はたらく 細胞 nk 細胞。 NK細胞(ナチュラルキラー細胞)とは?活性化による免疫作用【まとめ】

【はたらく細胞】樹状細胞とサイトカイン、どんどん悪魔化していくこの男w

はたらく 細胞 nk 細胞

NK細胞とは!? アズレンの指揮官にお伝えしたい かわいい血小板ちゃんではたらく細胞盛り上がってますが、かっこいいアークロイヤル(NK細胞)もいるぞ!! — 山波つい tsuitate1572 NK細胞はリンパ球の一種です。 ナチュラルキラー細胞とも呼ばれています。 リンパ球では珍しく自らの意思で全身をパトロールすることが出来る自然免疫であり、癌細胞やウイルス感染細胞等を発見次第攻撃することができます。 初登場したがん細胞の回では、白血球(好中球)1146番やキラーT細胞(班長)でも気付くことが出来なかった、がん細胞の存在にいち早く気付くなど とても頭が切れる女性です。 しかし、精神状態で戦闘力が大きく左右されることがあり、がん細胞との戦闘時に敵を殺す為に自ら笑いを起こし活性化するシーンもある。 その為にB細胞が発射した攻撃をキラーT細胞(班長)にかかるようにするなど、からかっている。 笑いで活性か出来る面は戦闘時とても有利だが、精神的ストレスには弱く、ストレスを受けると攻撃力が大幅に減少してしまう。 メインで登場するNK細胞は、過去にゴスロリのファッションをしていた時代が存在し、樹状細胞のアルバム(サイトカイン)にはマクロファージと一緒にゴスロリファッションンで写っている写真が保管されており、黒歴史とされている。 アニメではがん細胞の回で登場する以前に、オープニングで腸炎ビブリオ菌と戦闘しているシーンが存在するが、腸炎ビブリオ菌が登場している食中毒の回ではNK細胞は登場していなかった。 また、作中メインで登場しているNK細胞は女性の細胞一人であるが、がん細胞が過去の回想をしているシーンでは、メインのNK細胞と類似の服装をした、NK細胞の仲間と思われる細胞が登場している。 戦闘力の高いキラーT細胞達にさえ「指示待ち細胞が」という悪態をつくだけあって、感染細胞を見つけ戦う際の攻撃力は非常に高いです。 一般細胞に扮していたがん細胞をいち早く見つけ対応するべく行動していのもNK細胞です。 また、再度がん細胞が復活した際にも誰よりも先にがん細胞を探す為行動を起こしていました。 この鋭さは白血球(好中球)1146番も認めており、乳酸菌を仲間の元へ送り届ける為に必死に隠していた一般細胞に対して「NKに感づかれるな!あいつはスルドイからな」と言われています。 NK細胞が活性化するには!? 証拠 笑 出典マンガ「はたらく細胞」 因みにNK細胞がぶった斬ってるのはガン細胞です 笑 — 忠君愛國七生報國 凛として愛 kuryuu5121 NK細胞は笑うことで活性化することが可能になります。 がん細胞と対峙した際には自ら笑いを起こす為に、キラーT細胞(班長)と共に協力して戦おうという雰囲気を出した後に、騙すような言葉を言いB細胞の免疫攻撃の軌道側にキラーT細胞(班長)を誘導してわざと攻撃を当てるなどして爆笑し活性化します。 キラーT細胞(班長)はとても怒っていたが、この笑いのお陰でがん細胞を追い込むことができます。 笑いの他にも、その他免疫系細胞にある樹状細胞のアルバム(サイトカイン)は同様に存在しており、インフルエンザウイルスとの戦闘中ストレスによる弱体化(スランプ)状態になっていたNK細胞は、アルバム(サイトカイン)の写真を見た瞬間に発狂しながら活性化。 この他にも泣きながらマクロファージに抱き着いている写真や、布のような物を頭に巻いた写真も存在しているようだが、その辺りの過去についての詳細は書かれていないため、現状不明です。 NK細胞の弱点 免疫力とストレスには深いつながりがあり、ストレスを受けるとリンパ球の働きが低下してしまう為、NK細胞の攻撃力が極端に弱まってしまいます。 この様子が確認出来るのがコミック22話のサイトカインの回です。 21話の抗原変異から何かを探し回っている様子で再登場しているが、小腸付近で確認されたインフルエンザウイルスと対峙した際に「アンタにかまってらんないのよ!」と投げた攻撃を簡単に止められてしまう。 その後、22話のサイトカインの回では、攻撃の通らないNK細胞を見たB細胞に「どうしたんスかNKさん!!俺と好中球さんはともかくNKさんは感染細胞殺しのプロでしょ!?」「全部よけられてるじゃないスか!!」と言われてるシーンがあります。 一般細胞扮するがん細胞に、様子のおかしい場所まで案内してもらう際にも、互いに「手が滑った」「足が滑った」「肘が滑った」などと言いながら攻撃を繰り返しています。 様子がおかしい場所を確認に行った際にも「あいつと一緒に行動する方がよっぽど不利になるってもんよ!相性ってヤツがあんだよ相性が!」とキラーT細胞(班長)に言われているなど、相性が良くない様子。 がん細胞が再登場する23話の悪玉菌の回でも、メモリーT細胞として登場したキラーT細胞を見かけるやいなや「あージャマ」と言うなどどちらが先頭を歩くかという些細なことでもめています。 NK細胞の主な活躍 ガン細胞 はたらく細胞のガン細胞編は死ぬほど感動できます 夜に見たら泣けます、たぶん — 光 HikarinGA NK細胞にはウイルス感染細胞を攻撃する役割もあるが、NK細胞の存在が一際目立ってくるのががん細胞の回です。 がん細胞の回だが、これまでにインフルエンザウイルスに感染した際、前線に出て戦っている白血球(好中球)やキラーT細胞、マクロファージ達とは異なり一切登場していなかったが、がん細胞の回になる途端メインに出てくるだけあり、対がん細胞戦ではとても活躍する細胞である。 赤芽球と骨髄球の回後半で、様子のおかしい感染細胞を誰が処理するか話している白血球(好中球)1146番とキラーT細胞(班長)の元へ登場するが、殺された後の細胞の処理を買って出たり様子のおかしい場所へは自分が行くというNK細胞は、既に様子のおかしい状況をがん細胞だと判断していた為である。 メインで登場してくるがん細胞へのトドメは1回目も2回目も、どちらも白血球(好中球)1146番に譲っているものの、NK細胞による早期の発見や、適切な対応があったからこそ、分裂や転移を最低限の状態に抑える事が出来ているのである。 まとめ 今回はNK細胞の役割について詳しくまとめました。 NK細胞は笑うと強くなったり、ストレスで弱体化するなど、とても繊細な細胞なことがわかりました。 普段の細菌との戦闘時には登場してこないが、自身が戦うべき相手が登場した際には誰よりも早く行動している、とても心強い存在であるといえますね。

次の

はたらく細胞第7話がん細胞について(続)

はたらく 細胞 nk 細胞

2018年7月から待望のアニメが始まった人気漫画「はたらく細胞」。 ヒトの体内に存在する何十兆もの細胞たちの日常を描いたという一風変わった作品です。 こちらの漫画の中では、細胞たちが日々、それぞれに課された役割をこなしていきます。 中には、赤血球のように全身に酸素や栄養素を運ぶ細胞もいれば、白血球のように体外から侵入してきた細菌やウイルスを排除する役割を持っている細胞もあります。 そんな「はたらく細胞」の見どころといえば、毎度のように体内で引き起きるトラブルですよね。 細菌の侵入はもちろんのこと、ケガや病気など様々ですが、そのたびに、体内の細胞たちが必死になって戦っています。 そこで気になるのが「はたらく細胞」に登場するキャラクターの中で、一番強いのは誰かということですよね。 今回は独断と偏見で「はたらく細胞」の強さランキングを発表したいと思います。 どのキャラクターが一番強いのか、気になるランキングを以下で明らかにしていきましょう。 「はたらく細胞」強さランキング 第10位 血小板 見た目は小学生の低学年ぐらいに見えるので、まったく強そうに見えません。 確かに、対細菌との戦闘では、実践に参加するわけではありませんし、戦っても強いわけではありません。 しかし、そんな血小板が第10位にランキングしたのには、血小板が持つ能力に理由があります。 血小板の主な役割としては、血管がすり傷などによって損傷した時に、集合して血栓を作ることで、傷口を塞ぐというものです。 傷口を塞ぐことによって、体外からの細菌の侵入を防ぐことができます。 この働きによって、体内では細菌と白血球の形勢が逆転し、細胞たちが勝利を収めるということもありました。 見た目は弱そうですが、ここ一番で重要な働きをするという意味で第10位にランクインさせていただきました。 身近なかさぶたも血小板がつくる 皆さんもすり傷などをしたときに、かさぶたができるのを見たことがあるかと思います。 これも実は血小板の働きによって作られるものです。 フェブリンなどで作った血栓に、赤血球などの血球を集めることで作られる二次血栓が乾燥することでできるのが「かさぶた」となります。 皆さんが日常でよくみかけるかさぶたも血小板が作ったものです。 「はたらく細胞」強さランキング 第9位 肺炎球菌 第1話に登場した細菌ですね。 肺胞に侵入することで、赤血球を破壊し、肺炎などを引き起こす原因となる菌です。 アニメでも、赤血球が狙われていましたね。 白血球とも善戦を繰り広げ、最終的には、赤血球の荷物の中に紛れ込むことによって、肺にまで到達しました。 しかし、白血球の作戦によって、気管支まで誘導されてしまいくしゃみと一緒に体外へ排出されてしまいました。 細菌としての強さは、白血球に倒されてしまうほどの強さですが、肺炎球菌特有の特徴であったり、赤血球などに対しては、圧倒的な強さを見せることもあるので、第9位にランクインしました。 莢膜を使って戦う 肺炎球菌は、被包性細菌と呼ばれる種類の細菌です。 この種類の細菌は、莢膜というものを使うことで身を守ることができます。 白血球との戦いでは、莢膜を活かすことで、相手の攻撃を防いだり、相手の身動きを封じることもできます。 「はたらく細胞」強さランキング 第8位 好酸球 好酸球は金髪のツインテールをした女性キャラクターです。 ピンク色のつなぎを着ており、二股の槍を扱って戦います。 正義感が強く、細菌が現れたときには、即座に戦いを挑むのですが、細菌に対しては全く歯が立ちません。 では、どうして好酸球が第8位にランクインしているのでしょうか。 その理由は、好酸球の得意分野にあります。 好酸球は対寄生虫との闘いのスペシャリストでもあります。 細菌に比べて、体の大きな寄生虫は、細胞たちにとっても強敵です。 しかし、好酸球にとっては、得意な相手でもあり、寄生虫が体内に感染することを防いでくれます。 寄生虫を倒した時の手の平返し 細菌に対しては全く歯が立たないことで、周囲の細胞からは弱い奴だと思われていた好酸球でしたが、寄生虫を倒したことによって、周囲の細胞から熱い手の平返しを受けます。 好酸球も普段から褒められ慣れていない分、周囲から賞賛を浴びたことに対しては、かなりにやけてしまっています。 「はたらく細胞」強さランキング 第7位 B細胞 B細胞の働きは、抗原の持つ情報をもとに、対抗する武器(抗体)を作ることにあります。 この抗体によって、周囲の細菌を一掃することができます。 いくら白血球などが苦戦していたとしても、B細胞が抗体さえ作ってくれれば、一気に形成を逆転することができます。 基本的な戦闘能力はありませんが、他の細胞にはない特徴を持っているということもあり第7位にランクインさせていただきました。 記憶細胞とのコンビネーションが重要 B細胞が抗体を作るためには、抗原に関する情報が必要です。 体内に侵入してきた細菌に対しては、抗原情報を樹状細胞などから受けるまで、動くことができません。 しかし、以前に体内に侵入したことがある細菌であれば、その抗原情報は記憶細胞が記録しており、そこから抗原情報を得ることができます。 そのため、B細胞と記憶細胞のコンビネーションが体内にとっては非常に重要となります。 しかし、記憶細胞の方は、抗原情報について忘れてしまっていることが多いです。 「はたらく細胞」強さランキング 第6位 好中球 この物語の主人公的な位置にいる白血球です。 細菌やウイルスが体内に侵入してきたら、即座に反応し、戦闘へ赴きます。 作中での好中球の性格は、普段はクールなのですが、殊細菌などとの戦闘になると、鬼神のような戦いぶりを見せます。 その姿から、周囲の細胞からは変わり者として見られていますが、細菌やウイルスを排除する能力から第6位にランクインしました。 好中球には色々な能力があります 好中球には、体内を細菌などが守るために、色々な能力を身に着けたいます。 例えば、細菌などに反応するレーダーのようなものであう「レセプター」というものをもっています。 また、細菌などを吸収して、分解する貪食や、組織内を自由に動き回れる遊走という能力もあります。 体内の戦闘員としては、万能な能力を持っているということができますね。 「はたらく細胞」強さランキング 第5位 がん細胞 病原体からは「がん細胞」が第5位にランクインです。 がん細胞はもともと体内の細胞だったのですが、その細胞の遺伝子に異常がおきて無軌道に増殖することで、どんどん体内を侵食していき、やがては生命を脅かすようになります。 がん細胞たちは次々と増えていき、勢力を伸ばしていくに加えて、がん細胞自身の戦闘力も高いです。 作中では、好中球、キラーT細胞、NK細胞の3人に対して互角の戦いを繰り広げました。 また、制御T細胞を乗っ取ることで、自分に攻撃させないようなすることもできます。 人類最大の敵でもある「がん細胞」。 作中でも無類の強さを誇っています。 免疫細胞に恨みを持つ がん細胞は元々、遺伝子の異常によって生まれた細胞でしたが、作中では、何もしてないにもかかわらず、免疫細胞たちに追い回される理不尽な目にあったシーンが描かれています。 そのため、免疫細胞たちに強い恨みを持っており、人体を乗っ取ろうと企てます。 好中球、NK細胞、キラーT細胞たちに倒された時も、「僕はただ生まれてきただけなのに…」と自身の悲しい運命を思っています。 「はたらく細胞」強さランキング 第4位 キラーT細胞 リンパ球の一種で、ヘルパーT細胞の命令を受けることで、細菌やウイルスなどを排除していく、体内の殺し屋です。 筋骨隆々で、攻撃的な性格をしており、見るからに強そうな感じをしています。 また、細菌に対する殺傷能力も高く、精鋭部隊のように体内を守っています。 キラーT細胞には、いくつかの種類があり、抗原と一度も遭遇したことがない未熟なナイーブT細胞や、分裂増殖能力などもあるエフェクターT細胞などがあります。 子供時代は胸腺学校での試練を潜り抜ける キラーT細胞は、一人前になる前は胸腺学校で厳しい訓練を受けていました。 胸腺学校での訓練は厳しく、一人前のキラーT細胞になれるのは、全体の数%といわれています。 キラーT細胞の中心となっているキャラクターは、胸腺学校では落ちこぼれでしたが、日々の努力や、のちのヘルパーT細胞の助けによって、卒業することができました。 「はたらく細胞」強さランキング 第3位 NK細胞 全身をパトロールしながら、がん細胞やウイルス感染細胞を攻撃するリンパ球です。 戦闘のスペシャリストでありながら、高い戦闘能力を持っていることから、第3位にランクインさせていただきました。 作中では、がん細胞との戦いに参加し、苦戦を強いられながらも、何とか倒すことに成功しました。 キラーT細胞とは、犬猿の仲でもあり、よく現場に居合わせたキラーT細胞をからかったりしています。 笑うとパワーアップする NK細胞の特徴としては、笑うことで分泌される物質によってパワーアップするという点です。 逆に、強いストレスを感じてしまうと極端に弱体化してしまいます。 人間の状況に応じて強さが変化するという特徴があります。 「はたらく細胞」強さランキング 第2位 マクロファージ 白血球の一種で、細菌などの異物を捉えて殺したり、抗原や免疫情報を見つけ出す役割も持っています。 殺傷能力も極めて高く、戦っているマクロファージの姿を見ると、恐怖すら覚えてしまします。 細菌などに対しても、まったく苦戦することもないので、体内では最強なのではないかと思われます。 ウイルス集団に対しても、笑顔でナタを振り回したり、力業で一掃するなど、他の細胞にはない高い戦闘力を有しています。 また、貪食性と遊走性が旺盛な強力な免疫細胞でもある単球でもあります。 単球が血管から外に出ると単球に変化します。 殺し屋であり、保育士でもある 高い殺傷能力を持つマクロファージですが、実は、赤血球になる前の赤芽球の発育にも関わる保育士でもあります。 殺し屋でもあり、掃除屋、保育士などいくつもの顔をもつミステリアスな女性です。 「はたらく細胞」強さランキング 第1位 ステロイド 体内にスギ花粉が侵入してきた際、赤血球によって体内に配達された物質の中にいたのが、ロボットの姿をしたステロイドでした。 ステロイドは「副腎皮質ホルモン」という名前の薬品ですが、強力な抗炎症作用と免疫抑制作用によって、アレルギー反応を抑制することができます。 その能力は圧倒的で、作中では一瞬にしてスギ花粉を一掃しました。 何のことかよく理解していない細胞たちが、その容赦のない攻撃に恐れをなしました。 作中では、一度しか登場していないキャラクターではありますが、かなりのインパクトを残したので、第1位にランクインさせていただきました。 ステロイドの副作用 強力な能力を持っているステロイドですが、作中でもわかるように摂りすぎるとかなりの副作用に見舞われてしまいます。 ステロイドを使うときは用法容量を守りましょう。 まとめ 「はたらく細胞」の強さランキングいかがだったでしょうか。 細胞から病原体まで、様々なキャラクターが登場しましたね。 これからの展開の中で、さらに強いキャラクターが登場するのか、注目ですね。

次の

はたらく細胞第7話がん細胞について(続)

はたらく 細胞 nk 細胞

「俺たち免疫細胞はお前たちを救えない。 体の決まりに逆らって増殖し、栄養分を奪って正常な組織を破壊するお前を、生かしておくことも治してやることもできない」 「分かってるよそんな事!でも、今日が終わったらどうせみんなすぐ忘れてしまう…僕の怒りも、悲しみも、誰にも聞いてもらえないまま風化してなかったことになってしまう。 何も残らない。 細胞分裂の手違いで味方になるはずだった免疫細胞に命を狙われて…戦って負けて!この世界に何も残せず死ぬなんて一体何のために生まれてきたんだ!!」 「それでも俺はお前を殺さねばならない。 仕方のないことだって…。 世界の平和のためには仲間が殺されることがあるって。 それが君たちの仕事なんだってこともね…。 石田細胞は息絶えました。 誰よりもみんなの仲間になりたかったはずなのに。 今度生まれ変わるときは正常な細胞になれますように。 白血球、キラーT、NK細胞、今回も免疫細胞組の格好良さが半端ないです。 そう言えばマクロファージさんが料理してたけど、鍋からはみ出てた手の様な物…あれ、結局何だったんでしょうか?知りたいような知りたくないような… 笑•

次の