれの種類や、使い方、使う上での注意点についてご紹介します。 どんなグッズを使用しやすそうか検討していきましょう。 <猫ノミ駆除に高い効果が期待できるグッズ> ノミ取り櫛(ブラシ)、薬(フロントライン)がノミ取り効果が高いグッズといわれていますね。 それでは更にそれぞれのグッズについて詳しく見ていきましょう。 ノミ取り櫛(ブラシ) 1つだけご紹介しておきますね。 「ドギーマン ハニースマイル ノミキャッチャー」という専用のブラシが販売されています。 「ドギーマン ハニースマイル ノミキャッチャー」 出典:amazon これ以外にも「猫 ブラシ」とか「猫 櫛」などと検索すると沢山出てきますので、好みの櫛を見つけこまめにやさしくブラッシングしてあげましょう。 櫛を使用してブラッシングするときは丁寧に行ってあげると良いですね。 また、ブラッシング中やブラッシング後に注意をしなければいけないことがあります。 それは、ノミを発見した時につぶさないこと! ノミのお腹の中には常に卵が20個以上入っています。 そのノミを潰すとお腹の中にある卵が一気に外へ飛び散りノミの大量発生につながります! (これで私は大失敗をしました 笑) ノミをみつけたらつぶさずに、中性洗剤を入れた熱湯に入れて殺すか、ガムテープでペタっとくっつけて包んでから駆除するのがおススメです! 一番手軽なのは、ガムテープでノミを包んで駆除することですね。 ブラッシングをしっかりしてあげても、ノミをすべて駆除することは難しいです。 他の方法と併用するようにしてあげるとより効果が高まりますね。 ノミ駆除薬(フロントライン) 出典:amazon フロントラインには被毛にかけるタイプ(スポットタイプ・スプレータイプ)、飲み薬タイプ(錠剤・液体)があります。 薬品であるため副作用が出てしまう可能性があります。 安全に使用するには獣医師への相談が必要ですね。 私がノミ駆除に苦慮していたときに、動物病院へ猫を連れて行ったところ「フロントライン・スポットオン」を処方されました。 私のネコちゃん達には、このフロントラインの効果はテキメンでした! 数日もするとどんどんノミがいなくなっていったのを覚えています。 使い方は簡単!猫の首上(背中側)のネコが舐めることができない場所にスポットで薬を数滴たらしてあげるんです。 基本的に薬は猫が舐めても大丈夫な成分でできています。 ただし、薬品ですので舐めることで体調を崩してしまう猫もいます。 猫が舐めることのできない場所に垂らすことで安全性をより高めているんですね。 そういった危険性もあるため、素人が勝手な判断で投与するのはおすすめしません。 できればお近くの獣医師さんに投与上の注意や使用しても大丈夫な健康状態なのかなどを聞いてから使ってあげてくださいね。 特に体の弱った高齢の猫や妊娠中の猫に使用する場合は注意が必要です! フロントラインの評判は? 薬の副作用は大丈夫? 猫のノミで悩んでいる人の対処法をインターネットで私なりに調べてみたのですが、やはりフロントラインは効果が高いようですね。 ただ、それだけ効き目があるということは、副作用も心配になってしまいますよね。 でも私の猫ちゃんたちもまったく大丈夫でした! フロントラインの良さは、安全性が高いと言われている所です。 私の猫ちゃんたちにも全く影響がなかったため、副作用もそんなに心配しなくて大丈夫かな、とは実感として思います。 ただし、先にも書いたのですが薬品であるため副作用が起こらないとは言い切れません。 猫ちゃんの体調のためにもシッカリと獣医師さんに使用方法など聞いたうえで利用されることを強くおススメします。 私はとにかく自分で舐めることができない位置にしっかりと垂らすことだけは注意していましたね。 ノミ駆除薬には効果が持続する期間があります。 これも獣医師さんに相談する必要がありますが、使用頻度や適量を守ることですね。 しっかり適量を守って利用すれば、安全にノミを退治できると思います! <猫ノミ駆除に効果があまり期待できないグッズ> ノミ取りシャンプー ある一定の効果はありますが高い効果は得られないため、ほかの方法と併用するのが良いグッズですね。 シャンプーは猫の皮膚を傷めないようにするため強めの駆除効果はありません。 皮膚の消毒程度の効果と考えるとよいでしょう。 また、毛の奥に潜んだノミをすべて洗い流すことはできません。 流れ落ちなかったノミは一瞬気絶し動きを止めますが死んではいません。 一定の時間が経過するとノミは復活して活発に動き出すようになります。 加えてシャンプーに慣れていない猫ちゃんだとシャンプーが一筋縄ではいかないのではないでしょうか。 うちの飼っていた数匹の猫すべては慣れていないためシャンプーを嫌がり大変でした^^; シャワーを気持ちいいと感じて大人しくしてくれる猫ちゃんの場合は、清潔になるのでノミ発生予防も兼ねてシャンプーをしてあげましょう。 ノミ取り首輪 猫の首に巻きつけます。 こんな感じの商品ですね。 出典:amazon 市販のノミ取り首輪は首周りのノミ除け程度の効果しか期待できません。 動物病院で購入することのできるノミ取り首輪はある程度効果があるようです。 しっかり首へ装着する、かじられないようにするなど注意点があるため獣医師へきちんと相談してみるとよいですね。 また首輪のメリットは手軽に使用できることですね。 猫ちゃんの首に巻き付けてあげるだけです。 ただし大前提として猫ちゃんが首輪を嫌がらないタイプか、首輪に慣れているかどうかも大事になります。 猫ちゃんが嫌がることをしたくないですよね。 嫌だと無理に外そうとすることもあるでしょうし、首輪をかじってしまうこともあります。 殺虫剤や虫よけ成分が配合されているわけですから、使用上の注意などをしっかりと読んで利用するようにしてください。 私が猫のノミ駆除で苦労していたとき、残念ながらノミ取り首輪ではあまり効果が感じられませんでした。 この時点で自力での対処は無理だと思い獣医師に見てもらいました。 お部屋のノミ駆除方法 猫にノミがついているのに気づくとだいたいお部屋の中はノミだらけです。 足元に這いよるノミに人間も気づきだしたらもう大変! そんなお部屋の中のノミ対策に有効なグッズをご紹介します。 「バルサン」、「ダニアースレッド」あたりが有名ですね。 これは効果テキメンです。 部屋を片付けたり、猫や家電を避難させたりと行うべきことは多いですがより確実な方法ですね。 光に集まるノミの習性を利用しノミを集め駆除します。 単3電池で動く「アース・バイオケミカル電子ノミとりホイホイ」が有名ですね。 くん煙剤をしかけたあとに、予防の意味を込めておくと安心できます! まとめ ネコノミは室内で飼っていたとしても発生する可能性はあるので、ネコを飼うという時点でノミ対策のことは勉強しておきましょう! 当たり前ですが、まずは室内は清潔にしてくださいね。 あと、こまめに軽く力を入れずにブラッシングをして、ノミが発生していないかどうか確認してあげましょう。 そして、大量発生する前に「フロントライン」を利用するとよいと思います。

次の

猫のノミを駆除したい!猫ノミ退治・対策の12の心得

猫ノミ シャンプー

長毛種の猫というのは、もともと突然変異で生まれました。 なので、自然界で生きていくことはできません。 なので毎日ブラッシングをしてください。 ブラッシングをしてあげないと、どんどん毛玉ができてしまいます。 それから、最低でも月に一回はシャンプーもしてあげてください。 猫はもともと濡れるのをすごく嫌います。 なので、シャンプーは生後2~3ヶ月ごろからやって、濡れることに慣らしましょう。 シャンプーをする前は、あらかじめブラシとクシで抜け毛を取り、毛玉はほどいておきます。 それとつめも、あらかじめ切っておきます。 ただ外出自由の場合は、ツメが身を守るための武器となるので切らないほうがいいです。 シャンプーをするときに用意するものは、 まず全身をくるめる大きさのタオル。 なるべく水の吸収がよいものを。 それとシャンプー。 猫と人では、体のph(ペーハー)がちがいます。 このphがちがうと、皮膚によくないので、人用のシャンプーは使わないでください。 そして、できればリンスやコンディショナーも使うと毛がツヤツヤに、やわらかくなります。 子猫の場合は、毛が十分やわらかいので 、リンスを使う必要はありません。 では準備もととのったところで、いよいよシャンプーです。 全身をシャワーでおしりから濡らします。 お湯の温度は38度~39度くらいで。 全身にシャンプーをたっぷりとかけます。 ノミがいる場合は、まず首まわりとお尻まわりにシャンプーをかけて泡だてます。 こうすることで、ノミが顔とお尻という洗い落としにくい部分に逃げ込むのをふせぎ ます。 全身を洗います。 このとき、毛がからむのでこすらないように。 地肌を洗うことを意識して、手のひらで毛を押すようにして洗ってください。 しっぽは汚れやすいので丁寧に、特にオスのしっぽの裏側のつけね部分は汚れやすいです。 顔の汚れを、濡らしたティッシュかガーゼでふきとります。 ガンコにこびりついた汚れは無理に取らず、ふやけるのを待ってから取ります。 シャンプーをていねいに洗い流します。 汚れがひどい場合は、1~5をくりかえしてください。 リンスまたはコンディショナーをします。 体毛になじませてから、洗い流してください。 水分を背中からおなかに向かってしぼりとる。 全身をタオルでくるみ、水分を吸い取る。 こすらず、押さえるようにしてふきます。 タオルは何枚か用意しておき、ぐっしょりと水分を吸う前にとりかえます。 こうすることで、はやくかわかせます。 しっぽや足のつけねなど、水分の残りやすいところをていねいにふく。 クシでとかしながら、毛の根元までしっかりとかわかす。 できあがり! 仕上げにスリッカーブラシを使うと、フワッとした毛並みになります。

次の