クラウド ミュージック ライブラリ。 絶対に間違わないで! iCloudミュージックライブラリをオンにする場合は、『音楽を残す』

iPod nano(6)の同期について 【iCloudミュージックライブラリ】

クラウド ミュージック ライブラリ

概要 iCloudはアップル会社が提供しているクラウドサービスです。 その中に、Apple MusicとiTunes Matchの使用者に向け、音楽とプレイリストっをクラウドにアップロードして、様々なデバイスで音楽を楽しめるサービスはiCloudミュージックライブラリと呼ばれています。 Apple Musicに参加すると、自動的に無料でiCloudミュージックライブラリを利用できるようになりますが、「ライブラリを同期」を有効にする必要があります。 この記事ではiCloudミュージックライブラリの知識、「ライブラリを同期」を有効にする方法とApple Music変換ソフトのApple Music Converterを紹介します。 iCloudミュージックライブラリとは何ですか iCloudはアップル会社が提供しているクラウドサービスであり、iTunes Match、iCloud写真、ファミリーシェアリング、バックアップなど、様々なサービスを含めています。 その中、iCloudミュージックライブラリというサービスも存在しています。 一体iCloudミュージックライブラリは何でしょうか。 簡単に言えば、iTunesライブラリの音楽データとプレイリストをiCloudにアップロードして保存するのは、iCloudミュージックライブラリの基本機能となります。 アップロードを経由して、同じApple IDを使用すれば、幾つかのデバイスでお気に入りの音楽を聴けます。 ストリーミング再生も、ダウンロードもできます。 iCloudミュージックライブラリを利用するに、iTunes Match或いはApple Musicのいずれに参加する必要があります。 iTunes Matchは有料サービスであり、参加すると、Apple Musicに参加しなくても、iCloudミュージックライブラリを利用できます。 ただし、Apple Musicに参加すると、無料でiCloudミュージックライブラリ機能を利用できるようになります。 iTunes MatchとApple Musicの詳しい情報は、をご覧ください。 iCloudミュージックライブラリに保存できる曲は10万までです。 しかもiCloudのストレージに計算されません。 Apple Musicに参加して、iCloudミュージックライブラリを利用するに、デバイスによって、「iCloudミュージックライブラリ」或いは「ライブラリを同期」を有効にする必要があります。 昔、全てのデバイスでも「iCloudミュージックライブラリ」という設定項目ですが、最近リリースされたmacOS CatalinaとiOS 13では、「ライブラリを同期」になりました。 Windowsの場合、最新版のiTunesにアップグレードする必要があります。 また全てのデバイスは同じApple IDでサインインする必要があります。 Apple Musicに関連付けられているApple IDのメールアドレスも表示されます。 OKをクリックすると、iTunesの右上に、丸がぐるぐる回って、ライブラリをクラウドにアップロードします。 ミュージックライブラリが大きい場合は、しばらく時間がかかることがあります。 丸が消えたら、同期が完了です。 これで、WindowsでiCloudミュージックライブラリは利用できるようになります。 Macの場合 Mac Mavericks 10. 9からmacOS Mojave 10. 6までのMac OSではiTunesを利用しています。 macOS Catalina 10. 15以降の場合、ミュージックアプリケーションはiTunesに取って代わります。 macOS Mojave 10. macOS Catalina 10. これで、MacでiCloudミュージックライブラリは利用できるようになります。 「ミュージック」画面にある「ライブラリを同期」をオンにタップすれば、iPhone、iPadとiPod TouchでiCloudミュージックライブラリを利用できるようになります。 デバイスに音楽データがある場合は、それらの楽曲を残すかどうかを確認するメッセージが表示されます。 「ミュージックを残す」をタップした場合はデバイスにある音楽データが iCloudミュージックライブラリに追加されます。 「削除して置き換える」をタップした場合は、デバイスの楽曲が、iCloudミュージックライブラリにあるコンテンツで置き換えられます。 「結合」をタップした場合は、デバイスにある曲はありのままで聴ける上、iCloudミュージックライブラリにない曲は他のデバイスで表示されます。 ですので、デバイスの音楽をそのまま保存したいなら、注意しましょう。 他のデバイスの場合 AndroidやApple TVなど一部のデバイスでは、iCloudミュージックライブラリをオンにするか、オフにするかオプションがありません。 そのデバイスでApple Musicに使っているApple IDをサインインすれば、iCloudミュージックライブラリにアクセスできます。 Apple Musicの曲をMP3、M4Aに変換して、Apple Musicを解約しても聞ける Apple Music ConverterはApple Musicの曲を高音質のMP3、M4A、AIFF、WAV、FLACなどに変換できるApple Music変換ソフトであります。 また、Apple Musicの曲をロスレスで320kbps MP3や256kbps M4Aに変換することも可能です。 曲名、アルバム、アーティスト、トラック番号、アートワークなどの曲の情報を丸ごと保持できます。 5 - 10. 6では最大16倍速で変換できますが、MacOS 10. 13以降のOSでは原速で変換します。 Apple Music Converterは非常に使いやすい、検索機能も対応して、曲を簡単に探し出せます。 また、曲名、アルバム、アーティストなどのタグ情報とハイフン、スラッシュ、下線などの符号を合わせてルールを設定すれば、出力ファイルを一括で改名したり、フォルダに整理したりすることも可能です。 希望に合わせて、出力の音楽ファイルのビットレートも設定することができます。 Apple Music ConverterはiTunes・ミュージックに連動する必要があり、常に最新のiTunes・ミュージックに対応しています。 無料体験版は曲ごとに三分まで変換可能です。 ぜひダウンロードして試してください。 Apple Music Converterを利用して、Apple Musicの曲をMP3、M4Aなどに変換する手順は以下です。 ステップ1:Apple Music Converterを起動すれば、iTunesも自動的に起動されます。 曲の変換が完成されるまで、iTunes・ミュージックを操作しないで、閉じないでください。 ステップ2:変換したいApple Music音楽またはプレイリストを選択します。 必要の場合、内蔵の検索ボックスを利用して、変換したい曲をすぐに探し出せます。 ステップ3:出力形式のリストからMP3或いは他のフォーマットを選択します。 プロファイルリストから音質を選択します。 Apple Musicの曲は256kbps M4P(保護されたAAC)ファイルですので、256kbps M4Aまたは320kbps MP3に変換したら、ロスレス変換となります。 ステップ4:必要なら、オプションボタンをクリックして、出力ファイルの改名と整理、変換スピード、ボリュームなどを設定できます。 ステップ5:変換ボタンをクリックして、変換を開始します。 変換した後、「出力先を開く」をクリックして、出力先を開けます。 これで、Apple Musicの曲はMP3、M4Aなどに変換されました。 出力ファイルはiPod Nano、iPod Shuffle、ウォークマンとMP3プレーヤーなど様々なデバイスに入れて再生できます。 また、USBメモリとSDカードへのコピー、動画編集ソフト・アプリのBGMとしての使用、CDへの書き込みなども可能になりました。 Apple Musicを解約すると、Apple Musicの曲はiTunesライブラリから消えます。 もちろん、iCloudミュージックライブラリも利用できなくなります。 Apple Music Converterを利用して、Apple Musicの曲をMP3、M4Aなど形式に変換すれば、iCloudミュージックライブラリを利用しなくても、気に入りのApple Musicの曲を他のデバイス転送して楽しめます。 もちろん、変換されたApple Musicの曲をiTunes・ミュージックライブラリから削除して、出力のファイルをiTunes・ミュージックライブラリに追加して、iCloudミュージックライブラリにアップロードしたら、同じApple IDでサインインしたデバイスで楽しめます。 以上はiCloudミュージックライブラリの説明、「ライブラリを同期」を有効にする方法またApple Music Converterの機能紹介と使い方です。 ぜひApple Music Converterをダウンロードして試してください。

次の

iCloudミュージックライブラリとApple Musicで「ライブラリを同期」の設定

クラウド ミュージック ライブラリ

ミュージックライブラリが具合悪かったのでリセットした時のメモ。 症状 からアップロード マッチ した曲をとか他の端末で再生しようとすると、曲のタイトルは存在するんだけどなぜかダウンロード出来ませんみたいなメッセージが出て困った。 Musicを試用した時にバグったんじゃないだろうか。 特に洋楽に多かった…? というわけでアップロード マッチ をやり直したかったので,困っている方は参考にしてみて下さい。 リセット方法 詳しくはここで紹介されてる。 公式リセットボタン使う この方法は自分の環境では出来なかった。 別のミュージックライブラリを作って削除 自分がやったのはこっち。 簡潔に書くと• 所有する全デバイスでミュージックライブラリをオフ• を終了後、optionキー押しながら起動 はShiftキー• ライブラリを作成をクリックしてなんかわかり易い名前をつけておく。 ミュージックライブラリをオン。 これでミュージックライブラリのリセット 削除 が完了するので、ミュージックライブラリをオフにしたあとを終了。 もっぺんoptionキー押しながら起動して元のライブラリを選択、ミュージックライブラリをオンにすると再びアップロード マッチ が始まる。 これでほぼ再生できるようになったので満足。 隠しトラックにありがちな[blank]ってタイトルの曲ばっかまたアップに失敗したけどこのさい目をつむる。 musuih2o.

次の

iPhone/iPad/Mac/PC でiCloudミュージックライブラリー をオン・オフにする.

クラウド ミュージック ライブラリ

iCloudミュージックライブラリとはなんでしょう?簡単に言ってしまえば、音楽ファイルやプレイリストをインターネット上 iCloud上 に保存して、複数のiPhoneやiPadで同じ音楽、同じプレイリストを再生できる便利なApple のサービスです。 似たようなサービスで、iTunes Matchがありますが、iTunes Matchとの違いや、どんなメリットがあるのか、を紹介したいと思います。 Sponsored Link iCloudミュージックライブラリ iCloudミュージックライブラリとは、 音楽ファイルやプレイリストをインターネット上に保存し、iPadや別のiPhoneからも音楽を聞くことが出来る機能です。 今までは、iPadを購入したり、iPhoneを買い替えたり、初期化した場合、音楽を転送させるにはパソコンにつないで同期をする必要がありました。 また、容量が少ないiPadやiPhoneの場合、数千曲も転送してしまうと、内蔵容量が足りない場合がありました。 が、iCloudミュージックライブラリを利用すると、曲やプレイリストがインターネット上に保存され、iPhoneやiPadに音楽ファイルを転送しなくても、ストリーミングで聴くことが出来るようになります。 Apple Musicに加入する必要がある ただし、iCloudミュージックライブラリを利用するには、に加入する必要があります。 Apple Musicは定額制 980円 の音楽聴き放題サービスで、このサービスに加入するとiCloudミュージックライブラリも使用できるようになります。 注意点 注意点としては、 月々980円がかかってしまうことと、ストリーミングで再生するため、屋外などパケットを使用する場合、 パケット使用量がかさんでしまう可能性があること。 3G回線やLTE回線を使用する場合、音質を若干犠牲にしてパケット使用量を少なくすることも出来ますが、大体1曲あたり3MBほどのパケットを受信するようなので、666曲ほど聴くと、2GBに達してしまう可能性があります。 Wi-Fi環境で接続していれば、3GやLTE回線を使用しないので、パケット使用量を気にせずに使用することが出来ます。 また、好きな曲をiPhoneやiPadにダウンロードすることも出来るので、Wi-Fiでダウンロードして、屋外ではダウンロードした曲を聞くようにすれば、パケット使用量を気にせずに楽しむことが出来るでしょう。 iCloudミュージックライブラリをオンにする Apple Musicは、最初の3ヶ月間は無料で使用することが出来るので、気軽に試すことが出来ます。 iCloudミュージックライブラリをオンにするには、以下。 設定のミュージックをタップし、 iCloudミュージックライブラリがありました。 黄緑色になっていれば「オン」です。 このデバイスにミュージックが保存されているため、ローカルとクラウドのミュージックを結合するか、このデバイスのライブラリをクラウドのライブラリで置き換えるかを選択できます。 という警告がでます。 ここは基本的には 「結合」をタップ。 「置き換え」をタップしてしまうと、「」を解約した時に、置き換えられた曲が聞けなくなる可能性があるそうです。 音楽を転送しなくても音楽を聞ける!? さて、私はiPhoneを2台、iPadを3台持っているのですが、1台を除いてすべて内蔵記憶容量が16GBなんです。 なので、音楽を転送させると容量がいっぱいになってしまうので、メインで使用しているiPhone以外は音楽を転送していません。 例えば16GBのiPhoneは、音楽を転送していなくても残りの 使用可能容量は8. 6GBほどしかありません。 音楽ファイルも2曲ほどしか保存していません。 そのため、 設定にある「使用状況」の「ストレージ」を見ると、「ミュージック」は7. 3MBしかありません。 ところが! この「iCloudミュージックライブラリ」をオンにすると、メインで使用しているiPhoneに保存してある曲がほぼすべて表示されました。 タップすればちゃんと再生されました。 つまり、ストリーミング再生されるようになりました。 ストリーミング再生とは、YouTubeと同じで曲を丸々ダウンロードせずに、一部をダウンロードし、聴き終わったらデータを削除する方式で、容量が小さいiPhoneでも何万、何十万の曲を自由に聞くことが出来るんです。 ただし、弱点として音楽データをその都度インターネット上から取得するため、再生が始まるのに数秒かかります。 すべてのアーチストではないのですが、いくつかのアーチストではこのようにアーチスト順で並べた時に、専用の画像が用意されました。 また、「Apple Musicを表示」をオンにすると・・・ Apple Musicで公開されているそのアーチストの他の曲も聞いたりすることができます。 プレイリストもおなじになった プレイリストもパソコンやメインで使用しているiPhoneと同じになりました。 最も再生回数が多い曲の上位25曲が表示される「トップ25」も、パソコンやメインのiPhoneと同じになりました。 iPhoneやiPadに保存されている曲は、このように曲の右側に三角のアイコンが表示されます。 曲名が表示されているのに右側にアイコンがないものは、そのiPhoneやiPadには保存されていない曲になります。 不具合? いくつかiCloudミュージックライブラリをいじってみて、不具合かわかりませんが、不思議な現象があったのでピックアップしてみたいと思います。 iCloudミュージックライブラリで再生できない曲がある こちらの画像は、メインで使用しているiPhoneの「クラシック」にある曲のリストです。 「バッハ 無伴奏 むばんそうチェル組曲」「プレリュード ハ長調」「皇帝」の3曲を再生することができます。 ところが、別のiPhone 16GBで曲を保存していない端末 では、この3曲が何故かグレー表示になって再生できなくなっていました。 曲が2つになる!? こちらがメインのiPhoneの「ザ・ハイロウズ」の保存された曲。 こちらは容量が少ない、曲を保存していないiPhone。 iCloudミュージックライブラリをオンにしているので、メインのものとおなじになってはいますが、何故か同じ曲が2つになっています。 どうやらこれは、iCloudミュージックライブラリをオンにした時に、「結合」を選択したからっぽい? すべてではないのですが、何かしらの条件が重なると、Apple Musicでも提供されている曲が見つかると、このように同じ曲が2つ表示される場合があるっぽい。 CDから保存した場合、「アルバム不明」になっていますが、Apple Musicの場合はちゃんとアルバム名が表示されています。 こちらはメインのiPhone。 で、こちらが容量が少ないiPhone。 同じ曲が2つになっています。 iCloudミュージックライブラリに表示されないアーチストがある これもほんのわずかなのですが、iCloudミュージックライブラリに表示されないアーチストがありました。 先ほどのようにグレー表示ではなく、完全に表示されていません。 加藤いづみ Apple Musicにはないアーチストや曲なのかなぁ。 と思いましたが、iCloudミュージックライブラリは、Apple Musicにはない曲やアーチストも表示されるので、何かしら別の理由があるようです。 iTunes Matchとの違い との違いは、 ・iTunes Matchは、1年間ごとの課金 3980円。 Apple Musicは、1ヶ月毎 980円。 ・iTunes Matchは、所有していない曲は聞けない。 Apple Musicは、Apple Musicにある曲であれば聴き放題+ダウンロード可能。 ・iTunes Matchは、プレイリストは同期されない。 iTunes Matchは、自分の曲をインターネット上に保存して、たのパソコンやiPadからいつでも聞いたり、ダウンロードしたり出来るサービスになります。 そのため、自分が所有していない曲などは聴くことができません。 Apple Musicに加入した場合の1年間の料金は、11,760円になりますが、iTunes Matchは、3,980円と安くなっています。 またApple Matchは、所有している曲や聞いた曲からおすすめ曲を紹介してくれたり、有線放送のように、好きなジャンルの音楽を流しっぱなしにしたり出来たり、音楽を聞くこと以外にも便利な機能が用意されています。 iTunes Matchをオンにする iTunes Matchは、Apple Musciとは別のサービス。 申し込みが必要 詳しくは、を参照 ですが、「iTunes Match」をオンにします。 曲名の右側に雲のアイコンがあるものは、ストリーミング再生になります。 iCloudミュージックライブラリと同じで、そのiPadやiPhoneに曲が保存されていなくても、パソコンやメインのiPhoneに保存されている曲のリストが表示されました。 タップすれば、ちゃんと聞くことが出来ます。 ただし、iTunes Matchではプレイリストは同期されませんでした。 曲が消えた!? 色々曲が保存されていない容量が少ないiPhoneをいじっていたら、急に曲が消えてしまいました。 2曲だけ保存してあったのですが、それ以外のiCloudミュージックライブラリで表示されていた曲が全て消えてしまいました。 「My Music」を表示させ、「アルバム」 または「アーチスト」「曲」などの場合もあります の部分をタップします。 「オフライン再生可能な項目」がオフ 灰色 になっていると、そのiPhoneやiPadに保存されている曲しか表示されなくなります。 iCloudミュージックライブラリの曲を表示するには、ここをオン 黄緑色 にします。 メインで使用しているiPhoneも曲が消えた!? メインで使用しているiPhoneも、曲がまったくなくなってしまいました。 「プレイリスト」をタップすると、「プレイリストを作成」というボタンがあるだけ・・・ 全て消えてしまいました。 曲が消えた原因 原因はよくわからないのですが、どうもiCloudミュージックライブラリをオフにしたのが原因っぽい。 基本的にはApple Musicの曲だけがデバイスから消えるはずなのですが・・・。 曲が消えてしまった場合は もし、曲が全て消えてしまった場合は、パソコンとつないでiTunesと同期すれば、ちゃんと復元します。 iTunesで音楽の同期ができなくなる iCloudミュージックライブラリをオンにすると、パソコンに繋げた時にiTunesに、「音楽を同期」がなくなり、「iCloudミュージックライブラリはオンです」という表示になってしまい、音楽の同期が出来なくなります。 iCloudミュージックライブラリをオフにすると・・・ 今までどおり、「音楽を同期」のチェックが出来るようになりました。 パソコンでiCloudミュージックライブラリを利用するには パソコンでiCloudミュージックライブラリを利用するには、iTunesを立ち上げ、左上の小さな三角の部分をクリックし、「メニューバーを表示」を選択します。 メニューバーの「編集」をクリックし、「設定」を選択します。 「iCloudミュージックライブラリ」にチェックを入れ、OKをクリックします。 iTunesの右上がグルグル回り出し、更新が始まります。 パソコンが2台以上あり、音楽が保存されていないパソコンでも音楽を聞くことが出来ます。 関連ページ• 最終更新日 2015-09-03 10:29• カテゴリー• iPhone• モバイル・携帯• Mac• 同じカテゴリーの記事•

次の