アメリカ 大統領 選挙 民主党。 アメリカ大統領選挙の仕組みとは?分かり易く解説!

「アイオワを制するものは大統領選を制す」のはなぜ? アメリカ大統領選挙の仕組みを9カ月かけて学ぶ アイオワ州の党員集会を理解する

アメリカ 大統領 選挙 民主党

詳細は「」を参照 その発足当初は対立するが北部を中心とした近代の振興の立場を取るのに対して、民主党は南部を中心とした勢力を支持基盤に持ち、南部の主等の権益の擁護を中心としていた。 現在では一般的に対立する共和党が・の立場を取るのに対して、民主党は一般的にの立場を取る議員が所属するとはされているが、伝統的南部出身者やなど、非常に保守的な議員もいる。 に関しては国内の、層や弱者、を救済するため、主義を主張する共和党とはやや一線を画す国内産業保護主義を取る。 それゆえ民主党ではやとの関係がしばしば問題になる。 施策に関しては共和党より積極的な議員が目立つものの、やに関しては共和党と大きな差はない。 近年は共和党に比べへの取り組みに積極的な傾向が明確になってきており、を推進していた民主党の元副大統領は、環境問題に対する活動が評価され2007年のを受賞するなど話題になった。 関係では(国連:UN)を重視し基本的には国際協調主義を取る。 しかし、などの例がある様に各国の協力・支援が取り付けられれば国連を無視した武力行使も辞さない。 に対しては、議会を中心に保護貿易主義の傾向が強いので、対中貿易赤字には敏感である。 下院議長などを中心とするリベラル派がやを非難するなど近年は中国の軍事拡張に批判的な姿勢を取るケースが増えつつある。 このことから近年党内では対中強硬派が台頭している。 比較的リベラルなとの関係は良好である。 問題に関しては、共和党と同様に寄りのスタンスを示す党員が多数派である。 現在の主な支持層は・および周辺の大都市および、プロフェッショナル、アカデミア、若年層、労働階級である。 また、(ラテン系)、(・・・等)などの非ヨーロッパ系の人種的マイノリティや、産業関係者にも民主党支持者が多い。 なお、このような支持層が常に民主党支持者であったわけではない。 特に長らく共和党を支持していた宗教保守派の一部も、近年では民主党に接近を図っている。 民主党はに分裂したの民主共和派の流れを汲み、を領袖に結党された「」が前身である。 より現在の「民主党」を名称にしている。 民主党は、過去にはその支持勢力をとに分けて捉えることができる。 北部ではの移民集団で、系や系移民に支持される一方で、南部では奴隷制度廃止に反対し、には連邦を離脱してを結成した層が支持層であった。 彼らは南部11州で支持層を拡大して「一党南部」または「堅固な南部」と言われる強力な基盤を形成することになった。 のさなかのにはが大統領に就任して入りし、大恐慌で苦しむをはじめ、()、、、そして民主党の支持基盤である南部人らを結集したいわゆる「連合」を形成することとなった。 しかし多様なを内包する党は、その後の立法などの人種政策の実施過程において、南部白人層の離反(レーガン・デモクラット)を招くこととなる。 また女性の権利をめぐる中絶論争で進歩的なを取ることから宗教的保守派などの離反も招いた。 ここにの再編成が起こり、民主党は窮地に追いやられることになったといわれている。 その後もヒトの研究の可否、の諾否(、諾否)、同性間における()の諾否など、国家として的価値観と関連する問題で一般に進歩的な政策をとることから、宗教的保守派(ただし、は除外)の支持は失っている。 では、初めてローマ・カトリックのが選出された。 ではが支持層を広げ、政権獲得に成功した。 しかし、ので共和党に多数を奪われた。 さらにで民主党は政権を失い、でも激戦の末に敗北するなど、現有議席数などから見た党勢は低迷した。 共和党の大統領の2期目の中間選挙である11月の選挙では、ブッシュ政権およびの共和党が問題や所属議員のスキャンダルで強い批判を受け、民主党が上下両院において多数派を奪還した。 また、多くの州の知事選でも勝利を収めた。 では、にルーツのあるの血を引くが勝利し同国史上初めて非白人の大統領が選出され、8年ぶりに政権を奪還した。 また、同時に行われた上下両院の議会選挙でも議席を伸ばした。 では議席を減少させ、上院では過半数を維持したもの下院では共和党が過半数を占めることになった。 2012年の議会選挙でも下院の過半数を奪回することは出来なかった。 だが、同年のではオバマ大統領が再選を果たし、2期8年の政権を全うした。 では、元という大統領経験者の配偶者ではあるものの、史上初の女性大統領の誕生を目指したが共和党候補のに、2000年の大統領選挙と同様に得票数では僅差ながら上回ったものの獲得選挙人で敗北し、政権を失った。 のにおいて連邦議会下院において野党ながら多数議席を回復した。 において、共和党の大統領の再選(2期8年)を阻止すべく政権奪還を目指している。 大統領候補 [ ] 年 結果 候補と当選者 大統領 代 任期 当選 [1] 7代 - 当選 当選 8代 - 落選 当選 11代 - 落選 当選 [2] 14代 - 当選 15代 - 落選 北部 落選 南部 落選 暗殺昇格 [3] 無し 17代 - 落選 落選 [4] 落選 [5] 落選 当選 [2] 22代 - 落選 [5] 当選 24代 - 落選 落選 落選 落選 当選 28代 - 当選 落選 落選 落選 当選 32代 - 当選 当選 当選 病死昇格 無し 33代 - 当選 落選 落選 当選 35代 - 暗殺昇格 リンドン・ジョンソン 無し 36代 - 当選 落選 落選 当選 39代 - 落選 落選 落選 当選 42代 - 当選 落選 [5] 落選 当選 44代 - 当選 落選 [5] [1] 辞任。 [2] 在任中に死去したため後任無し。 [3] 共和党の大統領の副大統領、リンカーンが暗殺されたため昇格。 グリーリーは選挙後間もなく死去した。 [5] 得票数で勝利したが、を失った。 支援団体 [ ] 現在 [ ]• 全米訴訟弁護士協会• (特に)• 運動団体• ・を中心とする都市部住民 過去 [ ]• 綿花産業• 支持派 政策と支持層 [ ] 民主党は、従事者、、、および宗教的、民族的に支持されている。 規制されない産業等に反対してきており、には賛成の立場を取る。 外交では、からにかけては国際主義が中心的なテーマであり、内政ではにはに代表されるように貧困層をターゲットにした福祉計画を唱導した。 親産業派を有していたが、にはそれが衰退し、には南部のが衰退した。 にとって主要な影響を及ぼしているのが労働組合である(それはからまでピークだった)。 また、の派閥もから伸長してきている。 からは、が主要な要素となってきている。 「政府の介入に基づく市民の自由(、)」を掲げており、「社会的自由、、機会の平等、財政的責任、医療保険の強制、政府がを和らげるために活動しなければならない」と考えている。 そのための引き上げなどを主張している。 かつては南部の農家のなかで支配的であったが、今は北部と都市部で強力になっている。 また、産業や産業などの業界からの支持が強いのも特徴である。 やなどでは、民主党を支持している著名なやなど芸能関係者が応援演説に駆け付ける姿がよく見られる。 民主党員と民主党の支持層と選挙の傾向 [ ] この記事にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2017年11月) 例えば、「、、は民主党が優勢な州である」と認識されているが、1908-2004年の25回の大統領選挙で最多得票を獲得した候補者の所属政党を見ると、マサチューセッツは民主党が17回-共和党が8回、ニューヨークは民主党が14回-共和党が11回、カリフォルニアは民主党が11回-共和党が13回-独立党派が1回である。 1957-2006年と現職の州知事の在職期間を見ると、マサチューセッツは民主党が26年-共和党が28年、ニューヨークは民主党が26年-共和党が28年、カリフォルニアは民主党が20年-共和党が34年である。 近年の知事の在職期間を見ると、マサチューセッツは1991-2007年、ニューヨークは1995-2006年、カリフォルニアは1983-1999年、2003-2011年は共和党の州知事の在職期間である。 関連項目 [ ]• 参考文献 [ ] []• アメリカの下院議長は党派色が強いため、下院議長が事実上の下院多数党代表である。 Donald B. Cole 1970. Jacksonian Democracy in New Hampshire. Harvard University Press. 2018年11月12日閲覧。 2018年11月12日閲覧。 Scott, Arnold April 7, 2011. Oxford University Press. 2015年11月27日閲覧。 " Modern liberalism occupies the left-of-center in the traditional political spectrum and is represented by the Democratic Party in the United States". Starr, Paul 2012. The Oxford Companion to American Politics. 2017年3月13日閲覧。. 政治・経済教育研究会 編 『政治・経済用語集 第2版』 、2019年、15頁。 Arnold, N. Scott 2009. Florence:. " Modern liberalism occupies the left-of-center in the traditional political spectrum and is represented by the Democratic Party in the United States. 2012年6月29日. 2019年2月1日閲覧。 Paul Starr. Princeton University. 2019年2月1日閲覧。 2018年11月12日閲覧。 2006年10月30日. 2019年2月1日閲覧。 2019年2月1日閲覧。 Ball, Molly. 2019年2月1日閲覧。 Delk, Josh 2018年5月2日. 2019年2月1日閲覧。 Debebedetti, Gabriel 2016年2月22日. 2019年2月1日閲覧。 Marcin, Tim 2017年6月28日. 2019年2月1日閲覧。 Raza, Syed Ali 2012 , Social Democratic System, Global Peace Trust, p. Goldfarb, Zachary A 2013年11月30日. 2019年2月1日閲覧。 Etzioni, Amitai 2015年1月8日. 2019年2月1日閲覧。 Shahid, Waleed 2016年12月15日. 2019年2月1日閲覧。 Hale, John 1995. The Making of the New Democrats. New York:. 229. "Second, insofar as Democrats in Congress are roughly split into liberal and centrist wings. 2019. 21閲覧• 民主党選出の大統領が批判者達からロバ(jackass~間抜け、馬鹿という意味がある)と揶揄されたが、これを逆手に取って自らのシンボルとしたのが起源である。 後に風刺画家のトーマス・ナストはここからロバを民主党のイメージとして描き、普及させた。 1874年にヘラルド紙が、からが逃げ出したという架空の記事を掲載、これによってがパニックとなる事件があった。 この様子を上述のトーマス・ナストは、のぬいぐるみを被ったロバに恐怖し、が逃げまどうという姿で風刺した。 これを受けて共和党はロバ(民主党)に恐怖する象を逆手にとって自らのマスコットにした。 すなわち両党ともユーモアの精神と度量の深さをPRしたのである。

次の

1976年アメリカ合衆国大統領選挙

アメリカ 大統領 選挙 民主党

スポンサーリンク 第二次世界大戦終了以降のアメリカ大統領 ちなみに、 第二次世界大戦終了以降のアメリカ大統領を列記すると以下のようになります。 内は在任期間を示します。 ハリー・S・トルーマン 第33代:1945年4月12日-1953年1月20日 ・・・ 「民主党」• ドワイト・D・アイゼンハワー 第34代:1953年1月20日-1961年1月20日 ・・・ 「共和党」• ジョン・F・ケネディ 第35代:1961年1月20日-1963年11月22日 ・・・ 「民主党」• リンドン・ジョンソン 第36代:1963年11月22日-1969年1月20日 ・・・ 「民主党」• リチャード・ニクソン 第37代:1969年1月20日-1974年8月9日 ・・・ 「共和党」• ジェラルド・R・フォード 第38代:1974年8月9日-1977年1月20日 ・・・ 「共和党」• ジミー・カーター 第39代:1977年1月20日-1981年1月20日 ・・・ 「民主党」• ロナルド・レーガン 第40代:1981年1月20日-1989年1月20日 ・・・ 「共和党」• ジョージ・H・W・ブッシュ 第41代:1989年1月20日-1993年1月20日 ・・・ 「共和党」• ビル・クリントン 第42代:1993年1月20日-2001年1月20日 ・・・ 「民主党」• ジョージ・W・ブッシュ 第43代:2001年1月20日-2009年1月20日 ・・・ 「共和党」• バラク・オバマ 第44代:2009年1月20日-2017年1月20日 ・・・ 「民主党」• ドナルド・トランプ 第45代:2017年1月20日-現職 ・・・ 「共和党」 ところで、アメリカ合衆国は基本的には二大政党の国です。 現在のトランプ大統領が属する 「共和党」、それに対するのは 「民主党」です。 果たして、この二つの政党はどこが違うのでしょうか? わかりやすくいえば、 「共和党」は保守的、 「民主党」はリベラルということになります。 スポンサーリンク 「共和党」の特徴は? 「共和党」は、いわゆるタカ派 強硬派 、中道右派 右派・保守派 です。 経済効率を優先させ、大資本向きの政策をメインに打ち出しています。 経済社会への政治介入を極力行わないという考え方で、福祉政策や環境問題は二の次にされることもあります。 また、 富裕で保守的な白人層を代表する政党ともいわれています。 必要以上の政治介入を望まないということから、例えば銃規制に対してもノータッチという立場です。 「民主党」の特徴は? 一方、 「民主党」は労働者の味方という立場です。 リベラルな考え方で自由貿易主義を主張して、貧困層や弱者、中小企業を救済する路線をとっています。 社会全体を見れば収入格差を小さくする方向に向かいますが、その一方で諸外国との経済関係では問題が起こる可能性もあります。 インテリ層や労働者、さらには人種的マイノリティの間でも支持者が多いです。 また、環境問題や銃規制には前向きに取り組む政党です。 まとめ もちろんこれらの特徴は党としての建前であり、それぞれの候補者によって少しずつ考え方が異なります。 しかし、 「共和党」と 「民主党」、どちらから大統領が選ばれるかはアメリカの将来にとって大きな意味を持ちます。 しかも、両党の勢力は拮抗しています。 したがって、選挙戦が盛り上がるのも当然なのです。 ちなみに、現在のトランプ大統領は 「共和党」出身ではありますが、 「共和党」の中でもいわゆる主流派ではない独特の立ち位置にいる人物です。

次の

2020年アメリカ大統領選挙民主党の候補者一覧!有力候補者は誰?

アメリカ 大統領 選挙 民主党

スポンサーリンク 第二次世界大戦終了以降のアメリカ大統領 ちなみに、 第二次世界大戦終了以降のアメリカ大統領を列記すると以下のようになります。 内は在任期間を示します。 ハリー・S・トルーマン 第33代:1945年4月12日-1953年1月20日 ・・・ 「民主党」• ドワイト・D・アイゼンハワー 第34代:1953年1月20日-1961年1月20日 ・・・ 「共和党」• ジョン・F・ケネディ 第35代:1961年1月20日-1963年11月22日 ・・・ 「民主党」• リンドン・ジョンソン 第36代:1963年11月22日-1969年1月20日 ・・・ 「民主党」• リチャード・ニクソン 第37代:1969年1月20日-1974年8月9日 ・・・ 「共和党」• ジェラルド・R・フォード 第38代:1974年8月9日-1977年1月20日 ・・・ 「共和党」• ジミー・カーター 第39代:1977年1月20日-1981年1月20日 ・・・ 「民主党」• ロナルド・レーガン 第40代:1981年1月20日-1989年1月20日 ・・・ 「共和党」• ジョージ・H・W・ブッシュ 第41代:1989年1月20日-1993年1月20日 ・・・ 「共和党」• ビル・クリントン 第42代:1993年1月20日-2001年1月20日 ・・・ 「民主党」• ジョージ・W・ブッシュ 第43代:2001年1月20日-2009年1月20日 ・・・ 「共和党」• バラク・オバマ 第44代:2009年1月20日-2017年1月20日 ・・・ 「民主党」• ドナルド・トランプ 第45代:2017年1月20日-現職 ・・・ 「共和党」 ところで、アメリカ合衆国は基本的には二大政党の国です。 現在のトランプ大統領が属する 「共和党」、それに対するのは 「民主党」です。 果たして、この二つの政党はどこが違うのでしょうか? わかりやすくいえば、 「共和党」は保守的、 「民主党」はリベラルということになります。 スポンサーリンク 「共和党」の特徴は? 「共和党」は、いわゆるタカ派 強硬派 、中道右派 右派・保守派 です。 経済効率を優先させ、大資本向きの政策をメインに打ち出しています。 経済社会への政治介入を極力行わないという考え方で、福祉政策や環境問題は二の次にされることもあります。 また、 富裕で保守的な白人層を代表する政党ともいわれています。 必要以上の政治介入を望まないということから、例えば銃規制に対してもノータッチという立場です。 「民主党」の特徴は? 一方、 「民主党」は労働者の味方という立場です。 リベラルな考え方で自由貿易主義を主張して、貧困層や弱者、中小企業を救済する路線をとっています。 社会全体を見れば収入格差を小さくする方向に向かいますが、その一方で諸外国との経済関係では問題が起こる可能性もあります。 インテリ層や労働者、さらには人種的マイノリティの間でも支持者が多いです。 また、環境問題や銃規制には前向きに取り組む政党です。 まとめ もちろんこれらの特徴は党としての建前であり、それぞれの候補者によって少しずつ考え方が異なります。 しかし、 「共和党」と 「民主党」、どちらから大統領が選ばれるかはアメリカの将来にとって大きな意味を持ちます。 しかも、両党の勢力は拮抗しています。 したがって、選挙戦が盛り上がるのも当然なのです。 ちなみに、現在のトランプ大統領は 「共和党」出身ではありますが、 「共和党」の中でもいわゆる主流派ではない独特の立ち位置にいる人物です。

次の