競泳 水着 素材。 【SGS素材】ハイネックバインダー FULLBACK競泳水着

水着

競泳 水着 素材

が1900年代初頭に自身でデザインした水着を着ている写真 海水浴が海に面した地域の人々だけで行われていた古代〜近世では、「海水浴のための特別な衣服」を用意するという認識は一般的ではなく、姿や着古した普段着、時にはで水につかることが多かったと見られている。 一方で発掘された壁画では、女性が後のによく似たツーピースの覆いを着けている様子が描かれている。 鉄道網の発達により、一般の人々が海浜地域に出かけることが容易になった1800年代には、水に濡れても肌が透けて見えないようにサージやフランネル・アルパカなどの生地で作られた、肘丈の袖のついた服と膝まで覆うパンツの上下そろいの服(「上下そろい」を意味する「スーツ」という単語がついた、スイミングスーツswimming suitの語源はこれ)が着用された。 1900年代に入ると胸ぐりの深い、袖なしのメリヤス製水着が登場、以後肌の露出部分が大きいデザインへと変化していく。 1907年に「水面下のバレリーナ」との異名で有名だった(オーストラリア出身のスイマー・、英仏海峡の水泳横断に挑戦した最初の女性)がアメリカを訪問、これまでの上下そろいで水中の動きを妨げる水着よりも動きやすい、首周りや手足が露出したワンピース型の水着をボストンビーチで着用した際、公然わいせつ罪で逮捕される事件が起こった。 体の線がはっきりと現れるワンピース水着は、大胆で活動的な新しい水着の形を社会に示しただけでなく、女性の権利を拡大する運動が盛んだった当時、アネットによる「女性が(活動的な)ワンピース水着を着る権利」のアピールとして受け入れられた。 1920年頃には短いスカートのついたキルト式水着や、スカートを省略し上下を一体縫製した、半月型の深い胸ぐり(スコップでえぐったような胸ぐり、の意味でスクープド・ネックと呼ばれた)と身頃から裁ち出した幅の広い肩ひもを持った「タンク・スーツ(Tank suit・タンクは水槽、室内プールを指した)」が流行した。 活動的・機能的なタンクスーツのデザインはで「」として知られている学童用水着に継承されている。 1946年にはフランスのデザイナー、によってと名づけられた肌の露出の大きいツーピース水着が発表される。 「ビキニ」の名は水着の刺激的な印象と当時行われたビキニ環礁での原爆実験の衝撃的な印象が結び付けられたこと、またビキニ島周辺の原住民の伝統的な服装に由来するといわれている。 また1964年には、アメリカのルディ・ガーンリックによりビキニのを省略した「」が発表された。 1970年代後半には脚回りの裁ちを高くした「・カット」が登場、伸縮性・耐塩素性の高いストレッチ素材(ナイロン、ポリウレタンなどの合成繊維)が一般的に採用されるようになった。 の開催された1984年以降には、フィットネスクラブやスイミングクラブで健康づくりの一環として水泳を楽しむ、競泳選手以外の人々が増加。 競泳水着やこれを基にしてデザインされた体型補正機能を備えた水着の市場が拡大した。 デザインの違う複数の水着を、場所(海岸・プール・リゾートなど)や目的(レース・フィットネスとしての水泳・海水浴や水遊び・ファッションとして着る、魅せる楽しみなど)によって使い分けることが定着している。 (田中千代服飾事典-同文書院刊、wikipedia英語版記事などを参照) 使用目的による分類 運動用 競技やに用いられる水着。 体を動かす支障にならないこと、脱げにくいこと、(特に競泳において)水の抵抗を減らすことが求められる。 用水着、、など。 過去、選手は水着自体による水の抵抗を減らすために肌の露出度を高める傾向があり、は型、は型が一般的であった。 頃から水着の素材や表面の模様を工夫することによって、水着表面の抵抗が肌の抵抗を下回るようになると、首、手首または腕、足首を除き、全身を包み込む様な物等が普及し始め、長尺の水着を使用する事が多くなった。 競技などの水着は新素材・ハイテク素材が積極的に投入されている。 においても同様の全身を包み込む様な物等が普及し始めているが、これらは危険回避や体温の維持などを重視した物が多い。 用 - 基本的に「競泳用」と呼ばれるものは水泳連盟の公認を受けている。 密着度・圧迫度が非常に高くフィットネス用途に比べると伸縮性が低い。 抵抗が少なく身体の無駄なブレを防ぐが、耐久性は重要ではないため劣化が激しい。 また、男子水着は女子と同じワンピース型を除き腰で履くことを想定されている。 これは、腹にあわせてしまうと、水の流入方向、臀部と腹部の径の違い、動作による腹部の径の変化から密着性が損なわれ抵抗が増大するためである。 このため臀部(臀裂)が若干露出する状態になることもあるが、着用する水着が既製品であるため避けられない。 しかし、臀部(臀裂)が大きく露出する状態は臀裂と水着との隙間に入り込む水が多く、結果抵抗となる。 また、競技用のハイグレードの水着は極端に小さいサイズを着用すると大腿部や臀部の動作に制限が起きやすい。 このような状態は競技には向かず、水着のサイズが合っていないと言える。 男女ともに、小さいサイズをムリに着用することはこの2つのデメリット以外にも、素材が伸びすぎてしまい設計意図どおりの性能を発揮できないということもあり、サイズ選びは注意が必要である。 用 - 用に比べタイトではなく水中運動を楽しむためのもので、素材の自由度が高いためデザイン性が高い。 ほとんどの製品が柔らかく伸縮性の高い生地を(部位・製品によっては二枚重ねで)使い、動きやすさ、着心地への工夫がなされている。 形状としては用に準ずるものが多いが用はセパレーツタイプもある。 用 - 競技特性上、滑りやすい素材を二枚重ねにしたり、表面処理を施しつかみにくく、破れにくくなっている。 水球の稼動範囲の大きな動きに対応した、臀部の生地にゆとりがあるものもある。 遊泳用 ファッション性を重視し、男性はサーフ形、女性はタイプや、胸部と下腹部にそれぞれ着用するタイプといわれるものが一般的である。 海岸でのやなどでの水遊びのために用いられる水着。 専ら見た目の華やかさ、スタイルを美しく見せることが重視される。 特に女性用は各メーカーのが毎年、新作を発表しと呼ばれる女性達が広告宣伝を行っている(キャンペーンガールを取り止めるメーカーも多くなってきた)。 デザイン・色・模様などはまさしく千差万別ではあるが、白のように薄い色合いの布地は水に濡れると透けてしまうことから(後述するような「見せるためのもの」を除いては)使われることは少ない。 しかし2000年代頃より「透けない白」などと呼ばれる新素材を用いたものが登場している。 潜水用 シュノーケリングなど、主として水面で行われるレジャーとしての簡易な潜水の場合は、多くの場合遊泳用水着が用いられる。 ラッシュガード 低温、、擦過傷、あるいは等の有害生物から身体を保護することや肌の露出を少なくすることを目的としたトップス用水着である。 シャインガードと呼ばれる場合もある。 他の水着と併用され、サーフフィンの場合の内側に着用されることが多い。 また有害生物が内部に侵入することを防ぐため、伸縮性の生地を用い、身体に密着するようになっている。 形態は男性用、女性用ともほぼ同じで、着丈の比較的長い長袖あるいは半袖である。 素材としては身体の保護性能を高めるため、他の水着よりは厚く、目の詰まった素材が用いられることが多い。 形態・素材の点で従来の水着と若干異なるため、商品としては水着とは区別して販売される傾向にあるが、用途や基本的な構造等の点では実質的に水着そのものである。 ボトムス向けには「スイム」や「スイム」などがあり、目的はラッシュガードと同じである。 特に保温性能を高めた商品は「ウェットインナー」の名称で販売されていることがある。 また、全身を覆うワンピース型の商品は、特にと呼ばれ、ラッシュガードとは呼ばれない。 見せるためのもの 水着を着用して、水着を含む体全体を第三者に見せる事自体を目的とする時に用いられる水着。 水着をとして使用するため、デザインや肌の露出度の高さが水着本来の機能よりも優先されることが多い。 、、、またはの水着の時に着用される。 他にが極端に布地の面積の小さいビキニタイプの水着を着用する場合もある。 余談だが、ダンス、体操競技などで着用するもあるが、中にはデザイン的に水着と見分けがつかないほど似ているタイプもある。 水着と違うのは、レオタードは腰や腹、胸だけでなく、肩や背中、首、両腕まで全身にフィットするスポーツウェアであること。 水着でお馴染みの素材を使用したローレグタイプの長袖レオタードは、体操、新体操選手など多くの女子、女性に練習、競技をはじめ、写真撮影で健康で魅力的な身体を見せるのに着用され、水泳等で水着として着用されてもおかしくなかったが、水中での透け対策の裏地が付いていなかった為に使われなかった。 後ににある青島アンダーウォーターワールド のアトラクションのひとつとして「 水中オリンピック」が行われ、その中の演目の一つとして女子新体操選手に扮装する女性ダイバーが披露する「 水中ダンス」がある。 巨大水槽に潜りながら演技を見せるのに見た目と様式をきちっとしたい理由で、女性スキューバダイバーには体操・新体操等で使用するローレグタイプの長袖レオタードを着用し、足ヒレを付け、水中ゴーグルを装着したら巨大水槽に飛び込むこととなる。 水中ではを行う感覚で潜り、全身びしょ濡れになりながら演技を披露するなど、レオタードが水着として使用された例のひとつといえる。 女子プロレスラー用 の試合用コスチュームも、通例『水着』と呼称する。 これはかつて、水着を改修して試合用のコスチュームとしていたことにより言い習わされたもので、1990年代後半以降も新人は水着を改修したものを使用することが多かった。 しかし、後にコスチュームの多様化もあり『リング・コスチューム』または略して『リンコス』の呼称が定着している。 女性用水着 デザインによる分類 ワンピース型競泳水着• ワンピース水着(: One-piece swimsuit) - とが繋がっているタイプ。 - バックのデザインがビキニのようなデザイン。 - ボトムスにスカートがついたデザイン。 - 2本のストラップだけで首からボトムスまで連続しているデザイン。 ツーピース水着 - トップスとボトムスがそれぞれ独立したタイプ。 セパレーツ - ビキニを抑えた感じのデザイン。 - や型のトップスとボトムスが組み合わさったデザイン。 - 布地が小さいデザイン。 三角ビキニ - トップとボトムが三角の形をしたビキニ。 - 最小限の部分だけを覆うビキニ。 トップスのラインによる分類• ベアトップ - バストより上をカットしたデザイン。 細い紐状のストラップを持つものと、後述のストラップレスに分類されるものがある。 ベアバック - 背中を大きくカットしたデザイン、バックレス。 ベアミドリフ - ウエスト部分を大きくカットしたデザイン、寸胴を目立たせなくする。 Vネックライン - 胸元を深くカットしたデザイン、バストラインを美しく見せる。 ホルターネック - ストラップを首に吊るしたデザイン。 ハイネック - Vネックとは逆にバストラインから首までを覆い肩のみが露出するもの。 ただし装飾的な穴を有する場合はある。 ワンショルダー - 片方のストラップをとったデザイン、肩幅の広さを目立たなくする。 ストラップレス - トップスにがない形のもの。 で、では バンドゥ(: Bandeau)という。 胸の大きさが目立たないという長所がある反面、上からの衝撃には弱いという欠点がある。 また好みにより肩ひもが着脱可能なものもある。 センターストラップ - 肩ひもが首から胸の中央までV字になっているもの。 これも胸が目立たず、可愛いという特徴がある反面、と肩ひもの位置が一致していないため、やはり上からの衝撃に弱い。 またチューブトップブラと組み合わせる場合や、トップスのセンター部分が極く細くなっていて、ストラップとブラの下のワイヤのラインでX字を描くデザインも見られる。 ワイドストラップ - センターストラップと逆で、胸の両側までハの字になっているもの。 クロス・ストラップ - ストラップが首の少し下付近で交差し、それぞれの肩から逆側のバスト部分にストラップが繋がっているデザイン。 背中側が首で吊る形状のものを特にクロスホルターという。 ボトムスのラインによる分類 ボトムスライン 分類• - 腰骨あたりまでカットされたデザイン。 ローライズに替わって後半より流行。 従来の競泳大会ではこの水着で出場する選手が多かったが、現在は減少傾向である。 - サイドが3〜4cmしかなく腰骨より上にハイカットされたデザイン。 - カットが非常に浅いデザイン。 - ショートパンツ風のデザイン。 - 股上が浅いデザイン、〜1980年代前半に流行ったが露出度が高く短足に見えるため、以外では余り着られない。 キュロパン - とが一体になったもの。 - スパッツ状になったデザイン。 股下丈は様々で、やプールでのフィットネスで需要が増加傾向であるほか、競泳大会ではハイレグに替わって股下4-5分丈前後の水着で出場する選手が多くなっている。 なお、膝下まで覆う股下5分丈超の水着は2010年より、ルール改正により国際水泳連盟主催・公認大会の競泳大会では使用できなくなった。 ボトムスのバックによる分類• フルバック - ボトムのバック全体をすっぽり覆うデザイン。 - ウエスト部分に紐がなく、全体にC字型の針金が入っていて、クリップが股間をはさむような形で装着される。 Iバックともいう。 和製英語。 - ボトムのフロントは普通のビキニで、バックがT字型のデザイン。 - ボトムのフロントとバックがV字型、サイドがひも状のデザイン。 - ボトムのフロントがV字型、バックとサイドが細いひも状のデザイン。 結合部・ストラップによる分類 結合部• ひもを結ぶ - 結びはとなる。 三角ビキニでは主流。 布を結ぶ - 二重にこよりを作って縛る。 意外とほどけにくい。 結びの先は、漫画やアニメなどのフィクションでは木の葉形で描かれることが多いが、現実には抜けにくくするため、へらのような縦長逆台形とするのが一般的。 以下の四方式はチューブトップや矯正ビキニなど、背中の結合部にストラップでなく布を使う水着に多い。 L字式ホック - ブラジャーでは、結合部を外側から体側に引っかける方式が多いが、水着では右肩側のL字状プラスチックパーツを左肩側のくぼみに入れる方式が多い。 また結合部が背中でなく、左のブラの脇の下に設けられているタイプもあり、これは背中に比べ、一人で装着しても見え易くかけ易い、寝転がっても背中に当たらないなどの長所を持つ。 バタフライ式ホック - 長方形または長円形のプラスチック板をX字状に交差し、指で押して平らにすると、男児向けプラスチック玩具でよく使われるはめ込み機能が働いて固定される。 L字式の次によく使われるが、ある程度縦の高さを必要とするため、背中がひもになるデザインには使われない。 知恵の輪式ホック - 左右で微妙に形が違う輪の先に小型の分銅があり、右の分銅を左の輪に通す。 指で押して固定する手順はないが、ひもの弾力で引っ張られて自然に直線化されるので、隙間なく固定される。 強度上必ず金属が使われるので、リングの形や分銅の部分に装飾が施せる特徴を持つ。 こちらは逆にひも限定。 ベルト - 一般的なベルトのように縮めて固定するもの。 ズボンのように金属突起と穴を使うのでなく、余ってたるむ部分を金属パーツでZ字状に折りたたむ。 このため背ひもの左右は物理的に緩むことならあり得るが、外れることは絶対ない。 バック全体の構成• ニの字バック - 首の後ろと背中の後ろにそれぞれストラップが存在するもの。 三角ビキニではほとんどがこれである。 ストラップレスでは首の後ろ、スリングショットの一部では背中の後ろのストラップは存在せず「一文字」となる。 またワンピースでも背中に大きな穴があると、ニの字に近くなる。 逆Tの字バック - 首ひもが首の後ろでなく、下の背ひもに固定されているもの。 結合部は背ひものみ。 形状としてはブラジャーと同じ。 Tの字バック - 首の後ろと背中の後ろがI字状態の直線で結合しているもの。 結合部はなく、露出度の割にずれにくい。 セパレーツや競泳水着に使われる。 本来は この形の競泳用水着の事を"Tバック"と呼んでいる(日本の用法は誤用)。 その他• バッククロス - 背中でストラップを交差させたデザインで、背中を小さく細く見せる。 ストラップは結合部なし、またはブラや腰の部分で金属パーツを引っ掛けて固定するものも多い。 主にワンピースやスリングショットで見られ、新タイプスクール水着では交差部の下部が布と一体化している。 ビキニでは物理的にブラの位置が苦しくなるので使われない。 タイサイド - ボトムスのサイドをストラップや布で結ぶことでサイズを調整するもの。 実際に結べるタイプは、ある程度の長さを持っている。 飾りとしてダミーの紐となっているものが大変多く、何本も枝状になったストラップ、大きな布、妙に短いものなどがあり、外観からある程度判別できる。 この他にやを使った水着もあったが、後にデザインセンスとしては古くなり、幼児向け水着などにしか使われなくなった。 ストラップを結ぶタイプは結び目が抜ける、およびストラップが端からほつれるのを防ぐため、端をきつく玉縛りにしてあるが、ここにビーズなどのミニアクセサリーをぶら下げるデザインも見られる。 その他• 遊泳用としてはボトムスにや、等を併用する場合がある。 パイピング - 布の縁がパイプの様に少し太くなっているもので、パイピングだけ色を変えるデザインが多く見られる。 ビキニは布の周囲全てにパイピングがあり、2000年頃からは白い布に赤いパイピングが人気。 またストラップとあわせて左右や上下で色を様々に変えるパイピングもある。 ワンピースはブラの上のみがパイピングで、競泳水着でストラップと同じ色にするものが多い。 - ボトムに巻いた布。 トロピカルなイメージがあるが露出度が減るため、男性より女性の視点で人気がある [ ]。 男性用水着 ブリーフ型の水着、ブーメランパンツを履いた競泳選手 男性はボトムスのみが多いが、一部トップス(トップスとボトムスが繋がっているものを含む)も存在する。 男性用水着の俗称としては形状・用途に左右されず、が圧倒的である。 型 - 股下丈が無く、脚の自由度が高い。 競パン、ビキニ、ブーメランパンツと呼ばれることが多い。 遊泳、フィットネス、競泳用ともに種類は比較的豊富。 競泳大会では従来はこの型を着用して出場する選手が多かったが、後に臀部・大腿部のブレをおさえられないためこの型を着用して出場する選手が減少し、遊泳やフィットネスなどでも露出への抵抗感から減少傾向であるが、生地面積が少なく一番安価であるため廃れない。 下腹部・臀部の形状に沿った日焼け跡になるため、日焼けの際の水着として好まれる傾向がある。 サイドラインを太くし、ファッション性を高めたショートボクサーに近いデザインもある。 でも履き方に流行廃りがあり、過去には用型の装着位置を過度に下げて履くことが流行った時期があり、小さ目や細めの水着をメーカーも発売していた。 - バックスタイルがT型の形状になっているタイプ。 臀部が隠れない。 日本では公衆施設などで着用して遊泳する者は少数。 男女ともに着用が禁止されているプールもある。 和製英語。 - ブリーフ型の中でも、特にサイドラインが細く、さらに露出度が高いもの。 腰(骨盤)より上にサイドラインが来るタイプもあるが、こちらは競泳用ではなく、ボディビルダーが身体を見せるのに使うポージングに使用することもあるなど、ファッション性重視である。 大会に出るようなボディビルダーが主に履いているものはなどと呼ばれ水着とは別物である。 なお、女性用をビキニというのに対して男性用のそれはとも呼ばれる。 - 競泳用のタイトなブリーフ型水着を前方から見た時、ブーメランのように見えることからつけられた呼称。 略称、ブーメラン、Vパンツなど。 競パン - 文字通りでは競泳用パンツの略称になるが、「競パン」だけでは、水泳をやっていなければ何の競技のパンツなのか意味が通じない。 競パンと呼称する場合、主に男子のブリーフ型を指し、競泳用に留まらずタイトなブリーフ型も含む。 スパッツ型などは通常含まれない。 元々、男性者が使っていた言葉で、一般的にはほとんど通じない。 また販売店でもそのような呼称では販売していない。 ロングスパッツ型の水着を履いた競泳選手• ロングスパッツ型 - 膝下まで覆う股下5分丈超のタイプ。 競泳用である。 チューブ、ロングチューブ、フルレングス、レッグスキンとも言われる。 2010年より、ルール改正により国際水泳連盟主催・公認大会の競泳大会では使用できなくなった。 ワンピース型 - 主に競泳用で、トップスとボトムスの一体型水着。 ショートジョン - 下半身を膝上まで、上半身は肩掛けの水着。 2010年より、ルール改正により国際水泳連盟主催・公認大会の競泳大会では使用できなくなった。 ロングジョン - 下半身を足首まで、上半身は肩かけの水着。 2009年時点は、トップ選手の間では主流だが、2010年より、ルール改正により国際水泳連盟主催・公認大会の競泳大会では使用できなくなった。 フルボディ - 首から下、手首・足首まで、ほぼ全身を覆う水着。 過去、競泳用だったがルール改正により2009年現在、国際水泳連盟主催・公認大会では使用できなくなった。 サーフ型 - 主に遊泳用でファッション性が高い。 肌に密着しておらず抵抗が大きいため、水泳運動そのものには向かない。 色、デザインに凝ったものが多い。 従来は並の股下1-2分丈前後が主流であったが、後に並の股下4-6分丈前後が主流となった。 型 - ふんどしや、、などTバックに近い布が少なく肌の露出が多い水着。 競泳水着についての概要 Jaked FINA認定水着 競泳水着は1970年代以降、素材の改良やデザインの見直しが常に行われ、記録の向上に寄与してきた。 そんな中で水着の製造・販売に携わるスポーツ用品メーカーの競争が繰り広げられ、業界再編に繋がるケースも出てきた。 Fina は、「から、水着表面に(高速化のための)特殊な加工を施すことを禁じる」決定を行った。 これにより各メーカーでは、「鱗入り」「突起付き」「ストライプ入り」水着の製造中止に追い込まれた。 このルールの周知を徹底させるため、国によっては新ルールを前倒しで実施して大会を行うケースもある。 そうした中、SPEEDO社が開発した「」をめぐり、、全世界の水泳界で大きな騒ぎとなった。 に、国際水泳連盟は総会でからラバー皮膜やポリウレタン皮膜等の非透水性素材を使用した水着を全面禁止にする新規定案を固め、素材は布地製に限定されることになった。 水着が覆っても良い範囲は、男子は臍から膝まで、女子は首を覆わない範囲から膝までに限定され、さらに素材の厚みや浮力についての規制も強化された。 バーコードシステム さらにそれらを担保するため、新たにを利用した水着管理システムを導入し、お尻にFina規格承認バーコードが無い水着を公式大会で着用することを全面的に禁じた。 1年の猶予を経て、日本を含め2011年4月から全面実施に移行している [ ]。 バーコードにはメーカー・型式・承認時期などのデータが記録され、更に個別の承認番号も記されている。 大会では概ね次のように運用される。 この検査は目視確認との併用を原則とする。 目視確認は、商標等の大きさに関する規定が守られているかや、「 同一種目の予選から決勝までは同一の水着を着用しなければならない」というFinaルールが守られているかを把握するために行われる。 まず予選で招集時に尻のバーコードがあるかを確認すると同時にデータをスキャンし、運営本部等のサーバーに登録されている承認水着のデータと合致するかどうかを確認する。 バーコードがあってもサーバーデータと合致しなかった場合、水着ルール違反ということで失格扱いになる。 これは将来の水着ルール改正にも対応できるようにする狙いがある。 スキャンしたデータは選手の個人情報と結びつけ、保存する。 準決勝以降もやり方は同様であるが、新たにそれまでに読み込んだデータとも合致するかの照合も行われる。 これは、「同一種目同一水着着用」規定に違反していないかどうかを確認するためでもある。 当初はバーコードスキャンは規模の大きな大会を除いては実施が難しい場合があり、その場合は目視確認のみとなることもある。 劣化によって承認バーコードが剥がれることも十分に考えられる。 その救済策も用意されてはいるが、バーコードが剥がれた水着については競技用として使い続けるのは望ましくなく、普段の練習用に下ろすしかないのが実情である。 2013年元日の時点では、バーコード導入後の大きな水着規則改正が行われていないこともあり、バーコードがありながら承認取り消しとなったケースは特に無い。 ポリウレタンを混ぜたのは、ナイロンが可塑性に乏しく 、これを補うためであったが、ウレタンの化学的性質により劣化しやすいという水着の欠点のもととなった。 1980年代後半になると、この問題を解決すると同時に糸を細くするためナイロンに替わってをベースとする糸が布のもととなるケースが増え、後に競技用水着素材の主流となった。 しかし2010年代実施のFinaの水着規則改正後、トップスイマー用の水着で敢えて締め付け効果を得るため再びナイロンベースの布が使用されるようになっている。 日本ではインビスタとの合弁企業が供給している。 主なブランド 競泳用水着のブランドは多様化しており、各陣営がオリンピックや世界選手権の場を利用して勢力拡大を図っている。 以下に、Finaが競技用として承認した主なブランドを纏める。 企業名横の英字はFinaにおける水着承認コードの企業名。 ブランド 展開企業 日本におけるパートナー 備考 adidas社(。 AD) アディダスジャパン(日本子会社)• 元は後述arena社を子会社として設立したが、経営再建過程で分離。 自社で水着の事業展開を本格化させた arena社( 、。 AR) ( DE)• デサントはarenaの元親会社・adidasの日本ライセンシーを 失った見返りとして、アジア太平洋地域の一部国家における 事業展開権を得た• Finaでは別企業として扱われている アシックス(。 AS)• 後述・DIANAとの提携で競技用水着を展開していたが、 現在競技用は自社ブランドで展開 DIANA ディアナ社(。 DI) アシックス• アシックスは競技用を自社展開して以降女性用フィットネス水着のみ出している ジャケッド社(。 JA)• 2008年立ち上げの新興ブランド MIZUNO (。 MI)• 長くSPEEDO陣営の一員として数々の先端技術開発を担ってきたが、 2006年末、創業100年を機に「全商品を自社ブランド化する」方針を明確にし、 SPEEDOとのアジア地区パートナー契約を2007年5月で終了させた。 以後自社展開を図る ナイキ社(。 NI) ナイキジャパン(日本子会社) スピード・インターナショナル(。 SP) (国内生産担当:)• 三井物産・ゴールドウイン連合はミズノ撤退後にライセンス契約を結ぶ TYR ティアスポーツ(。 TY) ライトアベイル YINGFA 東莞市英発実業有限公司(。 YI) 世界ではの「(アリーナ)」との「(スピード)」の両陣営がメジャーとなっており、これにの「(DIANA)」、の「(ASICS)」が続く。 の「(NIKE)」、の「(adidas)」なども世界市場に食い込んでいる。 日本国内ではがarena、かつてのがSPEEDO陣営に加わり、これにアシックスを加えた3社がから各競技代表選手への水着供給メーカーとして指定され、一般にも普及している。 しかし、各社とも技術力をつけてきたことや上記海外勢が日本への展開を本格化させたこともあり、独自の世界戦略をとり始めている。 水着インナー 水着着用時の専用()がある。 ただし、競泳の公式競技会においては、前述の規則改正により、水着1枚のみの着用に限定された ため、インナーの着用が全面禁止された。 このため規則改正後に出荷された商品には、競技用水着着用時には使えない旨何らかの表記がなされている。 水着インナーの種類 対象 種類 機能(例) 名称 (元・元によって異なる。 以下は例を示す) 備考 ボトムス (下着)• 水着着用時に突然の対策• ボトム部分の保温• 水着がずれた(脱げた・破れた・水着と肌が密着していない部分から水着の内側が見えたなどを含む)時、インナーでプライベートゾーンが露出しない(見えない)ようにする(水着・インナー共にずれた時を除く)。 ベビー水着用アンダーパンツ• 水遊び用 男子・男児• 水着の多くはに触れる部分に当て布が付いているが、水着のみ(インナーを穿かずに水着着用)では不安なとき、の冷えを少しでも抑えたいとき、水着に陰部の形状が出る(・など)のをなお一層抑えたいとき• 対策(水中 - 陰部間でのの行き来を抑える)・が水着越しで透けるのを防ぐ• 水着がよりフィットし、生地のヒビキを除いて、身体の細かなラインが綺麗に見える• こども水着インナー• スイム• スイム• アンダーショーツ• インナーショーツ• スイム 男児・女児(ジュニア・子供)用は名称に「男児」・「女児」・「ジュニア」・「子供」などが付け加えている場合がある。 ・女子・女児 トップス• 水着によっては()に触れる部分に当て布が付いており、水着にを生じなくしている。 当て布が付いていない水着を着用している為に水着に胸ポチが生じる場合や当て布が付いている水着を着用していても水着に胸ポチが生じる場合は、インナーを使用することによって水着に胸ポチが生じるのを防いでいる。 胸(乳房)を大きく綺麗に見せる機能を持ったインナーもある。 水着または当て布にインナーを取り付ける(水着にパッド・カップ付きの機能を持たせる)か、水着または当て布にインナーを取り付けずに水着と乳房の間にインナーを挟み込む場合• スイム• インナーパッド• スイムカップ• 水着着用時用のブラジャー• スイムブラ• ・ビーチ•

次の

レディース競泳水着のおすすめ人気ランキング17選【スピード・アリーナも!】

競泳 水着 素材

の同名の医薬品原薬メーカーとは異なります。 山本化学工業株式会社 YAMAMOTO CORPORATION 略称 山本化学 本社所在地 〒544-0005 中川5丁目13-11 設立 事業内容 医療機器、競泳用水着、放射線遮蔽素材及びウェア、ダイビング及びウインドサーフィン用ウェットスーツ素材、メディカル用及びスポーツ用サポーター素材、バイオラバー素材などの製造 代表者 山本富造 資本金 1,000万円 従業員数 73名 決算期 2月 関係する人物 山本敬一 創業者 外部リンク 山本化学工業株式会社(やまもとかがくこうぎょう、英称:Yamamoto Corporation)は、に本社を置く、遮蔽素材、素材、複合特殊製品を製造するの企業である。 会社概要 [ ] 医療機器商品、特殊複合ゴム素材、ウェットスーツ素材、水着素材、練習用水着、バイオラバーの製造販売を行っている。 2011年にはによるの汚染被害を受けて、遮蔽素材の開発を行う。 尚、舟津町になどの医薬品原材料を製造している同名の企業があるが、本項目で記述する企業と無関係である。 商標 [ ] 同社の主力素材である独立発砲体構造を型どったを中心としたロゴである。 事業所 [ ]• 本社 -• 東京オフィス -• 本社工場 - 大阪府大阪市生野区• 大阪工場 - 大阪府大阪市生野区• 岡山工場 - 加入団体 [ ]• 正会員• 一般社団法人 会員• 一般財団法人 賛助会員• 会員 受賞歴 [ ]• マネジメント・オブ・イヤー2013 -• KANSAIモノ作り元気企業 - 近畿経済局• 第11回なにわ大賞 大賞 - なにわ名物開発研究会• 2008 特別賞 - 大阪商工会議所 沿革 [ ]• - 創業者・山本敬一が山本化学研究所を設立。 - から、海難救助用ウェットスーツ素材の開発を依頼される(開発した素材は防衛庁に採用される)。 5月 - 会社設立。 水産用潜水服素材の製造を開始。 4月 - レジャー用ウェットスーツ素材の製造を開始。 - この年に打ち上げられたアポロ11号に、山本化学の開発したゴム素材が採用される [ ]。 10月 - 深海用ダイビングスーツ素材を開発。 3月 - X線防護用発泡体ラバー素材を開発。 8月 - を開発。 同年、敬一が会長に退き、息子の富造が2代目社長に就任。 7月 - S. (スーパーコンポジットスキン)素材の特許取得。 1月 - 素材の特許を取得。 5月 - を一般市場へ販売開始。 10月 - バイオラバースイム素材使用水着が公式競泳用水着としてFINA(国際水泳連盟)の許可を取得。 - 社の競泳水着を巡る騒動でこれに対抗できる素材として「バイオラバースイム(=SCSファブリック)」(通称「ラバー」)を開発。 6月 - 泳げない人が泳げる水着「およげるーの」発表。 9月 - バイオラバースパ畳の販売開始。 9月 - ハイブリッドアクティブスーツの販売開始。 販売は株式会社。 9月 - 医療機器製造業および製造販売業の許可を取得。 11月 - 一般医療機器「メディカルバイオラバー」の販売開始。 12月 - ゼロポジションを開発。 4月8日 - 速く泳げる練習用水着「ゼロポジション スイムウェア Z-Po05」発表。 4月28日 - バイオラバーセーフ「安全ハイブリッドウェア」発表。 5月10日 - バイオラバーRSM「放射線遮蔽ウェア」発表。 6月3日 - バイオラバーRSM WP16「放射線遮蔽シート」発表。 8月17日 - 「温熱メディカルバイオラバー」発表。 9月 - 海外を含めた医療機器事業の強化を進める。 10月19日 - 一般用放射線遮蔽服「バイオラバーRSM スピリット」発表。 3月1日 - 着圧機能付き素材「バイオラバーCBCM」発表。 4月26日 - 簡易遮蔽ウェア「バイオラバーRSM コアウェア」、放射線測定器補助具「バイオラバーRSM センサーポット」 、放射線遮蔽シート「バイオラバーRSM マルチプルシート」発表。 6月8日 - アスリート向け練習用水着「ゼロポジション プロフェッショナル」発表。 6月18日 - 独立気泡構造赤外線素材「バイオラバーMAXIMA」発表。 12月7日 -医療機器の品質マネジメントシステム の認証を取得。 3月1日 -バイオラバーが のとして認定を受ける• 3月5日 - 調整サポーター「ゼロポジションスポーツベルト」発表。 3月25日 - バイオラバーRSM「センサーポットV600」発表及び福島への寄贈。 9月19日 - 2014年FINA承認高速水着を発表。 10月16日 - 放射能汚染水対策用遮蔽服を発表。 12月10日 - 保温用インナーベスト「ダブルベスト」登場。 1月14日 - 放射線遮蔽衝立「RSM HARDY パーティション」開発。 4月11日 - バイオラバーが米国で医療機器許可取得。 7月4日 - バイオラバー「プチベスト」販売開始。 2月5日 - 放射線遮蔽服「RSMウェア E-400 typeYS 」を発表。 3月9日 - 競泳用素材「BRS-4TP」 、サメよけウェットスーツ素材の発表。 4月13日 - 新素材の競泳用水着を発表。 10月26日 - 競泳用水着ブランド「マーリン」の買収及び競泳用水着「マーリン マッハ」販売を発表。 7月1日 - 体幹ベルト「バイオラバーエアロドーム シェイプアップベルト」を先行販売開始。 7月25日 - 体幹ベルト「バイオラバーエアロドーム シェイプアップベルト」を発表。 主な製品 [ ]• ウェットスーツ用素材• タイタニウム・アルファ• バイオラバーRSM• ゼロポジション スイムウェア• バイオラバースイム• マーリン• メディカルバイオラバー• 別ページを参照 ウェットスーツ素材 [ ] 同社の主力製品であり素材と言えば山本ラバー Yamamoto Neoprene であり、世界的に有名なウェットスーツ素材として国内外の多くのが同社の素材を採用している。 しなやかな柔軟性と保温性が好まれ、用途として、、、、、、などのからさんなどの水産業、さらに軍隊用などありとあらゆる分野に使用されている。 また、山本ラバーが業界で確固たる地位を築いたのは、加工を施した素材で水の抵抗を抑え、タイムなどの記録を重視するアスリートに好まれたことである。 そこで多くの各メーカーのハイグレードの商品には同社の素材を採用している。 また、同社のウェットスーツ素材は、とコラボ水着を発表した際 に、他のブランド同様 「バイオラバーマリン」とバイオラバーが付けられたこともある。 フリーダイビング [ ] 世界各国の代表選手の大半が同社の素材で作られたを着用している。 日本代表とアメリカ代表については、代表のウェットスーツに同社ロゴが入っており、素材の提供をしている。 尚、2010年9月に沖縄で開催された世界選手権大会にて、同社のウェットスーツを着用した日本代表チームは、女子団体 、、 で金メダル、男子団体 、、 で銀メダルを獲得した。 2012年にで行われた世界団体選手権大会では日本代表女子団体 、平井美鈴、廣瀬花子 は2連覇を果たしている。 2013年9月にはで開催された世界選手権個人では 旧姓・平井美鈴 が銀メダルを獲得した。 2014年にはイタリアで開催された世界団体選手権大会では日本代表女子団体 、、 は銀メダルを獲得し、同社のウェットスーツを着用した女子団体「人魚ジャパン」が各種メディアに取り上げられた。 尚、男女共に優勝したロシアチームも同様同社のウェットスーツを着用していた。 2016年にはギリシャで開催された世界団体選手権大会では日本代表女子団体 、、 が前回大会のリベンジを果たし金メダルを獲得。 3回目の金メダルで5大会連続の表彰台という偉業を達成。 スポンサード フリーダイバー• 日本団体チーム• ロシア団体チーム• 採用メーカーは、、、、、、など。 2013年4月15日に開催された2013では、元日本代表のが、同社の素材を使用した国内メーカーであるが作ったウェットスーツで大会に参加した。 亀用ジャケット [ ] 2013年サメによって両前肢を失ったウミガメの悠ちゃんを保護していたのプロジェクトチームが、義肢ジャケットが必要となり、ウェットスーツで有名な同社に制作を依頼。 それ以降、プロジェクトに参加し、ジャケットの制作改良を行う。 2014年4月5日にジャケットが完成。 公開報告会を実施し、多くマスメディアに取り上げられる。 保温素材「タイタニウム・アルファ」 [ ] ウェットスーツ用素材として元来開発された加工技術。 同社のゴムの表面にチタン合金の層を負荷させた素材で、保温性を高めた素材である。 ダブルベスト [ ] 「タイタニウム・アルファ」素材を使用した防寒用インナーベストで、着用することで保温効果が高まり、着る魔法瓶と言われている。 のトレたまでも紹介された。 うるおいシリーズ [ ] 「タイタニウム・アルファ」素材を使用したスキンケア用商品。 指ケア用の「フィンガーキャップ」、ウエスト用の「ウエストベルト」、顔用の「フェイスマスク」を展開。 また後発商品の踵用の「カカトケア」は雑誌の『カラダに良いものカタログ』の認定商品と紹介された。 放射線遮蔽素材「バイオラバーRSM」 [ ] 2011年3月11日ので起きたの事故を受け、過去に遮蔽素材の製造していたことにより、同年5月にはその技術を生かして遮蔽素材「バイオラバーRSM」の開発に成功。 から発するの遮蔽を目的とする。 後に同シリーズで遮蔽の素材の開発も成功する。 名称の由来 [ ] 同社のブランド名である「バイオラバー」とを遮蔽するという意味の英語である「Radiation Shield Material」の頭文字をとった「RSM」から成る。 製品展開 [ ]• E-400 typeYS - ジャケット、ハーフパンツ• E-400ウェア typeXIII - ベスト、パンツ、アンダープロテクター• E-400ウェア typeXI - ベスト、パンツ、アンダープロテクター• E-400ウェア typeVII - ネックガード、ベスト、パンツ• E-600ウェア typeVIII - ベスト、パンツ• E-300 インソール 販売終了• E-600 インソール• E-400 インソール2• コアウェア -コアプロテクター、アンダープロテクター• E-400シート 4mm• E-600シート 3mm• E-600シート 6mm• マルチプルシート 販売終了• センサーポット 販売終了• センサーポット V600 販売終了• スピリット - ベスト、アンダープロテクター 販売終了 開発経緯 [ ] 2011年開発当初、遮蔽素材「RSMラバー」を使用したシートタイプとウェアタイプの2種類を展開。 ウェアは、ネックガード、ベスト、ハーフパンツの3点で構成。 素材として従来品よりも柔軟性があり、着用時の可動性が向上。 放射線遮蔽服としてはこれまで存在しなかったパンツの形状の製品の開発にも成功した。 遮蔽力の違いでWP-14とWP-16の2種類があり、WP-16は事故に遭った建屋内での使用を目的とし、従来のウェアが20kgに対して当素材を使用したウェアは14kg程度に抑えられている。 同年10月には、を使用せずを使用した一般用放射線遮蔽服 「バイオラバーRSM スピリット」を発表。 これまでの及び立入禁止内で使用される製品以外の地域で一般人や作業者向けの製品を開発した。 形状は上半身を覆うベストと下半身を覆うプロテクターで構成。 柔軟性にも富んでいる。 (2011年10月22日付 毎日新聞朝刊より出典) 2012年4月には3種類の新製品を発表。 がれき処理や除染作業者向けの簡易放射線遮蔽ウエア 「コア ウェア」は、「RSMラバー」を、の影響を受けやすい体幹部だけに配置し、軽量化を実現。 放射線測定器補助具 「センサーポット」は、空気中の線量も同時に測定してしまい対象物の線量を正確に測定できない測定器の弱点を克服。 同ポットで測定器を包むことで対象物以外からの放射線の影響を減少させ、正確な測定を可能にする。 「マルチプルシート」はのサンプルを運搬する際に、運搬用ボックスの内貼りシートなどとして利用が可能である。 この頃から素材はE-400とE-600に変更される。 同年5月には、英国で開催された 13(第13回)で原子力研究所と製品の有効性について論文発表、製品展示も行った。 同年9月には、 「RSMウェア E-400 typeXI」が発売され、表面素材は高速水着の機能の加工を使い、放射線防護服の上に着用も可能な放射線遮蔽服とされている。 2013年3月には、新放射線測定補助具 「センサーポットV600」を発表。 鉛を使用した同等の性能を持ち、簡単に線量計に装着が可能。 発表と同時にの市町村へ10基の寄贈を決めている。 これまで同社は遮蔽服を作ってきたが、この製品で初めて対策の製品を開発した。 製品構成はウェットスーツのようなウェアで、上半身と下半身のツーピースから成り、上半身にはフードが付いている。 また重ね着が可能なガンマ線遮蔽下着も発表している。 2014年1月には、放射線遮蔽衝立 「RSM HARDY パーティション」をと共同開発。 原発敷地内での作業時の被曝を軽減する遮蔽カート「E-600 パーティション」と、汚染土壌の貯蔵地域対策としての遮蔽パネル「E-400 パーティション」を発表。 2015年2月には、 「RSMウェア E-400 typeYS」を開発。 従来のベスト 及びパンツ形状から半袖、ハーフパンツの形状になり、より遮蔽する面積が増加した。 2015年10月15日・16日に郡山カルチャーパークで開催された「RADIEX 環境放射能対策・廃棄物処理国際展」にて同社の最新モデルの放射線遮蔽服が紹介され、従来の倍にあたるおよそ4割の被曝が低減できるとのこと。 練習用水着「ゼロポジション スイムウェア」 [ ] 同社が開発した練習時に着用する浮力がある水着。 浮力による水泳フォームの改善を行う。 製品展開 [ ]• およげるーの 販売終了• ゼロポジション スイムウェア 販売終了• ゼロポジション アームギア 販売終了• ゼロポジション プロフェッショナル• ゼロポジション マスターズ• ゼロポジション2 開発中• ゼロポジション ジュニア 開発経緯 [ ] 2008年、高速で泳げると称するゴム製水着素材で世間の話題となったが、2010年のゴム素材の使用禁止というによるルール改正など、度重なる素材の変更を余議なくされたため、規制の無い練習用の水着の開発に着手する。 2009年に泳げない人向けの練習用水着「およげるーの」が発売される。 この水着は製の薄板を、水着の胸やおなか、太ももなどの部分に入れ、必要な浮力を補うことで水中姿勢を整える仕組み。 社長曰く「水中での姿勢を身体が覚えたら、板を抜いてもバランスが乱れなくなる」などと説明。 2010年に()と共に、水中で浮力が作用する中心「浮心」と、重力が働く中心「重心」の位置を最適にすることで圧力抵抗を軽減する理論「ゼロポジション コンセプト」を発表。 その理論を活用したフォーム改善練習用水着「ゼロポジションウェア」を開発し、浮心と重心の距離を縮めることにより、水平姿勢を保つことが可能となる。 その後、早く泳げる練習用水着「ゼロポジション スイムウェア」と名称の変更を行い、2011年4月20日販売することを発表。 「Z-Po05」「Z-Po10」「Z-Po15」とスイマーの泳力に合わせた3種類の商品展開をされている。 「ゼロポジション スイムウェア」は通常の水着の上に着用して使用する。 同社の実験では、この水着を着用して練習するのと、通常の水着だけの練習を交互に繰り返せば、1~2カ月で速さが大幅に改善されるなどとしている。 それ以外の商品として腕に巻く「ゼロポジション アームギア」も販売している。 また、マスターズ大会などでブース出展をして「ゼロポジション スイムウェア」の説明等も行っている。 スポーツクラブ ルネサンスでは、「ゼロポジション スイムウェア」を使用したレッスンも組まれている。 さらに、アスリート向けとして2012年6月8日に「ゼロポジション プロフェッショナル」を発表。 日体大の選手が使用し、男子の(世界選手権大会個人メドレー銅メダリスト)、女子のの個人メドレーの2人に加え、リレーメンバーの大学院生、が五輪日本代表入りを果たした。 以降、アスリート〜中級者用「ゼロポジション プロフェッショナル」と水泳初心者用「ゼロポジション マスターズ」の2種類の商品展開になる。 2013年には、「ゼロポジション」シリーズがの推奨製品として認められている。 同年9月には、「ゼロポジション2」として、骨盤の左右のネジレを解消する機能をさらに付け、水泳時の左右にムダ、ムラの無い泳ぎを実現するとしている。 同年12月には、子供用「ゼロポジション ジュニア」の販売を開始。 素材の厚みが1mm用と3mm用の2商品を展開。 2014年6月のジャパンカップでは、は、当時最古の日本記録であった400m女子個人メドレーで14年ぶりの新記録を打ち立てて優勝。 または200m平泳ぎで優勝し、さらに同年8月に開催されたパンパシフィック水泳選手権では男子100m平泳ぎ、200m平泳ぎで金メダル、4x100mメドレーリレーで銀メダルを獲得した。 練習時に「ゼロポジション プロフェッショナル」を使用していた。 競泳用高速水着素材「バイオラバースイム」 [ ] 2008年の高速水着問題以降、当時からなどにおける水着素材がトップシェアであった同社は、この騒動を発端に競泳業界に参入する。 名称の由来 [ ] 同社のブランド名である「バイオラバー」と水着素材であることの「スイム」を合体して名付けられた。 当初、SCSファブリックと言われていたが、のちに「バイオラバースイム」に変更。 しかし、以下の項目記載の通り素材へのルール改正によって、以後素材は英語表記のBio-Rubber Swimの頭文字BRSに変更する。 製品展開 [ ]• 2008 - バイオラバースイム SCSファブリック• 2009 - バイオラバースイム マークII• 2010 - BRS-TX• 2011 - BRS-TX2• 2012 - BRS-TX3 Premium• 2013 - BRS-TX3 DUAL• 2014 - BRS-TX3 nano• 2015 - BRS-4TP 競泳界の高速水着騒動 [ ] ウィキニュースに 山本化学工業に関するニュースがあります。 ゴム製水着の席巻 世間で話題となった社の(LZR)を着用した海外の選手達の驚異的な新記録が続出したため、急遽はの契約メーカー(・・)に対して異例の五輪用競泳水着の改良を求めた。 当時、山本化学工業は急遽を行い、日本代表競泳選手の為に無償で契約メーカー3社に対して素材「SCSファブリック」の提供を発表。 その後、とがこの素材を一部に使用した水着を発表した。 競泳用のpointシリーズ、neroシリーズは日本でも2008年6月、のを日本総としての販売する。 国内の五輪代表選考会の男子200メートルバタフライ決勝で、当時無名であったneroを着たが自己ベストを3秒も縮め、北京五輪への代表入りを決める。 またオランダ国内大会の男子200メートル自由形では、アテネ・シドニー五輪金メダリストのもneroを着て優勝する。 国内の事態の変化 海外選手は自由に水着が選択出来、(LZR)や山本化学工業の「SCSファブリック」を使用した水着を着用して、多くの選手が大幅に記録を更新する一方、国内選手への水着供給が大手3社に決められていたため、日本国内水泳界の緊急事態としては、その制限を撤廃した。 の水着メーカーも2008年7月24日、「KOZ」(コーズ)の名で商品化し8月中旬から国内のスポーツ店などで販売すると発表した。 からは「ティゴラ」 、からは「RECOBEAM(レコビーム)」、からは「YAMAHO」、からは「スイムアーマー」などの多くのメーカーで商品化され、販売を開始。 山本化学工業の素材の水着を着て泳いだ選手の一部には好成績を出した選手もおり、山本化学工業はそれを水着の効果であると称している。 neroとKOZは2008年8月のに着用した選手がいた。 愛称 当時、同社の水着素材を使った水着を「タコヤキラバー」と呼ばれるようになった。 その理由は、同素材表面に無数に気泡がたこ焼き器のように開いており、その穴に水分子をキャッチする様がたこ焼きに捉えられ、の、において、社長曰くの取材陣が勝手にタコヤキラバーと呼ぶようになり、その名前が広まったらしい。 の社、(Jacked)社、の社、の社などが商品化。 2009年1月の国内の大会で、選手 背泳ぎ が同素材を使って国内メーカーが試作した水着を着て日本新記録を出す。 2009年7月にで開催された世界水泳選手権大会では社の高速水着を着用した選手の多くが新記録を叩き出し、入賞を果たす。 織物素材への変更 バイオラバースイムも高性を理由として、突如、より2010年以降競技用水着の素材にゴムを使用することが禁じられた。 この措置により競泳水着は織物に限られた。 ゴム製水着が禁止になったことにより、山本化学工業は競泳から撤退との報道も報じられたが、同社は素材の新商品「BRS-TX」を開発。 国際水泳連盟の審査も合格し、社より新高速水着「MATUSE-TX」として販売された。 その後の素材開発 に認められた水着としては、2011年には親水性と撥水性の両性機能を持たせた新商品として社より「MATUSE アルテミス」、2012年には新素材「BRS-TX3 Premium」を使用した「MATUSE アポロ」が販売される。 また、2014年は「BRS-TX3 nano」を2015年は「BRS-4TP」を開発し、マーリンブランドや国内外のメーカーの水着がの承認を得たことを発表。 競泳水着販売に本格参入 これまで国内外の水着メーカーに競泳用水着の素材の販売を行ってきた同社が、2015年10月1日に国産競泳用水着ブランド「マーリン」をから買収し、競泳用水着を販売することを発表(2015年10月26日発表)。 研究開発から製造そして販売までの一貫して行うことでコストダウンと商品性能の向上を目指すとしている。 またその販売の皮切りとして大阪店から販売を開始する。 医療機器「メディカルバイオラバー」 [ ] 2010年9月に山本化学工業は医療機器の製造業、製造販売業を取得し、同年11月に最初の品目として「メディカルバイオラバー」の販売を開始した。 製品展開 [ ]• メディカルバイオラバー -• 温熱メディカルバイオラバー - 開発経緯 [ ] 「メディカルバイオラバー」はという医療機器に属し、薬局や大型量販店、スポーツ店などで販売されている下半身から腰にかけて段階的に圧力をかけて、血流促進の改善を行う商品と同様のものである。 商品は腰、もも、ふくらはぎ、足首と4つのパーツから構成されている。 2011年10月には、2つめの医療機器品目として「温熱メディカルバイオラバー」の販売を開始する。 電子レンジで30秒ほど加熱したジェルパックとバイオラバーを装着袋に入れ、腹や腰、背中にあててベルトを締めると、1時間ほどで体温が上がり、血行促進や筋肉痛・神経痛の緩和などが期待できるという。 また、この商品の登場により「メディカルバイオラバー」というブランド名が山本化学工業のに係る商品のものとなる。 協賛イベント [ ]• 報知マスターズスイミング• 大健康チャリティーウオーク。 Victory Student Contest• おいでませ!山口国体・山口大会 CM・TV・広告 [ ] CM [ ]• バイオラバー篇 〜2008年 同社の開発製品「バイオラバー」は、、や「すごいアイツがやってきた!」のキャッチフレーズで盛んにが放映されていた。 「宮坂流津山銭太鼓流保存会」バージョンや「水野啓子バトンスクール」バージョンがある。 また、「通販パロディ」バージョンも存在する。 OL篇 2008年〜2009年 オフィスで女性社員が山本化学工業について語る。 ランチタイム篇 2009年〜2011年 社食で2名の男性が「山本さんって誰だっけな~」と語り合う。 出演者 - 、 [ ] 制作 - TETSUJIN• ゼロポジション篇 2011年〜2012年 練習用高速水着「ゼロポジション」の商品CMとして、、などで放送。 商品の機能性を説明している。 森林篇 2011年〜2012年 ゼロポジション篇同様の期間に交互に放送された「バイオラバー」の商品CM。 商品を付けた女性が公園のベンチに座り「あったか」と呟く。 2012年総括篇 2012年年末 2012年年末にのみ放映された1年を締めくくるナレーションと共に記者発表の様子などが映し出されている。 ISO13485篇 2012年年末〜2013年 同社の認証取得により制作。 白衣を着用した5名の研究員が研究している。 また同社CMとして初めて歌ありのBGMが採用。 同社の社員 BGM - 「ありがとう」 制作 - ラッシュ• ゼロポジションスポーツベルト篇 2013年〜 骨盤矯正サポーター「ゼロポジションスポーツベルト」の商品CM。 女性が商品を着けてをランニングする。 出演者 - BGM - 「ありがとう」 制作 - ラッシュ• ゼロポジション プロフェッショナル篇 2013年〜 練習用高速水着「ゼロポジション プロフェッショナル」の商品CM• 高速水着篇 2013年〜 高速水着素材「BRS-TX3」の紹介• 山本化学工業 化学の可能性 2014篇 2014年〜 推奨品の商品CM。 研究員が化学の可能性について考える。 出演者 - 同社社員、 BGM - 「ありがとう」 制作 - ラッシュ• 山本化学工業 秘密はウェブで篇 2014年〜 商品カットが違う4パターンがある商品CM。 商品は「うるおいシリーズ」、「ダブルベスト」、「タイタニウムシリーズ」、「ゼロポジション スポーツベルト」がある。 出演者 - 同社社員、 制作 - ラッシュ• 森林篇(2015年改訂版) 2015年~ 2012年まで放送されていた森林篇のナレーションを変更されたバージョン TV制作番組 [ ]• - (2016年7月〜12月• 戦 - 2008年~2014年、2016年〜• 戦 - 2016年〜• - ・(2009年9月までは月曜20時、同年10月以降は木曜21時放送。 同社は2016年3月まで提供• - (毎週の17時台前半、毎週の18時台前半、~現在提供終了)• めざせ美BODY! のおうちで - (放送終了、山本化学工業一社提供)• 歌に乾杯!ゆめ燦々 放送終了 広告 [ ]• -全巻裏表紙全面• - 夕刊題字横• - 時代にユニホーム前面への広告を出していた• - 当時水着ブランド(2015年10月1日より同社のブランドに変更)とコラボして同選手の2013年、2014年のユニフォームを提供• 看板 - 鶴橋駅の奈良線0番ホームに設置された看板(2015年9月~)• 看板 - のに設置(2008年~2014年)• 看板 - のに設置• 看板 - に設置 脚注 [ ]• R25 2008年6月26日. 2011年10月3日閲覧。 nikkei BPnet 2008年7月25日. 2011年10月3日閲覧。 朝日新聞. 2017年6月22日. 2017年6月23日閲覧。 2013年1月31日閲覧。 2011年10月25日閲覧。 産経新聞. 2010年10月28日. 2011年4月23日閲覧。 大阪日日新聞. 2010年11月16日. 2011年4月23日閲覧。 産経新聞. 2011年4月8日. 2011年4月23日閲覧。 繊維ニュース. 2011年7月6日. 2011年9月5日閲覧。 スポーツ報知. 2011年5月10日. 2011年5月14日閲覧。 産経新聞. 2011年9月4日. 2011年9月5日閲覧。 日刊ゲンダイ. 2011年6月28日. 2011年7月7日閲覧。 産経新聞. 2011年8月17日. 2011年8月23日閲覧。 産経新聞. 2011年9月5日. 2011年9月5日閲覧。 産経新聞. 2011年10月21日. 2011年10月23日閲覧。 京都新聞. 2011年12月14日. 2012年6月16日閲覧。 毎日新聞. 2012年4月27日. 2012年6月16日閲覧。 大阪日日新聞. 2012年4月27日. 2012年6月16日閲覧。 産経新聞. 2012年6月9日. 2012年6月16日閲覧。 日日新聞. 2012年6月19日. 2012年6月20日閲覧。 産經新聞. 2013年3月6日. 2013年4月4日閲覧。 産經新聞. 2013年4月6日. 2013年4月5日閲覧。 大阪日日新聞. 2013年3月26日. 2013年4月5日閲覧。 産經新聞. 2013年9月20日. 2013年9月20日閲覧。 毎日新聞. 2013年9月20日. 2013年9月20日閲覧。 産經新聞. 2013年10月17日. 2013年10月24日閲覧。 共同通信. 2013年10月16日. 2013年10月24日閲覧。 産經新聞. 2014年1月14日. 2013年1月14日閲覧。 産經新聞. 2014年4月11日. 2014年4月29日閲覧。 産經新聞. 2015年3月9日. 2015年4月10日閲覧。 共同通信. 2015年3月9日. 2015年4月10日閲覧。 共同通信. 2015年3月9日. 2015年10月18日閲覧。 産經新聞. 2015年10月26日. 2015年11月3日閲覧。 朝日新聞. 2015年10月26日. 2015年11月3日閲覧。 読売新聞. 2015年10月26日. 2015年11月3日閲覧。 毎日新聞. 2015年10月27日. 2015年11月3日閲覧。 大阪日日新聞. 2016年7月26日. 2017年1月21日閲覧。 2009年10月21日. 2014年4月16日閲覧。 2013年9月20日閲覧。 2014年4月29日閲覧。 2014年4月29日閲覧。 2016年1月6日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年4月29日閲覧。 2014年8月30日閲覧。 2014年8月30日閲覧。 2015年10月17日閲覧。 共同通信. 2010年6月15日. 2011年4月24日閲覧。 産経新聞. 2010年11月16日. 2011年4月24日閲覧。 産経新聞. 2010年4月8日. 2011年4月24日閲覧。 報知新聞. 2010年9月20日. 2011年10月23日閲覧。 朝日新聞. 2012年5月10日. 2012年6月16日閲覧。 読売テレビ. 2012年8月9日. 2012年8月9日閲覧。 東京中日スポーツ. 2008年6月20日. 2013年4月17日閲覧。 東京中日スポーツ. 2008年7月8日. 2013年4月17日閲覧。 報知新聞. 2011年10月15日. 2011年10月24日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - 山本化学工業のBRS-TXを使用した「マーリン」の販売元• - SCSファブリックを使用した競泳水着「KOZ」の製造元• - 大阪府にある山本縫工所がSCSファブリックを使用した競泳水着「YAMAHO」の日本総代理店• - blueseventy社の日本総代理店• - 水道橋博士による公認サイト(現在閉鎖中)• - nikkei BPnet掲載の山本社長へのインタビュー• - 上記インタビューの続き• - 2007年10月12日放送の第78回で「の未来を切り拓いた男・山本敬一」が放送された。 - のサイトにある上記番組紹介ページ• - 2008年7月6日放送で大ヒット商品となったウェットスーツについて語る。 - 2010年8月9日放送で「ハイブリッドアクティブスーツ」が放送された。 2013年11月20日放送で「ダブルベスト」が放送された。 - 2011年5月11日放送で「放射線遮蔽ウェア」が放送された。 - 2011年6月18日放送のコーナー「モノづくり大国ニッポンの技術最新版」にてウェットスーツにのシェアについて当社が放送された(スポット放送)。 - 2011年10月21日放送で「一般用放射線遮蔽服 バイオラバーRSM スピリット」が放送された。 - 2012年6月8日放送で「ゼロポジション プロフェッショナル」が紹介された。 - 2012年8月9日放送で特集が組まれ「マテュース アポロ」と「ゼロポジション プロフェッショナル」が紹介された。

次の

競泳水着サイズの選び方

競泳 水着 素材

4〜0. 5)から見ても,造波抵抗が最大となる局面に当たる.このように,ヒトにとって泳ぐことは抵抗との戦いであり,抵抗にうち勝った者だけがチャンピオンの栄冠を手にすることができる.そのため,少しでも抵抗を減らしたいという願いは,泳フォームの改善はもとより,水着の改良にも及んだ.しかしToussaint et al. , 2001 図 3三次元カッティングを採用した新水着 スイマーの筋収縮を妨げないで体全体を新素材でぴったり覆うためには,各スイマーの体格や筋肉の付き方など考慮した細部に渡る採寸が必要となる.そこで3Dボディ・スキャナーを用いて8方向から選手の体型を計測した.その詳細な形態に関するデータに泳運動中の動作解析データを加味し,これまでにない立体的なカッティングが完成した.そうして出来上がった水着は,各スイマーの動きを妨げることなくスイマーの体を緊縮させ,より流線型に近づける.それによって激しい水流による身体表面の振動が抑制され,さらに抵抗の低減が見込まれる.これら素材とデザインの効果が相まって,メーカーの発表によれば新水着 は従来の製品より7. 文 献 [1]Toussaint, H. , Groot, G. de, Savelberg, H. , Vervoon, K. , Hollander, A. and Ingen Schenau, G. van, Active drag related to velocity in male and female swimmers, Journal of Biomechanics, 21, 1988 , 435-438. [2]田古里哲夫, 荒川忠一, 増永公明, 岡本恒, 水泳における人体まわりの水流および水着の影響の実験的研究, デサントスポーツ科学,5, 1984 ,173-184. [3]田古里哲夫, 荒川忠一, 増永公明, 岡本恒, 水泳における人体姿勢と水着に関する流体力学的研究", デサントスポーツ科学,6, 1985 ,185-230. [4]富樫泰一, 野村武男, 藤本昌則, 競泳用水着に関する研究, デサントスポーツ科学, 10, 1989 , 75-82. [5]清水幸丸, 鈴木利明, 鈴木邦仁, 清川寛"競泳用水着の抵抗測定に関する研究(人体模型および水着の流体抵抗), 日本機械学会論文集(B編),63 616 , 1997 , 3921-3927. [6] 水すまし, NIKKEI MECHANICAL, 485, 1996 , 24-27. [7]清水幸丸,鈴木利明,松崎 健,森健次郎,競泳用水着に関する研究 境界層制御による水着抵抗の削減について ,日本機械学会論文集(B編),64 625 , 1998 ,2844-2851. [8] Sanders, R. , Rushall, B. Tussaint, H. , Stager, J. and Takagi, H. iop. , Dawson, G. , Blansky, B. and Elliot, B. , Comparison of buoyancy, active drag and passive drag with full length and standard swimsuit, Proceedings of swimming sessions, XIX International Symposium on Biomechanics in Sports, University of San Francisco, 2001 , 105-108. [10]Toussaint H. , The Fast-Skin"Body Suit: Hip, hype, but does it reduce drag during front crawl swimming? education. html [11] Toussaint, H. , Truijents, M. , Elzinga, M. , Ven, A. de, Best, H. de, Snabel, B. , Groot, G. de, Effect of a Fast-skinTM 'Body' Suit on drag during front crawl swimming, Sports Biomechanics, 1 1 , 2002 , 1-10.

次の