いちじく ジャム の レシピ。 いちじくジャムの作り方(レシピ)

いちじくで作る3大保存食。コンポート&ジャム&ドライフルーツの作り方

いちじく ジャム の レシピ

昔、我が家の畑のそばの川のほとりには、大きな無花果(いちじく)の木が植えられていて、小さい頃はよくその木からもぎ取ったいちじくを秋になったらたくさん食べていました。 また、そのいちじくを使って、昔、母がよくいちじくジャムを作ってくれました。 私はそれが大好きで。 そんな母から聞いたレシピに、私のアレンジを加えて、いちじくジャムを作ってみました。 ちなみに、そのいちじくの木はもうありません。 切られてしまいました。 いろいろと事情があったのですが、本当に残念で。 でもその木から挿し木で別の場所に植えて、ようやく小さいいちじくの実が今年できた、と聞きました。 これで昔よく母が作ってくれたいちじくジャムが作れるぞーと喜んでいたのも束の間、あまり発育がよくなく、ほとんど実がとれず。 仕方ないので、スーパーで買うか、と思いながら買いそびれていたらいつの間にかスーパーからいちじくが見当たらなくなってしまい、がっかりしていたら、昨日ようやく見つけたので速攻で購入! 今回使ったのは和歌山産のいちじく(8個で398円)です。 材料(中瓶2つ分)• 無花果(いちじく)…1パック(437g)• すだち酢(もしくはレモン汁)…大さじ1 下準備 まずは保存瓶の煮沸をしておきます。 実際1パックでできたのは、手前の中瓶2個分でした。 お湯の中にいれて沸騰させて10分。 トングで出して 清潔なふきんの上で乾かしておきます。 作り方 和歌山産のいちじく8個の皮をむきます。 ただし、手が荒れていたり傷があったり皮膚が敏感な人は、手がかぶれてとてもかゆくなるので、調理用の手袋をするのをおすすめします。 向き方は、上のへたのところを爪で力をいれてそのまま下へもっていくと、するんと向けます。 できるだけ果実の部分は残すように薄くはがしてください。 難しい場合は湯剥きでも。 ここで、 皮をむいた状態のいちじくの重さを測ります。 お皿の分はちゃんとひいてくださいね。 今回は、437gでした。 これが砂糖の量です。 母は8割の砂糖と言ってましたが、さすがにそれは甘すぎだろうと3割にしました。 それでも実際作ってみると結構甘かったので、自宅ですぐ食べるのであれば2〜3割でちょうどいいかと思います。 ただ、砂糖の量が多いと保存がきくので、プレゼント用などにする場合は、いちじくの量の5割〜8割と、多めにした方がいいと思います。 無花果は、すべて四切りにして鍋にいれます。 私は琺瑯のルクルーゼを使います。 アルミ鍋は黒ずむので使わないこと。 琺瑯かステンレスの鍋を使用します。 そこに、さきほど計量した砂糖をまんべんなくいちじくの上にふりかけます。 グラニュー糖がなかったので、きび砂糖で。 てんさい糖でもなんでもいいと思います。 グラニュー糖だとちょっとあっさりとした味に、きび砂糖だとちょっとこくのある味に。 浸透圧でいちじくから水分が出てくるまで10分ほどそのまま放置。 水分が出てきたら、そこにすだちの汁を大さじ1入れます。 我が家はレモン汁ではなくすだち汁を基本使っているので今回もすだちを使っていますが、もちろんレモン汁でもいいですよ。 これがペクチンの作用をし、ジャムらしい粘りをだします。 鍋を火にかけ、中火の弱ぐらいでゆっくり煮ていきます。 焦がさないよう木べらでいちじくをつぶしながらかき混ぜます。 だいたい18分ぐらい。 煮詰めていくと、あくが出てきます。 あくはこまめにとってください。 15分ぐらいするとこれぐらいになります。 冷めると今の状態よりもう少し固くなるので、ちょっとゆるいかなー、ぐらいで火をとめます。 目安は、水の中に液体をおとして、うすく溶けたらまだ。 ぽとんと固まった感じで中ぐらいになったらそれが止めどきです。 冷ましてもまだゆるかったら、再度加熱したらいいだけなので、固くならないようにだけ気をつけましょう。 だいたいこれぐらい。 すぐに食べる場合は、このまま瓶に入れればオーケーですが、贈り物や長期保存をする場合は、さらに煮沸消毒します。 瓶ぎりぎりまでジャムを詰めて、軽く蓋をします。 鍋で20分ぐらい煮沸することで、空気がぬけます。 熱々のまま、鍋からとりだしてきつく蓋をし、逆さまにして粗熱がとれれば完成です。 保存期間は、いちじくの半量の砂糖を入れた場合だと、半年〜1年間ぐらい常温保存でも大丈夫なようです。 ちなみに開封したら2週間ぐらいで食べきりましょう。 その時は冷蔵保存してください。 パンにつけて食べたら、最高に美味しかった!!! ヨーグルトにのせても、クリームチーズと一緒に食べても、ケーキやスコーンと一緒に食べてもいいかと思います。 これはすぐに無くなっちゃいそうなので、また無花果買って今のうちに多めに作っておこうかと考えています。 無花果はたいてい9月から11月ぐらいまでしかスーパーなどには出てこないんですよねぇ。 悩ましい。。 でも、季節ごとにいろんなジャムを試してみるのもいいかな。 可愛いジャム瓶などは、さんでまとめ買いしています。 Category• 504• 761• 183• 136• 127• 153• 187• 166• 149• 187• 202• 277• 173• 130• 418• 106•

次の

はなまる 手作り【リンゴジャム&いちじくジャム(コウケンテツさんお母様)】レシピ

いちじく ジャム の レシピ

静岡県在住の元祖農業ガール・藤野いち子です。 夏から秋にかけて旬になるいちじく。 産地として知られているのは愛知県ですが、私の地元・静岡県でも栽培されています。 皆さんは召し上がったことがあるでしょうか。 いちじくはペクチンや酵素が多く含まれていることなどから「不老長寿の果物」と言われ、近ごろは美容に関心のある女性にも人気です。 「昔はどの家にも庭にいちじくがあって、食糧難のときよく食べたのよ」と祖母が話してくれた記憶があります。 戦中・戦後を生き抜いてきた世代の方々にとっては、懐かしい記憶を呼び起こす食べ物なのかもしれません。 さて今回は、静岡のいちじく農家から教えてもらった、完熟いちじくで作るいちじくジャムレシピを紹介したいと思います。 簡単に作れるいちじくジャムレシピ いちじく生産者さんから教えてもらったことを参考にして、この時期、藤野が週に一度は作っているジャムレシピです。 いちじくはペクチンを多く含んでおり、またペクチンを含むレモン汁も入れるため、しっかりととろみもつきます。 【材料】 完熟いちじく 1. 5kg(皮をむいたもの1kg) 砂糖 250g レモンの絞り汁 30ml 【作り方】 1. いちじくの皮をむきます。 まずいちじくを手で二つに割り、内側に傷みがないか確認します。 傷んでいる部分や種が茶色くなっている部分があれば取り除きます。 そのあと皮をはがします。 衛生上はもちろんですが、いちじくの切り口からにじみ出る白い樹液に触れないようにするためです。 いちじくの樹液にはたんぱく質分解酵素「フィシン」が含まれているため、樹液が付くと皮膚がただれる場合があります。 うっかり樹液に触れてしまったら、早めに洗って落とすようにしましょう。 いちじくを鍋に入れ、上から砂糖をふりかけて、水分が出るまで2~3時間おきます。 焦げないように(2)をかき混ぜながら強火にかけます。 沸騰すると表面にあくが浮いてくるので、こまめに取り除きます。 鍋が焦げ付かないように、レードル(おたま)などでかき混ぜ続けます。 水分が減って若干トロトロになってきたら弱火にし、レモンの絞り汁を入れてよく混ぜます。 レモンの絞り汁を入れることでいちじくジャムの発色が良くなりますし、酸味で味が引き立ちます。 レモンの絞り汁は好みで増やしてもOKです。 最後に鍋をよくかき混ぜながら水分を飛ばし、好みの硬さに仕上げます。 ジャムは冷めると硬くなるので、熱いジャムをどの硬さまで煮詰めたらいいのか分からない場合は、小量を小皿に取り分けて冷まし、その硬さを参考にするとよいです。 私の経験上、皮をむいたいちじく1Kgで作れば、大体700gのジャムができます。 いちじくジャムの食べ方とたくさん作った場合の保存方法 さて完成したいちじくジャム。 パンに挟んだりヨーグルトに混ぜたりして味わいましょう。 いちじくジャムはクリームチーズとの相性も抜群なので、一緒にいただくのもおすすめです。 ほかにも、パウンドケーキを焼くときに砂糖の半分をいちじくジャムに置き換えています。 レーズンやクルミなどと一緒に市販のドライいちじくを練りこめば、いちじくのプチプチ食感も楽しめるいちじくパウンドケーキになります。 どうぞお試しください。 なお、たくさん作ったから食べきれない! 保存したい! ということもあると思います。 その場合は煮沸消毒したビンにジャムを入れてフタをしたあと、さらにビンごと30分間煮沸消毒をします。 余分な空気を抜いたらしっかりフタを締めなおして、アツアツの瓶を裏返しフタを下にして、全体が冷めるまで置きます。 煮沸消毒が済んだいちじくジャムのビン。 ひと手間かけて長く楽しみます この方法で、しばらくビンのまま常温保存ができます。 ただしあくまで個人の台所での作業なので、煮沸消毒を失敗する場合もありえます。 保存していたジャムを使う際には、状態やにおいなどをしっかり確認して使ってくださいね。 完熟いちじくは樹になったまま割れる いちじくの木は空に向かって長い枝が伸び、等間隔に葉っぱがつきます。 その葉っぱ1枚につき1コのいちじくが実ります。 枝の付け根部分から順番に熟していくんですよ。 中が見えない果物なので、農家の方はよく観察しながら見極めて収穫するそうです。 空に向かって伸びる枝にいちじくがなっています しかし収穫期を半日でも逃してしまうと、樹になったまま完熟してバカッと割れます。 割れたいちじくはおいしいのですが、糖度が高くてすぐに傷みがくるため、残念ながら市場には出せないそうです。 樹の上でパカッと割れた完熟いちじく いちじくの生産が盛んな地域では、格安で完熟いちじくを直売している生産者も多いと思います。 見つけたらぜひ手に入れてください。 その甘さといい新鮮さといい、たまらないおいしさですよ。

次の

いちじくで作る3大保存食。コンポート&ジャム&ドライフルーツの作り方

いちじく ジャム の レシピ

無花果(イチジク)にはペクチンという食物繊維が多く含まれていて 腸の運動を促し便秘予防にいいんだそうです。 また、酵素も含まれていて消化吸収にも良いんだとか 生食の場合かな) それに、イチジクの果実色にはポリフェノールの一種アントシアニンが多く 含まれていて抗酸化作用が高く、老化物質(活性酸素)を抑制する働きがある なんて言われてる。 ジャムは皮をむいて作られてる人が多いけど・・・、 皮は付いたままのほうが、ポリフェノールがそのまま。 体にはええんと違う!? 調べてみると果肉には農薬はあまり使わないらしいので、 安全なんだと理解して(個人的な判断です) それで、自家製ジャムは皮付きにしてるんです。 1つめは皮付き、2つめは皮をむいて作ってみました。 -------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 【いちじくジャム・作り方(皮付きタイプ)】 <材料> いちじく・・・適宜 1. 3 鍋にしき、グラニュー糖をかけからめる。 4)赤ワインを加え、強めに火をつけ汁気がでたら、強火で一気に20分ほど煮る。 5 果物からでる水分の量など、そのときどきなので火加減も時間も加減してください。 なべ底が焦げつかないように注意すること。 6)とろみがついてきたら、レモン汁を絞り火をとめる。 7)アクは最後にとってますが。 今回は予想以上に煮汁がすくなくなり、 アクをとりそこねてしまった・・・一応、目につくアクは、サランラップを適当なサイズ にカットし、ジャムの表面に吸着させかぶせ、密着したら剥がす。 アクがラップにくっついくるので、そんな方法を少し繰り返しました。 8)瓶はあらかじめ熱湯で10分煮沸消毒したものに流し込む。 どちらかというとコンポートっぽいブツブツしっかり食感が 楽しめるタイプが好きでちょっと変わってるレシピかもしれません。 しかも皮付きのままです。 今回のイチジクはもともとの水分が少なかったので まるで干しいちじくのコンポートみたいになりまして・・・ ジャムとは言えない変わった出来上がりに・・・ それでもひと味かわった美味しさになりました。 皮なしタイプも作りましたが、同じく水分の少ないイチジクだったので できあがりは見ため梅干しのようにできあがりました 笑 無花果 いちじく の旬は年に2回あって、 地域によって少し違うかもしれません。 わたしがスーパーで見かけるのは 初夏6月-8月と、秋9月-11月頃の年に2回ほど。 今年はジャム用の熟していない硬いものが12月初旬、 すでに季節は冬となった頃に出会いました。 固くすごく小ぶりで、これはジャムにはピッタリ。 な~んて思ったら、いつもと全然違う感じにできあがっしまった。

次の