坐骨 神経痛 運動。 坐骨神経痛の人は運動NG? 効果のある運動がある?

自分で治す!神経痛にビックリするくらい効果的な運動方法とは?

坐骨 神経痛 運動

腰痛、坐骨神経痛は、姿勢が悪いことで起こります。 悪い姿勢の人は、身体の中心にある「背骨がゆがんでいる」からです。 そして、背骨がゆがむ大きな原因は「大腰筋のちぢみ」です。 『痛みの9割は姿勢で治る!』の著者で整体師の矢上裕さんが解説します。 *** 人の身体の中心には背骨がとおっています。 この背骨は、じつはたくさんの骨が重なりあってできています。 首の骨である頸椎が7個あり、胸にある胸椎が12個、そして腰の骨である腰椎5個があり、さらにお尻の2つの骨がつながっていて、背骨は合計26個の骨でできているのです。 そして、それぞれの間には椎間板というものによってすき間が作られ、身体を曲げたり、ひねったりできるようになっています。 姿勢が悪い人、背骨がゆがんでいる人は、これらのどこかのすき間が狭くなったり、広がりすぎているのです。 背骨には、脳と身体の各所をつないでいる大事な神経が通っていますので、すき間が狭くなると神経が圧迫されて痛みが生じることがあります。 広がりすぎて神経が伸ばされることで痛みが出るケースもあります。 腰痛や座骨神経痛の場合、お腹の奥のほうにある「大腰筋」という大きな筋肉が重要です。 大腰筋がゆがんでいると、腰のあたり骨もゆがみます。 その結果、腰の周辺の神経が圧迫されたり、伸ばされて痛みやしびれを感じるのです。 このような痛みや不調を取り除くには、背骨のすき間、とくに腰椎のすき間を適正にすることが必要になりますが、そのときに大切なのが「姿勢」です。 しかし、姿勢の悪い人は、つねに身体がゆがんだり、ねじれたりしているので、背骨のすき間が縮こまったり、伸びすぎたりしてしまいます。 自然治癒力だけでは治らないのです。 ですから、普段から〈いい姿勢〉でいることが必要なのですが、じつは〈いい姿勢〉は自分で気にしているときしかできません。 なぜなら、姿勢が悪い人は身体の至る所、とくに大腰筋に凝りがあり、そういう人が〈いい姿勢〉を作ることは不自然な体勢だからです。 そして、大腰筋をほぐすには、 「大腰筋を前後にほぐす」【図A】.

次の

坐骨神経痛|原因・症状・治療法・悪化を防ぐライフスタイル|関節痛・神経痛・薬

坐骨 神経痛 運動

朝晩かなり涼しくなってきて 暑がりな僕にとってはとても過ごしやすい季節がやってきました。 読書の秋、運動の秋、何と言っても食欲の秋!! こんにちは。 整体CURAの東です。 早速ですが、あなたに質問です! 朝晩冷え込みが強くなってきて増えてくる症状って、なんでしょう?? ・ ・ ・ ・ ・ はい!それでは答えを発表します。 それは、坐骨神経痛!などの神経痛系です。 タイトルに坐骨神経痛って書いてあるので、そうくるんだろ? と思ったあなたはさすがです! 今回は、坐骨神経痛と運動についてお伝えしていきましょう。 そもそも坐骨神経痛ってなに!? この坐骨神経痛と呼ばれるものですが、 漠然と聞いたことはあるけど 具体的にどんなものかわからないという方が結構多いと思います。 あなたは、坐骨神経痛って聞くとどう感じますか? 病院の先生に、 「坐骨神経痛ですね」 と言われて、痛み止めもらった。 とか、 なんかお尻や足が痛くて症状を調べたら坐骨神経痛ってネットで見た。 とか、 歩いたり座ったりすると足が痛くなってきて、友達に相談したら 「それ坐骨神経痛じゃない?」 と言われた。 とか、 人によって色々、感じることが違うのではないでしょうか? 坐骨神経痛とは、一言で言うと 「お尻から足にかけて痛みや痺れが出る症状」 のことです。 坐骨神経痛は坐骨神経と言われる、 人体で一番太い神経の走行に沿って痛みや痺れが出る症状の総称です。 ですので、病名ではなく症状名です。 坐骨神経が走っている付近に 何かしらの痛みや痺れがあれば坐骨神経痛 と言ってしまっても過言ではありません。 坐骨神経痛と運動の関係性イロイロ さて今回は坐骨神経痛と運動の関係性についてですが、 同じ運動でも坐骨神経痛の原因によって改善したり悪化したりします。 例えば、ヘルニアが原因の場合 前屈運動で症状が悪化してしまいます。 脊柱管狭窄症が原因の場合: 前屈運動はまったく問題ありませんが 後屈で症状が悪化してしまいます。 そして、脊柱管狭窄症の場合は 間欠性跛行と言ってしばらく歩くとお尻から足にかけて痛みが出てきて、 座ったりして休むとまた歩けるようになります。 なので、坐骨神経痛と一言でいっても 原因が違いますので有効な運動法は変わってきます。 まず、お伝えしたいのが運動をしてはダメな時です。 これは、痛みや痺れが強いときは運動はしないほうがいいです。 痛みや痺れが強く出ているときは 筋肉が硬くなっていることがほとんどで 運動をすることでさらに筋肉が硬くなりもっとひどくなることもあります。 痛みや痺れが強いときは、運動以外の対処法で緩和をしましょう。 それについては、またゆくゆく話していきたいと思います。 では、次は痛みや痺れはあるけれど運動ができないほど 症状が強くないときに有効な運動をお伝えします。 まず、どのような原因があっても有効な運動法が 「プール歩行」 です。 これは、プールに入ることで重力の影響を受けなくなるので 椎間板や関節にかかる負担を軽減した状態で筋肉を動かすことができます。 筋肉を動かすことで、そのポンプ作用で血液の循環を良くすることができます。 血液循環が良くなることで坐骨神経痛を軽減できる可能性があります。 その次は、 「ウォーキング」 です。 基本的に、坐骨神経痛に限らず痛みやしびれの 基本的な原因は筋肉の血流不足による緊張です。 ですので、ウォーキングで筋肉を動かすことで 全身の血流を流して筋肉の緊張を緩和することができます。 そして、その次は 「エアロバイク」 です。 先ほど、お伝えした脊柱管狭窄症は間欠性跛行という症状が特徴的です。 ですので、ウォーキングなどの運動がとてもつらいですのでそのときに有効なのがこのエアロバイクです。 前傾姿勢になるエアロバイクは脊柱管狭窄症の場合は有効ですが、 ヘルニアの場合は逆に辛くなってしまいます。 自分に合わせた運動を選ぶことが大切になります。 そして、坐骨神経痛のときに絶対にやってほしくない運動があります。 それは何かわかりますか? ・ ・ ・ ・ ・ 答えは、 「筋トレ」 です。 これは、なぜかと言うと 筋トレは無酸素運動といって筋肉に酸素がいきにくい運動です。 結果として、血流が悪くなった筋肉が硬くなってしまいますので坐骨神経痛は悪化してしまうことが多いです。 これは、坐骨神経痛のときに運動をしたいと思っている方は特に気をつけてくださいね。 まとめ 今回は、坐骨神経痛と運動の関連性についてお伝えしてきましたがどうでしたか? ・運動をしてはいけない時 ・どのような坐骨神経痛の時でもやっていい運動法 ・原因別の運動法 ・坐骨神経痛のときに絶対にやってはいけない運動法 についてご紹介しました。 今回の記事も参考にされて、 運動の秋を楽しんでいただけたら幸いです。

次の

坐骨神経痛...軽く考えずに対策を

坐骨 神経痛 運動

このページの内容• 坐骨神経痛に運動は毒? 本ページをご覧の方にとって一番の関心事は、坐骨神経痛に運動は毒なのか? という点ではないでしょうか。 結論からいうと、坐骨神経痛の人にとって、運動は毒にもなれば薬にもなります。 必ずしも運動は毒ではない、と言い換えてもよいでしょう。 坐骨神経痛の人の多くは、下半身に血行不良を抱えています。 血行の悪化が原因で、坐骨神経痛を発症している方も少なくありません。 こうした方が運動を行えば、血の巡りが改善して痛みやしびれが緩和する可能性があります。 また、筋肉を維持する意味でも、運動は有効です。 坐骨神経痛を発症すると、体を動かすのが億劫になりますよね。 体を動かす機会が減ると、必然的に筋肉が衰えます。 筋肉が衰えると、関節にかかる負担が増加。 やがて骨格が歪み、坐骨神経への圧迫が強くなってしまいます。 結果的に動くことがより億劫になり、筋肉がますます衰える悪循環に陥りかねません。 こうした負の連鎖を防ぐためにも、運動で筋肉を維持することは重要といえます。 ただ、運動は毒になるという点も、やはり意識すべきです。 運動によって、腰椎椎間板ヘルニアや腰椎すべり症といった、坐骨神経痛の原因が悪化する可能性もあります。 では坐骨神経痛の人は、運動をどのように見ればよいのでしょうか。 …答えを述べましょう。 運動の是非は、医師の意見を聞いて決定してください。 坐骨神経痛の人が運動を行うのは、医師がGOサインを出してから。 運動量についても、医師に相談して決めましょう。 現時点で坐骨神経痛の治療を受けていない方は、まず整形外科で診察を受けてください。 運動してよいとき・悪いとき 前節で解説したように、坐骨神経痛の人の運動は、医師の指示に従って行うのが一番です。 とはいえ、いつでも医師の意見を聞けるわけではないですよね。 「今日は調子がいいから運動したい。 でも体を動かしても大丈夫かな…? 」と、迷うときもあることでしょう。 こうした場合、運動すべきか否かを自己判断できる基準が欲しいところです。 そこで作っておきたいのが、自分なりの目安。 坐骨神経痛の症状に対して運動が与える影響をメモしておけば、自分なりの運動の目安ができあがるはずです。 ただし、目安を作るまでの運動は、できるだけ安全に必要があります。 そこで守って欲しいのが、以下3つのポイントです。 坐骨神経痛の症状が出ているときの運動はNG• いきなり強い運動を行うのはNG• 運動後のコンディションにも注意する 坐骨神経痛の症状が出ているときの運動は、絶対にNGです。 痛みやしびれが出ているときは、できるかぎり安静にしてください。 次に押さえておきたいのが、症状が出ていないときでも、いきなり強い運動を行うのはNGという点です。 どんなに体の調子がよくても、運動は軽めのものから始めてください。 軽いストレッチや体操などで痛みが出るようなら、その日の運動は中止しましょう。 もう一点押さえておきたいのが、運動後のコンディションです。 運動後に坐骨神経痛が悪化するようならば、運動量や運動内容が適切ではない、ということになります。 上記の点を守りながら運動量や体調のメモを取り続ければ、運動を行うべきか否かの自己判断ができるようになるはずです。 ご自身の体と対話しながら、安全に運動できる目安を見つけ出してください。 坐骨神経痛の人におすすめの運動 坐骨神経痛の緩和には、下半身の血行を促進できて、かつ時間や強度を調整しやすい運動が役立ちます。 以下でご紹介するおすすめの運動を、生活に取り入れてみてください。 ウォーキング 坐骨神経痛の改善に役立つ運動として、ウォーキングは定番です。 ウォーキングは血行促進と筋力維持に役立ちますし、何より気軽に始められます。 ただし、運動量や運動方法には注意したいところです。 まず、いきなり長時間歩くのはNG。 10分程度の、軽いウォーキングから始めるのが鉄則です。 もう一点注意したいのが、ウォーキングのフォーム。 腕は上腕からしっかり振るように意識してください。 肘を引くイメージで振ると、正しいフォームをキープできます。 また、目線は遠くに向けましょう。 下を向いて歩くと、姿勢が崩れて腰に負担がかかってしまいます。 少しの姿勢の崩れが、坐骨神経痛を悪化させる場合もあるので注意しましょう。 なお、ウォーキングは、ウォーキングシューズを履いて行うことをおすすめします。 足への負担が軽くなり、歩くのが楽しくなりますよ。 自転車・エアロバイク 自転車やエアロバイクは、足腰にかかる負担が軽い運動として人気です。 下半身の血行改善や筋肉増強に役立つ点からも、坐骨神経痛の人におすすめの運動といえます。 ただし、自転車やエアロバイクにも注意点はあります。 まず、いきなりの長時間の運動は、やはりNGです。 最初の運動時間は、15分程度に抑えてください。 自転車やエアロバイクは、フォームにも注意が必要です。 ペダルを漕ぐときは、つま先に荷重が集中しないように注意しましょう。 つま先にばかり負担がかかると、膝の動きが不自然になって足腰によくありません。 このほか、自転車やエアロバイク本体のセッティングにも、注意を払いたいところです。 お尻に体重が集中するセッティングは、坐骨神経痛を悪化させる原因となります。 自転車やエアロバイクのサドルは、気持ち高めに調整しましょう。 これにより、ハンドル・サドル・ペダルの3点に、体重を分散できます。 ヨガ 坐骨神経痛の改善には、ヨガも役立ちます。 簡単なヨガであれば、運動に自信のない方でも取り組みやすいはず。 実践しやすく、かつ坐骨神経痛に効く、「山のポーズ」をご紹介しましょう。

次の