ライン ブロック すると。 【2020年版】LINE(ライン)のブロックを確認する方法、解除や友達削除の方法も解説

【LINE】ブロックすると/されるとどうなる?確認方法まとめ

ライン ブロック すると

今回は、LINEで友だちをブロックしたらどうなるかを説明します。 しつこく内容のないトークを送ってくる人、以前は仲が良かったけれどもう連絡を取りたくない人、スタンプをゲットして不要になった公式アカウント……。 我慢してトークを受け取っているくらいなら、ブロックしてしまうとスッキリするかも。 LINEで相手をブロックするとき、その事情はケースバイケースですよね。 はっきりと絶縁宣言したい場合は、ブロックしたことを相手に知られてもいいのですが、さりげなく距離を置きたい相手には、ブロックしたことをうやむやにして穏便に済ませたいもの。 でも心配は無用です。 LINEをブロックしても、相手に「ブロックされた」という通知は届きません。 自分のLINEでブロックした相手は、「友だち」画面に表示されなくなります。 相手とのトークルームは「トーク」画面に残りますが、相手からトークが来ても通知は自分に届かず、相手から新たに送られてくるトークの内容も読めなくなります。 ただし、同じグループトーク内では、ブロック前と同様、ブロックした自分のトークもブロックされた相手のトークも表示されます。 もしブロックした人のトークを絶対に読みたくないという人は、グループを退会しましょう。 ブロックした相手とのトークルームは残りますが、「ブロック中」と表示されます。 ブロックしている間に送られてきたLINEのトークを見ることはできません LINEでブロックされた相手から見ると…… LINEでブロックされた人から見た場合、新たに送ったトークは「未読」のまま。 ブロックされた人からブロックした人への通話はできなくなり、ブロックした人のタイムライン投稿も表示されなくなります。 同じグループに入っている場合は、ブロックした人のメッセージも表示されます 自分がブロックされているか確認するには? LINEで友だちから自分がブロックされているか確認する方法のひとつとして、相手にスタンプをプレゼントする方法があります。 ブロックされている相手にスタンプをプレゼントすると、「すでにこのアイテムを持っているためプレゼントできません」と表示されます。 ただし、相手がすでにそのスタンプを持っている場合も同様のメッセージが表示されるため、あくまで「相手にブロックされている可能性がある」という推測の域を出ません。 このほか、相手のタイムラインを確認する方法もあります。 相手のタイムラインが「まだ投稿がありません」となっている場合、ブロックされている可能性があります。 ブロックされているか確認する方法については、別記事で詳しく解説しています。 LINEで相手をブロックする方法 友だちをブロックするには、まずLINEの「友だち」画面を開き、iPhoneの場合はブロックしたい相手を左にスライドします。 すると「ブロック」メニューが表示されるので、それをタップします。 Androidの場合はブロックしたい友だちを長押しすると、「ブロック」メニューが出てきます。 「友だち」画面でブロックしたい友だちを左にスライドします• 「ブロック」をタップします ブロックを解除するには 一度ブロックしたものの、その相手と再度つながりたい場合は、「ブロック解除」することができます。 LINEの「その他」にある設定から、「友だち」をタップすると、「ブロックリスト」が出てきます。 ブロックリストを表示し、ブロックを解除したい友だちの「編集」ボタンをタップ。 すると「削除」か「ブロック解除」という選択肢が出てくるので、「ブロック解除」を押せばブロックを解除できます。 そこで「削除」を選んでしまうと、ブロックを解除できなくなり、あらためてID検索など「友だち追加」の作業が必要となります。 「その他」画面で「設定」を開き、「友だち」画面で「ブロックリスト」をタップします• ブロック解除するアカウントの「編集」をタップし、「ブロック解除」をタップします また、ブロックした相手のトークルームは自分の「トーク」画面に残ります。 相手のトークルームを「トーク」画面に残しておけば、ブロックした相手のトークルームから、ブロック解除や通報が可能です。 ブロックした相手のトークルームから、ブロック解除ができます LINEでブロックした人を完全に削除する LINEでブロックしたアカウントは、LINEで「設定」の「友だち」の欄にある「ブロックリスト」で確認できます。 LINEから完全に消してしまいたいときは、「ブロックリスト」で相手の「編集」をタップし、「削除」を選べば削除完了です。 ブロックリストから削除しても、相手に伝わることはありません。 詳細は別記事を参照してください。 LINEでブロックできないアカウントもある LINEでブロックできないアカウントも存在します。 たとえば、LINEがセキュリティのために運営する特殊アカウント「LINE」はブロックできません。 また、LINEに凍結されたスパムアカウントをブロックしようとすると、「ブロックに失敗しました」または「正常に処理できませんでした」といったダイアログが表示され、ブロックできないことがあるようです。 詳細については、別記事で解説しています。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

ラインをブロックする元彼の心理。復縁は不可能ではない!

ライン ブロック すると

LINEの返信が無い。 もしかしたら ブロックされてるかもしれない・・・ メッセージを送った相手がいつまで経っても 既読スルーの状態だと、どうしても不安に襲われますよね。 そんなショックな事実知りたくないけど、この際ハッキリさせておきましょう。 LINEで友だちにブロックされているか確認する方法を紹介します。 さあ覚悟はいいですか!? ブロックされるとどうなるの? ブロックされると、 メッセージが相手に届かないので既読が付くことは絶対にありません。 何度もメッセージを送っているのに既読にならない場合、 ブロックされている可能性があります。 でも本当に見てないだけかも知れないので、この段階ではまだブロックされているかは判断できません。 関連記事 ブロックされているか確認する方法 LINEスタンプをプレゼントする! 相手にブロックされているかの確認は LINEスタンプをプレゼントすれば確認することができます。 プレゼント機能といっても LINEスタンプを購入してプレゼントするわけではないので安心してください。 購入する前の画面で判別ができます。 また、選択するのは有料スタンプでOKですが、 相手が持っていなそうなスタンプを選ぶのがポイントです。 スタンプショップからプレゼントするLINEスタンプを選びます。 【プレゼントする】をタップ。 ブロックされているか確認したい相手を選んだら 【OK】をタップ。 さあ、ここで表示された結果によって ブロックされているか・ブロックされていないかがわかります!! 表示された方を選択してタップしてみましょう。 」と表示された場合、 ブロックされています。 でも、まだ希望はあります。 相手が本当に同じスタンプを持っている場合もあるので別のスタンプで試して見ましょう。 女性には「北斗の拳」、男性に「白雪姫」など持ってなさそうなスタンプで試してみるといいかもしれません。 相手が持ってなさそうな有料スタンプで何個か試してダメならあきらめてください。 相手のブロックは解除できないのでどうしようもありません。 ブロックされていません プレゼント確認の画面が表示された場合、 ブロックはされていません。 もし相手にブロックされている場合「すでにこのスタンプをもっているためプレゼントできません。 」と表示されて確認画面は表示されません。 一緒に読みたい記事• LINEアプリの使い方 完全マニュアル•

次の

Android版LINEでブロックする方法は?解除の仕方は?相手にバレる?

ライン ブロック すると

Contents• LINEブロックする方法 LINEブロックする iPhoneの場合 友だちリストでブロックしたい相手を左スワイプします。 表示されたメニューから「ブロック」をタップします。 これでLINEブロックは完了です。 Androidの場合 友だちリストでLINEブロックしたい相手を長押しして、表示される項目から「ブロック」をタップします。 ポップアップが表示されるので「確認」をタップします。 これでLINEブロックは完了です。 トーク画面からブロックする LINEブロックしたい相手とのトーク画面を開きます。 画面上部にある「V」をタップして表示されるメニューから「ブロック」をタップします。 LINEブロックを解除する LINEブロックした相手とのトーク画面を開きます。 画面上部にある「V」をタップして表示されるメニューから「ブロック解除」をタップします。 上記以外にも下記の方法があります。 LINEブロックした相手の一覧が表示されます。 LINEブロックを解除したい友だちの横にある「編集」をタップし、「ブロック解除」をタップ。 これでLINEブロックの解除が完了しました。 スポンサーリンク LINEブロックすると/されるとどうなるのか トークが既読にならない LINEブロックした側はトークが表示されない 友だちリストにLINEブロックした相手が表示されなくなります。 LINEブロックした相手とのトークルーム内ではトーク履歴は残りますが、メッセージ入力欄には「ブロック中」と表示されてメッセージやスタンプなどを送ることができなくなります。 また、相手がメッセージを送ってきても表示されません。 LINEブロックされた側は既読がつかない LINEブロックされた側は送ったメッセージに既読がつかなくなります。 相手が電話に出てくれない LINEブロックした側は電話することができない LINEブロックした側は相手に対して発信することができなくなります。 また、相手からの着信も無視するようになります。 そのため、通知自体届きません。 LINEブロックされた側は着信通知が相手に届かない 相手にLINEブロックされていても電話をかけることができます。 発信音も通常通り鳴りますが、相手には通知がいっていません。 グループトーク(複数人トーク)、グループ通話はLINEブロックが適応されない LINEブロックは個人間での機能であり、グループトークや複数人トークでは機能しません。 そのためLINEブロックした側もされた側もメッセージの送受信や電話の発信着信が可能になります。 相手のホーム画面やタイムラインが表示されなくなる LINEブロックされた相手のホームを表示しても「まだ投稿がありません。 」と表示され、それまで投稿されていた内容は表示されません。 同じく、自分のタイムラインに表示されていたLINEブロックされた相手の投稿も表示されなくなります。 相手のプロフィール更新は知ることができる 以下の項目は相手にLINEブロックされていてもプロフィールポップアップを開くことで確認することができます。 プロフィール画像(アイコン)• ステータスメッセージ• BGM• ホームのカバー画像 スポンサーリンク 相手からLINEブロックされているか確認する方法 LINEスタンプやLINE着せ替えをプレゼントする 2018年7月現在、最新のLINEブロックされているか確認する方法は、 相手にスタンプや着せ替えをプレゼントすることです。 スタンプやプレゼントをLINEブロックされているか確認したい相手に送ると「すでにこのアイテムを持っているためプレゼントできません」というメッセージが表示されます。 1つでは本当に持っているだけかもしれないため、複数プレゼントします。 この時に全て「すでにこのアイテムを持っているためプレゼントできません」と表示された場合は LINEブロックされている可能性が高いといえるでしょう。 無料スタンプでも確認することが可能ですが、無料である分相手がすでに持っている可能性もあるため、相手がまず買わないであろう有料スタンプを使用することをお勧めします。 iPhone版LINEで有料スタンプをプレゼントする場合はLINE STORE登録が必須 現在、iPhone版LINEでは有料スタンプのプレゼントができません。 そのため、iPhoneユーザーは「LINE STORE」に登録する必要があります。 「LINEブロック」と「友だちから削除」の相違点 「LINEブロック」と「友だちから削除」の相違点は簡単に言うと「処置を取り消すことが容易かどうか」です。 友だちを削除した結果はLINEブロックした時と同じく、トークや通話で連絡が取れなくなる、ホームやタイムラインなどが見れなくなるなどほぼ同じです。 異なる点は、 LINEブロックは解除することができますが、削除すると解除することができなくなること。 自分と相手のLINEからお互いのデータがなくなってしまうため、LINEでもう一度相手と関係を持つためには再度友だち登録をする必要があります。 LINEブロックよりも削除の方が関係を修復する時の手間がかかるのです。 相手からLINEブロックを解除されるとどうなるのか LINEブロックされている期間に送ったメッセージ 相手がLINEブロックを解除した際にもLINEブロック中送ったメッセージには既読がつきません。 また、相手もLINEブロック中に送られたメッセージの内容を知ることはできません。 そのため、LINEブロックされていたことがわかるようになっています。 LINEブロックされている期間に相手が更新したタイムライン LINEブロックを解除されるとLINEブロックされていた期間中に投稿した相手のタイムラインも見ることができるようになります。 LINEブロックすると相手にはバレる? あなたがLINEブロックをしたことは、行動次第で相手にバレてしまいます。 具体的には下記の行動です。 プロフィールを更新する あなたがプロフィールを更新するとタイムラインにその旨の通知が流れます。 しかし、LINEブロックした相手に対しては流れません。 ただLINEブロックした相手もあなたのプロフィールは見れてしまうため、相手が 「タイムラインに通知がきていないにも関わらずあなたのプロフィールが変更されている」ことに気づけばLINEブロックしたことがバレてしまいます。 グループトークや複数人トーク内、グループ通話 グループトークや複数人トーク内、グループ通話は前述の通りLINEブロックした側された側でも参加できます。 そのため、LINEブロックしていることがバレる可能性があります。 LINEブロックはよく考えてから使用するように LINEブロックは不快なことから身を守ってくれますが、比較的親しい人に対して使用してしまうと関係がこじれる原因にもなりかねます。 そのため、よく考えて使用するようにした方が良いでしょう。

次の