喪中 の 人 に 良い お 年 を。 喪中の年末年始の過ごし方・やるべきことと控えること

喪中の挨拶のマナー・文例・メールの送り方・はがきの書き方

喪中 の 人 に 良い お 年 を

サクっと読む 目次• 喪中の年末挨拶で良いお年は失礼? 仏教では49日、神道では50日が忌明けとされます。 対外的にはあらかじめ喪中である事をはがきで知らせておき、年賀状を出さない、年始の挨拶は行かないなどお祝いすることを慎むのが一般的です。 よく年末にかわす挨拶に「良いお年を」というフレーズがありますね。 「良いお年をお迎えください」を略した言葉ですが・・・ 喪中の場合、この言葉を使っても良いものなのでしょうか。 つい口を突いて出てしまって相手に失礼になってしまったら大変です。 気になるところですが、「良いお年を」という挨拶は使っても失礼にはなりません。 失礼にならない理由 喪中の年末挨拶で「良いお年を」が失礼にならない理由として 「良い」という言葉はお祝いの言葉とは違いますから、自分が喪中でも相手が喪中でも、使って大丈夫な言葉です。 「良いお年を」は、過去を振り返ることではなく、忙しい年末を無事過ごし、来年が良い年になりますようにという願いが込められた言葉。 喪中の、お祝い事を慎むことと、「良いお年を」(良い年になりますように)は、別の考え方になります。 喪中はがきにも、「良いお年をお迎えください」とか「皆様にとって良いお年でありますように」などの文面は良く使われますね。 それでも、年配の人にはちょっと気になるという人は、「来年もよろしくお願いします」などの言葉を使ってみて下さい。 ですが、忌中の人には、「良いお年を」は、避けたほうがいいです。 喪中との違いについてはこちらを参考にして下さい。 スポンサーリンク 喪中の年明け挨拶 では新しい年が明けた時、「あけましておめでとうございます」の代わりには何と言えばよいのでしょうか。 喪中の時は、いつも通り「おはようございます」とか「こんにちは」などの後に、「今年もよろしくお願いします」と加えて新年の挨拶にします。 「おはようございます、今年もよろしくお願いします」と言った具合です。 喪中年明けメールのマナー では、メールの場合のマナーはどうでしょう。 最近は年賀状を出さずにメールで新年の挨拶をする人も増えています。 年末に喪中である事を知らせていなかった人から年賀メールが届いてしまった場合どうすれば良いのでしょうか。 そんな時は、喪中のお知らせをしなかった事をお詫びし、年賀メールに丁寧にお礼をします。 ご連絡せず申し訳ございません。 」 とお詫びをし、「良い年をお迎えの事とお喜び申し上げます」とした上で、「今年もよろしくお願いします」と言った内容の寒中見舞いメールを送るといいですよ。 喪中のお知らせのメール ところで、喪中のお知らせもメールで大丈夫なのでしょうか。 本来ならばはがきでお知らせするのがマナーなのですが、最近はそんなにうるさくなくなりました。 許容範囲が広くなってきたのですね。 SNSが浸透する中、便利な物として捉える人が増えているからというのがその理由なではないでしょうか。 しかし年配の方や年上の方などには、やはり失礼のないようにはがきでお知らせするのが一般的です。 本来喪中のお知らせは、「身内に不幸があった為に新年を祝う気持ちになれないので、新年のご挨拶を遠慮させていただきます」という意味を持っています。 喪中なので年賀状を送らないで欲しいという意味ではありません。 ですからメールを送った相手にその気持ちがしっかりと伝わるように「年賀欠礼のお知らせ」などという件名をつけるとよいでしょう。 何月に誰が他界(自分との続柄も)したかを明記し、「新年の挨拶をご遠慮させていただきます」と添えます。 そして今年1年の感謝と来年もお願い致しますという文面と共に、「良いお年をお迎えください」という一言も忘れないようにして下さい。 喪中の年末年始で控える事は? 年末年始は周囲も何となくおめでたいムードで、喪中の身としてはどう過ごしたら良いのか迷ってしまいます。 そこで、一つずつ考えていこうと思います。 忘年会はおめでたい席ではなく一年間の締めくくりとなる会ですから、出席しても何も問題はありません。 付き合いなどで出席しなければいけない場合も多々あるでしょう。 自己判断で良いと思います。 そうは言ってもお正月ですから、おせち料理も食べたいですね。 白だけのかまぼこにしたり、大根だけのなますにする等、ちょっと工夫してみてはいかがでしょうか。

次の

喪中の人に新年の挨拶・年末の挨拶はダメ?どんな言葉ならOK?

喪中 の 人 に 良い お 年 を

喪中期間には神社に行ってはいけないと言われていますが、実は喪中でも神社に参拝しても構わないというのをご存知でしょうか。 ここでは、まず喪中というものがどういうものか詳しくご説明します。 喪中とは 喪中とは、近親者が亡くなった場合に、一定の期間死を悼み身を慎むことを「忌服(きふく)」や「服喪(ふくも)」と言います。 忌服期間中は故人の冥福を祈り、晴れがましいことや派手な行動は慎みます。 なお年始の祝いである門や玄関のしめ縄や門松などの正月飾り、鏡餅などの飾りつけや正月料理、またお屠蘇でのお祝いなどは行わないとともに、年始まわりや神社仏閣への初詣も控えるのが一般的とされています。 喪中とは故人の冥福を祈りながら慎ましく生活をし、遺族が悲しみを乗り越えて社会復帰するための期間とし、現在では故人の死後一年間を喪中としています。 忌中との違い 喪中と同時に忌中という言葉を聞いた事がないでしょうか。 残された遺族が喪に服す間の事を服喪期間と言いますが、この服喪期間は「忌中」と「喪中」の2つに大きく分けられます。 「忌中」の「忌」は神道の「亡くなった人の親族は気が枯れている=けがれ=穢れ」との考えにより「生気が枯れて生命力が失われた状態」である事を指し、生きる力もなくなり悲しむことを「穢れ」としています。 そのことから、この期間は仕事などの外出を控え、世間に対して諸事を慎み、穢れを祝いの場へ持ち込まず、殺生をしてはいけないとされています。 また遺族の悲しみや不安、沈んだ気持ちは周囲に伝染するものとされ、神様や周囲の人に影響を与えないよう、忌中には外部との接触を避けるために行動を慎まねばならないという制限が設けられたともあります。 仏式では49日、神式では50日までとされており、これらの忌明けまでの期間を忌中と言います。 忌中・喪中期間の目安 この喪中と忌中の期間については、既に撤廃されてはいますが、明治7年に発布された忌日数と服喪日数が定められた制度が現在でも目安とされています。 忌中期間は鳥居をくぐってはいけませんが、忌明け後の喪中期間であれば神社に行っても大丈夫なように、当然鳥居をくぐっても大丈夫です。 「鳥居をくぐってはいけない=神社の境内に入ってはいけない」という事を指します。 文字どおり鳥居をくぐらなければいいだろうというのは屁理屈であり、鳥居をくぐらないよう神社の脇や裏から入ればいいということではありません。 神域である神社の境内に穢れを持ち込まないことを意味しているので、脇から入ればいいという考えは間違っています。 なお鳥居とは、神様の領域に出入りするための入り口を示す一種の「門」であることから、鳥居をくぐらずに神社に入るということは、神さまに対して大変失礼な行いにあたります。 そのため、喪に服している期間は故人の冥福を祈り、派手な行動や晴れやかなことは慎むことが一般的な喪中の定義です。 そのため、この期間内に結婚式などのおめでたいことは控えることが一般的です。 とは言え、祝い事などを派手に祝う事を慎むことであって、遺族は一切楽しんではいけないという事ではありません。 神社への参拝 神社は死を穢れと考え、神社の本殿に参拝することはもちろんのこと、鳥居をくぐってもいけないと言われています。 穢れは伝染すると考えられており、神様の領域である神社への立ち入りは神域に穢れを持ち込むこととされるため、禁じられています。 神式の場合、五十日祭をもって忌明けとなります。 その当日または翌日に葬儀の際に神棚封じで貼った白い紙を取り除くため、「清め祓いの儀」を執り行い通常の生活に戻ります。 そのため、忌明けをした後であれば喪中期間であっても、神社への参拝をしても構いません。 ただし、世間体や地域の風習、年配の人たちの考え方にもよるので、それらに合わせた方が安心でしょう。 なお、忌中期間であってもお参りをしたいとの事であれば、お寺に参拝してみてはいかがでしょうか。 お寺への参拝 一方、「死=穢れ」とする考え方は神道の考え方で、仏教では死を穢れとは考えていません。 そのため、四十九日前の「忌中」であっても神社のように立ち入りを禁じておらず、宗派などは関係なくお寺に詣でることは問題ないとされています。 実際に、仏式では葬式や法要などはお寺で行うので、忌中でも喪中でも関係なく参拝しても大丈夫です。 亡くなった故人に祈りを捧げたり、家族の健康や日頃の感謝を示すためにも、お寺に参り手を合わせるとよいでしょう。 喪中のときの神社に初詣に行っても良いのか 結論から言うと、「喪中」はお参りをしても大丈夫です。 神式では50日の法要を過ぎていれば忌明けになるので、神社へ初詣に行っても構いません。 また、忌明けをしていれば神社への参拝や神事、慶事などへの参加も差し支えありません。 とはいえ、喪中期間は祝い事などを慎むということから、喪中でも参拝してはいけないという考えが一般に浸透しているようですが、最終的には自分の意志でどうするかを判断しても構いません。 なお、年明け三が日に参詣するのが一般的とされますが、新年を迎えて初めての参詣であれば、2月であろうと3月であろうとその時が「初詣」になります。 また、喪中期間内のさらに忌中期間の際、どうしても初詣に行きたいという場合は、「穢れ」という考えのないお寺にお参りに行くことをおすすめします。 お寺に初詣 お宮参りは、その土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、すこやかな成長を願う意味のある行事の事です。 産土参り(うぶすなまいり)や初宮詣とも呼ばれており、本来は氏神神社に初めて詣でることを言います。 地方によっては時期はさまざまですが、一般的には男の子は生後31~32日目、女の子は生後32~33日目が良いとされています。 とはいえ、実際には生後30日前後で母親や子供の体調が良く、天候のいい日に実行すれば良いとされています。 またお宮参りは、母親がまだ産後の忌明けが済んでいないとの考えに基づき、本来は「お宮参りは母方がお膳立てをし、父方が参加するもの」という風習がありました。 ところが現在では、母親の産後の忌が明けるのを待ち、両親と両祖父母で参加するのが一般的となりました。 喪中のお宮参りはどうしたらよいのか 不幸があった日から50日以降であれば、神社にお参りしても構わないと言う神主さんもいるように、忌中期間を過ぎていれば喪中であっても神社に詣でることができます。 忌明けした50日以降であれば喪中であってもお参りをしてもよいとはいえ、喪中のお参りの考え方が地方や家庭によっても違うので、その家族の考え次第でお宮参りをするかしないかを判断するべきでしょう。 とはいえ、産まれてきてくれた赤ちゃんの大切なお祝い事です。 ささやかにお祝いする分には問題はないので、神様へ感謝の気持ちと赤ちゃんの健康と加護をお祈りするためにも、神社にお参りするとよいでしょう。 喪中の七五三はどうなのか 皆さんもお祝い詣でをした事がある「七五三」もまた、子供のために神社にお参りする大切な行事のひとつです。 続いては七五三という行事について、また喪中期間中のお参りのルールについてご説明します。 七五三とは 日本では古くから子供は神様からの授かりもので、大切な存在と考えられていました。 このことから、節目の年齢である7歳・5歳・3歳の子供の健やかな成長を祝い、今後のさらなる成長を祈願するのが七五三詣です。 3歳:「髪置(かみおき)」といい、今まで剃っていた髪を伸ばし始める儀式で、男女共のお祝いになります。 5歳:「袴着(はかまぎ)」といい、初めて袴をつける儀式で、男の子のお祝いです。 7歳:「帯解(おびとき)」といい、着物の付紐を取り去り帯に変える儀式で、女の子のお祝いです。 本来はお正月に一つ歳を取る「数え年」で行うのが習わしですが、現代では誕生日を迎えて一つ歳を取る「満年齢」で行う割合が高くなっています。 また、本来は七五三詣は11月15日と定められていましたが、現在では10月~12月の週末に行われるようになりました。 喪中に七五三のお祝いをしてもよいのか 日本では忌中や喪中にお祝い事を避け、静かに故人の冥福を祈る期間として設けられています。 そのため、「お祝い事」を避けるという事で七五三も取りやめた方がよいのかと考えてしまいがちですが、子供の成長や健康を祈る儀式であり、子供の事を考えたとても大切な行事でもあります。 一生に一度の子供のための儀式なので、現在ではお宮参り同様ささやかならば祝ってもよいのではないか、という風潮が強まっています。 七五三詣に該当する子供に、きれいな着物などを着せて写真を撮るなど、ささやかなお祝いならば構わないという考え方も増えてきました。 ただし、忌中期間は神社への参拝は避け、忌明け後に行うようにすればよいでしょう。 喪中だからと子供のお祝いを禁じてしまうのではなく、生きている身内や親せき、またご先祖様も一緒に祝福してくれる良き日としてはいかがでしょうか。 喪中のときの神社でお守りを買っても良いのか 喪中期間に神社にお参りすることについてご説明しましたが、ここでは神社につきもののお守りや御札の購入についても触れておきましょう。 喪中期間にお守りなどをいただくことやお返しすることなど、細かい事ではありますがご説明します。 お守り 喪中であっても、忌が明けているのならば神社への初詣も大丈夫であるとすでに説明したとおりです。 そのため、忌が明けているのであればお守りを購入したり、返納することも問題なく行えます。 喪中であり、さらに忌中である場合は神社へ行くことができないので、お守りを自分自身で直接買ったり返納したりすることはできません。 それでも受験のお守りが欲しいなど、どうしてもお守りが欲しいという場合には、初詣に行く友人などに頼むと良いでしょう。 ただし、神社としては自分の手で直接手に入れることを推奨しているので、やはり忌明けに行くのが良いのではないでしょうか。 そんなに急ぐ必要がないという場合には、忌が明けてから神社に直接赴き、お守りを購入することをおすすめします。 また有名な神社であれば、郵送でお守りなどを送ってもらうという方法があります。 webから申込みができるので、一度確認してみるのもよいでしょう。 また御札の返納も同様の考えです。 ただし、お寺でいただいたものはお寺に、神社でいただいたものは神社にお返しするというルールは必ず守りましょう。 ただし小さな神社などでは、お正月の期間しかお守りや御札を置いていないというところもあります。 その場合は、地元の大きい神社に行くとよいでしょう。 また八幡神社や稲荷神社など祀る神によって系統があるため、御札もだいたい似たようなものになります。 御札などにこだわりがあれば、同じ系統の神社に行くとよいでしょう。 また忌明け後の喪中期間であればお炊き上げも大丈夫です。 やはり忌中期間が過ぎていない場合は神社に詣でることはできませんので、忌中ではない親族や友人にお願いして納めるか、郵送するという方法も可能です。 神社に問い合わせて確認してみましょう。 喪中の時の神社仏閣での厄除け・厄払いはできるのか 通常のお参りや初詣、お守りをいただくなどのご説明をしてきましたが、それらの他にも皆さんが気になるのは『厄』についてではないでしょうか。 喪中とはいえども人には厄年があり、その年に該当する人にとっては、厄除けなどしておかないと不安になるでしょう。 この項目では、喪中期間中の厄除けなどについてご説明します。 厄祓い 初詣や参拝などは忌明けならば大丈夫と説明しましたが、厄年で厄が気になる場合、厄払いができないと不安になる人もいることでしょう。 厄年は日本では厄災が多く降りかかるとされる年齢の事で、由来や根拠は不確かではありますが、人々に古くから信じられている風習です。 厄払いは神社にて災厄をもたらす禍の元を体から払い除くため、身を清めたりお祓いを受けたりすることです。 通常は年始から節分までの間にお祓いをしてもらいます。 喪中期間のさらに忌中期間の場合、節分までの間にお祓いをしてもらえば大丈夫なので、忌明けに神社に行くようにしましょう。 ただし神社によっては節分までと受付期間を設けている場合もあるので、忌明けが間に合わないなどの場合には、お祓いをしたい神社にいつまで受け付けてもらえるかを相談するとよいでしょう。 厄除け.

次の

喪中時の年始は初詣もOK?神社とお寺によって異なる考え [通夜・葬式・火葬の手順] All About

喪中 の 人 に 良い お 年 を

一般的な忌服期間。 49日までを忌中。 喪中は故人との関係性にもよるがおよそ1年間。 近親者が亡くなると、「 喪 もに服する」というように、一般に身を慎む期間に入ります。 この期間を「 忌服 きぶく」や「 服喪 ふくも」と言います。 忌服の 「 忌」は忌中を、 「 服」は喪中をそれぞれ指しています。 忌中 忌中は故人のために祈りを捧げる期間で、神道などではこの間は死の穢れが身についていると考えられ、かつては外部との接触を避けていました。 忌中の期間は 一般的には四十九日法要までです。 仏教における死者への追悼は中陰法要にあたり、四十九日法要を持って「 忌明け」となります。 神道では故人との関係で忌中の長さが違い、最大50日です。 喪中 喪中は、故人を偲ぶ期間で、この期間中は慶事を執り行ったり参加したりすることを控えます。 喪中の期間は故人との関係、付き合いの度合いによっても変わりますが、一般的には一年間です。 目安としては 「一周忌」法要をもって喪明けと考えてよいでしょう。 元は服忌令という法令で喪中の期間は最長13ヶ月とされていました。 これは亡くなった月も含める数え月です。 喪中期間の目安 一般的な喪中の範囲と期間 喪中期間は故人との関係性により喪に服する人の範囲が決まり、一般的には二親等までと考えると良いでしょう。 一般的には下記のような期間で喪に服します。 この世代のカウントの際は 配偶者はペアで考えるので、配偶者の両親も一親等となります。 また、おじやおば、おいやめいなどは三親等となるので、必ずしも喪に服す必要もありません。 この図で言うと、亡くなった本人=故人とすると、オレンジが一親等の範囲となり、喪中も一般的には 1年間となります。 上記はあくまでも一般的な数字で、実際には 故人との付き合いの度合いによっても変わります。 例えば、別居している祖父母が亡くなった場合は喪中としないなど、同居を一つの尺度として重視する人も増えてきています。 喪中の範囲や期間は正確には決まっていない もちろん、これらはあくまでもひとつも目安にすぎず、家や地域の慣習、故人との親密さによっても異なります。 押さえておくべきポイントはこの 喪中の範囲や期間というのは明確に定められているわけではないということです。 かつては 服忌令という服喪期間を定めた法律があり、現在の喪中の期間も基本的には服忌令に基づいたものとなっています。 一方で、夫が死んだとき妻は1年間の喪に服すのに対し、妻が死んだとき夫の服喪期間は3ヶ月であることや、妻の両親が亡くなったときは夫は喪に服す必要がないなど、非常に家制度的なものでした。 現在はあくまでも一般的な喪中の期間ということで服忌令に近い期間が慣習として残っていますが、同居していたり家族同然の付き合いをしている人も喪に服したりなど、あくまでも人が故人を偲ぶ期間なので 最終的に喪中かどうかは本人が決めることでもあります。 服忌令 服忌令 ぶっきりょうは江戸時代に公布され、以後昭和22年に廃止されるまで機能していた服喪期間を定めた法令です。 廃止された現在でも喪中期間の目安として参照されることが多いものの、夫は父母と同等の喪中期間なのに対し、妻は兄弟姉妹祖父母と同等の期間であるなど、家制度的な考えに基づいています。 服喪期間に気をつけるもの かつては殺生を禁じたり、酒肉を断ったりしていましたが、現在ではそこまで厳しく身を慎むことはほとんどありません。 忌中においては特に神社への参拝を控え、喪中は 祝い事や 遊興を控えるというのが原則です。 また、最近では喪中期間であっても、延期や中止が難しいものであれば忌明け以降に行うことも多いです。 喪中の正月 喪中はがきを出す 喪中は新年のあいさつを控えることを詫びる 年賀欠礼状 喪中はがき を出します。 後述 原則、新年のお祝い 年賀 に関するものは控える 喪中は最長1年なので、お正月を迎えることも多いです。 正月飾りや鏡餅、お 屠蘇 とそなどの 新年を祝う意味合いのものは控えるようにします。 お年玉、おせち料理などは状況を見て おせち料理や子供にあげるお年玉なども年賀に関するものなので、本来であれば控えます。 しかし、子供にとっては楽しい行事の一つです。 新年のお祝いではなく普通の料理として出したり、「書籍代」など別の名目でお金を渡すようにするのも手です。 初詣 初詣は喪中は控えた方が良いと思われがちですが、正確には神社への参拝を控えるのは 忌中です。 神道では忌中は最長でも50日間で、それ以後は 穢 けがれが晴れているという考えなので参拝は問題ありません。 仏教には本来「穢れ」の概念はないので、忌中に迎えた正月に初詣をしたい場合はお寺にお参りするのも良いかもしれません。 また、神社もお清めの儀式などを行うことで参拝が許可されることもあります。 どうしても神社に参拝したい場合は相談してみましょう。 喪中の正月に気をつけるべきことを詳細に知りたい方はこちらの記事をお読みください。 喪中のお中元・お歳暮 基本的には問題ない お盆の時期に贈る「お中元」や年末に贈る「お歳暮」は基本的には 喪中に贈ること・受け取ることは問題ありません。 これは、お中元やお歳暮が日頃の感謝を込めて贈るものであって、 何かをお祝いするものではないからです。 香典返しとかぶらないように注意 一つだけ注意が必要なのが、香典返しを贈る時期とかぶっていた場合です。 お中元やお歳暮は忌中・喪中などの服喪期間とは関係がありませんが、受け取る側の混乱を避けるためにも 忌明けに香典返しを贈り、あらためてお中元やお歳暮を贈るようにするのもよいでしょう。 その際、紅白の水引は避けた方が良いでしょう。 喪中の暑中見舞い・残暑見舞い 暑中見舞い・残暑見舞いも相手の体調を気遣うものであって祝い事ではないので、 服喪期間であっても問題ありません。 喪中の結婚式 結婚式への参列 結婚式への参列は一般的には控えます。 友人や会社関係でどうしても出席する場合は喪中であることをあえて伝える必要はありません。 結婚式を行う場合 身内が結婚を控えている場合は、 一般的には喪中の結婚式は避けたほうが良いとされています。 最近では 四十九日の忌明け以降であれば、結婚式を通常どおり開くという流れもあります。 これは、式を延期したり中止したりすると、会場やホテルのキャンセルや出席者の都合を合わせてもらうなど影響が大きいため、式を通常通り執り行う選択を取る人が増えてきているためです。 喪中の旅行 「遊興を控える」という考えから、喪中の旅行は避けた方が良いとされています。 ただし、旅行も忌明けを目処に通常どおり行うことも多いです。 喪中はがき 喪中で最も悩むのが年賀状です。 喪中に新年を迎える場合は、年賀欠礼状 喪中はがき を出して喪中で新年の挨拶を控えるお詫びを伝えなければなりません。 喪中はがきを出す相手 喪中の範囲は基本的には喪中の範囲と同じく二親等までです。 また、 喪中はプライベートな事柄なので、公の関係にあたる 会社や取引先の人などには通常通り年賀状を送っても構わないとされています。 喪中はがきを出す時期 喪中はがきは「 新年の挨拶を控える」ことを伝えるものですので、 11月中か遅くとも12月初旬までには届くようにしておきます。 相手が喪中と知らずに年賀状を出すこともあるので、先方が年賀状の用意を始めるよりも早めに届くようにすることがポイントです。 喪中はがきの内容 文章・例文 喪中はがきの文章は主に• 喪中で新年の挨拶を控えることのお詫び• 身内が亡くなったことの報告• 今年中 年越し前に届ける の厚誼への感謝 などを加えるようにします。 また、喪中はがきを受け取った相手は年賀状を出さないことがマナーですが、 相手に例年通り普通に年賀状を出してもらいたい場合は次のような文章を加えます。 【文例】 皆様からの年賀状は励みにもなりますので、どうぞ例年通りお送りくださいませ。 【文例その2】 年賀状の無いお正月はさみしいものです。 皆様からの年賀状は、いつものようにお待ちいたします。 最近はカラーでもOK 黒一色のイメージのある喪中はがきですが、最近では花の挿絵などが入ったものなど、カラーのものも増えてきています。 句読点を入れる文章も 儀礼文書の意味合いが強い場合は句読点を書かないのが作法ですが、親しい人に自分の言葉で送る場合は伝えやすいように句読点を書くことも増えてきています。 喪中はがきについてさらに詳細に知りたい方はこちらの記事をお読みください。 喪中についてさらに学んでみよう!.

次の