ソフト ウエア 耐用 年数。 中古ソフトウエアの耐用年数は簡便法ダメ

ソフトウェアの減価償却費

ソフト ウエア 耐用 年数

>何年償却になるのでしょうか? ソフトウエアは、減価償却資産 無形償却資産 に該当し、市販されているソフトウエアの耐用年数は5年です。 国税庁>タックスアンサー>No. 5461 ソフトウエアの取得価額と耐用年数 >一括は可能でしょうか? 下記の 1 ~ 3 の通り購入金額が20万円の時は、 2 は適用出来ません、青色申告事業者の場合は 3 が適用出来できます。 白色申告事業者の場合は 1 を適用し、5年で減価償却する事になります。 1 10万円以上、 原則は資産計上し、法定耐用年数で毎期減価償却費を計上します。 2 一括償却資産、 10万円以上20万円未満の場合に使える制度です、資産に計上し3年間で均等償却出来ます。 白色申告の方でも適用出来ます、償却資産税 年1. 3 少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例 10万円以上30万円未満の場合に使える制度です、資産に計上し購入した期に全額損金 経費 に計上出来ます。 全額損金 経費 に計上しても、償却資産税 年1. 青色申告の事業者 法人・個人 であることが条件です、 法人の場合は資本金1億円以下、従業員1,000人以下であること、別表十六 七 を添付して申告すること、 個人の場合は青色申告決算書の「減価償却費の計算」の摘要欄に「措法28の2」と記入します。 無形償却資産 ソフトウエア の償却方法は「定額法」のみです、 期末残高はゼロ 0 円まで償却出来ます、「残存簿価・備忘価額」の1円を残す必要はありません。

次の

No.5461 ソフトウエアの取得価額と耐用年数|法人税 |国税庁

ソフト ウエア 耐用 年数

器具備品の減価償却の耐用年数の表になります。 以下の器具備品は他の資産と比べて少額なものが多いです。 耐用年数表で減価償却を行う前に以下の2点をご確認ください。 ・ 青色申告であれば、減価償却せずに、一つあたり、30万円未満のものは年間総額300万円まで全額経費にすることができます。 ・年間総額300万円を超えた場合、一つあたり、10万円以上20万円未満であれば、「一括償却資産」として、3年で経費にすることもできます。 用途 細目 耐用年数 (年) 注意点 家具、電気機器、ガス機器及び家庭用品 他の項に掲げるものを除く 事務机、事務いす及びキャビネット 主として金属製のもの 15 その他 8 応接セット 接客業用 5 椅子と机の一組での合計金額で30万円以上の場合、資産としてください。 その他 8 ベッド 8 児童用机及びいす 5 陳列棚及び陳列ケース 冷凍庫付又は冷蔵庫付 6 その他 8 その他家具 接客業用 5 その他 主として金属 15 その他 8 ラジオ、テレビ、テープレコーダーその他の音響機器 5 冷房用又は暖房用機器 6 電気冷蔵庫、電気洗濯機その他これらに類する電気又はガス機器 6 氷冷蔵庫及び冷蔵ストッカー 4 カーテン、座布団、寝具、丹前その他これらに類する繊維製品 3 じゅうたんその他床用敷物 小売業用、接客業用、放送用、レコード吹込用又は劇場用のもの 3 その他 6 室内装飾品 主として金属製 15 その他 8 食事又は厨房用品 陶磁器製又はガラス製 2 その他 5 その他 主として金属製 15 その他 8 事務機器及び通信機器 謄写機器及びタイプライター 孔版印刷または印書業用 3 その他 5 電気計算機 パーソナルコンピューター(サーバー用のものを除く) 4 パソコンの耐用年数は4年と なります。 その他 5 複写機、計算機(電子計算機を除く)、金銭登録機、タイムレコーダーその他これらに類するもの 5 その他の事務機器 5 テレタイプライター及びファクシミリ 5 インターホーン及び放送設備 6 電話設備及びその他通信機器 デジタル構内交換設備及びデジタルボタン電話設備 6 その他 10 時計、試験機器及び測定機器 時計 10 度量衡器 5 試験又は測定機器 5 光学機器及び写真制作機器 オペラグラス 2 カメラ、映画撮影機、映写機、望遠鏡 5 引伸機、焼付器、乾燥機、顕微鏡その他機器 8 看板及び広告器具 看板、ネオンサイン及び気球 3 看板はこちらになります。 マネキン人形及び模型 2 その他のもの 主として金属製 10 その他 5 容器及び金庫 ボンベ 溶接製のもの 6 鍛造製のもの 塩素用 8 その他 10 ドラム缶、コンテナーその他の容器 大型コンテナー 7 長さが6メートル以上のもの に限ります。 その他 金属製 3 その他 2 金庫 手さげ金庫 5 その他 20 理容又は美容機器 5 医療機器 消毒殺菌用機器 4 手術機器 5 血液透析又は血しょう交換用機器 7 ハバードタンクその他作動部分を有する機能回復訓練機器 6 調剤機器 6 歯科診察用ユニット 7 光学検査機器 ファイバースコープ 6 その他 8 その他 レントゲン その他の電子装置を使用する機器 移動式のもの、緊急医療用のもの及び自走血液分析器 4 その他 6 その他 陶磁器製又はガラス製のもの 3 主として金属製 10 その他 5 娯楽又はスポーツ機器 及び興業又は演劇用具 たまつき用具 8 パチンコ器、ビンゴ器その他これらに類する球戯用具及び射的用具 2 碁、将棋、マージャン、その他の遊戯用具 5 スポーツ具 3 観劇用観客いす 3 どんちょう及び幕 5 衣装、かつら、小道具、大道具 2 その他 主として金属製 10 その他 5 生物 植物 貸付業用 2 その他 15 動物 魚類 2 鳥類 4 その他 8 前掲のもの以外のもの 映画フィルム、磁気テープ及びレコード 2 磁気テープを含む シート及びロープ 2 きのこ栽培用ほだ木 3 漁具 3 葬儀用具 3 楽器 5 自動販売機 5 手動のものを含む 無人駐車管理装置 5 焼却炉 5 その他 主として金属製 10 その他 5 前掲する資産のうち、 当該資産について定め られている前掲の耐用年数によるもの以外 のもの及び前掲の区分によらないもの 主として金属製 15 その他 8 他の資産の耐用年数は.

次の

» 19

ソフト ウエア 耐用 年数

こんにちは。 研究開発費及びソフトウェアの会計処理に関する実務指針(公認会計士協会 会計制度委員会報告第12号 最終改正平成23年3月29日)第41項には、 「パソコンのように、ソフトウェア対応に互換性がある場合には、ソフトウェアと機器は区分すべきである。 しかし、ファームウェアのように機器組込みとしてセットで購入しているものは、次のような理由からソフトウェアを区分することなく機械等として処理することになる。 したがって、機器組込みソフトウェアは機械及び装置などの有形固定資産の減価償却を通じて費用化される。 1 機器とソフトウェアは相互に有機的一体として機能すること。 両者は別個では何ら機能せず、両者は一体としてはじめて機能する。 i 機能一体であることから機器とソフトウェアの対価は区分されていないのが通例である。 ii 機器、ソフトウェアの技術革新を考えると、一方だけが長く機能するとは考えにくい。 2 経済的耐用年数も両者に相互関連性が高い。 しかしながら、ソフトウェアの交換(バージョンアップ)が予定されている場合で、バージョンアップによる機能向上が革新的であるようなときは、機器とは別個にソフトウェアとして処理することが適切なこともある。 また、機械等の購入時にソフトウェア交換が、契約により予定され、新・旧ソフトウェアの購入価格が明確な場合には、ソフトウェア部分を区分して処理することも考えられる。 」 とあります。 ご質問のソフトウェアが機械装置に該当するかソフトウェアに該当するかは、上記説明と照らし合わせてご判断されればいいと思います。 なお、機械装置と分離して計上する場合、ソフトウェアの計上場所は無形固定資産です。 Q 市販ソフトと高額なCADソフトのライセンス取得について、経理処理が同じというのに疑問を感じたのでご相談します。 現在、市販のソフト及びCADソフトのライセンス料を支払手数料で処理されています。 その根拠は、どちらもソフト代(物品)と見ているのではなくて、使用できる権利を買ったと考えておられるそうです。 しかし、CADソフトのライセンスは確かにものはなくインターネットで登録するだけのものなので、これから使用するのに掛かった登録手数料として、支払手数料でもいいと思います。 その反面、市販ソフトはパッケージの箱(CAD-ROM)が存在し、キット自体は数百円のものぐらいだと思いますが、それに数万のライセンス料(使用できる権利)が含まれていて、十数万の物品と見るべきかライセンスという権利手数料と見るべきか判断に悩んでいます。 私は、事務消耗品費か雑費か少額資産あたりに該当するのではないかと思います。 みなさんは、どう経理処理されていますか? また、基本的な考え方が記されているHPや税法が存在すれば、教えて下さい。 宜しくお願いします。 A ベストアンサー ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。 この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、 固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。 そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。 無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。 これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり、かつ、かたちがないものであるので、当然、無形固定資産として処理されます。 したがって、税務上は1つのライセンスあたりの単価が10万円までなら支払手数料でも消耗品費でも雑費でもかまいません。 勘定科目はその会社の判断で行うのが基本です。 支払手数料で処理されているのならそのやり方を変えてはいけません。 10万円を超えるものは無形固定資産のソフトウェアとして処理することになります。 中小企業であれば、30万円未満であれば少額減価償却資産の特例を使うことができます。 ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。 この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、 固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。 そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。 無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。 これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり... Q 新しい設備の購入にあたり、その場所確保のため既存設備を工場内の他の場所に移設しました。 既存設備の移設費用は修繕費で処理できると思うのですが、移設費用に含まれる据付費に、移設先での配管工事や電源工事も含めて良いのか、建物付属設備として資本的支出とすべきなのかを教えていただけないでしょうか。 「据付費」には、機械装置が稼動できる状態にする 配管工事や電源工事も含む までを含むのか、配管・電源工事は据付費には含まず建物付属設備と考え、修理ではないので資本的支出と考えるのか、判断に迷っています。 また、今回のように新しい設備購入に伴う移設の場合と、単なるレイアウト変更(集中生産には該当しない)での移設の場合とで、処理が異なることはあるでしょうか。 今回の移設の請求は、配管工事と電源工事が機械装置自体の移設費用 設備の取外し・移動等 とは別になっていて、それぞれ200万円と150万円です。 Q 下記ような請求書からシステム購入の仕訳をしたいと思っています。 A ベストアンサー このうちでハードウェア保守パックは費用の前払的性格のもので他とは少し性格が違うように思います。 また全体で100万の値引きがありますがこれはそれぞれの元の金額から金額比で配分して値引きがあったものと考えます。 システム導入費用はその実際の作業の内容により判断し、ハードウェアとソフトウェアに配賦します。 たとえば見積もり工数などが出ているのならば、その工数比でハードとソフトに配分するなどです。 それが出ていない場合は実際の作業記録をもらうなどをして、客観的な配分をされるのが良いと思います。 以上で値引きとシステム導入費用の配分をした後で、ハードウェアとソフトウェア、ハードウェア保守パックの3種類に分類して仕訳をします。 勘定科目はハードウェアは器具備品、ソフトウェアは無形固定資産に該当します。 この2つはどちらも適正な期間で減価償却をします。 ハードウェア保守パックは長期前払費用として、その保守の期間内で費用に振り替えていきます。 Q 社内のPCやプリンター等のOA機器を発注・調達する業務を担当していますが、会計処理については素人です。 PCやプリンターなどは、いざ壊れると業務に多大な支障をきたすため、スポット保守よりこのような3年程度の保守サービスをセットすることが多いと思います。 見積書の段階でセットされていた場合、保守パックそのものは物件価格に入れず、経費処理で問題ないと思っていました。 しかし、弊社の経理部では「その機器が向こう3年にわたって機能するためには、事実上必要な保守サービス費用であり、3年間という長期的な性格のものを事前にセットしているような場合は、あらかじめ物件価格に含めて資産計上する」という見解でした。 すると、見積書の段階で保守パック費用をセットしていれば、これは計上対象の物件価格に含まれてしまい、セットしていなかった場合は「後で追加する」ことで物件価格に含まれない…。 後者の方法を使えば、価格によっては20万円をきって、少額資産として仕訳可能となる。 はたして、この方法は大丈夫なのでしょうか?また、物件価格に保守費用を含めるということは、そもそもおかしくないのでしょうか? ちなみに今回問題となっているのは大手メーカーのプリンターの保守サービスパックで、1つの商品として別に購入するという形態です。 ウェブによるサポート、出張サポートがあるようですが、消耗品は適用外です。 一方、PCの場合は機器の構成の中の1つとして明記されています。 この他にもコピー機や複合機などは、トータルパックと称して消耗品や定期点検が含まれる場合もあります。 いろいろ種類がありますが、少しでも20万円を超えないように、姑息とは言え保守費用を物件価格に入れないようにするほうが良いと思ったのですが?いったい何が正しいのでしょうか? 社内のPCやプリンター等のOA機器を発注・調達する業務を担当していますが、会計処理については素人です。 PCやプリンターなどは、いざ壊れると業務に多大な支障をきたすため、スポット保守よりこのような3年程度の保守サービスをセットすることが多いと思います。 見積書の段階でセットされていた場合、保守パックそのものは物件価格に入れず、経費処理で問題ないと思っていました。 しかし、弊社の経理部では「その機器が向こう3年にわたって機能するためには、事実上必要な保守サービス費用であり... 例えば会計の専用オフコン(最近見ませんが)など、ハードとソフトが一体化 しないと使えないものであれば一体のものと見なされますので、合算しなけれ ばなりません。 しかし、officeソフトは汎用のソフトであり、当該ソフトが存在しなくても パソコンとしての機能を果たすことができます。 よってパソコンはパソコン、 ソフトはソフトとして別々に計上して下さい。 nta. htm に該当しますので、30万円未満は全額損金とする事ができます。 tax. metro. tokyo. htm (税率が1. 上記特例に該当しない場合は 18万円の一括償却資産、5万円の損金(費用)としてください。 例えば会計の専用オフコン(最近見ませんが)など、ハードとソフトが一体化 しないと使えないものであれば一体のものと見なされますので、合算しなけれ ばなりません。 しかし、officeソフトは汎用のソフトであり、当該ソフトが存在しなくても パソコンとしての機能を果たすことがで... A ベストアンサー #1です。 なるほど…問題を見た限り、回答が「除却損」となるポイントは…。 「老朽化したため、取り壊し」 の、一点のみです。 「老朽化したため、取り壊し」ということは、「既存の建物には資産価値が無い(評価額0円)」と解釈できます。 この「価値が無い資産」を帳簿から外す(処分する)行為は「固定資産の廃棄」と位置づけられ、処分時に発生した損失は費用に計上することができる…とされています。 故に、取り壊し後に新規に建物を取得する場合であっても、回答は「除却損」ということになります。 いやいや、なかなか良くできた例題ですね。 取引日付や経過日数は、おそらく減価償却費の算定や月数按分の算出。 それと「引っかけ」の意味もありそうです。 この例題のように、簿記の試験問題には余計な情報が含まれていることが多く、全体を見すぎてしまうと逆に訳が分からなくなってしまいます。 回答のポイントは、だいたい一つか二つですので、それを見極めることが重要になります。 以上、参考になれば幸いです。 長文、駄文ご容赦ください。 A ベストアンサー 手すりの耐用年数は建物本体と同じ耐用年数を適用します。 ご質問の手すりは10万円以上で物理的に付加した部分ですから資本的支出となります。 これは、電気設備や給排水設備など建物付属設備には該当しないので、建物本体を構成するものとして取り扱います。 資産計上は、原則として建物本体と区別して新たな資産を取得したものとして計上します。 この場合の減価償却は、建物本体と同じ償却方法、耐用年数で行います。 しかし、建物本体が平成19年3月31日までに取得されたものであるときは、手すりの取得費を建物本体の取得価額に加算することもできます。 この場合の減価償却は、自動的に建物本体と一体で行われます。 A ベストアンサー 平成12年度の税制改正でソフトウエアのライセンス料が繰延資産から無形減価償却資産に変更になったことにより、その取得価額の判定の方法が変更になりましたので、そのライセンス料の取得形態により下記のようになります。 1.その「1ライセンスが20万を超える」というのがパソコン1台当りのライセンス料の場合。 資産計上が必要です。 ただし、ご質問者さんが「中小企業者等の少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例」に該当する場合にはライセンス料が20万円を超えても30万円未満であれば、その金額を損金の額に算入することもできます。 taxanswer. nta. htm 2.その「1ライセンスが20万を超える」というのが限られたパソコンの台数のライセンス料の場合。 tabisland. OpenDocumentのQ6 3.その「1ライセンスが20万を超える」というのが無制限の台数(自由に何台のパソコンでも使用できるような場合等)のライセンス料及び上記2のように1台当りのライセンス料の計算ができない場合。 1台当りのライセンス料の計算ができないような場合、減価償却資産の少額基準が適用できず資産計上が必要ですが、1の場合と同じく「中小企業者等の少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例」に該当する場合には損金の額に算入することもできます。 平成12年度の税制改正でソフトウエアのライセンス料が繰延資産から無形減価償却資産に変更になったことにより、その取得価額の判定の方法が変更になりましたので、そのライセンス料の取得形態により下記のようになります。 1.その「1ライセンスが20万を超える」というのがパソコン1台当りのライセンス料の場合。 資産計上が必要です。 ただし、ご質問者さんが「中小企業者等の少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例」に該当する場合にはライセンス料が20万円を超えても30万円未満であれば...

次の