ゲイ 出会い アプリ。 2017年版!王道ゲイアプリ13選+ゲイサイト3選!入れてない人は出会い損かも!

‎「AMBIRD(アンバード)ゲイ向けマッチングアプリ」をApp Storeで

ゲイ 出会い アプリ

ハッテン場で出会う 10万人規模の町や市であれば、必ずハッテン場と言われるゲイ同士が集まる場所があるはずです。 例えば神奈川県ですと無料なら「山下公園」有料であれば「blazer(ブレイザー)」が有名どころです。 秋田県ですと「本荘公園」が有名ですよね。 もっと狭い地域を例に挙げてみましょうか。 北海道の釧路市という、人口17万人くらいのかつて炭鉱業と漁業で栄えた町があります。 この町のハッテン場は「旧科学館の駐車場」「鶴野パーキング」といった車で行ける場所にあります。 北海道は車社会なので、ハッテン場も車が必須になってくるんでしょうね。 このように、ハッテン場はあなたの住んでいる町にも必ずあると思います。 しかし、ハッテン場の情報を得ることは中々難しいかもしれません。 有料のハッテン場であれば、ツイッターやネット検索などで情報を得ることはできるかもしれません。 でも、無料のハッテン場の情報を探すのは少し難しいでしょう。 しかも、有料無料どちらにもリスクがあります。 それは身バレと犯罪に巻き込まれるリスクです。 それに加えて有料のハッテン場ですと、いわゆるヌシのような場を仕切る常連が必ずいます。 ヌシの顔色を伺いながら利用するなんて凄く嫌ですよね。 このように実生活でゲイを探すとなると、色々な障害を越えなければいけません。 他にも実生活でゲイと出会う方法はあることはあります。 しかし、いずれの方法もよくない出会い方なんです。 例えば職場や趣味の輪を通じて出会う方法もあると言えばある方法です。 でも、もし付き合って別れることになれば、その後の生活に大きな支障をきたしますよね。 それに、ゲイに寛容になった社会と言われるようになっても、まだまだマイノリティーな世界という現実は否めません。 告白したとして、もし相手の男性がノンケだとしたらどうしますか? 信用や築き上げてきた生活や信用を崩しかねないですよね。 ゲイの出会いは色々なことを想定しなければなりません。 ネットの情報を見てみると、「ゲイサークルで出会う」「ゲイ雑誌で出会う」という方法を目にしました。 これは嘘の情報です。 ゲイサークルで色恋沙汰を起こしてしまえば、途端に村八分にされます。 ゲイという人種は、女の嫌な面と男の嫌な面の両面を持つ人間です。 このことを考えれば、何を言いたいのかわかりますよね。 女は群がるのが好きで同調圧力に弱い。 男はやきもち焼きで嫉妬深い。 ゲイサークルはとても楽しいですが、絶対に色恋をしてはいけません。 雑誌で出会うなんて、何十年前の話でしょうか。 そもそも今のゲイ雑誌に交流掲示板はありません。 時代遅れの情報なので、間違わないようにしてください。 ちなみにゲイ雑誌は今でも発行していますよ。 最近はInstagramの方の人気が高まりつつありますが、それは女性人気であってゲイ人気ではありません。 ゲイに人気のあるツールは、Twitterであることに間違いのない事実です。 Twitterにはハッシュタグ(#)という文化があります。 主に同じことを共有したいときに使う記号で、ハッシュタグをつけて自分の興味のある言葉を付けるんです。 ゲイに人気のあるハッシュタグをいくつか紹介しますと「#ハッテン」「#ゲイと出会い」「#LGBT」「#gay」 も参考になるでしょう。 TwitterはInstagramとは違い、禁止ハッシュタグがありませんので、もっとエッチなハッシュタグを付けるゲイも沢山います。 このハッシュタグで検索するだけで出会いを求めている、または友達を探しているゲイの人とつながりを持つチャンスが出てきます。 そこから発展するかどうかは当事者同士の話し合いになりますけどね。 しかし、デメリットもあります。 それはやり取りを他人に見られてしまうこと。 鍵垢(非公開でツイートすること)にすれば、解消できる問題ではあります。 しかし、鍵垢にしてしまうと相手から不審に思われてしまいがちなので、そこの部分の兼ね合いがとても難しいんですよね。 Twitterは情報を探したり、共通の趣味の人と出会うには最高のツールですが、恋愛発展を目的としたツールではないことを覚えておきましょう。 何はともあれ利用者数が多いことがマッチドットコムの一番の魅力です。 利用者数が多いということは、チャンスも沢山あるということですからね。 それと、有料システムなので冷やかしやネカマが利用していないのも大きな魅力。 ゲイの出会いアプリの中には、完全無料を謳い文句にしているものがあります。 そのようなアプリって「どこから収入源があるのだろう」と思いますよね。 全ての出会いアプリがそうだとは言い切れませんが、利用したことがある人なら心当たりがあるのではないでしょうか。 先ほども言いましたが、マッチドットコムは、1995年からサービスを開始を開始している信頼と実績のある出会いアプリです。 そのような新参者の出会いアプリとは、一線も二線も画す出会いアプリです。 しかも、進化を止めていないことが凄い。 個人的に凄いと思っている機能が「人工知能で相手を見つけてくれる機能」です。 自分で探してしまうと、どうしてもルックス重視で選んでしまう節がありますよね。 そういう浅はかな選び方をした相手とは、大抵うまくいくことはありません。 しかし、この人工知能が紹介してくれた相手は、あなたに本当に合った相手なので、高確率でうまくいくことができますよ。 昔で言う「近所にいたお節介ババア」みたいな役目をしてくれるんです。 絶対に好みじゃないと思っても、いざ話してみると凄く気が合うという現象をマッチドットコムで体験することができます。 マッチドットコムは登録だけなら無料です。 フェイスブックと連動していないため身バレの心配も全くないでしょう。 試しに除いてみて良さそうだなと思ったら本格的に利用してみてください。 ちなみに、1ヶ月1,750円~とかなり良心的な料金設定となっております。

次の

AMBIRD(アンバード)って実際どうなの?新しいゲイ向け出会いアプリ使ってみた!(旧アンバー)

ゲイ 出会い アプリ

5 イベント 〇 4. 0 SNS 〇 3. 5 ハッテン場 〇 3. 0 ゲイにおすすめの出会い方法を表にまとめてみました。 最近はゲイ専門のマッチングアプリや出会い系サイトが出会いの中心になっています! 当サイトのおすすめ順に詳しく解説していきますね。 1位 ゲイ向けマッチングアプリ 最近はマッチングアプリを使って出会いを求める人が非常に増えているようです。 この項目ではゲイ向けのおすすめマッチングアプリを紹介していきます。 Bridge まず最初に紹介するのはBridge(ブリッジ)です。 日本の会社が運営していてインターネット異性紹介業もしっかりと届け出がされている 安全性の高いアプリです。 日本で唯一のゲイ専門の会員制出会い系としてサービスを開始して以来、会員数は右肩上がりに増加して今ではなんと 34,000人も会員がいるそうです! そんなBridgeの魅力を簡単に紹介します! 会員制だからこそ真剣な出会いが待っている 先程もお伝えしたようにBridgeは会員制の出会い系です。 入会するには身分証明書による年齢確認とプロフィールによる審査があります。 まぁ審査と言っても難しいものではなくあなたが 真剣に恋人を探しているということが伝われば問題なく入会できる簡単なものです。 メールアドレスやTwitterアカウントだけで利用できる出会い系ではサクラや業者が入ってくるので簡単な審査があるだけでも侵入を阻止することができます。 つまり入会している 会員は皆さん真剣に恋人を求めている人ばかりです! これほど真剣に出会いの場を提供しているゲイ専用のアプリはBridgeだけ! 真剣に恋人が欲しい人はBridgeがおすすめです! シンプルで使いやすい操作性と理想の相手が見つかるプロフィール 出会い系の操作って難しいの? と思う人もいるかもしれません。 しかしBridgeの操作はとても簡単! 次々と表示される プロフィール写真を見て気に入れば右にスワイプ、そうでなければ左にスワイプするだけです。 紹介される相手はあなたのプロフィールから合いそうな人をBridge独自のシステムによって表示してくれています。 使えば使うほどあなたのタイプを理解してくれるので理想的な相手をどんどん紹介してくれるようになりますよ! またBridgeではプロフィール欄が非常に充実しているので会ったことがない相手でもどんな人か想像しやすいというもの特徴的! 出会う前にお相手のことがよく分かれば実際に会うときにも安心して会うことができますね。 エロ目的や冷やかしのユーザーがいない Bridgeは月額料金の発生する 有料アプリです。 一ヶ月プランだと5,600円という料金が発生するので冷やかしやエロ目的だけの ユーザーはほとんどいないと言えるでしょう。 入会審査&有料制にすることで質の良い会員が集まり、結果として質の良い出会いが生まれるというわけです。 一日3人!毎月80人以上を紹介! Bridgeは毎日3人のお相手を紹介してくれます。 人によっては 3人って少なくない?と思う方もいるかもしれません。 これは実際に使ってみると分かるのですが3人でも充分に満足できます。 というのもBridgeでは真面目な恋人を探している会員が多いので3人紹介される中で1人くらいは連絡を取り合ってみたいと思う人がいます。 また自分からアプローチするだけでなく 相手からアプローチされることもあるのでむしろメッセージをする相手が増えすぎて困る時期があるほどです。 日本初のゲイ向け結婚相談所を運営 ちょっと話が外れますがBridgeは日本初の ゲイ向けの結婚相談所「BridgeLounge」(ブリッジラウンジ)を運営しています。 単にお金儲けのことだけを考えるのではなく、LGBTへの支援を本気で考えている会社だからこそできることだと思います。 ちなみにブリッジラウンジでは自分のプロフィールを入力するだけで 無料お相手診断をすることができます。 気になる方はぜひ、試してみて下さい。 MATCH(マッチ・ドットコム) MATCH(マッチ・ドットコム)は1995年にアメリカでサービスを開始した世界的な出会いサービスです。 知らない人も多いですがMATCHでは 「男男」「女女」の同性での出会いもできる仕組みとなっています。 日本よりもLGBTへの理解が進んだアメリカならではのサービスですね。 ただゲイ専用のサービスというわけではないので会員数は最初に紹介したBridgeの方が多いです。 訪日外国人の利用者も多いので外国人と出会いたい人にはおすすめです! AMBER AMBERでは従来のゲイ向け出会い系サイトにはなかった コミュニティ機能や プロフィールの共通点の多さなどが出会いのきっかけになる新感覚の出会い系サイトです。 やはり共通点が多ければ多いほど親近感も湧きますし、メッセージも盛り上がりやすくお付き合いに発展しやすいのでこの機能は嬉しいです。 他にもオンライン状況や自分の近くにいる人に絞って検索することもできます! 急に予定が空いてしまったので 一緒に食事に行ってくれる人を募集したりちょっと寂しいときに 話し相手になってくれる人を探すことができますよ! 運営している会社は上場企業ということで安全性も高く安心して使うことができます! 気になる方は無料でダウンロードできるのでぜひ、試してみてください。 9MONSTERS(ナインモンスターズ) ゲイ専用のマッチングアプリとしては国内でトップクラスの人気を誇るのが9MONSTERS(ナインモンスターズ)です。 日本生まれの出会い系で日本人のゲイと気軽に出会いたい人には特におすすめです! ナインモンスターズの特徴は ブリーディングシステムです。 ナインモンスターズの会員は外見の見た目によって「ワイルドベア」「マッスルウルフ」「チャビーピギー」などの9種類のモンスターに分類されます。 自分のタイプのモンスターをたくさんブリーディングしていくとAIが好みのタイプを学習していきおすすめの会員をどんどん紹介してくれるようになります。 他にもGPSを使って自分の近くにいるユーザーを表示してくれる ロケーション機能やすぐに会える人を表示してくれる ハウリング機能など出会いのチャンスを広げる機能がたくさんあるのも人気の秘密でしょう。 もちろん自宅にいるときはGPSをオフにしたりカモフラージュ機能で居場所を隠すことができます。 アクティブユーザーも多く無料でここまで出会えるアプリは使って損はないでしょう。 Tinder 日本でも使っている人をよく見かけるTinderも実は設定によって男性を探すことができます。 もともとはノンケ用のアプリというこでゲイ専門の出会い系と比べると出会いの確率は少ないように感じます。 ただMATCHと同じく海外の会員が多いので外国人と出会いたい人にはおすすめです。 Grindr グラインダー グラインダーはアメリカやヨーロッパで大人気のゲイ専用の出会いアプリです。 元祖ゲイアプリと言われるだけあって GPSで近くにいる人を探す機能やお互いが気に入ればメッセージができるようになる マッチング機能など出会いの機能は充分に揃っています。 また実際に使ってみると ガチムチ系の会員が多い印象でした。 体を鍛えている人や髭を生やした人のプロフィール写真が多かったのでそっち系が好きな方にもおすすめですよ! HORNET HORNETのプロフィールではInstagramのようにハッシュタグ(#)で自分の趣味などを入力することができます。 #Musicや#Movieが人気のあるタグのようです。 他にも#Tokyoや#Japanのように住んでいる場所を設定することで出会いのチャンスを広げることができますよ! Surge Surgeは様々なタイプのゲイと出会うことができる出会い系です。 あなたが熊系、カッコカワイイ系、体育会系、ショー・クイーン系でも出会うチャンスはたくさんありますよ。 Blued 中国初のゲイ専用のマッチングアプリとして今、注目なのがBluedです。 他のアプリとの一番の違いはYouTubeやニコニコ動画のように ライブ動画を配信できる点です。 ただし 日本人がまだまだ少ない点が残念です。 今後に期待の出会い系ですね。 GMPD専におススメな「SCRUFF」 SCRUFFはゲイ専用のアプリの中でも更に珍しい ベア系専門のアプリです。 最近ではカワウソ系という「毛深い細マッチョ」タイプにも対応したということですよ! こちらも残念ながら日本人会員はまだまだ少ないです… 2位 出会い系 日本の大手出会い系サイトでは 「男性同士」の出会いをサポートしているものがあります。 マッチングアプリよりもセフレや体の関係を求める人が多く利用しているのも特徴的です。 ワクワクメール あまり知られていませんが国内最大級のワクワクメールはゲイの世界でも知る人ぞ知る出会い系として有名です。 なぜ、そんなに有名なのかと言うと• ゲイの会員数が多い• ゲイ専門の掲示板が常設されている という2点です。 特に セフレや体の関係を求める大人の掲示場が活発なのでそっち目的の方には特におすすめですよ! もう一つのおすすめポイントは 料金がポイント制という点です。 ワクワクメールでは初回登録時に1,200円分のポイントが貰える他、定期的にポイントを配ったりサイト内のゲームをクリアするごとにポイントが貰えます! このようなポイントをうまく利用すれば 完全無料で出会えることも可能です! ワクワクメールは男性有料なのでポイントの消費を少なくするためにすぐにLINEや直メに移行する人が多いですからね。 料金を抑えつつ遊びの出会いを求める人にはワクワクメールが最もおすすめです! X105 X105は元々、掲示板サイトだったものがゲイ専用の出会い系サイトに進化したものです。 アプリではありませんがGPSを利用した位置サービスなどもちゃんと使うことができますよ! X105の特徴はなんと言っても ムラムラモードという独自の機能でしょう。 このモードは「今すぐヤリたい!」「ムラムラしている」という気分を表示することで同じ気分の人を見つけやすくする機能です。 気分だけでなく「どういうことをしたいか」と言った具体的な内容も書くことができます。 まさに今すぐヤリたい!という人にはおすすめの出会い系と言えるでしょう。 おまけ:ゲイのマッチングアプリや出会い系は無料で使えるものが多い ゲイ向けのマッチングアプリや出会い系は無料で使えるものが多いので初めてアプリを使う人は無料のものから使ってみても良いかもしれません。 内容は千差万別でトークだけのものもあれば、ゲームをしたり音楽を楽しんだりするものまで様々です。 マッチングアプリや出会い系と違って いきなり会えるところが最大のメリットと言えますね。 とはいえゲイのイベントはまだまだ数が少なく都市部でしか開催されない傾向があります。 地方の方ならマッチングアプリや出会い系を使った方が出会いのチャンスは多いでしょう。 レインボーフェスタ (画像引用:) レインボーフェスタ2020は2020年10月10日、11日に開催予定のセクシュアルマイノリティのお祭りです。 ステージイベントやパレード、ブースで情報発信や参加者同士の交流、ネットワークづくりのきっかけを提供してくれています。 4位 SNS TwitterやFacebookなどのSNSを使って出会いを見つける方法もあります。 うっかり未成年に手を出すと逮捕される可能性もあるので気を付けましょう。 5位 ハッテン場 ハッテン場とは男性同性愛者の出会いの場として古くから使われてきました。 公園のような公共の場を利用することもあれば有料の施設の場合もあります。 以前はゲイ同士の出会いと言えばハッテン場しかありませんでしたが最近はインターネットの普及に伴い以前ほどの賑わいは無くなりました。 またネットを通じての出会いがメインになっているので ハッテン場の高齢化も進んでいるようです。 corona-club. 老け専の方にはおすすめのスポットです。 6位 ゲイバー ゲイバーは昔から人気のある出会いのスポットです。 一口にゲイバーと言っても• ゲイがゲイを接客するゲイバー• ストレートの方を接客する観光ゲイバー• 誰でもOKなミックスバー• ショットバー など種類がたくさんあるので自分に合ったお店に行きましょう。 7位 掲示板 以前は賑わっていたゲイ向けの掲示板ですが最近はマッチングアプリや出会い系の台頭によって利用する人が少なくなってきました。 誰でも書き込める手軽さが最大のメリットですがその代わり冷やかしも多いので利用する際は気をつけましょう。 bakusai. com 地域別に特化したローカル掲示板サイトとして有名なbakusai. com(通称:爆サイ) こちらの掲示板サイトには 「同性愛」のカテゴリがあり、出会いを求めるゲイの書き込みが溢れています。 不特定多数が見れる掲示板なので会ってみるまで相手の顔が分からないというデメリットもあります。 地方住みでマッチングアプリや出会い系を使っても出会えなかった人にはおすすめです。 Cool Boys こちらは10代~20代限定のゲイ専用の掲示板です。 30代以上の方は関連サイトのCool Guys!を使いましょう。 掲示板を見ると分かりますがほとんどワンナイトな関係を求めている人ばかりです。 恋人を求めるゲイには不向きですが体の関係だけでいいならおすすめです。 おまけ ゲイ向けのビデオチャットアプリがリリース! ランキングの途中ですがゲイの方に人気急上昇中のアプリを紹介します。 Athlete(アスリート)はゲイ専用のビデオ通話アプリで全国のゲイの方と手軽に繋がることができます。 メールアドレスや電話番号などの個人情報を登録することなく登録している10万人のゲイと出会えるチャンスがありますよ! ゲイ向けの出会い系&掲示板を選ぶポイント 最近ではゲイ専用の出会い系や掲示板サイトを使った出会いがゲイの世界でも一般的になりました。 その分、サイトもアプリも種類がたくさんあって どれを使えばいいのか分からない…という悩みを持つ方も多いようです。 そんな人のために 後悔しないためのアプリ選びのポイントを紹介しようと思います。 自分にあったアプリを使って理想のお相手を見つけましょう! 目的に合った出会い系や掲示板を選ぶ 一口にゲイの出会いと言っても目的は人それぞれです。 恋人が欲しい人もいれば体の関係だけを求めて相手を探している人もいることでしょう。 そこで大切なのが 自分の目的に合わせたものを選ぶということです。 真剣に恋人を探している人が遊び相手を募集する出会い系を使っても良い成果は得られないでしょう。 そこでこの記事では 目的別におすすめの出会い系や掲示板サイトを紹介しています。 自分が求めている相手のタイプや目的をはっきりさせた上でアプリを利用すればきっと良い出会いが見つかるはずです。 安全性の高い優良な出会い系と掲示板を利用する インターネットを通じての出会いは簡単に会うことができる反面、トラブルに巻き込まれやすいというデメリットもあります。 そこで大切なのは 安全性の高い優良な出会い系を利用するということです。 安全性の高い優良な出会い系を見極めるポイントは• 日本製であること• 運営会社がはっきりしていること の2ポイントで判断することができます。 日本製のアプリやサイトは当然ながら 日本の法律によって運営されています。 日本の出会い系における法律は外国よりも厳しく• 警察署への届け出• 年齢確認の徹底 などをクリアしなければ運営できません。 外国製のアプリは日本の法律を守っていなくても本国の法律さえ守っていれば日本でも運営することができます。 当然ながら 日本製の出会い系の方が安全性は高くなります。 また 返金などのサポートも日本に本社のある会社の方がスムーズにしてくれます。 もちろん海外製であっても日本の子会社があるような大手なら安全性が高いので安心して利用することができます。 ここで紹介している出会い系やサイトは全て安全性が高く優良なものばかりです。 気になるものがあればぜひ、使ってみてください! ゲイの外国人と出会えるおすすめの方法 外人のゲイと出会いたい!という人にはマッチングアプリを使うことをおすすめします。 数あるマッチングアプリの中でも• 9MONSTERS• Grindr に2つは外国人のゲイが多いのでおすすめですよ! まとめ ゲイのおすすめの出会いを紹介していきました。 当サイトではマッチングアプリや出会い系を使った出会い方をおすすめしています。

次の

‎「Bridge(ブリッジ)

ゲイ 出会い アプリ

Contents• ゲイは大変なんです。 いきなりすみません。 をお読みいただきありがとうございます! 男女のいちゃいちゃカップルを街やカフェやいたるところで見かける度、「いいなぁ、堂々とラブラブオーラ出せて」と思います。 ゲイ同士でもしたらいいじゃんって?いいえ、いたしません。 爆 麗しいゲイは、これ見よがしにイチャイチャしないんです。 …でも、そうはいっても確実に肉食です。 爆 おしゃれな今風ゲイも、イカニモなゲイも、ノンケ風隠れゲイも、意識の高低に関係なく、みんな肉食なんです。 そんなご時世で、肉食ゲイの強い見方が、ゲイアプリです。 合コン?non,non 飲み屋?non,non,non スマホ世代はじめ、我らアラサー中年ゲイにも浸透したゲイアプリ市場。 どんな感じかまとめてみました! 9monsters(ナインモンスターズ) 平成にブレイクしたゲイアプリ 平成を駆け抜ける日本のゲイにとって強い見方だったゲイアプリ9monsters(ナインモンスターズ)。 新元号になってもやはりまずはオススメしたいアプリです。 通称『ナイモン』。 当サイトもナイモン内メディア欄で数年間掲載していただきました。 知る人ぞ知る情報。 こんな変化球なサイトをサポートしていただけるなんて…!その節は本当にありがとうございました。 国産ゲイアプリとして利用ユーザーが多いのはもちろん、9つのモンスターで表したキャラクター設定とレベルアップに見立てた人気度など、ちょこっとゲーミフィケーションの要素を取り入れたアプリとなっています。 …全主要機能を使う場合は1ヶ月500円以上の定期課金。 (令和元年 6月時点) そうなんです、有料機能増えちゃいましたね!笑 出会い系アプリはセキュリティや安全管理面、監視体制など気になるところで、ナイモンはその点Appleの規約によって柔軟に仕様改善を行っているようなので、App store公式ページ内に表示されているうちは安心できるかと思います。 カテゴリ: ソーシャルネットワーキング 現在の価格: 無料 「ストレートの男女用ですが、実はゲイも使える人気アプリ」 Tinder(ティンダー) ノンケ用appでも出会える! 海外では定番のマッチングアプリです。 左右のスワイプでのマッチング操作で、instagramと連携できる機能もあります。 ノンケ用のアプリですが、男性でも表示対象を「男性」に設定できるので、男性間の出会いも可能です。 僕も使っています。 外国人ユーザーが多いので、外国語が話せる方はこぞって利用しています。 笑 日本人男性とも割とサクサクとマッチングして楽しいです! ただしノンケの男性も多く、なかには儲かるうんぬんのビジネス勧誘を目的で利用しているユーザーも、他のゲイアプリと比べて多い印象です。 見極めながら利用しましょう。 汗 「海外産ゲイアプリ」 例えば旅行に行ったとして、現地で日本産アプリを開いても、地元の男性と出会える確率は国内に比べ一気に下がりますよね。 そんなときは下記を参考に、現地に見合ったアプリに予め登録しておきましょう!笑 Surge(サージ) 期待の注目ゲイアプリとして、主にアジア圏で人気のようです。 上の「Tinder」と同じく、YESかNOかでスワイプしていくマッチング操作で、instagramと連携できる機能があります。 機能面での特筆ポイントは、課金すればスワイプした履歴を振り返ってやり直せたり、自分のいまのステータスを表示することができる機能がある点です。 ステータスを表示とは、ナイモンでいうところの『ハウリング機能』に近いですね。 使いこなせば楽しいと感じれるアプリです。 Blued(ブルード) 上海、北京、香港といった中華圏でいまもっとも人気のゲイアプリです。 というより、日本ではinstagramの上記機能を駆使してゲイのコミュニティを構築していく手段が潮流だったりしますが。 あと、LINE風の共通絵文字トークも出来るのも珍しい機能です。 「Blued」は、アメリカに本拠を置く出会い系アプリ「Hornet」の株式を取得し、出会い系モデルから、ゲイコミュニティのためのデジタルホームにしたいという理念で世界シェア拡大を目指している模様です。 それにしても中国、なにかと「ピンク経済」が急発展していますね…! BRO(ブロ) アメリカの「BRO」はストレートの男性とゲイ、バイとの出会い・交流を目的としたソーシャルアプリです。 みたいな。 笑 願望込み 9monstersの「マッスルウルフ」、「クールモンキー」などのようなキャラ設定みたく、 アプリ内では、リーマン系なら「スーツBRO」であったり、シャイニーな感じなら「ファビュラスBRO」など、自身を表す属性で分類できます。 非アクティブゲイであることを、高らかに宣言します。 合間をみては更新する本ブログ型メディアCOMMON CROOV[コモクル]では、 自分史上特別なBLについての独り言と、ゲイライフをより豊かにしそうな価値ある情報をピックしていけたらと思っています:D 取材・制作のご依頼はお願いします。

次の