テセウスの船 タイムスリップ。 はじめに|TBSテレビ:日曜劇場「テセウスの船」

ドラマ「テセウスの船」考察 みきおは母の復讐のため12年前からタイムスリップ

テセウスの船 タイムスリップ

まずは、 テセウスの船の1巻のネタバレあらすじを書いていきます。 1巻あらすじ テセウスの船とは 古くなった船の部品を新しくしている内に全ての部品が新しくなって、元の船と違ってしまうことで元の船では無い船を作ってしまっている矛盾のことです。 この話はこの 矛盾が人間だった場合どうなるのかという話です。 田村心は加害者を持った警察官の父が居て幼い頃から 母親には人様に感情表現する立場では無いことを叩き込まれていました。 心は子供をお腹に持った由紀と生活している間にも 過去の父の事件についての風評がどうなっているのかを常に気にしていました。 心の母親が過去に事件のことが明るみに出た場合に転居や謝罪を繰り返したことを 由紀と話しながら、いつか心の母親と一緒に暮らせる日を待ち望んでいました。 由紀はそんな心が自責の念にかられる様子を何とか抑えようと 過去の心の父親の事件が冤罪と信じノートに事件の概要や調査内容を記録していたのでした。 そんな話をしていた日に 心が会社に居ると由紀から電話を受けて陣痛がひどい為入院した連絡を受けました。 連絡を受けてすぐに病院に向かった心は由紀を励まして子供を無事産んだものの、 由紀は事切れて亡くなったのでした。 由紀の父親は葬式の場面で、 事件の犯人である父親を持った田村心との結婚を快く思っていなかったことを思い出したように子供は由紀の父と母が引き取るということを主張しました。 事件の内容とは、 1986年音臼小学校で起きた21人の児童にオレンジジュースに青酸カリを入れて飲ませ命を奪った事件で、田村心の父親である警察官の佐野文吾の自宅に青酸カリがあったことから捕まった事件でした。 佐野文吾は自身の無罪を主張し続けるものの、真相は話そうとしていません。 そんなことがあってから心は亡くなった 由紀の分まで強く生きようと近い子供を育てることを決めたのでした。 そこで心は由紀が残したノートを観ているうちに 父親が冤罪である可能性を疑うようになっていきました。 真相を調べるために田村心は 当時音臼小学校があった土地で服役中の佐野文吾に会いにいくことにしました。 飛行機で向かい当時あった音臼小学校の墓のところに立った瞬間 田村心は過去にタイムスリップしてしまったのでした。 タイムスリップした先は 音臼小学校で、雪が降りしきる場面でした。 1989年の平成に元号が変わった時期で、田村心は寒いので人家があるところのインターフォンを押したところ、表札が元々父親の旧姓である佐野ということを発見しました。 その時に玄関先に埋まっている子供がいて、 懸命に助けて病院に連れて行ったところそれは亡くなったはずの自身の姉の鈴ということが分かり、その瞬間田村心は過去を変えられるということを知っていくのでした。 その後千夏という子供が亡くなることを知っていて 農薬のパラコートを処分したものの、その様子を新聞配達員の長谷川佐野文吾に跡を付けられて疑われることになりました。 そんなある日、佐野文吾は田村心を疑い始め、 持ち物にあった身分証明書から将来の日付の身分証で田村心がどんな人物なのかを一層疑い始めるところで1巻は終わります。 特にタイムスリップした先の 小学校から風景が雪の吹雪で寒い中見つけた家が自分の家族が住んでいる佐野の家であることも因縁深いという描写が見どころだと思います。 父親が犯罪者には見えない警官ではじめは田村心を疑っている場面の中にも 家族の子供の世話をする父親の様子が心を打ちます。 ドラマの描写でも 父親と子供の風景は観ていてホッとする風景だと思われます。 現代の場面で 妻である由紀も見逃せない人です。 特に由紀と亡き別れになることが 過去にタイムスリップした後どのようになるのかということが楽しみです。 タイムスリップというテーマについて、世間では評判になっています。 テセウスの船 原作漫画1巻ネタバレ感想では、タイムスリップものに対してSNSでは反応がありました。 今回は、 TBSでのタイムスリップものに対して反応が多かったようです。 今回出てきた話の展開も含め、チェックしてみましょう^^ それでは見てみましょう! JIN、流星ワゴン などタイムスリップものならTBS日曜劇場ですね。 1月からの新ドラマ楽しみ タイムスリップもんに 弱いんやけど。 みてまう〰️〰️ っていうか テセウスの船 ってまたタイムスリップものか。 あれってタイムスリップものだったのか タイトルは実に興味深いのだけれど、「平成元年にタイムスリップ」と聞いて、「平成元年にあったでしょうか?間違い探しコーナー」になりそうな予感。 心がタイムスリップした 1989年より前の発売かあ 数秒の番宣でちょっと楽しみ JINみたいなタイムスリップ物? 引用:twitter 今回の話題では、 タイムスリップものならTBSでという話題が多かったです。 過去作品での JINや流星ワゴンなどのタイムスリップした作品が評判になり、興味深いという感想が多かったです。 TBSならではの タイムスリップをメインにしたテーマなので、今回の作品も期待が持てそうですね^^ 過去の作品とも共通するところですが、 最終的にハッピーエンドなのかどうなのかというところが気になると思います。 以前の作品ではハッピーエンドで終わることが多いようですが、 このテセウスの船もおそらくハッピーエンドで終わると思われます。 どうやって物語が進んでいくのかということについては、 原作と変わってくると思われますので、注目していきましょう。 あらすじの中に タイムスリップをするということが描写されていましたが、このタイムスリップする前には心は普通の家族で子供が生まれていた描写があります。 心は生まれながら父親が犯罪者だということで 母親からは人前で泣いたり笑ったりしてはいけないと言われていたことで自身の子供には同じ思いをさせたくないという思いがあったようです。 タイムスリップした理由としては生まれた時から父親が犯罪者ということで、 周囲の人たちに加害者の家族というレッテルを貼られていたことからこの事件が冤罪なのかどうかを究明したいという気持ちが高まったことが理由だと思われます。 タイムスリップという話の中には、 現実として受け止められない気持ちが高まった場合に特に過去の真相を暴くためにタイムスリップするということが描写されるようです。 この物語が過去に起こった事件で、 21人の児童の命を奪った事件の真相を追求するということがテーマで動いていきます。 タイムスリップした先は真にその児童の命を奪った音臼小学校の現地で、 実際に起きた事件が父親とどのようにつながっているのかを調べていく展開です。 原作では、音臼小学校の前に起きた事件を田村心が未然に防ごうとするものの 実際に被害を被った千夏に対して犯人が書いている日記で犯罪者の気持ちで綴った文章が流される描写もあります。 この事件の黒幕が誰で 本当の真犯人がどのような動機で事件を起こしたのかを探っていくことがこのドラマの楽しさだと思います。 誰が犯人なんだろう? 漫画でも真相や黒幕はまだ明かされていないから、ドラマではもっと複雑になる予感が・・・ 今後黒幕に繋がりそうな人物や事件の動機などがありましたら、都度追記させていただきます。 今後のテセウスの船を楽しみにしていきましょう! まとめ 今回はテセウスの船原作漫画1巻ネタバレ感想! タイムスリップもので楽しみ!について書きました。 1話から実の父親が犯罪者と言われて、 主人公の田村心が加害者家族として苦労していく場面が描写されています。 今後の展開に向けては謎解きが一番の課題で、 本当の真犯人が誰なのかということや動機は何なのかということが注目されてくると思います。 今後の展開では原作で描写されている 田村心がどのように事件を解決していくのかが見どころですね^^ 黒幕が誰なのかを確認しながら、 原作の展開に期待していきたいと思います。 カテゴリー• 116• 121• 179• 115• 161• 8 Twitter:よろしければフォローお願いします お問い合わせ.

次の

テセウスの船『1話』動画の見逃し配信や再放送は?無料で見る方法についても

テセウスの船 タイムスリップ

TBSでは、2020年1月スタートの日曜劇場枠(毎週日曜よる9時)で「テセウスの船」を放送する。 原作は、週刊漫画誌「モーニング」(講談社)で連載されていた東元俊哉による同名漫画で、今年6月20日(木)に発売された「モーニング」29号でドラマ化を発表し、翌週発売の30号で最終回を迎えた。 それ以来、この大作の主人公を誰が演じるのか話題となっていたが、このたび、TBS1月期の日曜劇場枠で待望の実写化となる。 主人公の田村心(たむら・しん)を演じるのは、竹内涼真。 「下町ロケット」や「陸王」、「ブラックペアン」など、多くの日曜劇場作品に出演し盛り上げてきた竹内だが、TBSの連続ドラマで主演を務めるのは今回が初となる。 今作で竹内が演じる心は、家族の運命を変えた警察官の父親が起こした殺人事件の謎を追う青年。 心と母親は父親が逮捕されてからずっと、世間から後ろ指をさされ、身を隠すように生きてきた。 ある日、心は最愛の妻から「お父さんを信じてみて」と言われ、拘置所にいる父に会おうと決意。 しかし、昔の事件現場に向かうと突然の霧に包まれ、過去にタイムスリップしてしまう! 令和から平成へ 父が殺人事件を起こす直前の 31年前にタイムスリップ! 父はなぜ事件を起こしたのか? 本当に殺人犯なのか? 心がタイムスリップしたのは、事件が起こる直前の1989年(平成元年)、事件現場となる雪深い村だった。 その村で心が目にしたのは、自分の家族の温かく笑顔あふれる姿。 父の事件を阻止すれば、家族の笑顔を守れる! 心は事件によって失われた家族の笑顔を取り戻すため、「過去を変える」というタブーに挑む決意をする。 時代を超えて繋がる家族の絆が生み出す奇跡の物語。 事件を止めて過去を変えろ。 家族の未来のために。 タイトルの「テセウスの船」とは、ギリシャ神話がモチーフとなったパラドックス(逆説)のこと。 過去を変えても、未来の家族は同じと言えるのかという難しい課題に、主人公は挑んでいく。 TBSで初主演を務める竹内涼真が、失われた家族の笑顔を取り戻すために、父の事件を食い止めて過去を変えることに挑む!2020年1月スタートの日曜劇場「テセウスの船」にぜひご期待ください!! 放送前コメント 竹内涼真さん 今回のお話をいただいて原作を手にとってみたのですが、読み始めてすぐにそのストーリーにぐっと引き込まれ、最後まで一気に読めてしまったのが印象的でした。 ミステリーやタイムスリップといった要素もありますが、そこに家族の愛の物語も織り込まれ、今までに読んだことのない非常に面白い作品です。 31年前の殺人事件で父親が逮捕され、顔も見たことがない父親のせいで長年苦しい思いをしてきた青年です。 重い役柄ではあると思いますが、それ以上に日曜劇場の主演ということで、このような大役を演じさせていただけることを今はすごく幸せに思っています。 絶対に良い作品を視聴者の皆さんにお届けできるよう、キャストの皆さん、スタッフの皆さんとともに来年1月の放送に向けて精一杯頑張っていこうと思います。 放送まで、ぜひ楽しみに待っていてください。 プロデューサー・渡辺良介 愛する家族のために困難に立ち向かいながら過去を変えようとする熱く純朴な主人公・田村心を、竹内涼真さんに演じていただけることに今からワクワクしています。 竹内さんが持つイノセントな雰囲気と演技に取り組むひたむきな姿は、主人公と見事なまでに合致します。

次の

はじめに|TBSテレビ:日曜劇場「テセウスの船」

テセウスの船 タイムスリップ

2020年1月19日から日曜劇場「テセウスの船」が放送されます。 今回のドラマはタイムスリップとミステリーということもあって、かなり期待している人が多いのではないでしょうか? タイムスリップと言えばあの超人気ドラマ「仁」でも話題になっていましたね!今回は竹内涼真さんがタイムスリップものを演じるということでとても楽しみです! 「テセウスの船」では事件の犯人の正体もとても気になるところですが、実はこのタイムスリップはそれ以外にも大きな影響を与えているんです。 なんと 事件の犯人も過去にタイムスリップしていたという衝撃!この記事では犯人のネタバレまで書いていくので、真相を知りたくない人は読まないで下さいね笑 それではいきましょう。 テセウスの船のあらすじ テセウスの船の主人公は田村心(竹内涼真)です。 田村心の家族は母と姉の3人家族です。 田村心の父親は田村心が生まれる前に殺人犯として逮捕されており、家族は世間からバッシングを受けていました。 辛いながらの人生でも最愛の妻である田村由紀(上野樹里)は常に田村心のことを支え、父親のことを信じるように説得します。 その言葉を受け入れ、田村心は父親が逮捕された現場となった村を訪れます。 そこで謎の霧に包まれ、なんと1989年1月7日の音臼村にタイムスリップしてしまいます! そしてタイムスリップした先には田村心の父親である佐野文吾(鈴木亮平)の姿が!果たして本当に父親が事件の犯人なのか?物語はここから進展していきます。 このドラマのポイントは犯人の正体も気になるところですが、 タイプスリップをしたことにより過去を変えてしまうというタブーを犯す点もとても面白いです。 もし、過去に戻ることができたらきっと今とは全く違った現実が待ち受けているはずですよね。 なので、田村心が過去にタイムスリップをしたことにより、どのような影響が出るのかも注目するべきポイントです。 テセウスの船でタイムスリップした理由や考察は? こういったSF物語は本当に謎が多いですよね。 特にタイムスリップ系統のものはそれが事件の鍵を握っている場合もあります。 今回ドラマのタイトルにもなっている「テセウスの船」ですが、 「テセウスの船」とはギリシャ神話がモチーフになったラドックス(逆説)のこと指します。 そもそもテセウスの船では父親が殺人犯として逮捕されたことで辛い人生を送った青年が人生をやり直す為に過去と向き合うという物語が核にあります。 それが物語冒頭の以下の部分です。 その昔、クレタ島から帰還した英雄・テセウスの船を後世に残すため修復作業が行われた。 古くなって朽ちた部分を徐々に新しい部品に交換していくうちに当初の部品は全てなくなった。 ここで矛盾が生じる…この船は最初の船と同じといえるのか?これが人間だったらどうだろう。 つまり、過去に戻って全てをやり直した場合、全く別人が出来上がる、ということでしょうか? 人は人年を重ねるほど、過去に強い後悔を残しているものです。 過去に戻ってやり直したいと思っていることもたくさんあると思います。 そういった方に向けてメッセージを送る為にタイムスリップを題材にしたのではないかと考えています。 犯人も実はタイムスリップしていた!? ここからはネタバレになります! 田村心が過去にタイムスリップをして過去を変えていくのがテセウスの船のメインのお話になります。 しかし。。。 実は 田村心以外にも過去にタイムスリップしていた人物がいたのです!! その人物こそ、田村心の父親を逮捕に追いやった真犯人! その人物が。。 車椅子の男です! 車椅子の男は鈴(貫地谷しほり)の小学校のときの同級生です。 車椅子の男は鈴に好意を抱いていました。 その好意が事件のきっかけです。 鈴は同級生からイジメを受けていたのですが、その様子を見た車椅子の男はその同級生を鈴の為に殺害します。 そしてある日、鈴から「将来、結婚するなら、お父さんみたいな人がいいかな。 正義感のある人ってやっぱりいい」という言葉を聞き、鈴の父=佐野文吾(鈴木亮平)に対して敵対心を抱きます。 こうして事件を企てた車椅子の男は罪を佐野文吾になすり付け、死刑にさせることに成功します。 しかし、車椅子の男が殺害したのは佐野文吾だけではありません。 実は田村心もナイフで殺害してしまうのです! 実は田村心が2回目のタイムスリップの時に大人の車椅子の男も同時に過去にタイムスリップしていたのです。 大人になった車椅子の男はタイムスリップしたことを機に佐野文吾(鈴木亮平)に襲い掛かります。 その時に盾になったのが田村心です。 結局テセウスの船では最終的に主人公が亡くなってしまうという結末でした。 「過去を変えようとすれば現実は異なるものになる。 」 まさにドラマのタイトルにふさわしい「テセウスの船」ではないでしょうか?今回はドラマなので、もしかしたら原作とは異なる衝撃的なラストが待ち受けているかもしれません。

次の